白 猫 プロジェクト ケンセイ。 【白猫】真・覇刀・天地開闢/龍月刀 ドラゴンライダー武器の評価

【ネタバレ注意】「DarkRagnarok」への感想もろもろ。【白猫】|Macro|note

白 猫 プロジェクト ケンセイ

思い返せば5年前はまだ学生。 弟に誘われてはじめたゲームを、まさか5年も続けることになるとは、夢にも思っていなかったです。 改めまして白猫プロジェクト5周年、おめでとうございます。 さて、今回はそんな白猫プロジェクト5周年記念イベントである「DarkRagnarok」への感想、その他もろもろ(セレナの思い出を含む)についてひたすらに書き連ねていきます。 言うなれば今の自分の感情の備忘録、そしてストーリーを見た方々の共感材料です。 ええ、 がっつりとネタバレをしていきますので、まだストーリーをご覧になっていない方は、今すぐブラウザバックをし、ストーリーを進めてください。 まぁ色々ありますんで、是非最後まで遊んでください。 ----------ここから先ネタバレ------------- それでは参ります。 今回のトピックは3つ。 ケンセイの死について、静謐な祠について、そしてセレナについて、です。 ケンセイの死は必要だったか ケンセイ、漢立ち。 恐らく、今回の最大の争点ではなかろうかと思います。 シナリオに対する評価、SNS上でざっと眺めてみると、今回二極化しています。 「ゼロクロ、ワールドエンド以上の神シナリオだった!!」という意見もあれば、 「白猫史上最低のシナリオ」と酷評する向きもあります。 なんでこんなに割れてるの、というと色々理由はあると思いますが、大きな理由の1つは間違いなく「ケンセイの死」にあると思われます。 Twitterでケンセイと検索をかけたメンションがこの通り。 てかTwitter上で堂々とバラしてんじゃねえよ!!!!! 個人的には、 「窮地の演出はして欲しいけど、死なせる必要まではなかった」と思っています。 今回のシナリオを一通り考えた時に、ケンセイを死なせる必要性が本当にあったのかな、と考えると、別に死なせなくても描けた物だと思うのです。 死の寸前まで追い詰められ、ほぼ瀕死の状態で倒れる、とかでもほぼ同じシナリオが描けたのではないか。 そう考えるわけです。 死なせてしまったことで、後述するセレナへのヘイトにも繋がってしまったのではと思います。 とはいえ、死亡を描くことでしか広げられない話の幅、というのも無いわけではないと思いますので、今回のケンセイの死も、そういったお話の幅を増やすための試金石だった可能性はあるかと考えます。 もっとも、その実験的な話を、わざわざ5周年イベントという大きな節目でやる必要性はあるのか、という話になるわけですが… 2. 静謐な祠について 正直、初めてみたときはゾッとしました。 本編normalを一通りクリアした後に貰える建物です。 特にタウン値の補正等はありませんが、中に入ることによって「道半ばで姿を消していった者達」ーーすなわち、亡くなったキャラクターの思い出を見ることができます。 こちらもまた、物議を醸しているものの1つでしょう。 争点になっているのは「今後静謐な祠にキャラクターが追加される可能性がある」点です。 静謐な祠の説明文を読むと、姿を消していった者達、と複数形の表現がなされています。 また、静謐な祠の内部のUIにはページ切り替えボタンが設置されており、まだここに入るキャラが増えることが暗に示唆されています。 つまり、今後もキャラクターが死んでしまう可能性があるのでは、という漠然とした不安が、物議を醸している理由という訳です。 ひとしきり考えましたが、私は 「静謐な祠にキャラが追加される可能性は、ほぼ無い」 と思います。 理由は単純。 無闇にキャラクターを死なせて、コロプラにとって得をする要素が皆無だから。 今回のケンセイが初のPCでの死亡となるため、今後死亡したPCの扱いがどうなるかは分かりませんが、少なくともイベントへの再出演や、投票系イベントで対象になるという可能性は薄いのではないでしょうか。 そうなると、キャラクター人気で売っていってるようなゲームにとっては、再出演の機会を自分でなくすという行動は考えにくいですよね。 運営さんも利益のために動いていますので、その辺のことは理解しているはずです。 もしも今後追加されるようなことがあるとすれば、新イベント、それもゴリッゴリのどシリアスイベントだけ。 それも、最初から「このキャラはシナリオ上で死なせる」と制作チームが決めたキャラしか、追加されることは無いのでは無いでしょうか。 既存のキャラクターがここに収録されてしまう可能性は、極めて低いと考えられます。 セレナという主人公像 今回の悲劇のヒロイン ケンセイの死は、自身の周辺にも影響を及ぼしています。 その最たるものがセレナでしょう。 今回のシナリオの実質的な主人公でありながら、読んだ人の評価はこれまた分かれています。 セレナのことを嫌っている人、擁護している人の二通りが存在している状況です。 嫌っている人の意見としては、概ね以下の通りだと考えられます。 ・他の2人の後継者に対して欠点が目立つ ・精神的に弱い ・ケンセイの死の後もくよくよしている ・セレナの行動がケンセイの死に繋がっている といった感じですね。 私は、ここに対して一番声を大にして言いたい。 うるせぇ!!そういう主人公なんだから仕方ないだろ!!!! 主人公といっても、そのタイプはいろいろあります。 最近では完璧超人や聖人と形容されるような主人公も増えては来ましたが、昔から王道とされているのは、欠陥を抱えつつも、そこに向き合い克服して、成長していく主人公像です。 そう、セレナは王道を往く主人公なんです。 (まあ最近は、精神的な弱さを抱える主人公が嫌われることは、まれによくあることなのですが…) ただセレナ自身不憫だったのが、白猫にとって初めてなことが多く、ユーザー側にそれを一度に受け止めることのできる準備が備わっていなかったことだと思うんです。 こればっかりは仕方ないかと。 事実、私もケンセイの死が確定した時にかなり取り乱しましたし。 だからこそ余計なヘイトが生まれやすい環境ができてしまったし、事実セレナに対して厳しい言葉を投げかける人が出てきています。 セレナに対して嫌悪感を抱いている方、一度深呼吸をして今回のシナリオを振り返ってみて下さい。 シナリオとしておかしい行動を、彼女は取っていません。 彼女に対して、謂れのないヘイトを向けるのは、余りにも筋違いです。 勘違いも甚だしい。 大切な人の死を乗り越え、成長していく主人公。 大いに結構ではないですか。 図らずもゲーム内的にも外的にも色々と抱えることになったセレナですが、私は好きです。 すごく好きです。 彼女には是非今後のイベントにも出てもらいたいですし、メインストーリーの展開にも噛んできてもらいたい。 応援しています。 頑張れセレナ!! 個人的には今回のイベントで5本の指に入るレベルで好きになったぞ!!! P. セレナの思い出めっちゃいいから見てみるといいですよ。 何度ボロボロになろうと、きっと立ち上がれる 最後に 今回の5周年イベントですが、落ち着いてから総じて振り返ってみたときに、やっぱり良かったなと感じています。 実験的な要素が多かったため、咀嚼して飲み込むにはちょっと時間がかかりましたが…それでもいいものでした。 種々意見があるのは仕方のないイベントだと思います。 様々な感想があっていいと思います。 私もプレイしたての時は、飲み込みきれずに静謐な祠絡みで結構不安に駆られていました。 ただ、一度おちついて振り返ってみることで、案外認識というのは変わるものであり。 冷静に考えてみると、意外と感想って変わるかもしれません。 今回のイベントに対して複雑な感想を抱いている人へ、是非しばらく色々考えてみてください。 この拙文があなたの思考の整理の手助けになってくれているのならば、幸いです。

次の

【白猫】ケンセイの評価とおすすめ武器

白 猫 プロジェクト ケンセイ

リーランはスキル2の移動操作攻撃で、2億以上の火力を発揮できる。 また、スキル1で出せる扇は場に残ってリーランを追従するため、組み合わせることで非常に高い継続火力を発揮できるぞ。 ただし、常に動いている必要があるので、操作には慣れが必要。 耐久力比較 ケンセイはこらえるや状態異常無効持ち ケンセイはオートスキルに、状態異常無効と即死回避時こらえる 8秒 を持つ。 こらえる中は回復できない代わりにHPが1未満にならないので、超高難易度などで非常に有用。 また、CTはあるが効果解除と回復も自身で行うことができ、耐久性能は非常に優秀。 リーランはヒット数を稼ぎ続ければバリアが切れない リーランはオートスキルにヒット数毎にバリア最大3枚を持つ。 スキル1とスキル2の組み合わせによりヒット数を稼ぎやすく、常に3枚バリアを維持しやすい。 ただし、即死回避などが無いため、油断はできないのが惜しいところだ。 魔属性の中で比較しても、高い火力を出すことができるのが魅力。 ヒット数を稼ぐことで3枚バリアを常に展開することもでき、攻守ともに魔属性キャラの中でトップクラスのキャラだ!.

次の

ガチャキャラ死亡事件

白 猫 プロジェクト ケンセイ

真・フェデルタ・ドラゴーネ使用時 スキル ダメージ 時間(秒) S1 7400万(92万光) 2. 9 S2 2億3000万(440万光) 5. 5 S2 3億6000万(514万光) 6. スキル3はケンセイにかかっている付与効果をすべて解除して、味方の攻撃力・スキルダメージを大きく強化する効果を持つ。 スキル2で敵をせん滅、ボスに大ダメージ スキル2の王の進軍は移動方向を操作できる広範囲スキルなのでザコ敵の殲滅に便利なスキル。 スキル中に画面フリックするとSPを15消費して追撃を発動できる特殊な効果もある。 画面フリックによる追撃は3回まで発動可能で、うまく当てるとダメージが大きく跳ね上がる。 SPは大量に消費するが使いこなせばボス相手にも一気に大ダメージを与えられる。 また、 追撃発動時にダメージバリア(2回)を展開。 多段攻撃を耐えにくい欠点はあるものの、少ない攻撃回数のデンジャラスアタックを耐えつつ攻撃し続けられるのも魅力だ。 この効果に加え、 スキル2のダメージバリア、オートスキル2の状態異常無効により耐久力は抜群。 デンジャラスアタックが凶悪な決戦クエスト、ボス戦でも安定した戦闘力を発揮してくれるキャラだ。 また、こらえる効果中に スキル3を発動するとこらえる効果を解除してHP、SPを最大まで回復できる。 HPが1状態のままでこらえる効果が切れると危険なので、タイミングよくスキル3で全快させることが大事だ。 ケンセイのおすすめ武器 ケンセイの装備方針 強化延長スキルでこらえる時間を延長しよう ケンセイ最大の魅力はこらえる効果だが、8秒と効果時間自体は短い。 そこで、 石版やアクセサリ、武器の強化スキル延長効果を利用してこらえる時間を延長しよう。 ケンセイのおすすめ装備武器 キャラ 画像 武器名 評価 ・強化延長20秒で付与効果とこらえるを大きく延長可能 ・チャージ時会心ダメージUPなど火力大幅向上 ・武器スキルでHP自動回復やチャージ短縮と通常SP回復量UP SS ・撃破時SP回復でせん滅力サポート ・会心ダメージUPで火力上昇 SS- ・撃破時SP回復でせん滅力サポート ・会心ダメージUPで火力上昇 SS- ・HP自動回復で耐久面をサポート・ ドラゴンアサルトでSP回復力UP SS- - ・撃破時SP回復でせん滅力をサポート ・武器スキルでスキル2が超火力UP SS- ケンセイのスキル ケンセイのリーダースキル 我が道を行く 光属性キャラの会心ダメージがアップ(効果値20) ケンセイのオートスキル•

次の