ベンツ a クラス セダン。 メルセデス・ベンツAクラス セダン上陸! 渡辺慎太郎が「どうしても乗りたかった」ワケとは【試乗記】

メルセデスベンツ「Aクラスセダン」とアウディ「A3セダン」を比較!どっちがお買い得?

ベンツ a クラス セダン

セダンのフォーマルさと、Aクラスの持つ若々しいイメージを融合させたコンパクトセダンが登場した。 特筆すべきは、せまい街中であっても持て余すことがないコンパクトなボディサイズだが、「ハイ!メルセデス」機能や、最新の安全運転支援システムを採用するなどトピックも盛りだくさんだ! コンパクトサイズでも上質なセダン 50歳代前半を迎えた同級生と近況報告なんかをしていると、クルマの話になることがある。 そこでよく聞くのが「ほんとはこんなの必要ないんだけどね」という台詞だ。 都内で暮らす彼らが欲しいのは、コンパクトなサイズだけれど見劣りしない上質なセダンだという。 でもそういうクルマがほとんどないから、やむを得ずメルセデスのCクラスやEクラス、BMWの3シリーズや5シリーズに乗っている。 いまやCや3でも全幅は1800mmを超えていて、「大きすぎる」と感じるそうだ。 どういうわけか、人は全幅が1800mmを超えると途端に左右方向のサイズを意識するようになる。 1800mm以下のセダンは輸入車だとアウディA3くらいしかなく、日本車のカムリ/レクサスIS/スカイライン/マツダ6(アテンザ)はいずれも1800mm以上の全幅で、だからといってクラウン(1800mmちょうど)に手を出すのはちょっとはばかれる、というのが彼らの本音らしい。 こんな話をしょっちゅう聞かされていたものだから、個人的にはSUVの次に注目すべき市場は全幅1800mm以下のプレミアムセダンだと勝手に思い込んでいる。 Aクラス・セダンの日本導入が発表され、価格よりも先に調べたのは全幅で、「1800」の数字を見て拳を強く握った。 ちなみにCLAも4ドアだが、アレは2+2のクーペだと理解していて、全幅は1830mmもある。 長距離でも疲れにくい良好な乗り心地 ハッチバックのAクラスとボディサイズを比較すると、ホイールベースと全幅は同じで、セダンのほうが130mm長く10mm背が高い。 全長の延長分は主にリアのオーバーハング部に充てられていて(ハッチバック=775mm、セダン=905mm)、その結果ラゲッジルームはセダンのほうが50Lも広い。 形状もほぼスクエアなので、使い勝手も悪くないだろう。 4Lの直4ターボを積むA180と2L直4ターボのA250があって、前者はFF、後者は4MATICの四駆となる。 試乗車はA250だった。 この4MATICはオンデマンドタイプなので通常は前輪のみを駆動し、状況に応じて後輪へ駆動力を配分する。 224ps/350Nmは1. 5トン台の車体を動かすには十分過ぎるパワーで、7速DCTとのマッチングもよく、低速域でも高速域でも力不足はまったく感じない。 Aクラスのリアサスペンションは4MATICだとマルチリンクになる(FFはトーションビーム)。 A250同士で比較すると、セダンはハッチバックと大きく違わない素直で安定感ある操縦性と接地感を有するものの、ボディの剛性感はセダンのほうがあり、ばね上がしっかりしている印象を受ける。 キャビンと荷室の仕切るリヤのバルクヘッドがボディ剛性の向上にひと役買っているのだろう。 乗り心地もセダンのほうがいいように感じる。 速度域を問わず、身体まで伝わる振動は同じように少なめで快適だ。 プロペラシャフトによる床下からの振動も思ったほど気にならなかった。 長距離でも疲れにくい良好な乗り心地と言える。 後席には大人ふたりが長時間のドライブでも耐えうるスペースが確保されていて、着座姿勢も無理のないものだった。 取り回しのいいボディサイズと快適な乗り心地を持つAクラスは、A180なら300万円台に収まる。 これなら同級生にも自信を持ってすすめられるだろう。 3mm[83. 6[10.

次の

【国内試乗】「メルセデス・ベンツ Aクラス・セダン」こんなセダンを待っていた!(LE VOLANT CARSMEET WEB)

ベンツ a クラス セダン

1997年に発売されたAクラスは、床下に燃料電池を搭載するためのスペースを持つサンドイッチコンセプトを採用し、二重構造となったフロアパネルがのちのち大失態を招くことになってしまいました。 メディアの行った通称「エルクテスト 高速でレーンチェンジを行うもの 」において、重心高の高さゆえに転倒してしまったのです。 このコンセプトは2004年に登場する2代目にも引き継がれ、Aクラスは不名誉なレッテルを貼られたまま3代目のフルモデルチェンジを迎えることになりました。 2012年に登場した3代目は、それまでとはまったく異なるスタイルでデビュー。 サンドイッチコンセプトと決別し、ボディサイズも欧州BセグメントからCセグメントへと移行。 車高を大幅に抑えることで、精悍な雰囲気のハッチバックモデルとして生まれ変わっています。 Cセグメントというライバルの多いグループのなかでも人気が高く、のちにSUV版のGLAクラスもラインナップされることになります。 そんなAクラスに、Aクラス初となる4ドアセダンモデルが登場すると発表されました。 2018年に飛び込んできたAクラス セダン発売のニュースを耳にして、さっそく気になったのがCLAクラスとの違いです。 ここでは両者をじっくり比較検証していきたいと思います。 ちなみにAクラス セダンとは、2018年に北京モーターショーで発表したAクラス Lセダンの標準版のこと。 ロング版のLセダンは中国国内のみでの発売ですが、標準版は全世界で販売されることが正式にアナウンスされています。 全高が16mm高くなっているのは、後席の居住性を高めた結果なのかもしれません。 は2,729mmとなっていますが、これはAクラス ハッチバック の本国発表値と同じもの。 日本での発表値では2,700mmなので、Aクラス セダンとCLAクラスのは同じ数値になると思われます。 では、次にエクステリア、インテリアを比較してみましょう。

次の

メルセデスベンツ「Aクラスセダン」とアウディ「A3セダン」を比較!どっちがお買い得?

ベンツ a クラス セダン

セダンのフォーマルさと、Aクラスの持つ若々しいイメージを融合させたコンパクトセダンが登場した。 特筆すべきは、せまい街中であっても持て余すことがないコンパクトなボディサイズだが、「ハイ!メルセデス」機能や、最新の安全運転支援システムを採用するなどトピックも盛りだくさんだ! コンパクトサイズでも上質なセダン 50歳代前半を迎えた同級生と近況報告なんかをしていると、クルマの話になることがある。 そこでよく聞くのが「ほんとはこんなの必要ないんだけどね」という台詞だ。 都内で暮らす彼らが欲しいのは、コンパクトなサイズだけれど見劣りしない上質なセダンだという。 でもそういうクルマがほとんどないから、やむを得ずメルセデスのCクラスやEクラス、BMWの3シリーズや5シリーズに乗っている。 いまやCや3でも全幅は1800mmを超えていて、「大きすぎる」と感じるそうだ。 どういうわけか、人は全幅が1800mmを超えると途端に左右方向のサイズを意識するようになる。 1800mm以下のセダンは輸入車だとアウディA3くらいしかなく、日本車のカムリ/レクサスIS/スカイライン/マツダ6(アテンザ)はいずれも1800mm以上の全幅で、だからといってクラウン(1800mmちょうど)に手を出すのはちょっとはばかれる、というのが彼らの本音らしい。 こんな話をしょっちゅう聞かされていたものだから、個人的にはSUVの次に注目すべき市場は全幅1800mm以下のプレミアムセダンだと勝手に思い込んでいる。 Aクラス・セダンの日本導入が発表され、価格よりも先に調べたのは全幅で、「1800」の数字を見て拳を強く握った。 ちなみにCLAも4ドアだが、アレは2+2のクーペだと理解していて、全幅は1830mmもある。 長距離でも疲れにくい良好な乗り心地 ハッチバックのAクラスとボディサイズを比較すると、ホイールベースと全幅は同じで、セダンのほうが130mm長く10mm背が高い。 全長の延長分は主にリアのオーバーハング部に充てられていて(ハッチバック=775mm、セダン=905mm)、その結果ラゲッジルームはセダンのほうが50Lも広い。 形状もほぼスクエアなので、使い勝手も悪くないだろう。 4Lの直4ターボを積むA180と2L直4ターボのA250があって、前者はFF、後者は4MATICの四駆となる。 試乗車はA250だった。 この4MATICはオンデマンドタイプなので通常は前輪のみを駆動し、状況に応じて後輪へ駆動力を配分する。 224ps/350Nmは1. 5トン台の車体を動かすには十分過ぎるパワーで、7速DCTとのマッチングもよく、低速域でも高速域でも力不足はまったく感じない。 Aクラスのリアサスペンションは4MATICだとマルチリンクになる(FFはトーションビーム)。 A250同士で比較すると、セダンはハッチバックと大きく違わない素直で安定感ある操縦性と接地感を有するものの、ボディの剛性感はセダンのほうがあり、ばね上がしっかりしている印象を受ける。 キャビンと荷室の仕切るリヤのバルクヘッドがボディ剛性の向上にひと役買っているのだろう。 乗り心地もセダンのほうがいいように感じる。 速度域を問わず、身体まで伝わる振動は同じように少なめで快適だ。 プロペラシャフトによる床下からの振動も思ったほど気にならなかった。 長距離でも疲れにくい良好な乗り心地と言える。 後席には大人ふたりが長時間のドライブでも耐えうるスペースが確保されていて、着座姿勢も無理のないものだった。 取り回しのいいボディサイズと快適な乗り心地を持つAクラスは、A180なら300万円台に収まる。 これなら同級生にも自信を持ってすすめられるだろう。 3mm[83. 6[10.

次の