マイクロソフト 株価 時間 外。 高ROEの米国株!マイクロソフト(MSFT)の今後の株価を分析

ダウ採用銘柄 時間外取引 総じて堅調、マイクロソフト1.5%高

マイクロソフト 株価 時間 外

クラリオン<7201>• 米マイクロソフト<MSFT>が18日の時間外取引で2%超上昇した。 米東部時間の18日午後7時59分時点で2.65%高の140.03ドル。 売上高は前年比12%増の337億2000万ドル、純利益は同49%高の131億9000万ドル、希薄化後1株当たり利益(EPS)は同50%増の1.71ドルで着地。 売上高、EPSともに市場予想を上回った。 大幅増益となったのは売上が好調となったほか、26億ドルの税効果が含まれたため。 クラウドサービス「ウィンドウズ・アジュール・プラットフォーム」の売上が同64%増と引き続き成長した。 伸び率は約4年ぶりの低い伸びとなり、市場予想の68%増には届かなかったが、需要減少のためというより、数字のばらつきが消え、落ち着いた数字になったためとみられている。 20年6月期の通期については、2ケタ台の増収を見込んでいる。 <関連銘柄> NASD投信、NYダウ投信、上場米国、 SPD500、NYダウ、NYダウブル、 NYダウベア 提供:モーニングスター社 モーニングスター株式会社(以下当社)が展開しているウェブサイト、スマートフォンアプリ、携帯サイト(当社が承認したうえでtwitterやfacebookなどのソーシャルメディアで配信・共有された情報も含みます)ならびにモーニングスターウェブサイトを介した外部ウェブサイトの閲覧、ご利用は、お客様の責任で行っていただきますようお願いいたします。 【当サイトのご利用について】 当社がウェブサイト等で展開している投資信託、株式、ETFなどの比較検索、アナリストコラム、マーケットニュース、ポートフォリオ機能およびその他の情報などのコンテンツは、あくまでも投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としてはいません。 また、当社が信頼できると判断したデータ(ライセンス提供を受ける情報提供者のものも含みます)により作成しましたが、その正確性、安全性等について保証するものではありません。 ご利用はお客様の判断と責任のもとに行って下さい。 利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても、当社およびその情報提供者は責任を負いません。 【リンク先サイトのご利用について】 モーニングスターウェブサイトの各コンテンツからは外部のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。 リンク先のウェブサイトは当社が管理運営するものではありません。 その内容の信頼性などについて当社は責任を負いません。 【著作権等について】 著作権等の知的所有権その他一切の権利は当社ならびにMorningstar,inc. またはライセンス提供を行う情報提供者に帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。 掲載しているウェブサイトのURLや情報は、利用者への予告なしに変更できるものとします。 ご利用の際は、以上のことをご理解、ご承諾されたものとさせていただきます。

次の

マイクロソフト決算、2桁の増収増益 時間外で株もみ合い :日本経済新聞

マイクロソフト 株価 時間 外

総合メニュー 株式取引• 信用取引• 米国株・中国株• 投資信託• 外貨建てMMF• その他商品• マネックスアドバイザー• NISA• 個人型確定拠出年金 iDeCo• 保有残高・口座管理• 入出金• 投資情報• レポートセミナー• <リスク> 米国株式および米国ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「米国株式等」)の売買では、株価等の価格の変動、外国為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化等により、元本損失が生じることがあります。 米国ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。 )や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。 国外株式等の場合には、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために、元本損失が生じることがあります。 なお、外国為替相場の変動により、外貨お預り金の円換算価値が下がり、円ベースでの元本損失が生じることがあります。

次の

Microsoft(マイクロソフト)の辛口レビュー・評判【2020年度最新】

マイクロソフト 株価 時間 外

クラリオン<7201>• 米マイクロソフト<MSFT>が18日の時間外取引で2%超上昇した。 米東部時間の18日午後7時59分時点で2.65%高の140.03ドル。 売上高は前年比12%増の337億2000万ドル、純利益は同49%高の131億9000万ドル、希薄化後1株当たり利益(EPS)は同50%増の1.71ドルで着地。 売上高、EPSともに市場予想を上回った。 大幅増益となったのは売上が好調となったほか、26億ドルの税効果が含まれたため。 クラウドサービス「ウィンドウズ・アジュール・プラットフォーム」の売上が同64%増と引き続き成長した。 伸び率は約4年ぶりの低い伸びとなり、市場予想の68%増には届かなかったが、需要減少のためというより、数字のばらつきが消え、落ち着いた数字になったためとみられている。 20年6月期の通期については、2ケタ台の増収を見込んでいる。 <関連銘柄> NASD投信、NYダウ投信、上場米国、 SPD500、NYダウ、NYダウブル、 NYダウベア 提供:モーニングスター社 モーニングスター株式会社(以下当社)が展開しているウェブサイト、スマートフォンアプリ、携帯サイト(当社が承認したうえでtwitterやfacebookなどのソーシャルメディアで配信・共有された情報も含みます)ならびにモーニングスターウェブサイトを介した外部ウェブサイトの閲覧、ご利用は、お客様の責任で行っていただきますようお願いいたします。 【当サイトのご利用について】 当社がウェブサイト等で展開している投資信託、株式、ETFなどの比較検索、アナリストコラム、マーケットニュース、ポートフォリオ機能およびその他の情報などのコンテンツは、あくまでも投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としてはいません。 また、当社が信頼できると判断したデータ(ライセンス提供を受ける情報提供者のものも含みます)により作成しましたが、その正確性、安全性等について保証するものではありません。 ご利用はお客様の判断と責任のもとに行って下さい。 利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても、当社およびその情報提供者は責任を負いません。 【リンク先サイトのご利用について】 モーニングスターウェブサイトの各コンテンツからは外部のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。 リンク先のウェブサイトは当社が管理運営するものではありません。 その内容の信頼性などについて当社は責任を負いません。 【著作権等について】 著作権等の知的所有権その他一切の権利は当社ならびにMorningstar,inc. またはライセンス提供を行う情報提供者に帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。 掲載しているウェブサイトのURLや情報は、利用者への予告なしに変更できるものとします。 ご利用の際は、以上のことをご理解、ご承諾されたものとさせていただきます。

次の