看護 師 から の 転職。 看護師から異業種への転職は可能?【看護師に疲れた人必見】

【体験談】薬剤師から看護師へ!働きながら受験・転職に成功した秘訣

看護 師 から の 転職

「病院等を定年したけど再就職は可能なのか?」• 「60代の看護師転職って本当に可能なのか?」 という疑問が出てくる看護師の方も多いのではないでしょうか。 まず、結論からお伝えすると、 60代看護師として、正職員での転職は可能といえます。 (もちろん、パートや嘱託社員なども豊富です。 ) 今まで看護師として働く場合は、「60歳定年制」をとる医療施設が今まで一般的でした。 しかし、ご存知のように急速に進む少子化・高齢化対策の一環として、高齢者雇用安定法(厚生労働省)が改正され、65歳からの年金支給開始に対応すべく、労働者を雇用する側は、65歳までの雇用を確保する措置を求められること進められました。 そのため、慢性的な人手不足である医療福祉施設の多くは、看護師の定年を65歳に引き上げた施設もあり、看護師本人の働きたいという希望に応じた「継続雇用制」を導入した施設もあり、それに伴い求人情報に 「シルバー人材、60代看護師歓迎」という文字が看護師転職サイトに見かけることも多くなりました。 さらに「看護師に不足感がある病院は75. 7%も存在する」ことが判明しています。 画像:shutterstock 訪問看護ステーションは開設数と反比例し、慢性的な看護師の人手不足の状態です。 60代看護師は、それまでの看護経験も、人生経験も豊富です。 だからこそ、自宅で介護するご家族の相談に乗ることも上手ですし、自宅のものを利用して手早く介護する方法も、若い世代よりも引き出しを多くもっています。 そのため、 長年の臨床経験や訪問看護の経験がある60代看護師であれば、即戦力になるため重宝されます。 また、経験がなかったとしても、患者さんにあったケアをじっくりと提供したい気持ちがあれば、訪問看護の世界は60代看護師の能力を活かせる職場になります。 さらに、オンコールにも対応できれば60代であっても、正社員として勤務する可能性が広がるでしょう。 画像:shutterstock 慢性期を中心としたクリニックや、在宅診療クリニック、医師が高齢のクリニック、短時間でパート勤務を募集しているクリニックは、60代看護師でも十分の勤務することができます。 逆に、育児などで急な休みを取らない60代看護師は、重宝される大切なスタッフになります。 しかし、60代の看護師を、 正社員として勤務させるクリニックは少なく、「正社員で働きたい」「高収入が欲しい」といった大きな期待がなければ、60代看護師でもクリニック看護師になることができます。 また、内視鏡検査や健診を中心としたクリニックでは、てきぱき働く若い年代の看護師を求める傾向があり、注意が必要です。 60代看護師の転職注意点 画像:shutterstock 60代の看護師に転職で注意しておきたい点としては、 「自分の体調に合わせた働き方をする」ことです。 年齢が上になればなるほど、個人差が大きくなり、若い時の自分の幻影に惑わされることなく、その先にある楽しい老後のための働き方が大切になります。 60代の看護師転職で注意しておきたいことを説明していきます。 (1)仕事への「やりがい」を見極めること 特に定年退職した看護師の方は、再就職や転職する理由は何でしょうか。 様々な理由がありますが、一番働く中で大切なことは 「自分がやりがいを感じる職場で働き続けること」です。 60代の看護師転職では「看護師資格がなくても出来る仕事」「私じゃなくても出来る仕事」に抵抗がある方が多く、仕事内容へ一番目を向けながら、転職先を探しましょう。 (2)夜勤の場合、自分の体力と相談すること 60代でも精神科病院や高齢者施設などで、 「高収入」「夜勤あり」の求人を見つけることがあります。 しかし、夜勤ありの求人を選ぶ場合には、 私が前にいた病院では、働く意欲のある方なら、65歳以上でも転職を受け入れており、その方は勤務時間によって社会保障も完備されており、やりがいを持って働かれていました。 このように、正社員にこだわらず、働くことで得られる福利厚生に目を向けて、転職を考えてみるのも重要なポイントになります。 (4)新人の気持ちで勤務することを忘れない 60代看護師の場合、「自分の看護技術は若い看護師よりも上手だ」「経験は私の方が上」という気持ちが強いと、転職後の人間関係がうまく行かなくなることがあります。 看護経験や年齢的には、その職場で一番上であっても、その職場では新人看護師です。 職場に慣れるまでは、自分の経験や意見を押し付けないこと、それも60代看護師が転職する時の注意点になります。 (5)複数の選択肢から求人を選ぶこと 看護師転職サイトの場合、利用する会社によっては断られる可能性もあり、人気がある看護師転職サイトの中から、複数社登録して、まずは担当者に相談することから始めてください。 人気の看護師転職サイトは「」を確認しておきましょう。 最後に 超高齢者社会と少子化の流れを受け、60歳定年制が無くなり、60代看護師の需要が拡大し、介護や看護の豊富な経験を活かし、慢性期や精神科病棟、高齢者施設、訪問看護ステーション、看護管理者などでで、60代看護師の募集が多くあります。 しかし、一般的に60代看護師の転職求人は少なく、 「求人がなくて当たり前だ」という気持ちで探すことも大切です。 相手の募集要件に流されず、そして看護経験のプライドにこだわることなく、自分のワークライフバランスと体調に合わせて、無理のない転職先を見つけてみてください。 60代になっても看護師を続けることの意味は、転職できた職場の中でいくらでも見つけることができるはずです。 転職を考えている看護師の方へ 1月~3月は、求人が最も多くなる時期であり、病院・クリニック・施設・企業などの看護師求人数が最も充実します。 転職に細かい希望条件がある方や、現在の職場よりも待遇が良い求人を探したい方、キャリアアップなどのステップアップをしたい看護師の方には転職が最適な時期と言えます。 しかし、看護師転職サイト(会社)などでは一番の繁忙期となり、忙しい中でもしっかりとあなたのサポートを行ってくれる、良い看護師転職サイトを選びましょう。 専任の担当者のレベルによって大きく転職活動が変わり、出会える求人も違います。 そのため、 以下の看護師の皆様(執筆している看護師の方)が選ぶ「おすすめ3社」を登録し、.

次の

私が社会人から看護師になった理由と、転職者へのアドバイス

看護 師 から の 転職

26歳まで飲食関連のブラック企業に勤めていた まず少し私のことを話します。 そもそも看護師を目指す前までは飲食関係の職場で正社員として働いていました。 ですが、そこは今で言うところの ブラック企業に近いものでオーナーのワンマン経営でした。 私は気に入られていたので実害はほぼありませんでしたが、他の 社員への恫喝や給料未払いなどはよくある光景で、その度にやつれて辞めていく社員を見るのは心を痛めるものでした。 将来性もなく、現状を変えたかった日々 また、このままここで働いていても私自身の将来性は乏しく。 本当にこのまま仕事をしていて50歳60歳になってもしっかりと稼げて生活出来るのか?• オーナーのような人間になってしまうのでは? と不安になることもありましたので、とりあえず何でもいいので動いて現状を変えなければ! と半ば強硬的に仕事を辞めたのが26歳のころ。 この時点で看護師になろうという考えがあったわけではありません。 さて、辞めたのはいいですが正直に言って次の仕事のあてもなく、特になりたい職業など目標もありません。 しかしながら、それでも仕事をして収入を得なければとは漠然と考えていました。 逆に言えば生活さえ出来れば、どんな仕事でも良かったのです。 そこで私は次の仕事を探すうえでどういう条件を満たせば自分にとって良いのかを書き出すことにしました。 看護師になった理由5つ 前置きが長くなりましたが、 それが看護師を選んだ理由に繋がっていきます。 以下にその時に書き出した条件を記載していきます。 あまりにも私的なことですので詳細を書く必要があるかわかりませんが 月に30万~50万は欲しいと考えました。 これが第一条件です。 今も機会があれば行きたいと思っています。 そのため 仕事自体を辞めてもすぐ職が見つかる免許を必要とする仕事は魅力的であると思いました。 所謂「 手に職」をというやつですね。 手に職さえ持っていれば普通に働く場合よりもお給料は良いでしょうし、稼ごうと思ったら掛け持ちも出きると考えていました。 免許があるということは需要があるという事ですから、ニッチな仕事もあるはずです。 何にせよ免許・資格が必要な職に就くことを条件として書き出しました。 また、 免許が必要な仕事であれば外国での仕事の需要もあるかもしれないとも思いました。 そうなれば海外にも行けるうえ、仕事でお金も貰えると一石二鳥になる。 免許・資格を取ることで今以上に仕事先の選択肢や収入が増えることは本当に メリットしかありません。 しかしながら免許・資格を取るとなると無料で、という訳には行きません。 何かしらの通信教育や学校に行く必要が出てくるでしょうから、取得しやすい。 自分が必要経費を払える資格というのも条件に含まれることを忘れてはいけません。 これらを考えると私にとって看護師はとても魅力的な仕事でした。 経済学は詳しくないのですが、資本主義の前提は先進国と発展途上国が存在することですから、その発展途上国が発展してきている今、 資本主義が根本から崩れるかもしれないという話を聞いたことがあります。 リーマンショックもありましたね。 また、最近のアメリカの動きが穏やかではないです。 中国と貿易戦争していたり何処とでも突っ掛かってきていたりして、 第3次世界大戦が起こるのでは?とも囁かれています。 別に私はジャーナリストでも何でもありませんから、ここで世界情勢を語ろうとは思っていません。 ただ、社会が基盤から崩壊しそうな出来事がおこる可能性が昨今の世の中では十分に有り得ると言いたかったのです。 私たちが老人になって天寿を全うするまでそういう人為的な大惨事が起こらないとは言い切れないのです。 何も人的な被害だけが社会を機能停止にするわけではありません。 日本においては今年、地震やら豪雨やらと災害が多くありました。 関東大震災・果ては富士山大噴火もいつ来てもおかしくないと言われています。 つまりは今の社会のシステムごと引っくり返るかもしれない現状で、もし社会が変わっても需要がある仕事に就きたいと思いました。 社会が変わっても変わらないものとは人です。 社会に生きるのは我々人です。 どんな社会になってもそこは絶対に変わりません。 ですから、人間の精神や身体に関係した仕事に就くことが出来れば、 ひとつの社会に依存せずにどんな社会であっても仕事の需要は間違いなくあると私は考えました。 そのひとつの選択肢が看護師だったわけです。 私は高校生時代から色々なアルバイトや契約社員をやって来ましたが、仕事に慣れるとすぐに飽きが来て、飽きてくると仕事を辞めて次のアルバイトに切り替えてきました。 その経験上、 仕事をしていても飽きが来ると辞めたくなる事がわかっていたので、一生の仕事とするなら飽きなそうな奥の深い職であってほしかったです。 極端に話せば。 工場でのライン作業など単調な繰り返しの仕事よりは職人が良い!ということです。 仕事に貴賤はないと言われていますしその考えは理解できますが、飽きるものは飽きるものです。 しょうがないです。 仕事をすればするほど、その仕事の奥深さを実感していく仕事。 一生かかって飽きない仕事。 職人の世界はまさに理想的でした。 この職人という線は結構捨てがたく、実際に職人募集している求人を調べたりして最後の最後まで候補に挙がり続けていました。 看護師にはあまり当てはまらない項目ですけど…。 現在は両親とも健在ですが、このまま生活をしていけば 今後両親は高齢者になっていって介護が必要になっていくだろうことは予想されました。 そしてその介護は一緒に住んでいる息子の私がやるべきだとも思いましたので、その時のために介護・看護の方法を知っておきたかったです。 また、健康に対する知識を持てれば、病気になることなく両親と自分の健康な状態を長続きすることが出来る。 仮にもし、自分で介護が出来なくて、施設などに世話になるとしても良質な施設や病院を見分けるための視点や考え方などは知っておきたかったです。 そもそも施設を利用する際に使える公的な援助などがあるかどうかも知らなかったので、そこら辺の知識も概要だけでも知っておいた方が今後のために良いと考えていました。 すべての要件を満たす看護師が最適だと判断した• 高く安定した給料• 免許・資格が必要な仕事• 社会情勢の変化に振り回されない仕事• 飽きない仕事• 看護あるいは介護の知識が欲しい 以上が新しい仕事を決めるための条件です。 あとはこの条件に見合う職業を探していけばいいだけ。 すべての条件を満たせそうな仕事が看護師だと判断しました。 知識は欲しいですが、何もその職種で働かなくても独学で蓄えることが出来ますからね。 しかし、それなりにお金は稼ぐことは出来るでしょうが、自分の大切な人が病気になったりした時にその人の力になれない。 ヤブかもしれない医者に頼らなければいけないという状況になるのではないか。 と考えました。 私は仕事よりプライベートを充実させたいタイプの人間です。 仕事をしていて手に入れられる知識や経験をプライベートに生かせない職業にはあまり魅力を感じませんでした。 また、私のなかでは医療系に就職するにしてもしないにしても看護や介護の知識は勉強して手に入れていく予定でしたから、どうせ手に入れる知識ならそれを社会に還元して仕事とすることが合理的と思ったので医療系に進むことに決めました。 介護関連も候補に上がったが、高い給料を考えて看護師を選んだ 最初はヘルパー2級でも取って介護関係の仕事をしようとしていました。 しかし介護関係は激務なわりに給料が低く、むくわれない仕事だということを考えて却下。 実際に看護助手として働いてみた あとは。 実際に看護助手として病院で働き、その時に看護師の仕事を見て決めました。 看護助手と同じような仕事なのに、看護助手より給料が高い=看護師 だったので看護師になれれば理想的かもしれないと思い「まだ20歳代だし何事も挑戦!」という事で看護師という職を選択しました。 最初から看護師を考えたわけではなかった いままで看護師になろうとは一度も考えたことはありませんでしたが、看護師になると心のなかで決まった時は意外とすんなり受け入れることができ、目標として据えることができました。 これはどの職業に就こうか自分が納得するまで考え込んだからだろうと思います。 ですから皆さんも現在の仕事を辞めて転職しようと考えている場合、それが看護師になることに繋がらなくてもじっくりと考えてみて自分の価値観に合っているかどうかを吟味して欲しいです。 私のように現状の仕事に疑問を持っている方も同じで、今のままでいいのかを考えてみてください。 社会人から看護師へ!転職者へ伝えたいこと あとはアドバイスというか。 社会人から看護師へ転職するのも一考に値する根拠をお伝えします。 看護師の需要は高まるばかり 看護師は今後もますます需要が高まる職業です。 日本が超高齢社会になって久しく、今後20~30年は高齢者の数は増えていきます。 深刻な医者不足という事情があるために看護師に医者の業務の一部を出来るようにさせて医者の業務上の負担を減らそうという案も出てきているそうです。 それらは全て看護師の需要が高まっていくことを示唆しています。 また、将来人工知能が発達していくにつれて医者はその職をAIに奪われていくと言われていますが、 看護師は絶対にその職を奪われることはありません。 なぜなら人と直接関わる仕事だからです。 患者の心の変化などを察して臨機応変に動かなければならない看護の仕事は人工知能にはまだまだ出来ません。 これらの事情もあり、 看護師という仕事はその需要が日々高まっています。 さらに看護師として学んだことがプライベートに活かせる そのうえ仕事で培った知識や技術はプライベートでも役に立つものです。 看護師として働いていく、或いは看護学生として勉強していく過程で様々な疾患に触れてその疾患を理解していくと思いますが、 死因の上位のほとんどが生活習慣病という部類の疾患です。 これはその名の通り生活習慣が原因として発症する病気のことです。 具体的に挙げれば脳梗塞・心筋梗塞・糖尿病・COPD等で、皆さん一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?メタボも関連していることです。 日々の積み重ねが病気の原因となるということは… 日頃から健康的な生活を送っていければ疾患になるリスクを減らせると言うことです。 よくテレビ番組でもやっていますね。 健康な食事法とか、効果的なエクササイズとか、一日一回これをすれば健康になるとか。 それらがより深く理解できるようになりますので、 病気になりにくい生活をすることが出来るようになります。 健康は何ものにも変えがたい 健康を維持できるというのは生きていくうえでとても大切なことです。 それは自分自身に対してもそうですし、大切な人に対しても同じです。 現在の生活を健康という面から評価できる知識が持てるのは大きなメリットです。 皆さんがどのような理由で看護師への転職を考えているのかはわからないですが、社会人を経ている以上、看護師への憧憬など若い感性だけではないとも思います。 面接対策はしっかりと! 因みに余談ですが、上記のように私なりに考えて合理的に決めた看護師は、私にとってこれ以上無いといっても過言ではないほどベストな選択でした。 周りの人は私の私的な事情など知りませんから、いまいち共感性に欠けます。 つまり看護学校や病院就職試験での面接ではパンチに欠けるという事態になる可能性があります。 「人の役に立ちたくて」「人から感謝されるのが嬉しい」「人の命を救いたい」など面接で他の人が言っているなかで 「損得で選びました」と言えるわけもなく。 取って付けたような転職理由を言っていましたが面接官の反応は全て渋いものでした。 そこは私の表現力が乏しいこともありましたし、人に依るのでしょうけど思わぬ弊害でしたので余談としてここに書いておきます。 看護師になるまでは辛いが、なってしまえばメリットが多い 最後に。 看護師はなるまでが辛いですが、なってしまえばメリットが多い職業であると私は感じています。 だから転職を考えているのであれば真剣に考えて欲しいです。 一考する価値はあると私は断言します。 迷っているなら是非看護師になることに挑戦して欲しいです。

次の

50代看護師の転職で自分に合った求人を選び、働き方を改善する

看護 師 から の 転職

看護師から他職種へ転職する人の割合 職場を辞める看護師に、「新しい転職先はどこなの?」と尋ねると、多くの人は病院やクリニックの名を挙げるはずです。 看護師の資格を取るまでには、厳しい実習や国家試験を乗り越えないといけないため、看護資格を生かせる病院やクリニックに再就職するのは当然の選択ですよね。 しかし、日本看護協会の調査を見ると、 「看護師の1割程度は看護師以外の仕事に関心を抱き辞めている」という結果が出ていおり、必ずしも転職先として病院を選んでいるわけではないことがわかります。 「やっぱり他職種じゃなく看護師として別の職場に転職したい」という場合は、のような看護師向けの転職サイト・転職エージェントを活用して看護師専任のキャリアコンサルタントに転職相談してみましょう。 看護師から他職種への転職は失敗する? 勤務時間が不規則、仕事に対するストレスが大きいなどの理由から、看護師から他職種への転職を検討する人は少なくありません。 ですが、今まで経験したことのない業界に足を踏み入れるのは不安が大きく、多くの方は悩んだ末に結局、同じ仕事を選んでしまう傾向にあります。 確かに新しいことにチャレンジするというのは不安が大きいものですが、 他職種に転職すると規則正しい生活を送れたり、サービス残業をしないで済んだりなどのメリットも多いです。 実際に看護師から他職種へ転職した方のお話を聞いてみると、 ・なんといっても夜勤やサービス残業がないのが最高!規則正しい生活をおくることができるようになったので、心身ともに健康になりました。 ・家族と一緒の時間が増えました。 土日も休みなので子供や夫と一緒に出かける機会が増えたのも良かったです。 といった喜びの言葉が聞こえてきました。 看護師の仕事に疲れ転職を検討している方は、思い切って他職種に転職することも必要と言えるでしょう。 看護師から他職種のおすすめ転職先一覧 ではここからは、看護師から別の業種・職種に転職する際に候補として挙げられる具体的なおすすめの転職先をいくつかご紹介いたします。 デスクワークが中心ですが、医療・介護業界ということでそこまでギャップを感じずに働けるはずですし、看護師として患者さんと関わってきた経験を活かせます。 「現場で働くのには疲れたけど、看護師の経験を生かしたい」 「土日も休める仕事がしたい」 上記のような転職理由をお持ちの方は、ケアマネジャーを目指すことをオススメします。 ケアマネジャーの資格は合格率21. 目の前の人に感謝されたり喜びを感じるという側面では似ていますが、看護師ほど過酷な職場ではないという理由で転職する人が多い現状です。 「給料安くなるんじゃないの?」と懸念されるかと思いますが、求人によっては看護師と同じくらいの給料が貰える介護の職場も全然あります。 実際に看護師から介護士への転職を成功させた方の体験談を見てみましょう。 看護師の業務をしていた際に介護業界の方々と接する事があり、とても楽しく働いている印象を受けたので、転職の選択をしました。 看護師と介護士のお給料は大幅なお給料の減俸があるのでは無いかと転職当初は考えていましたが、転職サイトで求人を調べた際にお給料が変わらずに福利厚生が充実をしている職場を見つける事が出来ました。 介護の職場の上司の方の研修期間の指導の行い方が分かりやすく丁寧だったので、未経験でもすぐに仕事を覚えられてスムーズに業務を行えているので、転職して良かったと思っています。 介護業界は高齢化に伴い人手不足が進んでいるので、待遇や福利厚生もよく研修制度も充実していて働きやすい環境が整えられている職場も増えています。 介護系職種への未経験からの転職について興味のある方は、「」を参考にされてくださいね。 営業職と看護職は大変かけ離れているような気がしますが、人と接する機会の多い看護師はコミュニケーション能力の高い方が多く営業職に向いています。 さらに看護師として説得力のある商品の売り込みができるため、MRは最適な転職先です。 スポンサードリンク 「今とは違う職種で新しいことにチャレンジしたい!」 「たくさんの人と関わる仕事がしたい!」 上記のように考え、転職を決めたい方にはMRおすすめですよ。 MRになるのに必要な資格はないですが、MR認定資格があると転職活動も有利に進むので、資格取得の勉強をしておくのも良いですね。 クリニカルスペシャリストとは、医療機器や用具の開発補助や販売する職種です。 実際に看護師として医療機器を使ったことがあると、営業先へのデモンストレーションやプレゼンテーションがスムーズに進むため、看護師としての経験やスキルを発揮することができます。 一般企業なので夜勤せずに働けますし、年収は400〜600万程度もあるため、今までと生活水準を変えることなく過ごせるので安心ですね。 人気のある職種ですから、看護師としての経験やスキルをしっかりとアピールし内定を勝ち取ってください。 一般企業の仕事であり、パソコンワーク中心のため最初は戸惑うかもしれませんが、看護師として培ってきた観察力やコミュニケーション能力があれば仕事にすぐに順応できます。 看護師は緊急時の対応に慣れているため、慌てずに物事に対処できるので職場でも頼られる存在になれますよ。 残業が少なくカレンダー通りにお休みをもらえるところが多いので、プライベートを重視している方や家族との時間を大切にしたいと考え転職を決意した方には、ぴったりの仕事です。 就職難易度は企業によって異なりますが、簿記の資格を取得し、仕事に対する熱意をアピールすると良いですね。 事務職未経験でなかなか志望動機や転職理由が見つからないという方は、下記記事も参考にされてみてくださいね。 やはり看護師時代に培った経験や知識を活かしつつも、看護師よりワークライフバランスが取れる医療事務職は人気職種の一つです。 実際に看護師から医療事務職への転職を果たした体験者の声をご紹介します。 そんな時に、医療的知識のある方が欲しいと言われたので挑戦してみたいと思いました。 また、事務職といっても製薬会社なので、今までの知識や経験を生かせる事もあるかもしれないと思い転職することを決意。 全く違う分野で働くよりは仕事をしていても楽しく、日々勉強する事もでき、今までの看護師としての経験をムダにせず楽しく働けています。 また、福利厚生が充実しており、会社の雰囲気も良く、自宅から通いやすい場所にあったのが良かったです。 女性の社会活躍が推進される現在、女性でも活躍している営業マンは非常に増えてきていて、その勢いは男性営業マンを凌ぐ勢いとも言えます。 営業職はどんな仕事をする上でも基礎的な能力を全てカバーできるので、また別の仕事がしたいと思った時に非常に有利となる経験にもなるんですね。 女性が活躍している営業の業界である人材会社の営業職も良いですし、看護師の経験を活かして医療機器メーカーの営業職など働き口はさまざまです。 最初は「営業なんてできない…」と若干怖いと感じるかもしれませんが、実際にやってみると意外と向いていてみるみるうちに成績を伸ばすなんてこともありますよ。 キャリアアドバイザーとは現在の仕事に対して何らかの不満を抱えている人に対して、仕事の相談に乗ってあげたりおすすめの転職先を紹介してあげる仕事のことですね。 転職エージェントという呼ばれ方をすることもあり、女性の活躍率は男性を超えているほど人気の職種の一つなんですね。 おすすめの転職エージェントについては「」で具体的な会社を紹介しているので、ぜひ興味があればご参考頂ければ幸いです。 仕事内容としては「ケガの応急処置」「保育のサポート」「子どもの健康相談」など子供の病気予防にまつわる注意喚起や怪我などの対応がメインの業務内容となります。 子供が好きという方にとってはこれ以上ない環境ですし、病院看護師のような夜勤はなく日勤のみでの時間となりますので、規則正しい生活を送れるという点では間違いありません。 しかし、一般的な病院で働く看護師と比較すると給料が低くなる傾向があることや、直接的な医療現場に携わる機会が減るので看護技術が低下するというデメリットもあるでしょう。 レーザー機器を使った施術・美容に関する注射や美容に関する手術の介助がメインの仕事内容となりますので、美容に関して高い興味関心がある場合は転職と言えます。 また、美容クリニックは一般的な看護師と比較して平均給料が高いことでも有名な職業ですし、夜勤はなく日勤のみなのでワークライフバランスも取りやすい傾向にあります。 ただし、看護師と大きく違う点として店舗によってほとんどの確率でお客様を獲得するための営業トークが必要になるので、営業や勧誘に苦手意識がある人は向いてい無い可能性もあるでしょう。 たとえば例として、お菓子作りが元々好きだった方は、看護師から製菓助手への転職を成功させています。 看護士をしながら時々お菓子関係のアルバイトもしていたので、看護士をやめた後に料理の学校に1年通って資格を取り、実家の近くで料理関係の仕事に転職しました。 興味があって好きな仕事なので、皿洗いなど雑用の仕事をしていてもまったく苦にならずに続けることが出来ています。 看護師から他職種への転職先を探す方法 看護師から他職種への転職先のおすすめを例をあげて紹介していますが、どんな仕事に興味があるのか分からなかったり、やりたいことが分からない方は 転職エージェントの利用をお勧めします。 転職エージェントでは、担当キャリアアドバイザーが一人一人にマンツーマンでやりたいことや叶えたい目標などを引き出すお手伝いをしてくれるんですね キャリアプランの構築。 もちろんやりたいことが明確になったら、その願望を実現することのできる仕事を紹介してくれるので、一人で転職サイトなどを眺めるよりも遥かに効率的です。 今回は看護師から他職種への転職としておすすめの転職エージェントを2社厳選して紹介いたします。 doda は何と言っても国内最大級の規模を誇る転職エージェントで、転職活動を行う上ではまず外せない超大手エージェントです。 15万件以上の求人を保有していることに加えて、転職実績も非常に豊富なので看護師から他職種への転職事例も多数用意されている安心感があります。 面談場所も札幌・仙台・東京・横浜・大阪・名古屋・広島・岡山・福岡と全国的に構えられているので、転職を考えている方はまず利用すべきと言えるでしょう。 とりわけ女性の転職支援にめっぽう強く、担当キャリアアドバイザーも女性の担当者が多いので、きめ細やかできちんと希望を汲んだ上で転職について相談に乗ってもらうことが可能です。 面談場所も、 札幌・東京・横浜・大阪・名古屋・広島・福岡と各エリアごとに設けられているので、ぜひdodaと併用して活用してみると良いでしょう。 もし看護師を続けながら別の病院に転職する場合は、 「どれだけ良い職場環境で働けるか?」という視点で転職先を選んでいく必要がありますよね。 働きやすい環境を見つける際には、看護師の転職先をまとめた転職サイトの利用は非常に便利なツールですので、ぜひ下記記事も併せてお読みいただければと思います。 看護師を続けるにしても、別職種へ転職するにしても、今よりも充実した仕事ライフを送れることを心から応援しています。

次の