知 韓。 2.日中韓を取り巻く状況:文部科学省

知牛

知 韓

経歴 [ ] が薊州を平定したとき、の兄の蕭欲穏に捕らえられた。 述律皇后に従ったが、皇后の目に止まることがなく、志を得なかったため、単身逃亡して雇い人となり、物資の供給にあたった。 子のが耶律阿保機の側近に仕えたため、名を知られた。 耶律阿保機は知古を召し出して語りあい、その識見を認めて謀議に参加させた。 初年、彰武軍節度使に遙任された。 のちに総知漢児司事をつとめ、諸国の儀礼を兼ねつかさどった。 当時儀礼は廃れていたが、知古は典故を援用しながら、の風俗にも配慮して分かりやすいように執り行った。 まもなく左僕射に任じられた。 とともに漢人の部隊を率いてを攻撃し、功績によりとなった。 年間に死去した。 妻子 [ ] 妻 [ ]• 麼散 子 [ ]• 韓匡図• 韓匡業• 韓匡祐• 韓匡美• 韓匡胤• 韓匡賛• 韓匡文• 韓匡道• 韓図育氏• 韓唐兀都 伝記資料 [ ]• 『』巻74 列伝第4 外部リンク [ ].

次の

【新店】韓丼(かんどん)高知知寄店

知 韓

はじめに、日中韓パートナーシップ強化が要請される背景として、日中韓を取り巻く状況を整理する。 第一に、政治・経済・社会の状況、第二に、科学技術・学術の状況を概観する。 (1)日中韓を取り巻く政治・経済・社会の状況 1 グローバル化と地域連合形成 近年、経済面を中心に、グローバル化と地域連合形成の同時併行的な動きが顕著である。 WTO設立に代表される経済のグローバル化の動きと同時に、欧州連合(EU)などの域内連合の動きが活発化している。 また、人材養成の面でも、EUではボローニャ宣言により域内における教育制度や資格(学位)の調和が進められており、グローバル化の中での地域間競争の動きが見られるようになっている。 2 アジアの状況 アジアにおいても、ASEAN(アセアン)の拡大や、ASEAN(アセアン)に日中韓を加えた地域協力のためのASEAN+3(アセアン プラス スリー)の枠組みが近年整備されてきている。 また平成11年以来、日中韓首脳会合がASEAN+3(アセアン プラス スリー)のタイミングを利用して開催されるなど、アジアにおける地域協力の一環として、日中韓三国の連携・協力が促進されてきたところである。 平成14年1月には、ASEAN+3(アセアン プラス スリー)の枠組みを活用した東アジア共同体の構想が我が国 1より提示され、「共に歩み共に進むコミュニティ」の構築を目指す動きは活発化している状況 2である。 1 平成14年1月小泉総理大臣政策演説「東アジアの中の日本とASEAN(アセアン)」 2 直近の平成16年11月のASEAN+3(アセアン プラス スリー)首脳会談においても東アジア共同体に関する議論が行われたところ。 3 中国、韓国の状況 中国、韓国はともにASEAN+3(アセアン プラス スリー)のメンバーであり、ASEAN(アセアン)とのFTA締結交渉を開始するなど東アジアにおける地域協力の強化には積極的な姿勢を示している。 中国は、WTOへの加盟を一つの契機として多国間枠組みをより重視する姿勢を示していると言われ、東アジアレベルの枠組みにも関心は高い 3。 また、韓国は、1988年に金大中大統領(当時)が、ASEAN+3(アセアン プラス スリー)の幅広い分野での東アジア協力の可能性とそのための方策についてイニシアティブを発揮した例もある 4。 また、日中韓三国首脳による歴史上初の共同宣言となる平成15年10月の「日中韓三国間協力の促進に関する共同宣言」においては、東アジアの平和と安定に寄与する「対外的に開かれた」「未来志向の」地域協力としての日中韓三国間協力の位置づけ、経済のみならず政治、文化、社会等の幅広い分野における具体的協力案件の着実な進展等について表明されている。 3 例えば、ASEAN+3(アセアン プラス スリー)において検討されている「東アジア・サミット」について、マレーシアとともに中国がサミットの開催に当初名乗りを上げた経緯がある。 4 ASEAN+3(アセアン プラス スリー)の民間有識者で協議する場として「東アジアビジョングループ」の設置を提案、2001年のASEAN+3(アセアン プラス スリー)首脳会議にその報告書が提出されている。 (2)日中韓を取り巻く科学技術・学術の状況 1 「知」をめぐる世界大競争時代の到来 経済のグローバル化によりヒト、モノ、カネの流動性が高まるとともに、「知」をめぐる世界的な競争が激化している。 「知」の基盤である人材の確保をめぐっては、例えば、OECD科学技術政策委員会の閣僚級会合(平成16年1月)において頭脳流出(brain drain)問題に対する各国の高い関心が示されており、EU、フランス、ドイツ、中国等においては、「囲い込み」、「呼び戻し」等の政策的動きも見られるところである。 また、日本、韓国や欧州などの多くの国・地域において、近い将来、人口減少が見込まれており 5、それに伴う優秀な若手研究者の減少による科学技術 6コミュニティの活力低下を懸念する声が強まりつつある。 5 世界の統計2004(総務省統計局) 6 本報告書でいう「科学技術」は、自然科学のみならず、社会科学・人文科学や、学際領域・新領域など、あらゆる分野、領域の科学を含むものとして用いている。 2 急成長を遂げつつある中国、韓国 中国、韓国においては科学技術・学術が急成長を遂げつつある。 まず、科学技術・学術分野の活動の活発さを示す基本的な指標として研究費、研究者数に着目すると、両指標 7ともに中国、韓国の急速な伸びを確認することができる。 研究者数では、2000年には、中国が日本を上回っている。 特許出願件数の国際比較では、中国、韓国に対する日本の優位性は強いが、論文発表件数については中韓、特に中国が日本を急追しているところである。 論文については被引用度数を比べる限り、日本の優位性は依然として強い 8が、分野によっては、中国、韓国が日本と同程度の国際競争力をもつ場合もある。 また、我が国の大学の大学間協力協定の国別締結数 9では、対中国が第2位、対韓国が第3位を占める(第1位は米国)。 さらに研究者交流については、日本学術振興会や科学技術振興機構等による支援も受けつつ、日中間、日韓間で多数の研究者が往来している。 しかし、これらの研究交流の多くは、個々の研究者・グループによるものであり、十分に組織化されているとはいえない状況にある。 このため、社会からも認知されるような活動に至っていないこと、交流の継続性や、共同研究における研究成果の取扱い(知的財産の管理)などの問題が指摘されている。 また、研究者交流と国際競争力との関係については、近年、「海亀」をめぐる議論が盛んである 10。 例えば、我が国の視点では、知日派人材(日本帰りの「海亀」)が日系企業の国内外の研究開発拠点、母国の公的研究機関等において活躍することを通じ、日本の産学官の科学技術コミュニティとのネットワーク機能の強化に資することができる。 これは、相手国にとっても、こうした人材養成が研究人材の高度化にもつながる等有益なものであり、いわゆるWin-Win関係を創り出すことにより国際競争力の確保・強化を図る取組みといえる。 9 文部科学省調べ 10 産業界に着目すると、米国のグローバル企業(オラクル、インテル、IBM、ヒューレット・パッカード、サン、シスコ、モトローラ(Harvard Business Review2004年3月号、ダイヤモンド社))は、近年、中国に大規模研究開発拠点を設立しているが、その際、米国帰りの中国系研究人材(いわゆる「海亀」)が経営陣として中核的役割を果たしている点に留意する必要がある。 同様に、中国科学院等の公的研究機関に帰還して活躍する人材は、米欧の科学技術コミュニティとの太いパイプを通じて、米欧と母国の科学技術コミュニティ間の円滑な交流、相互の発展に寄与していることにも注目すべきである。 例えば、「長江学者奨励計画」により中国の公的研究機関に帰還した研究人材の中には、日本の研究機関から帰還した者も相当含まれている。 4 中韓の科学技術・学術分野での対外関係 中国、韓国の研究者の国際共著論文の動向分析によれば、中韓ともに共著論文のパートナーの約2割は日本の研究者であり、日本との関わりは比較的強い。 特に中国については、日本の研究者との共著が占める比率が近年増加している。 中韓間の共著も近年増加傾向にあるが、日本との共著と比べると絶対数はまだ少ない。 他方、中韓ともに、米国との関わりが強いことにも留意すべきであり、中国の場合には約4割が、韓国に至っては約6割が、米国の研究者との共著である。 逆に、米国から見ても、米国在住の研究人材(博士号保持者)に占める中国人、韓国人の比率は大きい(博士号保持者全体の7%は中韓両国の出身者) 11。 留学生については、日本への留学生数のうち約8割が中国、韓国出身であり、中国、韓国の側から見ると、日本への留学生派遣数は、それぞれアメリカに次いで第2位という状況である。 これに対して米国の大学への留学生を国籍別で見ると、中国、日本、韓国が第2~4位を占めている(第1位はインド)。 一方、欧州の大学への留学生については、中韓(及び日本)の出身者が占める割合は小さい 12。 なお、近年、中国、韓国の科学技術の成長が著しいことから、欧米の企業、大学等は、積極的に、中国、韓国の機関との密接な関係構築や、研究開発拠点の形成を図っており、我が国の企業、大学等の取組みの立ち遅れが懸念される。 お問合せ先.

次の

何故、紀元前403年に晋が韓・魏・趙の3国に分裂したら、

知 韓

知日派(ちにちは)あるいは 知日家(ちにちか)とは、の社会・文化などに対して深い理解を持つ言動を行う外国人を指す言葉である。 を愛好する「」とは一般に区別され、対日強硬派の知日家もありうる。 また、特に国際政治において、日本政府の手法を知り尽くした政権スタッフやタフ・ネゴシエーター(手強い交渉人)、ジャパンハンドラー(日本を飼い馴らした人物。 特にアメリカでの用法)を指すことが多い。 この意味での知日派の代表として、、、らがあげられる。 中国や韓国でも用いられる語句であるが、特に韓国の場合には「(チニルパ)」がと同義になるため、「知日派」が用いられる(詳しくは当該ページを参照のこと)。 政治とは無関係に日本文化に熱中する人々は中国・台湾では「」、韓国ではやや軽蔑的に「イルパ」と呼ばれる。 このページでは「 親日家」もまとめて記載する。 知日派として知られる著名人 [ ] 欧州 [ ] フランス [ ] フランス第五共和政の第5代大統領。 大の日本贔屓で、公務以外にプライベートで何回も来日している。 大のでもあり、愛犬に「スモウ」と命名している。 また、本場所開催中には執務を執るに、から連日の結果を詳細に報告させているほか、時にはわざわざ来日してから観戦する。 大統領就任前の市長時代には、系クイズ番組『』の決勝地として積極的にパリ市への誘致を行ったほか、、大相撲のパリ公演に際しても自ら主催し、に再度行われたパリ公演に際しては、今度はパリ市長を押しのけフランス大統領として自ら主催者になった。 また、との相違点について専門家並の説明ができる。 フランスの、。 フランスの。 日本美術の研究家で、フランスのに相当するを創設。 自らの先駆者を自任した。 フランスの社会人類学者。 幼少時にジャポニスムに触れてから晩年まで、日本の工芸品や美術品を愛好した。 日本文化に深い関心を寄せ、日本を世界の中で強い独自性を持つ文化圏として「日本文明」と位置づけた。 の受容のあり方(神道との共存)を高く評価し、自らも仏教を受け入れていた。 数度訪日し、には勲二等旭日重光章が授与されている。 ドイツ [ ] ドイツの、。 長崎に・をつくった人物。 オランダ商館医の身分で赴任したため、のふりをしていた。 イギリス [ ] イギリスの。 日本で2年間英語教師を務めた経験があり、日本語にも堪能である。 モダン日本文化愛好家でもある。 北米 [ ] アメリカ [ ] アメリカの研究における第一人者。 (当時)生まれ、後妻は日本人。 からまで、駐日大使を務め、退官後も日本及びアジア研究者として日米間を緊密に往復しつつ活躍した。 上記の経歴のため、公の場では英語で通したが、非公式な会見などでは時折日本語も話したという。 クリントン政権時代に国防総省でアジア・太平洋担当副次官補、オバマ政権(第1期)に国務省で東アジア・太平洋担当次官補と、一貫して対日問題を扱った。 アメリカの外交官。 から(日米開戦時)の駐日大使。 終戦の際、(国務長官代理)として日本回避、制維持に尽力。 占領期も米国対日評議会 American Council on Japan, ACJ などでの活動を通じて日本の復興路線を支持した。 知日派外交官のゴッドファーザー的存在としても知られた。 アメリカの・。 民主党系であるが共和党系のアーミテージとともに「アーミテージ・レポート」を作成。 一時、新任の駐日アメリカ大使として名が挙がった。 アメリカの政治学者、外交官。 関係に精通した研究者兼実務家としてより活躍している。 弁護士、外交官。 妻は日本人。 歯に衣着せぬ発言がたびたび問題視される。 沖縄で総を務めていた当時からたびたび舌禍事件を起こし、には国務省内でアメリカン大学の学生を対象に講義した際の発言が問題視されて日本部部長を解任され、国務省を依願退官した。 南米 [ ] アジア・ユーラシア [ ] 韓国 [ ] 韓国の軍人・政治家、第5〜9代として軍事独裁政権を主導。 日本のを卒業し、満州国軍人になった経歴がある(日本陸軍の経歴はない)。 大統領としては、を結び、日本との国交を回復。 韓国が「日本に学び、強国になる」ことを目指した。 プライベートでは日本統治時代を評価するなど、韓国の要人としては異例な発言も伝わる。 一方で反日的な教育を推進するなどもしており、自身が在日韓国人に襲撃され夫人が殺害された際()には「日本は赤化工作の基地となっている」と怒りを露わにした。 韓国の政治家、第15代韓国大統領。 朴正煕の政敵であったが、彼もまた日本との関係が深く、朴政権によるテロを逃れて、からまで日本やアメリカで活動を行った。 朴政権下のKCIAにより、日本のホテルからされたこともある。 大統領としては日本文化の自由化を進め、日本の常任理事国入りに対する韓国の支持を求めたこともある。 「日本上代文化の研究」「帰化文化の研究」「日本の信仰、道徳等精神文化の研究」を研究主題とするシンクタンク機関を設立。 日本女子大学で20年教鞭を執り、日韓文化交流会議韓国側座長を務めた。 韓国における軍事独裁政権批判でも知られ、「T・K生」の名で『韓国からの通信』を書いたことを告白。 韓国元首相。 長く役員をつとめ日韓ロビーの韓国側ロビーを務めるなど対日融和に努めた。 学生時代に日本留学を希望し読書家で等日本文学にも造詣があった、韓国の政治家としては稀有な知日派であった。 締結の際には自ら「現代のになる。 」として激しい反対運動と対峙した。 の際には韓国政府を代表し日本政府側に謝罪したため韓国の一部から「日本に謝るとは何事か。 」と批判を浴びた。 引退後には「日本が好きな私」と発言した事もある。 非公式な日本関係者との懇談では流暢な日本語を披露したという。 韓国10、11代元大統領。 軍事独裁政権の権力者として民主化運動を弾圧したため、韓国国民、特に左派からの評判は悪かったが光復節の演説では「日本を責めるべきではなく、我々の責任を顧みるべきだ」と発言するなど行き過ぎた運動に歯止めを呼びかけた。 またに韓国大統領として初めて公式来日し、と会談した。 日本の政財界とのも深く、特にとは若手将校時代から親しく、開催を巡り援助があったという説もある。 1985年にが参拝をした際には、強い抗議をせず、韓国内部から弱腰と批判されている。 戦後処理の相談をに持ちかけられるなど、軍首脳随一の知日派として知られた。 では当初は国共内戦での勝利を優先していたが、中途から徹底抗戦に転じ、対日協力者のなど強硬戦略を敷いて、連合国の一員として日本に対し勝利した。 戦後は「徳を以って恨みに報ず」という声明を出し、復員を円滑に進め、日本における・親台湾派の形成に寄与した。 台湾での独裁政権時では、知識階級を大量虐殺し、日本語の使用を完全に禁止するなど日本色の一掃を図ったため台湾の本省人には評価が低いが、総統代理として息子のをへ公式参拝させるなど、日本と良い関係を維持した。 日本統治時代に教育を受けた世代()の代表格といえる人物。 太平洋戦争では高射砲を扱っていた。 彼は4つの言語に堪能であり、日本語、台湾語、英語、北京語()の順に得意とされる。 自らを「半日本人」と言ってはばからず、の武士道の研究、靖国神社参拝の全面支持や台湾における日本の植民地政策を高く評価するなどし、日本の保守系のメディアに登場することが多い。 一方、前総統という立場にありながら過度に親日であるとして、台湾や中国では売国奴と罵られることがある。 李登輝と同じくへの留学歴があり、対日関係を重視していることから知日派といわれる。 中国 [ ] 明治大学に留学した。 日中国交回復の際、らをもてなし、後の日本の政界に影響力を持つを作り上げることに一役買った。 改革開放の一環として日本との関係を深めることに腐心した。 靖国神社を公式参拝していた中曽根康弘は、「向こうの親日派(胡を指す)が失脚されるのはごめんだ」という理由でとりやめたことがある。 ただし「日本は誤国主義者は4発投下すべきだった。 」と発言し批判を浴びたことがある。 胡耀邦の後継者として日本では親日家のイメージがあり、日本への友好的な態度が失脚の一因と考えられている。 の締結時に来日し工業地帯等を視察した際に日本の技術水準、生活水準の高さに驚愕し「日本は世界史上で最も成功した社会主義国だ」と述べ、その事が後の路線に繋がったと言われる。 ただし実権を握っていた後期は資料館をオープンさせるなど次第に反日路線にシフトし自らの後継者にも対日強硬派のを指名した。 の学生時代から日本を数回訪問し、複数の政治家の自宅にをした経験も持つ。 日本側の動き [ ] 日本では知日派と交流を持つなどして国益に繋げようとする動きも見られる。 、は訪米先の MIT で、MIT・・の3大学にそれぞれ500万ドルの支援をすることを表明した。 ・の研究を支援することで知日派の育成に繋げる狙いがあるとされる。 同年9月、は「知日派・親日派リスト」を作成し省庁横断で共有することを決定した。 参考文献 [ ]•

次の