余市 蒸溜 所。 【ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸溜所】アクセス・営業時間・料金情報

stwww.kayakfishmag.com: ニッカ 余市蒸溜所限定 ブレンデッドウイスキー 500ml: 食品・飲料・お酒

余市 蒸溜 所

2017年10月。 北海道2日目。 この日は JR札幌駅を10時13分に出発し、余市へGO。 ) 数々の見学ポイントを全部スルーし、まずは前回訪問時に 貸切のため入れなかった『』さん でランチたいむとしました。 (ウイスキー&ワインラムしゃぶを頂きました~) この後、再び蒸溜所の入口まで戻って、見学開始。 そして、ニッカ会館の二階にある試飲会場で、竹鶴ピュア モルト、スーパーニッカ、アップルワインを全て試飲して から、『ノースランド』さんでお土産購入たいむ。 帰りの電車の時間も近付いていたので、限定品を軸にして パパッと購入。 濃厚な果実の甘味と樽由来のほろ苦さとコク。 華やかな 余韻が続く。 なめらかな口当たりと重厚な樽の甘さ。 やや塩味を伴ったピートの余韻が続く。 モルト の豊かな味わいの中に感じられるかすかな塩味と果実の ような甘さピートの香ばしさとビターな長い余韻が続く。 ) になります。 滑らかで厚みのある口当たりと豊かに広がる味わいが特徴です。 トフィー。 麦芽の香ばしさ。 心地よいピートとグリーンな芳香。 麦芽の甘味と樽の 味わいが調和。 熟した果実。 滑らかさ。 シナモン的なスパイス。 爽やか。 ] 行った事ないのでよく分からないのですが、ニッカ会館のお隣に 『ディスティラリーショップノースランド』という土産屋さんが あるらしく、そちらで購入してくれたみたいです。 (感謝) ウイスキー(というかワインを除いた洋酒全般。 )が飲めなくて、 只今訓練中の身です(汗)でもこの量なら何とか飲めそうな感じ。 (大丈夫か?汗) ウイスキ〜がお好きでしょ? もう少ししゃべりましょ ありふれた 話でしょ それで いいの 今は (歌ってないで、さっさと飲めっ!) おおっ。 やっぱし大人の味がするよ! (と、オサーンが言ってみるw) 商品説明を見ながら、飲んでみたけど、素人には???w でもウイスキー、味は少しずつ慣れてきたような気もします。 ウイスキーをガッツリ飲めるようになったら、是非余市まで足を 運んでみようと思いますw ごちそうさまでした〜 2015年8月29日。 1時間ちょっとで余市に到着。 (9時過ぎだったかな?) マスコットキャラの『ソーラン武士!! 』がお出迎え。 早速、歩いて『余市蒸溜所』へ。 『入場料っていくらだろ?』とのぞいてみたら、見学は無料なん ですね。 スーパーニッカをかかえた小熊の置物は飲むつもり ないので今回のレビューからは除外するとして、、、 オリジナルキャラメルの方を早速家で頂いてみました。 このキャラメル、しっかりウイスキーの風味が効いていて旨い! シードルのキャラメルもあったような気がするんだけど、コッチ も買っておけば良かったかな〜 ごちそうさまでしたっ! このHTMLタグをブログに貼り付けると、お店の地図や情報を掲載することができます。 ノースランド 関連ランキング:その他 余市駅.

次の

ニッカウヰスキー余市蒸留所見学

余市 蒸溜 所

- 2017年10月月1日午前3時54分PDT 味は? 余市の味は、• オーク• ピート• オレンジ これらの風味が見事に調和した味と言われています。 オークというのはウイスキーを熟成させる樽の一種。 また、ピートとはウイスキーの原料となる麦芽を乾燥させるために燃やす泥炭のことです。 オークやピートはウイスキーの風味を決める大事な要素。 実際飲んでみると、力強い味わいの中にオークやピートの独特の甘みを感じます。 さらにここにオレンジを思わせる風味が加わることで、余市独特のフレーバーが生まれます。 ジャパニーズウイスキーの最高峰と言われるだけあって味に関しては良い評判しか聞きません! それほど美味しい余市、やっぱり値段が気になりますよね。 そこで余市のお値段について徹底的にリサーチしてきました! 価格は? 現在販売されている余市は実は2代目。 「マッサン」人気の影響で原酒が不足し、一時販売を終了してしまったのです。 その後復活した2代目「シングルモルト余市」のお値段は700mlで4000円程度と、やはり高級ウイスキーなだけあって価格は高めに設定されています。 さて、2代目ではなく初代の余市が飲みたいんだ!という方もいるでしょう。 初代の余市は「年代もの」という、長期間熟成させたウイスキーであり• シングルモルト余市10年• シングルモルト余市12年• シングルモルト余市20年 の3種類があります。 とても貴重なので、今ではプレミア価格で数万円から、中には20万円以上の値がつくものもあります! なかなか手が出せませんが、ジャパニーズウイスキー通としては、ぜひとも一度は味わってみたいですね! - 2018年10月月30日午前2時50分PDT 「余市」が生産されているのは北海道は余市群余市町の余市蒸溜所。 その余市蒸留所では無料で蒸留所見学が行われており、余市の製造方法や工程を学ぶことができます!• 見学方法はガイドなしのフリー見学は見学時間内(9:00? 17:00)であれば予約は不要。 ガイド付き見学は見学時間が午前9:00~12:00、午後13:00~15:30であり、3日前までに予約が必要 そしてどちらも見学後には余市の試飲を楽しむことができます。 とてもおすすめなので、ぜひ申し込んでみてくださいね! お次はお待ちかねの蒸留所限定ウイスキーについてです! 余市蒸留所限定ウイスキーとは? 余市蒸留所見学のもう一つのメリット、それは蒸留所限定のウイスキーを手に入れられることです! 蒸留所では限定ウイスキーが多数販売されていますが、その一つが「余市蒸留所限定 ブレンデットウイスキー」です。 ネット通販では値段が高騰しているそうなのですが、果たして正規のお値段はいくらくらいなのでしょうか? 値段は? 「余市蒸留所限定ブレンデットウイスキー」のお値段ですが、500mlで3,000円程度と良心的な価格設定になっています。 やはりネットでも購入すべきですね!.

次の

『余市蒸溜所限定ウイスキーをお土産に♪』by eb2002621 : ノースランド

余市 蒸溜 所

Yorimichi をお読みになっているみなさま、はじめまして! 杉村啓と言います。 醤油やお酒が大好きで、普段はお酒の本を書いたり、醤油の本を書いたり、グルメ漫画についての本を書いたりしています。 「むむ先生」と呼ばれていたりもします。 お酒好きにとっての聖地はいくつかありますが、今回は縁あって「 ニッカウヰスキー余市蒸溜所」へと行ってまいりました。 ニッカウヰスキーの創業者・竹鶴政孝とその妻リタをモデルに描いたNHKの朝ドラ『マッサン』でもおなじみですね。 お酒好きとしても、マッサンを見ていた身としても、まさに聖地巡礼です。 品質の高さから数々の国際的な賞を受賞し、日本はもちろん世界でも人気が高まり、 近年品薄が続いているニッカウヰスキー。 また、余市蒸溜所は「行ってよかった工場見学」としても人気が高い場所なのです。 しかも 見学は無料! 一体どんな魅力があるのか、探ってきました!! むむMEMO お酒は糖分を発酵させ、アルコールに分解することで造られます。 ウイスキーは麦から造るのですが、麦にはでんぷんは含まれているものの、糖分は含まれていません。 そこで、発芽するときにでんぷんを糖分に分解する麦の性質を生かし、わざと芽を出させる(発芽)のです。 というわけで、お酒の原料として「麦」ではなく「麦芽」と書いてあるのは、芽を出した状態にして使うからなのです。 ただ、芽が伸び続けると、どんどん麦の中のでんぷんが消費されてしまいます。 どうにかして、芽が出た後に成長をストップさせなければなりません。 そこで行うのが 麦芽の乾燥なのです。 乾燥させて芽を殺してしまえば、それ以上でんぷんは消費されません。 でんぷんが分解された糖分だけを利用できるというわけです。 ウイスキーの場合はこの乾燥に「 ピート(泥炭)」を燃やして煙をあてます。 乾燥棟ではこのピートが展示されていて、自由に触ることができました。 ピートを燃やしたときの香りが、ウイスキーのスモーキーさの元になっているのです。 これが「ピート」。 樹木や草木などが炭化したもの 杉村:ところで高橋さん、今日は乾燥棟は稼働していないんでしょうか? 高橋:ああ、ここは今は動かしていないんです。 年に数回、イベントで体験してもらうときにだけ動いています。 杉村:ええええ!? じゃあ、製麦(麦芽を造ること)はどうしているんでしょう……。 高橋:今は スコットランドから買っています。 というのも、 余市蒸溜所で消費する麦芽の量が多すぎて、ここの乾燥棟じゃ生産が間に合わないんですよ。 造るウイスキーに合わせて、ピートの香りが強いものや、あまり香りがしないものなどを買って、その都度使い分けています。 杉村:知りませんでした……。 いやしかし、 昔からの設備じゃ今の要求に生産が追いつかないから買っているというのは面白いですね! 高橋:余市蒸溜所ではストレート型のポットスチルを使っています。 まっすぐに落ちていくので ウイスキーの風味が出やすいんです。 宮城県の宮城峡蒸溜所にあるポットスチルはバルジ型といって、少しボコッと膨らんでいます。 その膨らみにひっかかることで循環が多くなる、つまり環流しやすくなるんです。 そうなると 華やかで軽やかなお酒に仕上がります。 杉村:余市で造られるウイスキーの風味がしっかりとしていて、宮城峡のウイスキーが華やかで軽やかなのは、ポットスチルの形状の差だったんですね! いつまでも眺めていたかったのですが、そうもいかないので次へ行きましょう。 樽造りの行程を展示している「混和棟」が工事中のため、「 貯蔵庫」へ向かいます。 樽に入っているお酒は呼吸をします。 夏になると中の空気が膨張し、樽の外へと出ていきます。 冬になると中の空気が収縮し、外気が樽の中へと入っていきます。 この「呼吸」によって、味わいの邪魔になる成分などが出ていき、まろやかな味わいになるのです。 杉村:ところで、 空調設備が見当たらないのですが、見学スペースだからですか……? 高橋:いえ、どの棟でも 貯蔵は自然任せです。 余市の気候は冬がとても寒く、湿度が高いため、貯蔵に適しているんです。 この貯蔵庫も見学者から見える手前のほうは展示用の樽で中身が入っていませんが、ついたての向こう側には実際にウイスキーが入っている樽がありますよ。 杉村:むしろ見学用の貯蔵庫に実際の樽があるのがすごい。

次の