カズ レーザー 誕生 日。 【7月4日誕生日の芸能人】高杉真宙、GACKT、カズレーザー……

【7月4日誕生日の芸能人】高杉真宙、GACKT、カズレーザー……

カズ レーザー 誕生 日

カズレーザー、28日の夜に「今日でしたっけ?」 世の中はFIFAワールドカップ(W杯)ロシア大会の話題で持ちきりだが、ほとんど興味を示さない人もいる。 その中の1人と言えるのが、サッカーどころかスポーツ全般に興味が無いという()だ。 それはW杯ロシア大会1次リーグH組最終戦で日本がポーランドと対戦した28日のこと。 『シューマッハ中村竜太郎オフィシャルブログ「りゅうたんの日記」』によると、この日の夜はカズレーザーや久保田剛史(インデペンデンスデイ)、矢巻駿(フカミドリ)といった芸人仲間4人で居酒屋で飲んでいたそうだ。 中村竜太郎(シューマッハ)は「自分は典型的なにわかサッカーファン」だという。 それでもW杯だけはなるべくリアルタイムで見たいと、ベスト16進出が懸かった最終戦が始まる23時(日本時間)までは帰宅するつもりでいたらしい。 22時が過ぎた頃、そろそろ店を出ようと思い「あと1時間でキックオフか…」と中村がボソッと呟くと、カズレーザーから「今日でしたっけ?」に軽く流されてしまった。 しかも「どんだけ興味ないんすか」と言う中村を置き去りにして、カズレーザーは他のことを話し始めたらしい。 ならばと「久保田君も興味ないの?」と訊ねてみたところ「あー、まあ『TVer』で後からでも見るよ」と素っ気ない返事で、ニコニコ笑っている矢巻からもW杯の話は出ない。 結局、帰りづらくなった中村は居酒屋が閉店する24時まで3人と一緒に店にいることになった。 おそらく中村が「W杯が見たいので帰る」と言えば、誰も止めなかっただろう。 しかしブログによると「普段サッカーへの興味は皆無で、4年に1度、ワールドカップの日本戦だけ熱狂する典型的にわかファン」という負い目のような感情があり、「楽しい飲みの場の空気を壊してまで、帰ることはできなかった」とのことだ。 居酒屋を出た後、中村は大急ぎでアパートに帰り、辛うじて後半戦の終盤をテレビで見ることができたという。 その後試合が終了し、少しして日本が決勝トーナメントに進んだことを知ると、中村はひとりガッツポーズをしたそうだ。

次の

カズレーザーの教育系YouTubeはなぜ人気? 中田敦彦との比較から考える|Real Sound|リアルサウンド テック

カズ レーザー 誕生 日

2020. 今やお笑いだけにとどまらず、クイズ番組でも大活躍のカズレーザー(メイプル超合金)が、冠番組となる『カズレーザーのタメになるエンタメ』でMCに就任。 第一弾となる今回は、ロシアのアナスタシア伝説に基づき、アニメ映画に着想を得て制作された新作ブロードウェイミュージカル『アナスタシア』を紹介。 葵わかなと木下晴香のW主演で、東京ではすでに開幕し、大阪では4月に上演されるが、エンタメが大好きで、すでに同作を観劇したという俳優の加藤諒が作品の魅力について熱弁。 さらに、筑波大学教授でロシア政治の専門家・中村逸郎氏の独自の視点から、アナスタシア伝説が生まれた背景やアナスタシア自身の魅力についても迫っていく。 一方のカズレーザーも、物語の舞台となるロシアの時代背景について「激動の時代でしたよね」「アナスタシアはニコライ2世の末娘ですよね」と持ち前の豊富な知識を披露。 アートディレクターのナカムラクニオ氏の解説のもと、『さかさま』や『天動説の絵本』といった安野氏の代表作を手にしたカズレーザーが、「どこから見てもおもしろい!」と絶賛する場面も。 加藤も「自分の中でストーリーを考えられそう」と安野ワールドに魅了される。 さらに、歴史大作の『三国志』が、安野氏が実際に中国の現地の土を顔料に使って描いていると知った2人は「原画を見てみたい」と興味津々。 なかでもカズレーザーは、「宇治原(史規)さんより先に行かないと… 笑 」と、早くもクイズ番組を意識した発言で笑いを誘う一幕も。 収録を終えたカズレーザーは、「ボクが普段接する機会がないジャンルのお話が多かったので楽しかったです!舞台とかは疎いので、知らないことの方がめちゃくちゃ多いんですよね。 音楽とかも全然知らないですし。 こうやって見方や対策とかを教えてもらえるとありがたいですね。 自分でアクセスしない情報なので、こうやって教えてもらえる機会があると助かりますね!」とコメント。 自身の名前がついた冠番組については「そりゃありがたいですよね、冠番組ですから。 もうボクが出てない番組でもいっぱいつけてほしいですよね(笑)」とニヤリ。 「タメになるっていうタイトルはついてますけど、なんとなくフラットな視点で見てくれたらいいなと思います。 タメにならなくても許してほしいですね 笑 」とハニカみながら、「出演者の誰一人緊張してないのが伝わったらいいなと思います 笑。 すご~いラフな感じ、ユルユルな空気が、朝にちょうどいいと思いますので、是非、見てくださいね」と番組をアピールした。 すでに、第二弾の放送が4月に予定されるなど、続編の制作も決定している『カズレーザーのタメになるエンタメ』。 音楽とかも全然知らないですし。 舞台とかも数える程度しか観に行ったことないので、こうやって見方や対策とかを教えてもらえるとありがたいですね。 もうボクが出てない番組でもいっぱいつけてほしいですよね(笑)。 タメになる……世の中のことは大抵タメになりますからね。 逆に言えば大抵のことはタメにならないのかもしれないですけど、その人がその情報をどう捉えるかじゃないですかね。 この番組は、専門家の先生や詳しいゲストがいらっしゃって喋ってくださるので、単純に濃い情報をもらえる番組ですよね。 エンタメってなんでもありですもんね。 タメになるってタイトルついてますけど、タメにならなくても許してほしいですね 笑。 がっつりハードル上げられると困りますね 笑。 諒くんは何回かお仕事させてもらってますけど、明るいし楽しいし。 藤本アナは初めてでしたが、西のアナウンサーとからむことがないので、そこは意外でしたね。 自分の言葉で話している感じがして楽しかったですね。 出演者の誰一人緊張してないのが伝わったらいいなと思います 笑。 すご~いラフな感じ、ユルユルな空気が、朝にちょうどいいと思いますので、是非、見てくださいね。

次の

カズレーザー 志村けんさんは「僕みたいな小物が語れるような存在ではない」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

カズ レーザー 誕生 日

2020. 今やお笑いだけにとどまらず、クイズ番組でも大活躍のカズレーザー(メイプル超合金)が、冠番組となる『カズレーザーのタメになるエンタメ』でMCに就任。 第一弾となる今回は、ロシアのアナスタシア伝説に基づき、アニメ映画に着想を得て制作された新作ブロードウェイミュージカル『アナスタシア』を紹介。 葵わかなと木下晴香のW主演で、東京ではすでに開幕し、大阪では4月に上演されるが、エンタメが大好きで、すでに同作を観劇したという俳優の加藤諒が作品の魅力について熱弁。 さらに、筑波大学教授でロシア政治の専門家・中村逸郎氏の独自の視点から、アナスタシア伝説が生まれた背景やアナスタシア自身の魅力についても迫っていく。 一方のカズレーザーも、物語の舞台となるロシアの時代背景について「激動の時代でしたよね」「アナスタシアはニコライ2世の末娘ですよね」と持ち前の豊富な知識を披露。 アートディレクターのナカムラクニオ氏の解説のもと、『さかさま』や『天動説の絵本』といった安野氏の代表作を手にしたカズレーザーが、「どこから見てもおもしろい!」と絶賛する場面も。 加藤も「自分の中でストーリーを考えられそう」と安野ワールドに魅了される。 さらに、歴史大作の『三国志』が、安野氏が実際に中国の現地の土を顔料に使って描いていると知った2人は「原画を見てみたい」と興味津々。 なかでもカズレーザーは、「宇治原(史規)さんより先に行かないと… 笑 」と、早くもクイズ番組を意識した発言で笑いを誘う一幕も。 収録を終えたカズレーザーは、「ボクが普段接する機会がないジャンルのお話が多かったので楽しかったです!舞台とかは疎いので、知らないことの方がめちゃくちゃ多いんですよね。 音楽とかも全然知らないですし。 こうやって見方や対策とかを教えてもらえるとありがたいですね。 自分でアクセスしない情報なので、こうやって教えてもらえる機会があると助かりますね!」とコメント。 自身の名前がついた冠番組については「そりゃありがたいですよね、冠番組ですから。 もうボクが出てない番組でもいっぱいつけてほしいですよね(笑)」とニヤリ。 「タメになるっていうタイトルはついてますけど、なんとなくフラットな視点で見てくれたらいいなと思います。 タメにならなくても許してほしいですね 笑 」とハニカみながら、「出演者の誰一人緊張してないのが伝わったらいいなと思います 笑。 すご~いラフな感じ、ユルユルな空気が、朝にちょうどいいと思いますので、是非、見てくださいね」と番組をアピールした。 すでに、第二弾の放送が4月に予定されるなど、続編の制作も決定している『カズレーザーのタメになるエンタメ』。 音楽とかも全然知らないですし。 舞台とかも数える程度しか観に行ったことないので、こうやって見方や対策とかを教えてもらえるとありがたいですね。 もうボクが出てない番組でもいっぱいつけてほしいですよね(笑)。 タメになる……世の中のことは大抵タメになりますからね。 逆に言えば大抵のことはタメにならないのかもしれないですけど、その人がその情報をどう捉えるかじゃないですかね。 この番組は、専門家の先生や詳しいゲストがいらっしゃって喋ってくださるので、単純に濃い情報をもらえる番組ですよね。 エンタメってなんでもありですもんね。 タメになるってタイトルついてますけど、タメにならなくても許してほしいですね 笑。 がっつりハードル上げられると困りますね 笑。 諒くんは何回かお仕事させてもらってますけど、明るいし楽しいし。 藤本アナは初めてでしたが、西のアナウンサーとからむことがないので、そこは意外でしたね。 自分の言葉で話している感じがして楽しかったですね。 出演者の誰一人緊張してないのが伝わったらいいなと思います 笑。 すご~いラフな感じ、ユルユルな空気が、朝にちょうどいいと思いますので、是非、見てくださいね。

次の