妊娠 初期 エコー 写真 見方。 エコー写真の見方と数値の意味|お腹の赤ちゃんの体重はなぜ分かるの?

妊娠中のエコー写真・超音波写真の見方を徹底解説 [妊娠中期] All About

妊娠 初期 エコー 写真 見方

エコー写真の見方~超音波検査から分かること 妊娠すると、妊婦健診の際、病院からエコー写真をもらうことってありますよね?かわいい赤ちゃんの姿が写ったエコー写真を見ると、お腹に赤ちゃんがいるという実感がわいてくるものです。 そのエコー写真をよーく見てみると、赤ちゃんの画像だけではなく、横の方にいろいろな数値が書かれていませんか?それって何を示しているのか、よく分からないママも多いのではないでしょうか。 実は、エコー写真には、赤ちゃんの状態を表すさまざまな情報が詰まっているんです。 お腹の赤ちゃんの成長を知るためにも、知っておくべき知識といえることから、今回は、超音波検査を行う目的やエコー写真について徹底解説。 特に、最近妊娠が発覚した新米妊婦さんは、これから紹介するエコー写真に記載されている情報の意味や写真の保存方法などについて、ぜひ参考にしてください。 そもそも超音波検査の目的は? 一般的に超音波検査は、妊娠初期から23週までに2回、妊娠中期の24週から35週までと、妊娠後期の36週以降にそれぞれ1回ずつ行われます。 超音波をあてて子宮の中を検査して、主に次のようなことを調べます。 妊娠を確定する 「妊娠したかも?」という兆候があった場合、産婦人科では、尿検査のほかに超音波検査が行われます。 そして、妊娠初期の6~8週頃に、超音波検査によって胎のうと心拍が確認された場合、妊娠したと診断されるのです。 その際、超音波検査では、「胎嚢 たいのう 」という赤ちゃんが入っている袋が見えるか?さらに、赤ちゃんになる前の姿の「胎芽 たいが 」があるかどうかを確認します。 胎児の状態を知る 超音波検査で、胎児の大きさを計測して、順調に成長しているかどうかを判断します。 また、、モニタリングすることで総合的に胎児が良好な状態 well-being かどうかの確認も行われます。 さらに詳しく、赤ちゃんの脳・心臓・内臓の状態や、羊水の量に異常がないかが分かることもあります。 出産方法を決める目安にする 超音波検査で、赤ちゃんの様子を調べることで、自然分娩が可能かどうかを判断します。 例えば、赤ちゃんが逆子だと分かった場合は、自然分娩できるのか?または、帝王切開が望ましいか?ということを検討する材料にします。 また、などのような胎盤の位置に問題が起きていないか、へその緒が赤ちゃんに絡まっていないか、などの確認を行います。 そのほかには、胎児のサイズを測定して、その結果から分娩予定日を確定することも可能です。 エコー写真から赤ちゃんの性別が分かることも エコー写真から赤ちゃんの性別が分かることも エコー画像で、胎児の2本の足の間にピーナッツのようなものが見えたら男の子、コーヒー豆のようなものが見えたら女の子だと判断されます。 ただし、角度によってはっきりと確認できない場合があるため、女の子だと思っていたら男の子だったということもあるようです。 超音波検査の方法 超音波検査では、妊娠週数や調べたい内容に応じて2つの方法が行われています。 それぞれの方法について、どのように検査するのかを見ていきましょう。 経膣エコー 胎児が小さい妊娠初期から妊娠12週くらいまでは、プローブと呼ばれる棒のような機器を、膣に挿入して検査する経腟エコーが行われます。 その際は、胎嚢が子宮内にあるかどうか、胎児の心拍数なども確認されます。 経腹エコー 経腟エコーではプローブの周囲しか確認できないことから、妊娠中期になって赤ちゃんがある程度大きくなってきたら、広い範囲を検査するために、お腹に塗ったジェルの上にプローブをあてて検査するこ経腹エコーに切り替えます。 知っておきたいエコー写真の略語 産院でもらうエコー写真の画像を見ていて、いろいろと書いてある数字の意味が気になりませんか?それぞれの意味が分かると、お腹の赤ちゃんのことをもっと知ることができますよ。 ここからは、エコー写真に書かれている略語の意味についてご説明します。 胎児の大きさ 赤ちゃんの大きさは、超音波検査によって測定した胎児の各部位の長さによって示されます。 各部の記号や意味は次のとおりです。 GS Gestational Sac :胎嚢の大きさ• CRL Crown Rump Length :頭からお尻までの長さ• BPD Bi-Parietal Diameter :頭の横幅• HL Humerus Length :二の腕の長さ• FL Femur Length :大腿骨の長さ• APTD Anterior-Posterior Trunk Diameter :お腹の前後の長さ• TTD Transverse Trunk Diameter :お腹の横幅• AC Abdominal Circumference :お腹周りの長さ• SL Spine Length :脊椎の長さ 妊娠検査では、計測した胎嚢の大きさ GS と心臓がピコピコと動いている心拍によって、妊娠しているかどうかが確定されます。 また、太ももの長さ FL は、胎児の骨の発育を知るための目安となる重要な数値なので、覚えておきましょう。 その他の情報 超音波写真には、赤ちゃんの計測した数値のほかに、基礎的な情報や測定値から求められた数値も記載されています。 主な情報については、次のとおりです。 DEL Delivery :出産予定日• EDD Expected Date of Delivery :分娩予定日• AGE:妊娠週数• AFI Amniotic Fluid Index :羊水の量• FTA Fetal Trunk cross section Area :お腹周りを輪切りにした部分の面積• EFW Estimated Fetal Weight :胎児の推定体重 一般的に知られている出産予定日 DEL に対して、分娩予定日 EDD は測定値から推定される予定日です。 また、妊娠週数 AGE は、W week とD day によって表され、例えば、12週と1日の場合は「12w1d」と表記されます。 妊婦さんが気になる数値の一つともいえる胎児の成長の具合は、胎児の推定体重 EFW で分かります。 EFWは、BPD、FL、APTD、TTDによって算定されます。 そのほか、羊水量 AFI によって、羊水過多か羊水過少の状態なのかどうかということが分かります。 エコー写真でアルバムを作ろう せっかくなので、もらったエコー写真でアルバムを作ってみませんか?妊娠中のよい思い出となるほか、生まれてきた子供が成長したら、お腹の中にいた時の様子を見せることもできますよ。 ここでは、エコー写真アルバムを作ることができるおすすめの商品やサービスをご紹介します。 エコー写真や生まれた赤ちゃんの写真を保存できるページと、ママの気持ちを書き込む欄があるので、出産の記録として残しておくことができます。 リングタイプのファイルになっていて、好みの台紙を使ってアレンジすることができます。 エコー写真から命名書、出産届まで、いろいろと入れておくことができるので思い出の一冊が作れます。 付属の月齢インデックスやデコシールで、分かりやすくまとめることができます。 母子手帳と一緒に持ち歩けるサイズなので、もらった写真をすぐに収納できて便利です。 エコー写真を保存する際の注意点 エコー写真は、一般的に「感光紙」と呼ばれる紙に印刷されるため、光を浴びることで時間とともに変色してしまいます。 大切な思い出として残したいという場合は、次のような方法で保存するといいでしょう。 エコー写真のコピーをとる• スキャナーで取り込んでデータ化する• デジタルカメラでエコー写真を撮影する.

次の

エコー写真の見方完全版!FLやBPDなど用語や数値の見方など徹底解説

妊娠 初期 エコー 写真 見方

熱に反応して変色してしまったり、経年劣化で見えなくなってしまったりする恐れがあります。 そのため、 エコー写真自体の写真を撮っておくことをオススメします。 写真に撮ってから、下記のようなマタニティアルバムやエコー写真アルバムに入れて保存すれば、大切な記録として残せますね。 それではここから 実際のエコー写真を時系 列に順を追って見ていきましょう。 実際のエコー写真 7週0日(胎嚢) この頃はまだ赤ちゃんの形になっていないので、上記のようなサイズを測ることは出来ません。 黒い丸の部分が、 赤ちゃんの入っている袋である胎嚢です。 この胎嚢の大きさが 16. 8mmとなっています。 胎嚢の中にある小さな白い点が赤ちゃんでしょうか? 10週0日(赤ちゃん現れる) 胎嚢の中にはっきり赤ちゃんらしき物体が見えます。 胎嚢も赤ちゃんも一気に大きくなり、 赤ちゃんの長さが22mmになりました。 12週0日(頭の形がわかる) 赤ちゃんの大きさが倍以上の 46. 8mmになりました。 頭と体の形も少しずつ出来ているようです。 16週0日(3Dあり) BPD(頭の横幅)が32mmとなりました。 15週5日の標準と同じくらいの大きさで、少し平均よりも小さいようです。 頭、鼻か口、首、お腹の形、足など形ができています。 また、この時 初めて3D画像を見ることが出来ました。 初めての3D 3Dで見ると目のくぼみ、鼻、腕がはっきり確認することができます。 本物の人間がお腹の中にいると思うと不思議な気持ちでした。 19週6日(各部位の測定開始) ここから体の各部位の測定が始まりました。 画像は全ての部位の測定が終わった時点のものを表示します。 この画像は頭の部分ですが、体が大きくなっているので、この頃からエコー画面では 体の一部ずつしか確認することが出来ません。 頭の長さ、お腹の面積、太ももの長さ共に少しだけ標準よりも小さいようです。 推定体重は288gでほぼ標準と同じです。 23週4日(背骨くっきり) 写真の左側が顔です。 目の部分が確認出来ると思います。 お腹の面積が標準よりも大きめです。 頭と太ももは標準以下で 推定体重は604g。 標準よりも少し小さめです。 2枚目の写真は背骨です。 しっかりとした背骨ができているのが確認できました。 25週6日(3Dあり) 写真の左側が顔です。 上を向いているように見えます。 相変わらず、お腹の面積が標準よりも大きめです。 頭が結構小さいようです。 太ももも標準以下で 推定体重は829g。 赤丸の部分が心臓です。 動画で見るとよく動いていました。 3Dでははっきりと顔が見えました。 鼻も口もちゃんとあります。 27週6日(1,000g突破) この頃から体が大きすぎてエコー画面がよく分からなくなってきます。 相変わらず、お腹の面積が標準よりも大きめ、頭はまだ小さいですが、標準偏差が少し良くなりました。 推定体重は1,115g。 29週6日(性別確定!) 右から左にかけて足が写っています。 頭の横幅が72mmなので結構大きくなってきました。 推定体重は1,407g。 素人が見てもこれが女の子には全く見えないです。 31週4日(3Dあり:実際の顔と似ていた) ここから先の写真は太ももの骨の写真になります。 ここを最後に測るので全てのデータが載っている写真が太ももの写真ばかりでした。 頭の横幅が77. 6mm、 推定体重は1,763g。 体重は平均よりも少し多めです。 3Dではどんな顔をしているかはっきりと分かります。 生まれてきた赤ちゃんもこの画像と同じような顔でした(笑) 33週4日(2,000g突破) 頭の横幅が81. 6mm、 推定体重は2,017g。 体重は平均よりも少し少なめです。 35週2日(あれ?小さくなってる) 太ももの長さが60. 6mm、お腹の厚さも92. 6mmで 前回よりも小さくなっています。 そのせいか全体的に標準よりもかなり小さいという結果になりました。 その結果、 推定体重は2,152g。 体重の増加スピードがダウンしました。 実際小さくなることはないと思うので、 エコーの測定はやはり誤差があるよう ですね。 36週6日(OOR出現) 全体的に一気に大きくなっています。 太ももの長さ意外は全て標準以上。 やはり前回の測定値が小さめに出ていたのでしょうか。 ここにきてBPD(頭の横幅)のGA(エコー測定値からの週数)が OORとなりました。 これは Out Of Range 範囲外 という意味で、いつ生まれてもOKな大きさで、ここから先は誤差が大きくなるためGAの週数を表示しないようです。 38週2日(3,000g突破) 太ももの骨の長さ以外の項目がOORとなりました。 推定体重はついに大台突破し3,069g。 39週2日(再び小さくなる) 前回の結果が大きめに出ていたようで、BPD 頭の横幅 はOOR、お腹の面積が標準、FL 太ももの骨の長さ が短めで、 推定体重が2,836gに戻りました。 40週2日(出産日前日) 太ももの骨の長さ以外の項目が再びOORとなりました。 推定体重は3,189g。 そしてこの検診を終えた日の夜、陣痛が始まるのです・・・。

次の

エコー写真の見方~知っておきたい超音波写真の略語の意味

妊娠 初期 エコー 写真 見方

関連記事: 妊娠11週目は妊娠3ヶ月目にあたります。 おなかの赤ちゃんはどんどん成長して… エコー写真の種類 エコー写真には平面画像の2Dエコーと立体的な3Dエコーがあります。 さらに立体的な動画の4Dエコーまであり、医療が進歩するとともにエコー写真もますます見やすくなっています。 2Dのエコー写真 2Dのエコー写真は平面の超音波写真で妊婦健診では一般的に利用されているものです。 超音波に反射する骨は白く写り、反射しない羊水や血液などの液体は黒く、筋肉や内臓、脂肪はグレーに写ります。 妊娠初期の超音波検査では経膣法で膣に近い部分の観察をしますが、妊娠中期以降になると経腹法でおなか全体の観察を行うようになります。 3Dのエコー写真 3Dエコーは経腹法で行われます。 3Dでは三次元 長さ、幅、奥行き 超音波で胎児の様子を確認するため、2Dエコーで見たときよりも立体的に表現されます。 赤ちゃんの表情や仕草もわかりやすく、角度によっては顔がはっきりと確認できるかもしれません。 4Dのエコー 動画 4Dエコーは3Dエコーと同じく経腹法で使用されます。 4Dのエコーは、静止画像である3Dエコーが動画になったもので、おなかの赤ちゃんの表情やしぐさなどリアルな動きを確認することができます。 おなかの中で動く赤ちゃんを感じるだけでなくエコーで動きを見ることができるのでとても感動しますよ。 4Dエコーを導入している病院の中には、妊娠10週くらいから検査を行うことが可能なところもあるため、希望する場合は受診する前に確認をしておくとよいでしょう。 出典元:• 田渕レディスクリニック「ブログ 男の子?女の子?」(,2018年5月2日最終閲覧) 妊娠中の経過別エコー写真 妊婦健診の超音波検査で赤ちゃんの姿を見るのはとても楽しみなものです。 毎度違う姿を確認することができる超音波検査は、赤ちゃんの成長だけでなく体の異常なども確認するためにとても大切な検査です。 妊娠初期から出産までのエコー写真を見比べて赤ちゃんの成長の軌跡をたどってみるのもよいかもしれません。 この頃の赤ちゃんは、頭と体の部分が区別され内臓の形成はほぼ完成します。 エコーをしているときに手足を動かしている姿や、場合によってはおしっこをしている姿を確認することができます。 この頃のエコー写真は全身が映る貴重な時期です。 まだ赤ちゃんが小さく、へその緒まではっきりと確認することができます。 頭と胴の区別ができて人間らしい形になっていますね。 上の写真は4Dエコーの写真です。 病院では動画で赤ちゃんの動きを確認することができます。 頭蓋骨や脊髄、肋骨といった骨がかたくなり骨格がしっかりしてくるでしょう。 上の写真は妊娠20週くらいのときのエコー写真です。 この頃になると、エコー写真でも赤ちゃんの背骨がはっきりと見えるようになります。 赤ちゃんは成長し、エコー写真に全身が納まらないくらいまで大きくなっていることがわかります。 立体的なエコー写真を見ることができるかもしれません。 3Dや4Dエコーの写真では、はっきり顔が見えると両親のどちらに似ているかまでわかることがあります。 出典元一覧• 南條達也 編 荻田和秀 監 「最新版らくらくあんしん育児 妊娠・出産」P20~21(学研プラス,2017年)• 丸茂レディースクリニック「4Dエコーとは」(,2018年5月16日最終閲覧)• 赤穂中央病院「産婦人科」(,2018年5月16日最終閲覧)• 村越レディースクリニック「妊婦健診」(,2018年5月16日最終閲覧)• 平田クリニック「4D超音波診断装置」(,2018年5月16日最終閲覧)• 松口レディースクリニック「4D超音波」(,2018年5月16日最終閲覧)• 的野ウィメンズクリニック「4Dエコーってなあに?」(,2018年6月12日最終閲覧)• 田渕レディスクリニック「ブログ 男の子?女の子?」(,2018年5月2日最終閲覧)• 青木産婦人科クリニック「妊娠初期の超音波写真の見方」(,2018年5月16日最終閲覧)• 広尾レディース「妊娠3ヶ月」(,2018年6月12日最終閲覧)• 広尾レディース「妊娠4ヶ月」(,2018年6月12日最終閲覧)• 広尾レディース「妊娠5ヶ月」(,2018年6月12日最終閲覧)• 広尾レディース「妊娠6ヶ月」(,2018年6月12日最終閲覧)• 広尾レディース「妊娠7ヶ月」(,2018年6月12日最終閲覧)• 広尾レディース「妊娠8ヶ月」(,2018年6月12日最終閲覧)• 広尾レディース「妊娠9ヶ月」(,2018年6月12日最終閲覧)• 広尾レディース「妊娠10ヶ月」(,2018年6月12日最終閲覧) 本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。 必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。 なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。 ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはもご覧ください。

次の