暇人 速報。 「暇人速報」に関するQ&A

「暇人速報」に関するQ&A

暇人 速報

キャバクラやバーなど接待を伴う飲食店に加え、ライブハウス、ナイトクラブの業界団体が感染防止対策を盛り込んだ「ガイドライン」を策定した。 いずれも過去にクラスター(感染者集団)の発生歴があるなどの理由から、他業種と比べて再開が遅れていた。 連絡先の提出 3業種共通の対策として、感染者の発生に備えて経路を特定しやすくするため、利用客に氏名や連絡先の提出を求め、店側が把握することや、最大で入場者数を定員の50%とすることなどが柱となっている。 隣に座り、時には密着することもあるホストクラブやキャバクラでも対人距離は「できるだけ2メートル、最低1メートル」。 マスクやフェースシールドの着用も盛り込まれた。 専門家らを交えて策定されたガイドラインに強制力はなく、各地で徹底されるか疑問も残る。 西村氏はガイドラインの実効性について「法の枠組みに限界はあるが、客や従業員の命を守るため、しっかり対策を講じて営業を再開してほしい」と事業者へ呼び掛けた。 新型コロナウイルスの流行を機に、NTT東日本が開発し無償提供しているテレワークシステムが好評だ。 自宅のパソコンから安全に職場のネットワークに入れるシステムで、利用者はすでに3万2千人を超えたが、驚くべきはこのシステムがわずか2週間で開発された点だ。 携わったのは同社が4月にヘッドハンティングした登大遊(のぼりだいゆう)さん(35)。 業界では名の知れた天才プログラマーだ。 「短期間で作ったシステムだが、大きな事故はない。 今後のシステム開発にとって大きな価値になる」 そう語る登さんは、小学生でプログラミングを始め、高校時代にはプログラミングに関する著書を出版。 筑波大在学中に開発した独自のVPN(仮想プライベートネットワーク)システムで平成19年に経済産業相表彰も受けた。 今も同社に籍を置きつつ、筑波大准教授や自ら起業したソフトウエア会社の代表も務める。 国のサイバーセキュリティー研究の中核を担う独立行政法人「情報処理推進機構(IPA)」でも業務にあたるが、仕事をする上で必要となる秘密保持の誓約書の提出を拒否した逸話もある。 その際は、厳しすぎる守秘義務が開発を滞らせている点や、代わりの情報漏洩(ろうえい)対策をまとめた数十枚のリポートを提出して特例を勝ち取った。 「今も研究仲間の間では、このリポートの提出が慣例になっている」という。 世界の技術者がしのぎを削るシステム開発の世界ではスピードが命だ。 しかし、日本の大企業の開発現場は部署間の縦割りや、セキュリティー対策を重視する傾向があり、新技術の導入は遅れがちだ。 NTT東にとっても柔軟で迅速な開発は課題。 登さんを迎え入れるのに合わせて「特殊局」という部署を新設し、自由に仕事ができる環境を整えた。 続きはこちらにて.

次の

暇人\(^o^)/速報|ワロタあんてな

暇人 速報

4207• 74333• 06月14日 17:30• 06月14日 14:30• 06月14日 13:00• 06月14日 12:15• 06月14日 12:01• 06月14日 11:33• 06月14日 09:00• 06月14日 08:00• 06月14日 07:00• 06月14日 00:30• 06月14日 00:15• 06月13日 22:30• 06月13日 21:30• 06月13日 20:30• 06月13日 19:30• 06月13日 17:40• 06月13日 15:30• 06月13日 14:30• 06月13日 12:34• 06月13日 12:15• 06月13日 12:02• 06月13日 11:39• 06月13日 11:07• 06月13日 10:31• 06月13日 09:00• 06月13日 07:30• 06月13日 07:00• 06月13日 00:45• 06月13日 00:15• 06月12日 23:40• 06月12日 23:13• 06月12日 21:00• 06月12日 20:00• 06月12日 18:30• 06月12日 17:00• 06月12日 16:00• 06月12日 15:00• 06月12日 13:00• 06月12日 12:38• 06月12日 12:00• 06月12日 11:00• 06月12日 08:30• 06月12日 08:00• 06月12日 07:30• 06月12日 00:45• 06月12日 00:20• 06月12日 00:09• 06月11日 23:45• 06月11日 23:00• 06月11日 22:00•

次の

暇人\(^o^)/速報

暇人 速報

キャバクラやバーなど接待を伴う飲食店に加え、ライブハウス、ナイトクラブの業界団体が感染防止対策を盛り込んだ「ガイドライン」を策定した。 いずれも過去にクラスター(感染者集団)の発生歴があるなどの理由から、他業種と比べて再開が遅れていた。 連絡先の提出 3業種共通の対策として、感染者の発生に備えて経路を特定しやすくするため、利用客に氏名や連絡先の提出を求め、店側が把握することや、最大で入場者数を定員の50%とすることなどが柱となっている。 隣に座り、時には密着することもあるホストクラブやキャバクラでも対人距離は「できるだけ2メートル、最低1メートル」。 マスクやフェースシールドの着用も盛り込まれた。 専門家らを交えて策定されたガイドラインに強制力はなく、各地で徹底されるか疑問も残る。 西村氏はガイドラインの実効性について「法の枠組みに限界はあるが、客や従業員の命を守るため、しっかり対策を講じて営業を再開してほしい」と事業者へ呼び掛けた。 新型コロナウイルスの流行を機に、NTT東日本が開発し無償提供しているテレワークシステムが好評だ。 自宅のパソコンから安全に職場のネットワークに入れるシステムで、利用者はすでに3万2千人を超えたが、驚くべきはこのシステムがわずか2週間で開発された点だ。 携わったのは同社が4月にヘッドハンティングした登大遊(のぼりだいゆう)さん(35)。 業界では名の知れた天才プログラマーだ。 「短期間で作ったシステムだが、大きな事故はない。 今後のシステム開発にとって大きな価値になる」 そう語る登さんは、小学生でプログラミングを始め、高校時代にはプログラミングに関する著書を出版。 筑波大在学中に開発した独自のVPN(仮想プライベートネットワーク)システムで平成19年に経済産業相表彰も受けた。 今も同社に籍を置きつつ、筑波大准教授や自ら起業したソフトウエア会社の代表も務める。 国のサイバーセキュリティー研究の中核を担う独立行政法人「情報処理推進機構(IPA)」でも業務にあたるが、仕事をする上で必要となる秘密保持の誓約書の提出を拒否した逸話もある。 その際は、厳しすぎる守秘義務が開発を滞らせている点や、代わりの情報漏洩(ろうえい)対策をまとめた数十枚のリポートを提出して特例を勝ち取った。 「今も研究仲間の間では、このリポートの提出が慣例になっている」という。 世界の技術者がしのぎを削るシステム開発の世界ではスピードが命だ。 しかし、日本の大企業の開発現場は部署間の縦割りや、セキュリティー対策を重視する傾向があり、新技術の導入は遅れがちだ。 NTT東にとっても柔軟で迅速な開発は課題。 登さんを迎え入れるのに合わせて「特殊局」という部署を新設し、自由に仕事ができる環境を整えた。 続きはこちらにて.

次の