ジャン ジャック バーネル。 ストラングラーズ

ストラングラーズ

ジャン ジャック バーネル

来歴 [編集 ] 人の両親の元で、ロンドンに生まれる。 12歳のときにゴダルミングに引越す。 高校卒業後、とでとを修了。 にストラングラーズに加入。 バンド活動と平行してとにソロアルバムを2枚、バンドメイトであるとのコラボレーションアルバムをに1枚発表している。 また、として多数のミュージシャンのプロデュース業、ゲスト演奏も担当。 プレイスタイル [編集 ] バーネルの演奏スタイルは多くのベーシストに影響を与えた。 大音量で腰の強いサウンドとメロディアスなベースラインで、曲によってはリードベースともいうべき役割を果たしており、本来のリズム楽器としてのベースの概念を覆した。 彼は幼いころからを学んでおり、確かな演奏技術に裏打ちされていたからこそ可能な芸当であった。 その他 [編集 ]• の愛読者であり、六段の黒帯保有者。 かつてはの道場生であった。 今日ではロンドン支部長という一面も持つ。 他にの趣味もあり、かつてを多数所持していた。 両親がフランス人ということでが堪能であり、英語・フランス語以外で歌詞を書くこともある。 陽気で気さくであり聡明な人柄だが、時として毒舌が物議を醸すこともあった。 いわく「アメリカ人の脳は小さい」「そんなにニコニコしてると目が見えなくなってしまうぜ」。 80年代の中旬にのロックバンドのメンバーの一人で友人のキースの依頼で、同バンドのベーシストをつとめたことがある。 近年ではに放送された日本のアニメ『』で音楽を担当した。 アルバム [編集 ]• Euroman Cometh 1979 40 UK Albums Chart• Fire and Water Ecoutez Vos Murs with Dave Greenfield 1983 94 UK Albums Chart• Un Jour Parfait 1988 [10]• Gankutsuou: The Count of Monte Cristo — Original Soundtrack with Kasamatsu Kouji 2005 関連項目 [編集 ]• - 落語家になる前にイギリスへ渡り、ジャン=ジャック・バーネルの空手道場へ入門したことがある。 外部リンク [編集 ]• この項目は、(・・・・など)に関連した 書きかけの項目です。

次の

ジャン・ ジャック・バーネル

ジャン ジャック バーネル

バンドは4日(木)、オフィシャル・サイトおよびSNSを通じグリーンフィールドの訃報を伝えた。 ベーシストのジャン=ジャック・バーネルは「5月3日夜、45年間に渡り僕の親友で長年の同僚だった音楽の天才、デイヴ・グリーンフィールドが、2020年のこの大パンデミックの犠牲者の1人として亡くなった。 僕ら、世界中のストラングラーズ・ファミリー全員が悲嘆に暮れている。 パム(グリーンフィールドの妻)に心からお悔やみを」と、ジェット・ブラック(Ds)は「僕ら、そして世界は親愛なる友人で音楽の天才を失った。 デイヴは音楽の世界にいることが本当に自然だった。 一緒に、僕らは際限なく世界中をツアーし、彼が何百万もの人たちから敬愛されていたのは明らかだ。 偉大な才能、大きな喪失、とても惜しまれる」と、追悼の言葉を挙げた。 また、元フロントマン、ヒュー・コーンウェルからも「デイヴ・グリーンフィールドの訃報を知り、とても残念に思う。 ザ・ストラングラーズと他のパンク・バンドとの違いは彼だった。 彼の音楽スキルと温和な性格があのバンドに興味深いツイストをもたらした。 彼は、Golden Brownの音楽を世界に与えた男として、人々の記憶に残るべきだ」と哀悼の意が寄せられている。 英国ブライトンで誕生したグリーンフィールドは、1975年、前年に結成したザ・ストラングラーズに加入。 「Peaches」「Something Better Change」「5 Minutes」をはじめ、「Always The Sun」、バンド最大のヒット曲「Golden Brown」などをコーンウェル、バーネル、ブラックと共作。 彼の特徴的なサウンドと演奏スタイルは、バンドの要の1つだった。 昨年11月には日本で約27年ぶりとなる単独公演を開催し、秀逸なプレイを見せてくれたばかりだった。

次の

ジャン=ジャック・バーネル

ジャン ジャック バーネル

アレクサンドル・デュマの文学作品『モンテ・クリスト伯』をべースに、GONZOが新たな解釈を加えて映像化したアニメ作品『巌窟王』。 古典文学にSF設定を持ち込んだ斬新な世界観や、当時としては画期的だったテキスタイル的な切り貼りを用いた色彩表現など、その独特な作風とデザインは、コアなアニメファンの間でも話題となりました。 英国のパンクロック、ニューウェーヴシーンにおけるパイオニアの一人であり、The Stranglersのメンバーであるジャン=ジャック・バーネルが主題歌や劇伴に書き下ろしの楽曲を提供するなど、音楽面にも、その特異な作風は現れており、意外性のある大物アーティストの起用とそこから生み出された音楽の数々は、この作品の存在感をより一層印象深いものにしています。 ニューウェーヴ的な浪漫溢れるメロディが魅力の『We Were Lovers』も素晴らしいのですが、エンディング曲の『You won't see me coming』のロックなサウンドも捨てがたく、本稿では後者を紹介させていただきます。 美しもどこか脅迫的なニュアンスを感じさせるストリングスや浮遊感のあるシンセサイザーのフレーズに、バキバキと鳴り響く強靭なリズム感を有したベース音と耽美的なヴォーカルが一体となったこの曲は、まさに、"パンクロック"であり"ニューウェーヴ"の旨味がタップリと詰まったナンバーです。 高いインテリジェンスとパンクスとしての獣性が混在した内面を持つジャン=ジャック・バーネルというクリエイターの音楽性を端的に伝えてくれる楽曲といえるでしょう。 ウォーレン・ウィービー『Human Touch』(『機動新世紀ガンダムX』ED) アメリカ人ヴォーカリストによるAOR的なナンバーで、歴代ガンダムシリーズ主題歌の中でも異色の楽曲。 『機動新世紀ガンダムX』のエンディング曲として、シリーズの序盤と最終話に使用されました。 本作のエンディング曲は、先ず、全編英語歌詞によるこの曲のオリジナル・バージョン、続いて、歌詞を日本語に訳したカバー・バージョン、そして、終盤で使用された『銀色Horizon』と次々に移り変わっていったのですが、大人びた雰囲気たっぷりのこの曲が当時の視聴者層に残したインパクトは絶大でした。 今回、取り上げている楽曲は、そのほとんどが2000年代以降に作られた作品ですが、1996年に放映されたアニメ作品で英詞の曲を使用するという意欲的な試みが、如何に画期的なことであったかを今になって改めて思い知らされます。

次の