トヨタ レクサス 共通 id。 【新車】レクサス「UX」はトヨタ「C

‎「TCスマホナビ」をApp Storeで

トヨタ レクサス 共通 id

レクサスGSとクラウンに見るそもそもの違い 文:渡辺陽一郎 両車を比べると、共通点と相違点が混在する。 まずはプラットフォームだが、ボディの底辺部分は共通性が高い。 ホイールベースも2850㎜でまったく同じだ。 しかし、サスペンションは前輪がダブルウィッシュボーン、後輪がマルチリンクの形式は共通でも形状は異なる。 特に後輪はクラウンがスプリングとダンパーを一体にした一般的な形状なのに対して、GSは別個に配置した。 前後ともアッパー&ロアアームをアルミ化して高剛性化を図りセッティングも違う。 開発者は「GSのサス形状では、全幅を1800㎜に収められない」と言う。 クラウンは基本的に国内向けで全幅の1800㎜は譲れず、足回りをGSと共通化するのは難しい。 レクサスISの全幅が1810㎜になったのもGSをベースに足回りを開発したからだ。 1800㎜以下に抑えたかったが無理だった。 GSのエンジンは基本、クラウンと共通。 V6、3. 5Lと直4、2Lターボはクラウンアスリート、直4の2. 5Lなのに対し、クラウンはV6、2. 5Lと直4、2. 5LHVだけとなる また、GSはV8、5LのGS Fを用意するが、この仕様もクラウンはない。 GSは海外を中心に売るからイメージリーダーのスポーツモデルが必要だが、国内向けのクラウンは顧客年齢も高くスポーツモデルのニーズは低い。 若返りを目的に用意したアスリートで充分という考えだ。 走りを比べると動力性能は同等。 8速ATなどのギヤ比も等しく、車両重量はGSが少し重いが大差はない。 走行安定性は異なる。 クラウンアスリートは操舵感が軽快だが、GSは安定性を優先させて4輪の接地性が高い。 ギヤ比を可変式にしたステアリングと後輪操舵を併用するLDHもGSのみの設定だ。 GSは安定性の高さに加え、ハンドルやペダル操作に車両が忠実に反応する。 峠道ではボディが軽く感じられ、車両との一体感も得やすい。 走る楽しさもGSが勝る。 乗り心地はGSが重厚だ。 路上の凹凸を直接的に伝えにくく、スポーティ志向のクラウンアスリートより快適に感じる。 ただ、クラウンロイヤルとホイールベースの長いマジェスタは、足回りを日本の低い速度域に合わせている。 GSに比べると操舵感が鈍めで峠道では曲がりにくいが、乗り心地は柔軟だ。 トヨタクラウンアスリートG-T(541万800円) アスリートは走りの性格がGSに近く真っ向勝負になりやすいが、ロイヤルとマジェスタは性格が違うから競いにくい。 特にロイヤルは初代クラウンから受け継がれる日本的な乗り心地と穏やかな運転感覚が特徴だ。 GSはベンツなどの輸入車と比較されやすいが、クラウンロイヤルとマジェスタはそうはならない。 内装はGSが上質だが、デザインは欧州車風で抑制を利かせている。 クラウンは光沢が強調されて鮮やか。 特にロイヤルはシルバーの装飾と木目調パネルの色彩が明るく、日本車らしい高級感がある。 クラウンは前席のセンターアームレストも日本的。 大きくて高い位置に装着されるため、車庫入れでハンドルを忙しく回す時にドライバーの左肘が当たりやすい。 アームレストに寄りかかって運転することを想定。 誤った運転姿勢だが日本的な配慮ではある。 その点でGSのアームレストは低いから肘は干渉しない。 シートはGSがサポート性と腰の支え方で優れ、長距離移動に適する。 クラウンロイヤルは座面が柔軟で柔らかく、昔ながらの高級感を表現。 後席はクラウンが快適だ。 GSは腰が少し落ち込むが、クラウンは着座位置が適度。 身長170cmの大人4名が乗車し、GSの後席に座る乗員の膝先空間は握りコブシ2つ分だが、クラウンロイヤル&アスリートは2つ半になる。 以上のように質感は走りを含めてGSが勝るが価格も高い。 5LハイブリッドのGS300hは615万3000円、クラウンハイブリッドロイヤルサルーンは502万2000円だ。 ハイブリッドが同じでもGSは約113万円高い。 装備はオーディオの上級化やシートの調節機能で30万円、メンテナンスプログラムやGリンクの標準付帯で20万円程度の差があり、残りの約63万円が、GSの走り&乗り心地&内外装の上質化に払われる対価だ。 客観的に見てクラウンが割安になる。 また、クラウンを扱うトヨタ店は全国に約1000店舗展開するが、レクサスは約170店舗。 レクサスは都市部が中心の展開で1店舗しかない県があり、購入のしやすさもクラウンが圧倒的に勝る。 5LのマークXとイーブン。 マークXには6気筒エンジンとしては並レベルながら、重厚かつシューンと回るV6を積む魅力もあり、総合的に動力性能を見れば引き分け。 燃費もIS200t優勢ながら大差なく、「ガソリン代を気にするならハイブリッドなどのエコカーを買えばいい」という考えもあり、マークXがレギュラー仕様なのも加味すれば、燃費も引き分け。 乗り心地も小さな凹凸では大差ないが、大きな凹凸の吸収ではドタバタ感が出るマークXに対し、ISのほうがスムーズだ。 が、平均スピードの遅い日本の交通環境や、16インチタイヤを履く標準グレードならマークXの乗り心地が良化する可能性が高い点を考慮すると、ISのアドバンテージはそれほど大きくない。 後席の居住性は前後長に加え、頭上高も広いマークXの圧勝。 静粛性は価格相応にISのほうが遮音されていた。 加えてマークXは今後早々買えないものとなりそうなFRの6気筒エンジン搭載車であり、それが300万円以下で買えるという強烈な魅力もある。 この勝負は「迷わずマークX」というのが結論。 私はマークXが欲しくなったくらいだ! でもミッションはハリアーの6ATはしかたないけど、NXも6ATなのはどうなの? せっかく8ATがあるのに。 HSはレクサスが日本でのラインアップを拡充したかった時期に出てきた車種だった。 まあ、もう役目は終わったかな。 アトキンソンサイクルじゃないハイブリッド車だし。 CTには新しい高級車としての提案がまったくなくて残念。 同じ会社である以上、社内事情に縛られることから逃れられないからね。 だって、社内で実際にやっている人も同じで、サプライヤーだって同じワケだから。 今後、トヨタ車の高級版という位置づけから大きくイメージを変えて、レクサスをプレミアムセグメントで本気で成功させたいのなら、完全に別会社にしてレクサスの本社は東京に置いてまずは形から変えていくのが先決すべき課題だと思う。 そのためには社内カンパニー制では不充分。 トヨタとレクサスで完全に違うカルチャーが育つようにするためには、かつてのピエヒのように強力なリーダーシップでアウディとVWで徹底的に差別化を図ったようなやり方をしないとダメ。 トヨタ社内で続ける以上、尖ったクルマはレクサスから生まれてこない。 でも、そうするとレクサス車全体の販売価格を押し上げることになってしまうだろうから、「ライバルのBMWやベンツよりやや安い」という立ち位置である現状のほうがいいのかもしれない。 いずれにせよ、これは経営者である豊田章男社長が決断すべきことだけどね。

次の

TOYOTA/LEXUSの共通ID利用規約

トヨタ レクサス 共通 id

従来、トヨタはオンライン上で利用出来るサービスとして、「販売店検索」、「試乗予約」、「オンラインシミュレーション(概算見積もり)」がありました。 今回、新たな取り組みとしてスタートするのは「MyTOYOTA」というお店とつながるサービスです。 このMyTOYOTAは、トヨタ/レクサスで使用可能な共通IDを取得することで、販売店とのやり取りがオンラインで可能となります。 また、従来の本体価格とオプション価格だけのオンラインシミュレーション(見積もり)ではなく、店頭と同等の見積もり(諸費用や下取り、値引き)を含めた、商談が可能となりました。 オンライン上でも実際の販売店スタッフとやり取りをおこなうため、ユーザーそれぞれに沿った見積もりや支払いプランが作成できます。 さらには、MyTOYOTAでは月々の予算から絞り込んで「クルマ探し」が出来るようになるなど、これまでの新車購入の形が変わるようです。 オンライン商談の概要や開始した背景について、トヨタは次のように説明しています。 2020年5月28日から全国でオンライン商談を開始しました。 当初は、170社程度ですがそのほかの販売会社・販売店でも順次開始していきますが、スタート時点ではトヨタ車のみでレクサス車は検討中です。 また、現時点ではあくまでも商談までがオンラインでおこなえるので、最終的な購入契約や決算は販売店でおこないます。 ただし、将来的にはオンライン上で決算がおこなえるようにしていきます。 タイミング的には、新型コロナウイルスの影響によるものと思われがちですが、その前から検討されていました。 大きな要因として、以前から非接触サービスの導入についてお客さまから要望を頂いていました。 そのお客さまの声が多くなってきたことで実施に至ります。 最近では新車を購入する際、販売店に来店される前には欲しい車種やおおよその金額感を把握しているお客さまが多くなっています。 そのような背景もあり、販売店に来店する前に出来る部分を『オンライン商談』で可能にしました。 実際に首都圏の販売店スタッフは「オンライン上で出来ることが増えることにより、お客さまとのやり取りがよりスムーズになります。 電話だと聞きづらいという相談ごとも気軽に聞いて頂けますので、これまでとは違う新車購入のあり方になると期待しています」と話します。 これまでクルマを購入するには、販売店に出向いて車種やオプション、支払い方法を検討することがほとんどでした。 また、なじみのない販売店は行きづらいという声も聞かれますが、オンライン化が進むことで、新車購入のハードルが下がることになりそうです。

次の

畑町店

トヨタ レクサス 共通 id

LS400(1989年) 1980年代までのアメリカでは、重厚で威厳を持つこそがを勝ち得た「成功者のシンボル」であり、それらの顧客向けには限られた伝統的ブランドが寡占していた。 しかしそうした威圧的なデザインの伝統的車種を好まない富裕層が一定数存在すること、顧客候補の若年層にとっては「古臭い」と見えていることを、トヨタはで把握していた。 そこでトヨタは、伝統や威厳を前提とした旧来の高級車のあり方を否定し、機能性や高品質によるプレミアムを模索した。 すなわち、やなどの(現)製高級車に匹敵する品質や安全性と、ならではの信頼性や経済性とを両立させ、なおかつリーズナブルな価格設定、そして充実したアフターフォローを構築しようとした。 当時はまだ「壊れないが、あくまで安物の」とのイメージが強かった日本車に、日本国外の高級車市場への参入余地はないというのが自動車業界の定説であったが、トヨタは新たなテストコースの建設を始めとした開発体制・品質基準を策定し約5年間にも及ぶ長い開発期間を経た後、に初代 を発売した。 トヨタの目論見通り、レクサスが掲げるコンセプトは好評をもって迎えられ、LSは発売初年度だけで約11,600台、の約4,700台と合わせると、レクサス全体で約16,300台を売り上げ、大衆車メーカーによる高級車市場参入の成功例となった。 特に、LSの持つ静粛性と内外装の組上げ精度は、他のメーカーにも大きな衝撃を与えた。 またレクサス開発の中で培われたノウハウは、トヨタにとっても大きな収穫となった。 機能性とシンプルさを重視したレクサスのデザインは、落ち着きや品の良さを希求した反面、トヨタブランドと共に「退屈で地味」という印象を抱かれることもあった。 そのため21世紀以降はモータースポーツに参戦したり、スポーツモデルの「 」を発表するなど方針を転換してきている。 当初はユーザー趣向の違い等の理由から日本国内でのレクサスブランド展開予定はなく、日本国外でレクサスブランドで販売される車種は日本向けに仕様変更やグレードの見直しをした上で、トヨタブランドから別名称で販売されていたが(は日本名「」、同様に:「」、:「」、:「」、:「」、:「」、:「」、:「」)、2005年の日本でのレクサスブランド展開開始以後は、順次レクサスブランドの全世界統一名称・品質基準へ変更の上、レクサス販売店での取扱いに変更されている。 なお、後述の通りRXはに3代目モデルがレクサスブランドで発売された後も、グレード整理のうえ旧モデル(2代目RX)が「ハリアー」としてトヨタブランドで継続販売されている。 LXは「」、GXは「ランドクルーザープラド」、およびは「」と、それぞれほか車体の基本構造こそほぼ同一であるが、品質基準を筆頭にサイズ・デザイン・装備品などが大きく異なるである(GXは2019年現在日本国外のみでの販売となっている)。 ブランドの再構築と日本での展開 LS500h(2017年) 1989年のブランド設立以来、レクサスは主に北米の高級車マーケットにおいて一定の地位を築いた一方、などではメルセデス・ベンツやBMWといった強豪相手に苦戦を強いられたほか、日本でも根強い人気の影響もあり、高級車マーケットの中心は依然としてそれら欧州車の独擅場にあった。 また上記の通り日本国内ではトヨタブランドの別名称で販売されていたため、実態は同一車種でありながらユーザーが求める要素に国内外で徐々にが生じた。 日本では、同ブランドの代表的な高級車を筆頭とする、日本の一般ユーザーの趣向に基づく車種階層に組み込まれたため、例えばLS(日本名セルシオ)ではショーファードリブン(付き)用途での使用も多かった一方、海外ではあくまでオーナー自ら運転することが前提のドライバーズカーが基本コンセプトであり、双方のニーズに対応させることが困難となってきていた。 一方、日本では長く続いたを一旦脱し、後に「」と呼ばれる景気回復期に差しかかりつつあった経済情勢も受け、日本国内でもレクサスブランドを展開することが2月にトヨタ自動車から正式発表された。 それを契機に、後述するデザイン基本理念「 L-finesse(エルフィネス)」といったブランド再構築が行われ、全世界で通用する日本発の高級車ブランドとして新生「レクサス」を展開し、今後の経済成長が見込まれる圏ほかを含めた展開を目指すこととなった。 6月にはトヨタ自動車の社内組織改編が行われ、従前の「レクサス本部」がに近い「 レクサスインターナショナル」へ改組された。 デザインや開発、マーケティングなどの機能が統合強化され人員も倍増されるなど、レクサスブランドにおけるとなる。 また、翌4月には「レクサスインターナショナル」のほか、トヨタブランドの「第1トヨタ」(日本・北米・欧州を所管)・「第2トヨタ」(を所管)および「ユニットセンター」(部品の企画開発や・生産機能を集約)の計4つのビジネスユニットが設置され、第1トヨタ・第2トヨタ・ユニットセンターはそれぞれを所管するを事業責任者とする大幅な組織改編が行われたが、レクサスインターナショナルについては「日本発のグローバルプレミアムブランドとしてのイメージ確立に向けた変革が急務」との認識から、トヨタ自動車の自らが事業責任者となる別格の位置付けがなされた。 更に、2018年9月には「クルマに留まらない驚きと感動の提供」と言う新たな提案としてラグジュアリーヨット「LY650」を発表。 2019年後半に初披露予定。 上述のようにアメリカで始まったブランドではあるが、日本で正規販売される車はすべて日本国内で製造されている (元町工場、田原工場、トヨタ自動車九州)こともあり、車の正規販売は存在せず、国内の日本車同様にハンドルの右側のレバーはウインカー、左側はワイパーとなっている(一部に個人で並行輸入された個体も存在する)。 国産車ブランドとしては珍しくを国内向けにも多数ラインナップしており、2017年時点でその数6車種にも上る。 ブランド名・エンブレム LS600h(2012年、日本仕様) ブランド名称である「レクサス LEXUS 」の由来は、「ラグジュアリー」と「最先端テクノロジー」を表すである。 ブランド名を決定する際に「アレクシス」や「レクシス」が候補に挙がったが「レクサス」に決定した。 ブランドの立ち上げに関わったの広告会社は、「レクサス」の名称には特定の意味はないとしている。 一方では「" Luxury Exports to the U. " (アメリカ合衆国への高級輸出品)の略」という説や 、の「Luxus(贅沢)」からの造語という説もある。 エンブレムは横楕円に「LEXUS」の「L」の字であり、これも決定までには真円にLの字を三日月風に模したものや真円にLの字に模したものが候補に挙がっていた。 なお、販売店や広告などで使用されるブランドは、従前は基調の色合いであったが、先進性や洗練性を強調する狙いから、末までに順次基調の色合いへ変更された。 日本国内で正規販売された車種では、での車名はすべて「レクサス」となっているが、それ以前に日本へ並行輸入された車では「トヨタ」「レクサス」「LEXUS」が混在している。 またスポーツモデルの「F」では「LFA」、「F」、「F SPORT」でそれぞれ異なった、3つの「F」のロゴを使用する。 デザイン リモートタッチ L-finesse レクサス独自のデザイン基本理念として「 L-finesse( エルフィネス)」というキーワードを持つ。 「L」は「Leading edge=先鋭」、「finesse」は「人間の感性や巧みの技の精妙」を意味し、シンプルでありながら先進的かつ深みのあるデザインを目指すというものである。 L-Finesseは、以下の三つの要素の統合により日本らしさを体現させるものとされた。 「純」-Incisive Simplicity 本質を究めたシンプルさ。 明快な主張。 「妙」-Intriguing Elegance 面や線の変化で生まれる、感性に響く深み。 「予」-Seamless Anticipation もてなしの心につながる時間をデザインする このように「L-finesse」は抽象的な理念であり、特に全車種共通のデザインアイコンなどは設定されない。 しかし日本の伝統的な美の特徴は、華美な装飾要素を取り除きシンプルにすることとの解釈に立ち、知的かつ先進的という視点は明確にされており、各車種ごとの個性の中でこの考えに基づいたデザインがされている。 具体的には、エクステリアにおいては「レゾリュートルック(毅然とした見た目)」と称される、をより低い位置に配したシャープな表情のフロントマスクや、フロントからリアにかけてサイドウインドウ上部を一本に貫くシルバー色のモール、白色を用いたリア灯(CTを除く)などに各車種の共通点を見出すことができるほか、G-Link(サービス)対応のを搭載した車両には、ルーフ後端に形状の通信アンテナが装着される。 インテリアでは、などに使われるがトヨタブランド車とは異なるレクサス専用のを施した手触りの良いものとなっているほか、カーナビゲーションシステムをののように手元で操作できる「リモートタッチ」がから採用されている。 また、全世界で共通デザインとすることが基本方針とされている。 なお、やRX(3代目モデル)などに装着されるLEDヘッドライトに関しては、各国の法規に適合しない、といった一部の国々向けの仕様には装着されていない。 スピンドルグリルを採用したRC F デザイン方針の転換 「スピンドルグリル」の採用 その後、「L-finesse」に対して「いろいろ説明をしなければ理解できないような非常にわかりにくい訴求」との反省があり 、レクサスのデザインには「高級車らしい押し出し感が弱い」「特徴がなく退屈」「トヨタブランド車との違いが分かりにくい」などの評価がついて回ったことから、BMWの「キドニーグリル」やの「シングルフレームグリル」のように個性的かつ一目でレクサスと分かるような全車種共通のデザインアイコンを導入する方針への転換が図られた。 先にやHS、CTで採用されていた、逆台形のアッパーグリルと台形のロアグリルを繋げた「スピンドル形状」(スピンドルとは機の糸を巻き取る軸()の意)のフロントマスクをベースとし、さらに存在感を強めたデザインにリファインされた「 スピンドルグリル」が発売のから採用され、以後に発売される他車種にも順次展開されている。 なおトヨタ自動車はが源流であるため、ブランドのルーツである紡績をイメージしたとも言われているが、メーカー側はこの説を否定している。 また、その他の共通デザインアイコンとして、エクステリアでは「L」の文字をあしらったデザインのLEDフロントポジショニングランプやなど、インテリアでは前述の「リモートタッチ」のほか、LED自発光指針を用いた時計なども順次展開されている。 具体的には、を搭載する「GS450h」の場合、搭載されるは3500ccであるものの、電気出力を加味することにより4500ccエンジン搭載モデルと同等以上の出力を発揮する計算となるため、プラス1000ccの「450h」という表記となる。 特定のスポーツモデル(F SPORTを除くハイパフォーマンスモデル)に関しては、排気量相当の3桁数字がなく、車種名中に「 」を組み合わせたものとなる。 ハイブリッドユニット搭載モデルの車種名末尾には「 h」、搭載モデルの車種名末尾には「 d」、ロングモデルの車種名末尾には「 L」、またタイプの車種名末尾には「 C」が追記される。 電気モデルの車種名末尾には「 e」が追記される。 このほか特定のモデルではリアの車種名エンブレムに「AWD」と付記されるほか、各車種のハイブリッドモデルについてはフロントとリアのブランドエンブレムおよび、車種名エンブレムの3桁数字と「h」の部分がブルー基調の専用カラーとなり、リアドア下部に「HYBRID」(マルチステージハイブリッド車は「MULTI STAGE HYBRID」)のエンブレムが装着される。 電気自動車の場合はリアドア下部のエンブレムが「ELECTRIC」となる。 開発 レクサス車の開発キーワードは「I. 」(アイディアル・理想)である。 以下の5つの要素で構成される。 Impressive(印象的)- 車種ごとの個性がありながらブランドとしてのトータルイメージを持つ。 Dynamic(動的)- 乗って楽しいものを創る。 Elegant(優雅)- 見た目だけではなく乗る人の動線も含めたすべてがElegantになる。 Advanced(先進)- 他ブランドに先駆けて最先端である。 Lasting(普遍的価値)- 永続性のあるもの。 また、商品化における基準として、約500項目に細分化された達成基準「レクサス MUSTs(マスツ)」が設定されている。 これは数値目標のほかに、カップホルダーの開閉感覚といったようなものも含められている。 また、「レクサス専用部品はトヨタブランド車には使用しない」「最新技術は基本的にレクサスから先行投入する」ことも基準に定められている。 プラットフォーム については、いくつかの車種でトヨタブランド車と共通のものをベースとし、エンジンについてもトヨタブランド車と同一型式のものが多く搭載されているものの、溶接方法の変更等のレクサス独自の部分改良がおこなわれ、高い品質管理基準に基づき生産されている。 こうした大衆車ブランドと高級車ブランドでのプラットフォーム共有は欧州車メーカーではごく一般的なことであるが、レクサスの日本展開時は「トヨタ車の外観を変えて値段を高くしただけ」と消費者の理解を得られないことがあった。 トヨタ側もそのような課題点を認識しており、以降は前述のようなデザイン刷新に留まらず、同年発売のGS(4代目モデル)ではそれまでトヨタ・クラウン系と共通だったプラットフォームをやめ、レクサス専用のものを新規開発し採用していた。 2012年から始まったコモンアーキテクチャー戦略「」においては、レクサスブランドを含めた開発・共通設計化が行われている。 GA-Lプラットフォーム(Global Architecture-Luxury、・用)• GA-Kプラットフォーム(Global Architecture-K、大型車用)• GA-Cプラットフォーム(Global Architecture-Compact、中小型FF車用)• (・用)• (大型車用)• (中小型FF車用)• 高級車ブランドとしては、BMW(約190万5,000台)、メルセデス・ベンツ(約187万2,000台)、アウディ(約180万3,000台)に次ぐ世界第4位である。 には世界累計販売台数1000万台を達成。 北米 アメリカ・のディーラー(2008年) 北米における高級車のブランド別販売台数では、からまで11年連続でトップを維持していたが、はの被害による減産や、極度のによる輸出採算悪化の影響もあり、BMWとメルセデス・ベンツに抜かれ3位となりトップの座を明け渡した。 その後、2015年はメルセデス・ベンツを抜き返し、BMWに次ぐ2位であった。 なお、北米での販売においてはESや、高級クロスオーバーSUVの先駆けとなったRXなど比較的安価な車種が過半を占めている現状であり、LSやGSなど、より高価格帯となる車種の販売強化を目指している。 その他の車種についても、標準装備品(の有無など)の違いなどもあり、押しなべて日本国内向けより安価な価格設定がされている。 の米国自動車初期品質調査 SM(VDS)において、ブランド別ランキングではまで15年連続のトップであった。 その後2010年はにトップの座を奪われたが、2011年・2012年は2連連続でトップに返り咲いている。 また、セグメント別でも常に上位を占め、特にLSとLXは数度にわたり1位を獲得している。 2012年はLS、ES、RXがそれぞれのセグメントで1位となった。 によればブランド別の信頼度順位を発表し、レクサスは1位を獲得した。 日本国内におけるレクサスブランドの展開については、トヨタ自動車から2003年2月に正式発表された後、2005年8月に開業し全国に143店舗が開設された。 開設当初約1年間の取扱車種はGS、IS、SCの3車種のみで、これらは主要市場である北米で展開されていたレクサス8車種のうち販売台数でそれぞれ5位、7位、8位(2005年)という非主流モデルであったが、開業後1年間の販売実績でアウディやボルボの日本国内販売台数を上回った。 10月に最上級車のLSを発売した直後はLSの好調な受注によって販売台数が急増したが、各車種の新車効果が徐々に薄れる中でが端緒ので国内消費も低下し、の国内販売台数は前年比25. 日本人特有の舶来品信仰が依然として根強く、店舗数や車種が少なく、トヨタブランドの高級車種と比して割高感が強く、原則値引きなしのワンプライス販売で、直接顧客先に出向いて営業を行わない販売方法などが販売不振の原因に挙げられた。 などの追い風で2009年発売の3代目RXは2010年に6552台、HSは同年に14247台と販売効果が見られて2010年に3万台以上の販売台数を回復し、翌2011年はCTが20704台の好調な販売実績を受けて国内展開開始以来最高となる42,365台を販売した。 新車購入者のうち輸入車からの代替は2割程度に留まっており、2012年以降は走行性能やデザインの一新を図ったモデルチェンジで輸入車市場を牙城にかける計画である。 47全てに販売店が設置され、ショールーム、商談ルーム、オーナー専用のラウンジ、外観などが全ての店舗で高級感あるデザインで統一されており、初めて来訪する店舗でも判別しやすい。 店舗数は2015年で全国約170店舗ほどで、・・・・・・・は各県に1店舗しかなく販売不振の一因とも指摘された。 より全店舗を、木目とスピンドルを基調としたデザインの新世代店舗にリニューアルしている。 「レクサスとトヨタは別ブランド」であるため、トヨタブランドの各販売チャネルである・・・・では新車を販売せず、オイル交換やタイヤ交換など軽作業以外の整備もトヨタブランド店の整備工場では原則扱わない。 店頭の接客はを基礎にした独自の接客マナーを徹底し、高級やのからも研修を受けてサービスを展開している。 納車時には記念写真撮影やノベルティグッズ贈呈などのセレモニーが行われ 、納車後はレクサスが主催するコンサートやゴルフコンペなどのオーナー限定イベントへ招待するなどのサービスが行われている。 ユーザーの裾野拡大および維持の観点から認定(CPO:Certified Pre-Owned)の販売も積極的に行い、全国どの在庫車も最寄りのレクサス販売店で購入することが可能で、CPO専門店は全国に6店舗ある。 販売店のほかに広く一般向けのギャラリーが、内はと、内は・内、に設置されている。 用途としては、東京都内などでLSやHSなどのが存在する。 また、法人タクシーでは、同じく都内に営業拠点を置くやなどが用途でLSを運用している他、のサイトウ観光(東洋タクシー)はハイヤー・タクシー兼用としてHSを複数台運用している。 6月、LS600hLが新たなとして導入された(従来のも継続して併用される)。 ディーラーの経営形態 レクサスの販売店は、既存のトヨタブランド店(トヨタ店など)も運営する各地域別のが経営しており、トヨタブランド店から選抜された社員が、内にある、レクサス店スタッフの専用研修施設「富士レクサスカレッジ」で専門の研修を経た上で配属される。 そのため各店舗は独立した法人格を持たないものの、メーカーであるトヨタ自動車との取引は母体の販売会社ではなく各店舗が直接行っているという。 ちなみに、東京都内には資本による販売店が存在する。 システム 日本仕様車では、全車種・全グレードにカーナビゲーションが標準装備される。 G-Link(サービス) ()の回線網を介し、車載のカーナビゲーションとオペレーションセンター間で相互通信を行う。 やなどに遭った場合、あらかじめ登録した自身の携帯電話へ緊急通報されるほか、要請に応じて盗難車両の位置追跡や派遣などが可能。 その他、独自のデータに基づく回避ルート検索機能や、ヘルプネット機能(急病時などに車内の緊急ボタンを押すだけで、オペレーションセンターと回線が繋がり出動要請等が可能)などがある。 自宅のやから、ナビゲーションの遠隔設定や定期メンテナンスの予約をすることもできる。 の項も参照。 サービス レクサス店で新車もしくは認定中古車を購入した顧客は、専門オペレーターによる24時間365日対応可能な電話サポートサービスが受けられる。 事故や故障時の対応のほか、目的地・宿泊地に関する各種問合せや手配、カーナビゲーションの設定(オペレーターからの遠隔操作)などが行える。 新車登録時から3年間は無料(認定中古車は2年間)。 アフターフォロー(、メンテナンス) メーカー保証は新車登録時から5年間10万kmまで。 その他、やゴム、など消耗品類の定期交換、その他内外装部品の定期点検といったメンテナンスサービスが新車登録時から3年間無料で受けられる(認定中古車は2年間)。 ワンプライス販売 車両本体価格からの値引き販売は原則として行わないが(メーカーによる販売価格の拘束はとしてに抵触する可能性が指摘されている)、レクサスオーナー限定のである「」加入による優待や、下取車の高額買取・オプション品サービスなどの形で実質的な値引き販売が行われるケースもある。 競合他社の動向 同様の日本メーカーによる高級車ブランドとしては、本田技研工業(ホンダ)が「」を2010年以降に日本でも展開することを発表していた。 日産自動車も「」ブランドと専用店舗での国内展開は行わないものの、をフロントグリルにインフィニティエンブレムをつけたとして、2014年2月末から国内発売した。 の日本国内販売は1996年以降漸減しており、レクサスの日本開業以降においてもその傾向は不変である。 2007年上半期、LSを投入したことで好調なレクサスの販売台数は前年比165. 事実、2006年の欧州における販売台数は車種の追加やブランドイメージの浸透、発売国の追加などにより5万1000台と前年より倍増しており、販売台数の記録を10年連続で更新していることになる。 では、富裕層の増加に伴い首都を中心としてレクサスの販売が好調であり、2007年にはトヨタ自動車全体における新車販売額でのトップとなった。 では、2011年にLS600hLが元首たるのとして採用され、の手によって仕様に改造されている。 この「LS600hL ランドーレット(LS600hL ランドレー)」は同年7月2日の成婚パレードで使用され、また2012年のでは、アルベール2世自らが運転しに登場した。 なお、2013年のモナコグランプリでは、アルベール2世が個人的に所有しているIS Cを妃であるが運転し登場している。 アジア 香港特別行政区行政長官専用車として運用されるLS600hL(2010年) の初代首相が、自家用車をメルセデス・ベンツからレクサスに乗り換えた逸話がある。 では、それまで実施されていた日本車の輸入禁止措置が加盟に伴いに解除され、にによってレクサスの販売が開始された。 2005年には、それまで輸入車販売のトップだったBMWを上回り、ブランド別輸入車販売台数の1位となった。 でも、2005年から輸入車ブランドの1位である。 では、2007年に(香港行政長官)の専用車としてLS600hLが導入されている。 受賞など• 市場調査会社による、英国の顧客満足度調査で7年連続の第1位(2007年)-レクサス• 同・米国における初期品質調査で、まで12年連続の第1位 -レクサス• にノミネート(2005年)-GS460• を受賞(2006年)-LS460• 2006年ドイツ・ゴールデンステアリング賞 -IS• 同・部門、部門、部門の各部門賞を受賞 -IS• 2006年カナダ・にてテクノロジー賞を受賞 -IS350• を受賞(2007年)-LS460(日本車初)• ベスト・インテリア・スタイリング賞(2007年、)-高級セダン部門、高級SUV部門、コンバーチブル部門• で金賞を受賞 -IS、GS(日本車初)• による、日本自動車サービス満足度調査で4年連続1位(2010年)-レクサス コンセプト・カー 現在まで発表されているコンセプト・カーは以下のとおり。 HPX=LF-X(2003年・でHPXとして出展された後、同年のでLF-Xと改名された。 LF-S(2003年・東京モーターショー)• LF-C(2004年・ニューヨーク国際オートショー)• (2005年・)• LF-Sh(2005年・東京モーターショー)• LF-A(2007年・北米国際オートショー)• LF-Xh(2007年・東京モーターショー)• (2008年・)• (2008年・)• (2009年・北米国際オートショー)• (2009年・フランクフルトモーターショー)• (2010年・ジュネーブモーターショー)• LF-Gh(2011年・ニューヨークオートショー)• (2012年・北米国際自動車ショー)• LF-CC(2012年・パリモーターショー)• LF-NX(2013年・東京モーターショー)• 2016年・パリモーターショー)• SUPER GTでデモ飛行を行う室屋義秀の(2017年) 最先端技術を盛り込んだ高性能な、かつ派手ではない落ち着いた雰囲気の市販車を顧客に提供することを第一に掲げていたレクサスは、資金を研究開発に費やしていたためモータースポーツにおいて、レクサスブランドを標榜した活動はほとんどしてこなかった。 しかし21世紀に入ってからは性能一辺倒だけでなく高級車に不可欠なブランド力を高めるため、積極的にモータースポーツへ関わっている。 1999年にが主催するモトローラカップ(現在のCTSC)のスポーツクラスに、「チームレクサス」として2台のを投入したのが、現在確認できる最も古いレクサスのワークス活動である。 2001年にはでプライベーターがを採用している。 2002年にに代表される(グランダム)のDPクラスにエンジン供給を開始。 2006〜2008年にがデイトナ24時間を3制覇する成功を収めている。 また2008年にはシリーズのドライバーズタイトルも制した。 2010~2013年にはオフロードレースのにもで参戦。 市販車フルサイズトラック部門で3度の優勝を経験した。 2005年のには、ハイブリッドカーのSUVであるを参戦させて注目を集めた。 2008年には率いるが、プロトタイプの開発を目的としてでに参戦。 以降VLN(ニュル耐久シリーズ)を含めたニュルのレースに、、、、、、などを投入し、現在に至るまで参戦を続けている。 日本においてはレクサス店が本格的に展開を開始した頃の、2006年からのトヨタブランドでの・GT500活動をレクサスブランドのSC430に切り替えた。 SC430は2013年までに3度のドライバータイトル、4度のチームタイトルを獲得した。 からはDTM()との車両規格統一に伴う新車両規定導入に合わせる形でベース車両をRC Fに変更。 2016年にドライバー・チームの2冠に輝いた。 2017年からはLC500に変更して参戦し、同年と2019年に2冠を獲得している。 2020年からはベース車両がに戻ることが決まったため、レクサスでのGT500活動は2019年限りで終了した。 GT300クラスでは2009年にがIS350で2冠を獲得した以外は目立った動きはなかったが、2015年からの規定のも開発して参戦を開始。 FIAのホモロゲーションを取得した2017年からは米IMSA、欧州GTオープン、2018年からはなどでもセミワークス参戦を開始し、それぞれで優勝を挙げている。 ワークス活動以外ではないが、やドリフトでもレクサスを見ることができる。 仕様のSC430が2008に登場、の後継として2008年シーズンお台場戦からDRoo-Pよりが乗っている(V8のから、直4のに載せ替え、エアロはになっている)。 またSUPER GT・GT300クラスにも2008年より・がIS350を用いて参戦している。 2010年から前年まで で参戦していたがGS350改でに参戦している。 ワンメイクレースとしては、と併催されているCCS-R(IS-Fのサーキット専用仕様)レースがある。 自動車以外ではに参戦するとサポート契約を結び 、2016年からはにおけるナショナルパートナーとしてオフィシャルカーを提供している。 室屋はレクサスが参戦するレースにおいて、レクサスのロゴを掲示したでのデモ飛行を行っている。 室屋は2017年に同シリーズでワールドチャンピオンとなった。 広告・プロモーション レクサス創設当初は「The Relentless Pursuit of Perfection」、2013年4月までは「 The Pursuit of Perfection(完璧への飽くなき追求)」というコピーが使われていた。 日本国内では、2005年の開業当初は「 微笑むプレミアム」、からにかけては「 この道と語り、この星を想う。 」というコピーも用いられていた。 ブランド戦略 2012年からは、車そのものではなく「ラグジュアリーなライフスタイルのブランド」を志向した販売戦略を行っている。 デザイン・映像・建築・アート・食・ファッションなどとのも積極的に展開する。 2016年発表の「」 や2017年発表の「高級ボート」はその一例である。 2013年からは、レクサス初の全世界統一ブランドキャンペーンとして「 AMAZING IN MOTION」をキャッチコピーとした。 コンセプトは「ユーザーの期待を超える驚きと感動を提供する」である。 「 AMAZING IN MOTION」は2016年まで使われ、2017年からは「 EXPERIENCE AMAZING」を使用している。 INTERSECT BY LEXUS レクサスブランドの体験・広報スペースとして、8月30日に東京のにオープンした。 その他にアメリカのニューヨーク、のの計3か所にある。 「都市とつながり、人と人、人とクルマが交わる」をテーマに、デザインやアート、ファッション、カルチャーなどを通じて、レクサスの車そのものではなく「レクサスブランドが持っているプレミアムな価値観」を展示する場所としている。 2013年10月からは、のラジオ番組「」の公開収録も行われる。 LEXUS MEETS... LEXUS MEETS 2018年3月29日、内に、もう一つのブランド体験・広報スペース『LEXUS MEETS... 』をオープンした。 全世界向けの「INTERSECT BY LEXUS」よりも間口を広げ、プレミアムな価値観を身近に体験できるスペースとしている。 およびとの協業であり、様々なジャンルのセレクトグッズとレクサス車の展示を行う「STEER AND RING」、プレミアムな世界観を食で表現した「THE SPINDLE」、レクサス車フルラインアップを実際に試乗できる「TOUCH AND DRIVE」の3ゾーンに分かれている。 提供 テレビ番組• (2013年4月 - 2014年3月)• (2014年4月 - 2016年3月)• トーキョー・コーリング(2016年4月 - 、BS朝日でも放送)• AMAZING BANG BACK(2013年4月 - 2014年3月)• 上質の会議〜GRAND ATLAS〜(2014年4月 - 2015年3月) ラジオ番組• (2013年10月 - 2014年3月)• LEXUS STORY OF "CRAFTED"(日曜10:05 - 10:25頃・内) テーマパーク ・• カーアクションマッピング 「AMAZE」 リコール• 、(ABS)の制御プログラム修正で、HS250hを()。 、アメリカの消費者団体専門誌「」で横転事故の危険性が指摘されたことを受け、トヨタ自動車はGX460の販売を一時中止することを発表した。 同誌面によると、電子制御装置の作動遅れが原因となり高速で急旋回した際に後輪が滑ると指摘されており、トヨタ側ではアメリカの安全基準は満たしており実際に事故や苦情は発生していないものの、先刻の大規模リコールの反省から顧客に不安を与えるべきではないとの判断により販売停止を早期に決定した。 には全世界で約13,000台を対象に(VSC)のソフトウェア修正を行うことを発表している。 、VGRS(ギア比可変ステアリング)の制御プログラムの問題により、ステアリングを最大に切った後で急に戻した際にタイヤの動きが一時的にステアリングと連動しなくなる不具合があるとして、国内外合わせLSの約11,500台がリコールとなった。 2009年11月9日以降販売分のハイブリッド仕様車(LS600h・LS600hL)と、2009年10月16日以降販売分のガソリンエンジン仕様車(LS460・LS460L)がリコール対象となる。 、が行った衝突試験において、基準値を上回る燃料漏れが生じたため、HS250hの約17,000台をリコール。 トヨタ社内試験では基準を満たしており、改修方法が確立していないため、当面の間は生産および販売を見送ることとなった。 、製造過程でエンジンのスプリング(製)へ異物が混入したためエンジンに亀裂が入る恐れがあるとして、LS460・LS600h・GS460・GS450h・GS350・IS350、およびトヨタの日本国内約9万台、海外約18万台、計約27万台がリコールとなった。 、アメリカにおいて、ステアリングシャフトの不具合により2003年-2007年型のLX470(約39,000台)およびトヨタ(約373,000台)がリコールとなった。 、電子制御ブレーキシステムにおいて、の強度検討が不足しており制動力が低下する恐れがあるため、2009年6月から10月まで製造のHS250hが同様にリコール対象となった。 、燃料蒸発ガス排出抑制装置の蒸発ガス通路端部形状が不適切なため、亀裂が発生し貫通した場合は満タン時に燃料が漏れて燃料臭が発生することから、2010年11月から2015年2月まで製造のCT200h及び2012年12月から2015年2月まで製造のHS250hがリコール対象になった。 脚注 []• - lexus. 「LEXUSのすべて」 2005年• 、Response、2012年7月6日• - トヨタグローバルニュースルーム(トヨタ自動車) 2018年9月8日(2018年11月27日閲覧)• ベストカーweb 2017年4月26日• Mahler, Jonathan 2004. "The Lexus Story: The Behind the Scenes Story of the 1 Automotive Luxury Brand in America", pp. 56-57. DK Melcher Media, NY• Forbes. Retrieved 2008-06-05• 「レクサス トヨタの挑戦」(長谷川洋三著)• 、GAZOO、2012年1月25日• - トヨタグローバルニュースルーム(トヨタ自動車) 2017年4月19日(2017年4月19日閲覧)• LEXUS 2016年2月2日• LEXUS 2019年2月25日プレスリリース• Bloomberg 2016年1月6日• 畑中徹 2014年10月28日. 2014年11月1日閲覧。 、読売新聞、2012年1月27日• トヨタブランド店には、レクサス車の技術情報や専用特殊工具が提供されない。 なお「納車式」は省略することもできる。 のであるが、使用許諾を得て使用している。 F1-Gate. com 2013年11月11日• Edmundson, Gale 2006年2月19日. BusinessWeek. 2010年8月1日閲覧。 LEXUS 2016年2月2日• Taiwan Economic News 2006年1月19日. 2010年8月1日閲覧。 『』(2016年3月4日)• 『』ネット版(2017年5月26日)• - トヨタグローバルニュースルーム(トヨタ自動車) 2018年3月22日(2018年3月22日閲覧)• MSN産経ニュース 2010年4月14日• MSN産経ニュース 2010年4月20日• 毎日jp 2010年5月19日• 日本経済新聞 2010年6月26日• 日本経済新聞 2010年7月1日• - トヨタ自動車 2013年6月5日• - レクサス公式 2016年6月29日 関連項目• - レクサスが展開するスポーツモデル。 (通称:レクサス選手権) - からまで開催された(JGTO)公認による男子プロ。 - プロゴルファー。 2013年12月より同ブランド所属。 - モータースポーツ活動におけるマスコットキャラクター。 - チームスポンサーとなっている。 外部リンク ウィキメディア・コモンズには、 レクサスに関連する および があります。 - チャンネル.

次の