宝塚月組。 宝塚月組って何で悪く言う人が多いんですか?

宝塚月組『赤と黒』感想と珠城りょうが熱い!あらすじと客席降り・ラブシーンがヤバイ!?

宝塚月組

宝塚らしからぬ普遍的なテーマ この作品のテーマは ずばり 「アイデンティティの構築」。 故郷を捨て、異国で成功を収めた美しい女性が 祖国を愛する男性を通して本来の自分を取り戻す話であり、 ポンコツ御曹司としてチャラチャラ生きてきた男性が 真に愛する女性と出会ったことで本当の自分を見つける話でもある。 美を追求する宝塚には珍しい、 娯楽として非常に 普遍的なテーマであり、 それが逆に見ていて新鮮だなぁと感じました。 アイデンティティの構築は、 必ず他者を介在せねば成し得ることができません。 ウィーンの街並みや郊外の大自然の中で、 また富裕層からヒッピーまで様々な人間との関わりを通じて生まれる 「私たちはオーストリア人だ!! 」という 愛郷賛歌。 なるほど、今作がオーストリアでヒットする理由が 非常によく分かるというものです。 ですから、これをそのまま日本に持ってくるとなったうえで 「オーストリア大好き!! 」的部分を上手に 人類愛風味に変えたことで 老若男女誰が見ても分かりやすい、 ハッピーミュージカルになったのだなと思います。 また、公演を通じて結構「笑い」が起きていたのですが これがまた非常に 大衆的。 宝塚における笑いってだいたい内輪ネタで 例えば次回作の公演の宣伝とか、 客席のOB弄りなどがほとんどなわけですが 今作は夫婦漫才や間の取り方など、 誰が見ても分かるネタを取り扱っていて好印象。 (エリザネタは一般教養ということで。 笑) 見ていてほっこり安心出来るような、 素敵な公演だったなぁと感じましたね。 パブロの扱いが日本仕様? だけど一つ気になったのが パブロの扱い。 蒼汰も管理人も原典版を見ていないので分からないのですが パブロのキャラ設定、だいぶ弄ってません? そもそもパブロがなぜエマとの結婚を承諾したかといえば、 たぶんゲイである自分の カモフラージュなわけで、 同性愛者としての葛藤、スターである自分自身とのギャップ等がありながら、 一連の騒動を通じて彼もまたアイデンティティを構築する… という話のはずなのに、 ただのラテンなノーテンキ脳筋野郎になっているような。 笑 とはいえ、今作を宝塚版にアレンジするにあたり 最も話題になっていたのはパブロの脚色の行方なわけですが すみれコードに引っかからないよう演出した結果、 こんな出来上がりになった、と言われてしまえばその通りなんですけどね。 むむむ、なんだか解せないぞと思っていたら 管理人masaさんいわく、 「ワンコ系脳筋スター男子と不幸体質系平凡男子というカップリングが 腐女子の心にジャストで刺さるのだから仕方ない」とのこと。 なるほどね~。 そして実際、フェリックスとの関係性が非常に好評であることを思えば (私の観劇中も周りの皆さんが一斉にオペラグラスを上げていて面白かった。 笑) 日本のお客様の需要に応えた改編と言えるのかもしれませんね。 ビジュアルと演出面に関して 続いてビジュアル面ですが、 みんな役と任にピッタリで良かったと思います。 特に 美園さくらは本当に垢抜けましたねぇ。 昨日久しぶりに『雨に唄えば』を見たのですが、 その成長っぷりに愕然。 笑 ゴージャス系娘役として、 きっちり作り込んでいて良かったです。 珠城もシュッとしていてロングコートもセーターも似合っていたし 月城は地顔の美しさが上手に強調されていたし、 鳳月のヒゲイケオジも素敵でした。 そして何よりも暁パブロ!! 刈り込みにも驚いたけどその 異次元スタイルが本当に凄い!! スター然としていてカッコ良かったです。 演出面で言えば、 色味的になんだか クリスマスっぽい雰囲気があって、 この時期にピッタリだなぁとほっこりしました。 笑 しかしまぁ、 非常に金がかかってますよね。 幕前にはアニメ絵、映像演出がガンガン、 しまいにゃヘリまで出てきます。 宝塚の演出面での技術進歩は目を見張るものがありますが、 色んな効果をぜーんぶぶっこんだ結果、 いささか 目にうるさい印象だったのも事実。 その割に第一幕の終わりがあっさりだったり、 雪山&別荘でトップコンビが何も変化がないままずっと突っ立てたりと なんだかバランスが…と思わなくもなかったり。 一本物って難しいんだなぁと 素人ながら感じた作品でもありました。 私も本日IAFA観劇いたしました。 宝塚ファンになりたてで大劇場作品は壬生義士伝に続く2作目だったもので、映像から舞台装置から華やかさのギャップにびっくりすることばかりでした!笑 とはいえ記事でも仰られていたようにクリスマスシーズンにぴったりな皆でほっこりとした気持ちになれるような作品でしたね。 この時期に壬生をやっていたら身も心も寒くてしんどいですもんね、、笑 ファンになりたての身としては身内アドリブも懸念していたのですが、そんな心配は無用でたくさん笑わせていただきました。 月組さんだけあってスポットライトが当たっていない下級生に至るまできめ細やかな芝居をしている印象でした。 長々とコメント失礼いたしました。 宝塚は元が「花嫁学校」だった経緯もあり内情は相当なホモフォビアだと思うので 実際「同性婚」で話題になった方はあまりの女社会に耐えられずにすぐ辞めた、みたいなコメントしていた記憶が… 、ゲイネタを扱うだけでも凄いのでは…と、こそっと思ってます 笑 今作は観てませんし観る予定もないですが、観に行かれた方のお話だと「本当の主役はさくら嬢」だという感想で、珠城氏の代表作にしようという制作側の意図は外野からもビシバシ感じるのに皮肉だな~、と思ったのですが、、感想の続きを楽しみにしています。 とりあえず今週久しぶりに宝塚観劇行ってきます。 東京では超絶チケ難でもムラなら時々若干の戻りが出たり、プレイガイド先行でサクッと当たったりで、宙雪連続で取れたので。 いつも楽しみに拝読しております。 あの月組大劇場ムラ楽ライビュの動員に微力ながら貢献していたライビュ専科の地方民です。 作品全体の感想については、ほぼ全文同意です。 気楽にぼおっと見ている分には楽しい作品でした。 笑 個人的にちと思ったのは、 ・楽曲が3分で表現する世界観と、お芝居のストーリーが2時間で表現する世界観が微妙にあっていないというか…雪山&別荘でドラマチックなナンバーを歌い上げるのを聞いていると、登場人物の心理に劇的な変化が起こったように思うけど、芝居に戻ったらそんなに劇的展開でもなかったね、と思ってしまう。 笑 このミュージカルがストーリーに合わせて曲を書き下ろすのでなく、既存のヒット曲をストーリーで繋いでいる作りゆえのビミョーな違和感かなあと思ったりしました。 ・男役同士の関係性に萌えるヅカファン 笑。 昔から 花組:男役同士の耽美な関係に萌え、娘役には超厳しい 星組:男役同士は耽美よりバディ感。 娘役は「可愛いは正義」 のカラーは変わっていないですねえ。 先日花組ファン(女性)にその心理を聞いてみたところ「贔屓が娘役(女)に取られた、悔しい!という余計な感情に邪魔されず2人の関係に感情移入できるから」と力説していらっしゃいました。 パブロは「バイセクシャルなんじゃない?」ああ、そういう考え方もあるのかと勉強になりました。 ・意味ありげに出てきて特に何も無かったエマのお母さーん、娘と何があったんですかー。 初コメントです! 私も、美園さんは華やかになったなぁ…とつくづく感じさせられました。 まだ、雨に唄えばの頃は無理矢理ゴージャスにしてる感が否めなかったので努力されたんでしょうね。 先行画像では、「あれ……なんだかデジャブ(まどかテス)」という感じで個性が出せてないのかなと思いましたが、初日映像ではちゃんと美園さんだとわかるレベルになっていたので安心しました。 (ただ単に二人の顔の形が似てるだけなのかも) パブロとフェリックスは……びっくりしましたね。 思わず「はぇーー!? 」と声を出しそうになりました(笑) 暁さんのヒゲがちょっとショックだったのは、私だけかな……。 (信長の新公以降苦手意識があるんです…).

次の

宝塚歌劇団月組、蘭世惠翔(らんぜけいと)さん、男役から娘役へ転向

宝塚月組

来年2月14日付で退団する宝塚歌劇団の月組トップスター珠城(たまき)りょうが17日、大阪市内で退団会見を開き、号泣しながら昨秋に月組が新体制になったことがきっかけと話した。 近年では天海祐希に次ぐ9年目スピード就任。 16年9月就任で、在位約4年半、本拠地8作で退く。 昨年4月「夢現無双」で、2番手として支えてくれていた美弥るりかが退団し、新しい月組が誕生した。 涙で声を震わせつつ退団を意識した時期を明かした。 「今まで耐えて、背負ってきたもの、少しずつ…おろしていっていいのかなって…思うようになった」 白のスーツ、グレーのベストに淡いブルーのネクタイ姿。 退団を意識すると同時に、次世代へのバトンも視野に入ってきたことで「これからは(新体制の)組を今まで以上に引っ張っていかなきゃいけない」とも感じていた。 組子には前日の稽古前に、相手娘役の美園さくらには、今年1月に伝えたという。 「私も(先に退団発表した雪組トップ)望海(風斗)さんと一緒で、自らが先に泣いてしまった。 上級生の…」と、ここまで言うと、号泣。 組メンバーを思い、涙が止まらず「こんなに泣く予定じゃなかった」と照れながら「涙もろいので用意してきた」と言うハンカチで目元を抑えた。 「男役10年」と言われる劇団にあって、9年目で頂点に立った珠城は、17年正月公演「グランドホテル」でお披露目。 以来、海外ミュージカル、大作が続き、小川友次理事長も「まっすぐな性格で、プレッシャーもあったと思うが、真摯(しんし)に正面からぶつかってくれた。 頭が下がる思いです」とねぎらった。 珠城も「トップスターは孤独といいますが、いつも組のみんなに支えられ、孤独を感じたことはなかった」と感謝。 後輩に向けては「何かを得たいと思えば、120%の努力と100%の強い意志、60%の勇気があればきっと、目標に近づいていける」とメッセージを送った。 就任時から、名前があがった大先輩の天海祐希については「私は比べものにならない。 失礼だから、やめてくれと思っていました」と苦笑。 172センチ長身と、男役としては恵まれた体格を生かしたダイナミックなダンスも武器。 下級生時代から抜てきが続き「シンプルな衣装で、ストンと立っていられることが、男役としての完成」だと目指してきた。 トップの就任が早く、通常任期なら、これからトップに就こうとするスターもいる学年、14年目直前での退団になる。 「もっと長くいたら、違う景色も見えたかもしれない。 でも私はすごく凝縮した濃い経験をさせてもらい、密度の濃い時間を過ごさせてもらいました」と前向きに話した。 トップ経験は「人間として豊かになりました。 つらいこと、苦しいこと、悲しいこともありましたが、この先の人生で、これを乗り越えられたことは大きかったと思える。 つねに人の気持ちに寄り添える人でありたい」とも感じている。 長年、応援してくれたファンへの思いを聞かれると、再び、号泣した。 「これ…泣いちゃう」と言い、再びハンカチを顔に。 直近の名古屋・御園座公演「赤と黒」が、新型コロナウイルスの感染拡大により、途中で中止になったこともあり「どんなにつらい時も、一緒に耐えて、闘ってくれたファンの方、存在すべてがなかったら、私は今、ここにいないです」と、おえつしながら深謝した。 退団後については「次のステージで進む大きな1歩を踏み出していきたい」と言いつつ「(活動継続は)まだ何も決まっていません。 最後まで男役として追求していきたい」と話すにとどまった。 恒例の結婚予定への質問には「月組のみんなからも聞かれるから、おもしろい答えを」と言われていたことを明かし「ああ、そういえば(てのひらの結婚線を見て)ないですね~。 これが私の限界です」と笑わせていた。 退団公演は11月13日に兵庫・宝塚大劇場で開幕予定の「ロマン・トラジック『桜嵐記(おうらんき)』」「スーパー・ファンタジー『Dreamer Chaser』」。 東京宝塚劇場公演千秋楽の来年2月14日をもって退団する。

次の

宝塚 月組のチケット一覧│チケット流通センター

宝塚月組

この夏はこれが最優先。 轟悠さん主演。 2016年の『For the People 自由を求めた男』とスタッフも主演も同じだから似てしまうかなと思ったけど、音楽はラテン系の明るさとセクシーさが混ざった感じ、主役のキャラもリンカーンは忍耐強い政治家、ゲバラは血の気が多い革命家。 全然違っておもしろかった。 革命軍が立ち上がり、勝利したシーンは音楽がやや似てる感じがしましたが(原田先生、立ち上がる男が好きだからなあ……。 リンカーン、天草四郎、そしてゲバラ……)役作りはぜんぜん違っていた。 カーテンコールでゲリラの衣装のまま「オーラ!」とみんなを呼ぶ轟さんが新鮮。 カーテンコールでこんなに動くの初めて見たかも(ヅカ鑑賞歴短いので)。 そして月組下級生の落ち着きよ。 カストロ役の風間由乃さんは入団6年目、妻のアレイダ役の天紫さんは5年目。 すごいですね~。 29学年上のゲバラに向かって「恋してるのか?」とからかうシーン、東京でも初日は笑いが起きてた。 それは風間さんの落ち着きへの賞賛だと思った。 歌も芝居もうまい、本当に末恐ろしい。 狂言回しの役も一部で担ったエル・パトホ役14年目?の千海華蘭さん、大統領バティスタは組長。 ベテラン組はぐっと舞台を引き締める。 きれいな顔に濃いひげをつけていたゲリラ組、その役者根性さすが。 踊り子の晴音さん、彼女に恋するオリジナルのルイス演じた礼華はるさん、とてもいい役。 イメージぴったり。 農民でのちにゲバラについていくギレルモの輝月ゆうまさん、歌うまのおとうちゃん、弟役のきよら羽龍さんを肩車(!)してたよ。 女同士だよ! 輝月さんは『雨に歌えば』で悪声のリナちゃんもやってた。 あれ、歌がうまい人しかできないんだよね。 宝塚劇場以外での公演は組を2つとか3つとかに分けるから、この公演も出演者26人。 そうするとふだんあまり大きな役のつかない下級生も、見せ場やソロがある可能性が高い。 この公演もまさにそれで、けっこう下級生の名前を覚えました。 でもその人見たいと思って本公演(宝塚劇場の)見に行くと、見つけるのが難しいくらいの役でがっかりすることもある。 宝塚はあまりにも公演数が多くて、生徒の体力とかメンタルが心配になることもあるけど、こういう演目は下級生にとっては大チャンスになる。 (『ドクトル・ジバゴ』の瀬央さんとか天寿さんとか、あれでぽーんと飛躍した感じだもんなあ)そういうのを楽しむヅカライフというのもまたよきかも。

次の