なまけ アイアント。 【ポケモン剣盾】アイアントの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

アイアント (あいあんと)とは【ピクシブ百科事典】

なまけ アイアント

5倍にしつつ必中技を使うことが可能です。 この型では「」を持たせてさらに火力を上げています。 また、ダイマックスすると場に出た時にしか使えないデメリットを消すことができます。 H252振りのダイマックスしたサザンドラ確1、ダイマックスしたをはりきり玉シザークロスで確1 耐久無振りを確1、ダイマックスはりきり珠ダイアークでH252振りのを中乱数1発 91. 高い素早さから相手に「なかまづくり」を行い、相手の攻撃を受けた後に「だっしゅつボタン」で味方に交代することで、 相手は次のターン「なまけ」の効果で攻撃できない、または交代するため1ターンの猶予ができるため、味方は起点作りとして働くことができます。 相手が「なまけ」で攻撃できないターンに積み技を使い、相手が攻撃できるターンに「」を使うことで安全に積み技を使うことができます。 5倍になる代わりに命中が0. 8倍になる特性で、攻撃が当たれば大ダメージを与えやすいポケモンです。 また、 素早さ種族値が109と高めなので、 攻撃性能が高いアタッカーと言えるでしょう。 「なまけ」と「なかまづくり」で起点作り アイアントの夢特性「」は2ターンに一度しか攻撃できなくなる特性です。 デメリットしかない特性ですが「なかまづくり」で相手を「なまけ」にすることで相手を不利な状態にすることができます。 その後控えのポケモンと交代することで 起点作りの役割を持つことができます。 アイアントの対策 炎技で攻撃する アイアントの 4倍弱点である炎技で一撃で倒す方法がおすすめです。 しかし、アイアントは攻撃性能が非常に高く受け出しが難しいため、炎技を持ち、アイアントより早いポケモンを死に出しして対処すると良いでしょう。 例え倒せなくてもダイマックスの3ターンを消費させれば他のポケモンでも倒しやすくなります。 レンタルパーティは 育成不要で戦える代物なので、ぜひ活用してみてください。 関連記事 新ポケモンの育成論一覧.

次の

アイアント (あいあんと)とは【ピクシブ百科事典】

なまけ アイアント

図鑑説明 はがねの よろいを みにまとう。 てんてきの の こうげきを だんで ふせぎ はんげきする。 やまを ほって すあなを つくる。 ふくざつに いりくんだ は アイアントが つくった めいろだ。 てんてきの に たいして みんなで やくわんたん しながら はんげきして すから おいはらう。 概要 見ての通りの。 名前の由来は「()」+「ト()」か。 やに出る「ト」とりまくりであるが、あちらが序盤の敵なのに対してアイアントは終盤ので行く手を阻む。 野生でのが多くな相手。 素く攻撃も高いため、半端な素さの手持ちしかいないとることも出来ずとを削られる。 先頭にけむりだま所持を推奨。 また捕まえたい場合も、足止め技を持つパー捕獲要員の多くはと相性が悪く、以外は役割を果たす前に食い殺されやすい。 攻撃相性はいまひとつだが、捕まえたいならこちらも格闘や鋼のを出したほうがは少なく済むかもしれない。 図鑑によると、「」というのが敵であるらしい。 確かに相性的にはの方がに有利だが、が低い上に鈍足なためにはりきりアイアントので軽くさせられる。 対人戦ではにアイアントの方が有利なため、どこが敵なのか疑問に思えてくる。 とはいえ、とぎしはりきりともなると前述の通り博打技でもある。 またそれ以前にアイアントはでしかを覚えない。 では、野生個体はに為す術がいかと言われればそうでもなく、「」を習得しているため結局逆転可。 しかもこれが複数で襲いかかるのだからたまったものではない。 が屋外にしか生息しないのは、アイアントの巣と化したからされたor入り込めないからではないかとさえ疑われる始末。 対戦のアイアント• 特化したを持ち、のとは違い素さも高くを1上回る。 ならば耐える程度のがあるが、特殊はあの並のっぷり、半減しない限りまず耐えられない。 相手を見極めて使ってやりたい。 一致技の威はそれほど高くはないが、 はりきりならば攻撃が1. 5倍になり数値以上のを発揮できる。 ちなみにはりきり持ちのなかでもっとも攻撃が高く、陽気A全振りアイアントのはりきり込み攻撃>意地っりA全振りの攻撃である。 ただで命中が0. 8倍に落ちるため不安定。 先制技もがえりも覚えないためのような器用い。 補助技は、とぎ、など中々優秀。 またはりきりアイアントにとって攻撃と命中を上げるとぎは好相性。 とぎが最も活きると言えるだろう。 ウェは鋼としてはしく覚えるが非常に重要。 アイアント自身は炎に弱いが、アイアントより速いは存在しないためとぎさえしていれば並ののは尽くで返り討ちにできる。 ただし「はりきり」はとぎをしない限り命中と不安定。 またとぎをしていても命中程度なので外れるときは外れる。 他には必中のがえしと相性が良い。 命中の増減に左右されない一撃技も搭載。 、鋼、岩、飛行とな技はに半減されるため、が得意なを用意してう。 炎持ちや特殊相手に敢えてタスキ持ちでぶつけて1にし、持ち前の素さを活かして技で大暴れする「 むしのしらせ」もあるが、素さで3勝る上に同じことをで実行出来るとの化が難しい。 向こうは積み技に、撒き物とこちらより補助技も充実しているためなおのこと。 こっちは幸い、この素さから「」が繰り出せるので撒きとしても。 はまさかの「 なまけ」。 にしかならないと思いきや、相手にを押し付ける「なかまづくり」を覚えるため、持ち物「だっしゅつ」等を組み合わせ、先制で相手をなまけにし自分は脱出で即交代、ありじごくやで守りながら積むという非常に変則的なが考案されている。 や検定では相手はほぼ交換をしてこないため、先鋒アイアントで控えにやを置いておくことで璧なができるように見える。 確かに決まりやすいのだが、最初にるやみきりをされたり、相手2匹以降の・のこな・の持ちに崩される可性もある。 お絵カキコ 関連項目•

次の

アイアントとは (アイアントとは) [単語記事]

なまけ アイアント

アイアントの育成論 アイアントの育成論はこのようになります。 性格:ようき• 特性:はりきり• 持ち物:命の珠、オッカのみ、とつげきチョッキなど• 努力値:H4 A252 S252• その火力は過剰気味なこともあり、意地っ張りで攻撃を上げるよりも陽気で素早さを上げるのが好ましいでしょう。 補正をかけないと100属も抜けないので、よほどのことがない限り陽気を選ぶべきです。 特性ははりきりを選ぼう! アイアントには『なまけ』を仲間づくりして、後続の起点を作ったり、ダブルバトルではゴチルゼルらと組んでロックしていく動きもあります。 ですが、今回は『はりきり』を採用した一般的なアイアントを紹介していくので、なまけ型はここでは割愛させていただきます。 はりきりは命中率が0. 8倍になるデメリットを持っていますが、ダイマックスすれば攻撃1. 5倍はそのままに技も必中になる強力な特性なので、ダイマックスさせて活躍させていきましょう! 持ち物は火力アップの命の珠がおすすめ! アイアントは持ち前の火力を活かせる命の珠をもたせるのがおすすめです。 命の珠を持ったアイアントであれば、その攻撃範囲と火力の高さから、多くのポケモンを一撃で倒していくことが可能です。 また、特定の相手に倒されないために、オッカのみやとつげきチョッキをもたせるのも一考の価値があります。 耐久調整はせずに、努力値はASぶっぱでOK! アイアントの強みである攻撃力と素早さを活かすため、AS極振りしましょう! アイアントは弱点が少ないので耐久に振るのも考察の余地があるのですが、張り切りやダイマックスとの相性を考えると攻撃はなるべく上げておきたいところなので、基本的にAS振りで問題ありません。 おすすめの技 アイアントのおすすめの技を紹介します。 アイアンヘッド 鋼タイプの定番技であり、タイプ一致で撃てるアイアンヘッドは採用確定です。 耐久の高くないポケモンであれば、ダイスチル等倍でもがんがん落としていける優秀な技です。 じだんだ 鋼タイプの通りにくい、炎や鋼タイプのポケモンに有効なじだんだも優秀です。 ダイアースのDアップも、アイアントの貧弱な特防を補えていい感じです。 ダイマックスが終わったあとにも使える点が嬉しく、攻撃を外した次のターンに使うと威力が2倍になるおまけの効果もあり、はりきりの特性を持つアイアントと非常にマッチした技となっています。 かみなりのキバ 鋼と地面技では対処しにくいリザードンやギャラドス、アーマーガアなどに撃っていける電気技として、かみなりのキバもおすすめです。 ミロカロスやブルンゲルなどの耐久力のある水タイプで受けることを許さなかったり、ダイサンダーで欠伸をケアできるのも強みと言えます。 『じだんだ』を採用したケースでは、かみなりのキバもセットで採用すると良いでしょう。 ばかぢから ダイナックルの威力は低いですが、攻撃を上げながら撃てる点が強力なので『じだんだ』との選択で格闘技の馬鹿力も候補となります。 攻撃の上がったアイアントはよほどのことがない限り止まらなくなるので、ロマンに溢れていてとても強力です。 いわなだれ・ストーンエッジ かみなりのキバとは微妙に違う範囲を見ることのできる技で、特にヒートロトムに有効なのが嬉しい技です。 また、襷を処理できることからパルシェンなどにも有効です。 岩技は通りも良いので、択になりそうなシチュエーションで撃っていきやすい技としても評価しています。 であいがしら ダイマックス技のダイワームには特攻を下げる追加効果があり、特にダブルバトルでは魅力的だったりします。 また、場に出たターン限定ではありますが、アイアントの先制技であり、タイプ一致でも使えるといった点は評価できるでしょう。 非常に強力な技ではあるのですが、この技を使わなければならない局面というのは外しが許されない場面であることがほとんどです。 2割の確率で負けに直結することを意味しますので、それを許容できる方であれば採用してもいいかもしれません。 みがわり アイアントは多くのポケモンを一撃で倒せるパワーがあるので、相手が交代してきたり、ダブルでは守るで様子見してきたりすることも多いです。 そこでみがわりを持っていると、有利な択に持ち込めるので便利でしょう。 まもる ダブルのアイアントには入れておくと良いでしょう。 アイアントの対策 アイアントは攻撃範囲も火力も高いので、受けに回るのは厳しいです。 攻撃に合わせてうまく受け回せればダイマックスターンを枯らすこともできるかもしれませんが、読み合いのため安定はしないでしょう。 そこで、読みに依存しない対策をいくつか紹介します。 上から倒す アイアントは耐久力の低いポケモンなので、上から攻撃できれば倒すことは難しくありません。 臆病CS振りのドラパルトの不一致かえんほうしゃで、ダイマックスしたアイアントを一撃で倒せてしまうほどです。 そのため、アイアントより早い炎技を持ったポケモンを採用するというのは有効な対策と言えるでしょう。 気合の襷やダイマックスで無理やり受けきる アイアントの攻撃を受けきって反撃するために、気合の襷をもたせたポケモンを採用するのも良いでしょう。 また、ダイマックスを切ることで耐えることができるポケモンであればダイマックスしてしまうのも手になります。 炎の特殊技で返せればダイマックスしたアイアントでも倒すことが可能ですので、無理矢理にでも攻撃を返していくのはとても重要です。 襷持ち以外では『 カバルドン』もおすすめです。 アイアントの技では抜群がとれず、持ち前の物理耐久でダイスチルも難なく耐えることができるだけでなく、欠伸で流しつつダイサンダー無効なのでエレキフィールドを貼られることもありません。 素早さを操作する アイアントの対策が難しいのは、素早さの高さによるものです。 エルフーンやオーロンゲなどの『いたずらごころ』の特性を持つポケモンで『くろいてっきゅう』をトリック(すりかえ)して命の珠も奪ってみたり、電磁波や鬼火を覚えるポケモンであれば状態異常を狙うのも効果的です。 (そのポケモンでは倒せなくても、後続にバトンを繋ぐだけでかなり効果的です。 ) ダブルバトルの場合では、隣のサポートを利用してトリックルームを発動できれば、一気に優勢に持ち込むことも可能です。 まとめ アイアントはダイマックスすることで、広範囲の高火力で多くのポケモンを一撃で倒してしまうパワーを持っています。 対策は難しいですが、アイアントに炎技を入れていける工夫をしていきましょう。

次の