時事 ネタ 2019。 クイズで覚える時事問題(2019年版)

朝礼ネタ・一言テンプレート

時事 ネタ 2019

【朝礼ネタ】クリスマスの経済効果は?今年の人気プレゼントは?サンタって何者? 今回の朝礼ネタ・会話ネタは「クリスマス」。 毎年12月になると、街はクリスマスムード一色に染まります。 近年では、ハロウィンが急速に盛り上がりを見せ、バレンタインに匹敵するほどの経済効果をもたらすイベントになりましたが、それでもクリスマスに比べればその差は歴然、改めてクリスマスの凄さが際立ちます。 クリスマスの経済効果・市場規模は約7000億円(2000年代初頭までは1兆円超)。 対するバレンタイン・ハロウィンはそれぞれ1300億円前後で拮抗しています。 7000億円といえば、2020年東京オリンピックの当初予算とほぼ同額(実際は3兆円かかると騒がれていますね)。 日本全国で街中がクリスマスに染まるわけです。 今回の朝礼ネタは「世界遺産」。 2019年7月現在、日本は7年連続で世界遺産登録を果たしています。 2013年『富士山』 2014年『富岡製糸場』 2015年『軍艦島をはじめとした「明治日本の産業革命遺産 製鉄・鉄鋼、造船、石炭産業」』 2016年『上野の国立西洋美術館を含む「ル・コルビュジエの建築作品」』 2017年『「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群』 2018年『長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産』 2019年『百舌鳥・古市古墳群』 さて、世界遺産登録に沸く日本ですが…• 日本国内には、今、いくつの世界遺産がある?• 全世界の世界遺産総数は?第1位の国は?日本の順位は?• よく耳にする「無形文化遺産」。 「世界遺産」との違いは?• 観光客に人気の世界遺産といえばどこ?(世界編・日本編) など、世界遺産にまつわる、今さら聞けない、でもちょっと興味がある、そんな雑学を簡単にまとめました。 【朝礼ネタ】ハロウィン(Halloween)ってそもそも何? トリック・オア・トリートの正しい意味は? 日本での火付け役は? 今回の朝礼ネタは「ハロウィン」。 近年、急速な盛り上がりを見せる、日本のハロウィン。 例えば…• ハロウィンの由来・語源、日本での盛り上がりはいつから?• ハロウィンの経済効果・市場規模は?• 本来のハロウィンと日本のハロウィンの違い• なぜカボチャ? あいつの名前は?• Trick or Treat(トリック・オア・トリート)って何? 言われた時の返事は? など、あまりの盛り上がりぶりに、今さら聞くに聞けない。 そんな時の備忘録として、こっそりご確認いただければと思います。

次の

朝礼ネタ・一言テンプレート

時事 ネタ 2019

時事用語「政治・経済・生活など文系」• 保護政策…アメリカのトランプ大統領が誕生し、自国優先主義の台頭が目立ちます。 反グローバリゼーションともいわれます。 「TPPの廃止」や「保護貿易の強化」「イスラム教徒の入国禁止」が主な例。 集団的自衛権…同盟国などが攻撃されたとき、自国への攻撃と見なし、反撃できる権利。 日本も現在認めている。 ヘイトスピーチ…人種、出身国、民族、宗教、性的指向、性別、障害など自分から主体的に変えることが困難な事柄に基づいて個人または集団を攻撃、脅迫、侮辱する発言や言動のこと• ポスト・トゥルース…「post-truth」は、直訳すれば、「脱真実(的)」となるところですが、実際は、「『客観的事実』が重要視されない時代とその雰囲気」を指す言葉。 ポピュリズム…ポピュリズムとは、政治指導者が一般大衆の一面的な欲望や不安、恐れなどに迎合し,大衆を操作することによって権力を維持する政治手法です。 全体主義…全体主義とは、個人の権利や利益、社会集団の自律性や自由な活動を認めず、すべてのものを国家の統制下に置こうとする主義• ダイバーシティ…「ダイバーシティ」とは日本語に翻訳すると「多様性」。 たくさんのありさま、ということだ。 地球環境で言えば、生物の多様性であり、植物多様性である。 様々な「種」の生き物が共存している事をさす。 マイナンバー制度…マイナンバー 個人番号 とは、国民一人ひとりが持つ12桁の番号のこと。 「行政の効率化」、「国民の利便性の向上」、「公平・公正な社会の実現」というメリットがある。 金融緩和…日本銀行(中央銀行)が不況時に景気底上げのために行う金融政策の1つ。 日本銀行(中央銀行)が不況時に景気底上げのために行う金融政策の1つです。 マドルスルー…「手探り状態で、物事を進めていく」という手法を指します。 正しい方向に正しく努力した結果、目的を達成した状態をもたらすことを指すブレークスルー(break through)と反対語です。 人口オーナス…オーナスとは、もともと負債や重荷という意味があります。 それから派生して人口オーナスは、人口構成の変化が経済にとってマイナスに作用する状態• パーク&ライド方式…パークアンドライドとは、自宅から最寄りの駅や停留所、目的地の手前まで自動車で行って駐車し、そこから公共交通機関を利用して目的地まで移動する方法• クラウドソーシング…不特定多数の人の寄与を募り、必要とするサービス、アイデア、またはコンテンツを取得するプロセスです。 ブロックチェーン…「ブロックチェーン」は、インターネット上でやり取りされる仮想通貨「ビットコイン」の根幹をなす技術です。 フィンテック…「finance(ファイナンス)」と「technology(テクノロジー)」を掛け合わせた造語であり、ファイナンス・テクノロジーの略。 フィンテックとして一番有名なのがモバイル決済です。 パラサイト…「学卒後もなお親と同居し、基礎的生活条件を親に依存している未婚者を言う」と定義。 「寄生」という意味です。 優生保護法…不妊手術と人工妊娠中絶を行う条件と、避妊具の販売・指導についてを定めたのが優生保護法 文系学部で考えられるテーマや面接での質問• 18歳選挙権• 1億総活躍社会• 仮想通貨、暗号通貨• 憲法改正• 核開発と日本の防衛• 労働問題(過労死や働き方)• 天皇の生前譲位• 原発の再稼働問題• マイナス金利政策• インバウンド需要・観光立国• スポーツと国家(ビジネス)• 国際テロ• 難民問題• 地方創生• 日本語の特色• グローバリゼーションと日本文化• アクティブラーニングや入試制度改革• 教育の目的と望ましい授業方法• 教育格差• 待機児童• 教師の役割• 理想の学校(公立高校の民営化)• 英語(外国語)教育やプログラミング教育• 食糧自給率• 情報技術、バーチャルリアリティ(VR)• 若者を取り巻く環境(新しい文化、コミュニケーション)• 非正規雇用• 空き家問題 時事用語「医療・看護・テクノロジ-」など理系」• ムーアの法則…インテル創業者の一人であるゴードン・ムーアが、1965年に自らの論文上で唱えた「半導体の集積率は18か月で2倍になる」という半導体業界の経験• インフォームドコンセント…医師から説明を受ける権利。 チーム医療…医療環境のモデルのひとつで、医療従事者が互いに対等に連携して治療やケアに当たることで患者中心の医療を実現しようという考え方• 生命倫理の4原則…自律尊重、無危害、仁恵、正義• 再生医療…事故や病気によって失われた身体の細胞、組織、器官の再生や機能の回復を目的とした医療のこと• QOL(Quality of Life)…患者が医療処置を受けた後に送る生活の質のこと。 特に人間らしい充実した生活のレベルという面での患者の幸福感や満足度のこと• デザイナーベビー…受精卵の段階で遺伝子操作を行なうことによって、親が望む外見や能力を持たせようとした子どものこと。 iPS細胞(人工多能性幹細胞)…体細胞に特定の4つの遺伝子を導入することで作られる、各組織・器官に分化する能力を持つ万能細胞のこと• ドラッグ・ラグ…海外で開発・承認されている薬剤やその使用方法が、日本で開発・承認されていないこと。 アドボカシー…本来「擁護」や「支持」「唱道」などの意味を持つ言葉で、日本では近年、「政策提言」や「権利擁護」などの意味で用いられ、医療・看護の領域では、看護師などが「患者が自身の権利を守るための自己決定をできるように支援すること」を指します。 ソーシャルワーカー…主に病院において『疾病を有する患者等が、地域や家庭において自立した生活を送ることができるよう、社会福祉の立場から、患者や家族の抱える心理的・社会的な問題の解決・調整などを行う人たち専門職の総称。 ゲノム…ゲノムとは、遺伝子(gene)と染色体(chromosome)から合成された言葉で、DNAのすべての遺伝情報のことです• スパゲッティ症候群…スパゲッティ症候群は、患者が延命措置のための数多くのチューブ・カテーテル・医療機器などにつながれた状態をさす。 リヴィングウィル…自分が終末期状態になったときは、延命処置を控え、寿命にしたがって自然に死を迎えられるよう、医師に意思表示した書面。 日本は、普段から、家族に口頭で伝えていても認められる。 環境ホルモン…生物の体内のホルをモン作用を乱すことで悪影響を及ぼしているおそれのある化学物質。 水・待機・土壌・植物・日用品など様々な環境中に存在する。 理系学部で考えられるテーマや面接での質問• 災害(巨大地震、津波等)• 原子力発電、再生可能エネルギー、地球温暖化、低炭素社会• 青色LED• ノーベル賞• 地球温暖化、低炭素社会• 食糧生産、自給率、TPP問題• 農業の近代化• 自然エネルギー• バイオエタノール• 食糧自給率• 遺伝子組み換え作物• 告知、インフォームドコンセント• 医学と倫理• 地域医療• 臓器移植• iPS細胞・再生医療• 感染症(エボラウイルス病など)• 肥満・喫煙• 人の心に関する問題• 尊厳死、安楽死• 終末期医療• 高齢者介護• 生物多様性 学部を問わず知っておきたい用語• …2045年には人工知能の知的能力が人間を超える技術的特異点(シンギュラリティー)を迎えるとされています。 IoT…モノインターネットで、あらゆるものがインターネットにつながるということ。 エビデンス…ある治療法がある病気・怪我・症状に対して、効果があることを示す証拠や検証結果・臨床結果。 現在では、経済学でも因果関係を示す数値として重要視。 相対的貧困…ある国・地域の中で平均的な生活レベル(収入)よりも著しく低い状況。 ユビキタス…(コンピュータ ネットワークなど情報通信技術を利用して)いつでもどこでも簡単に、知りたい情報が得られるさま.

次の

【2019年】1月〜12月に話題になったニュースまとめ

時事 ネタ 2019

もうすぐ忘年会シーズンですね。 毎年のこととはいえ、憂うつに感じる方もいるかもしれません。 忙しくなる年末に、余興の練習や打ち合わせなどしなければならないし、ひょっとすると、したことのないことをさせられるなど、苦痛に感じる方も多いですよね? じつは私も、基本的に出たくない方でした。 理由は簡単、『めんどくさい』から。 しかしある時、どうしても…、とお願いされて仕方なしにやることに。 イヤイヤなので、当然やる気にもならないのですが、『優勝すると、10万円!!』といわれ、現金なものでその一言でヤル気になりました!! そこで、忘年会の余興に必要なポイントをご紹介します! 少しでも楽しんでもらえたらいいな、と思います。 忘年会の出し物ダンス 時事ネタを選ぶ時のポイントは? 忘年会の余興で、一番の悩みどころは、『何をするのか?』ではないでしょうか? 毎年のこととはいえ、だんだんとネタが尽きてくるもので、ネタがなくなってくると、考えるのも憂うつになってきてしまいます。 そんな時に役に立つかもしれないのが、TVでやっているお笑いのネタではないでしょうか? リズムネタだと楽しみながらできるし、その時に流行っているネタなので、知っている人も多くインパクトも効果も絶大です! しかも、簡単な動きの繰り返しのものも多いので、時間があまりとれない人でも大丈夫です。 時事ネタを選ぶ時のポイントは2つ。 1つ目は、だれでも知っていて簡単に覚えられそうなネタを選ぶ 2つ目は、ネタがかぶっても大丈夫なようにアドリブを入れること だと思います。 時事ネタは選ぶ人も多くなり、争奪戦になってしまうこともありますね? そんな時、あきらめてしまうのはもったいないですし、当日まで何をするのか内緒にしておくこともあるので、始まってびっくり!!なんていうこともあるかもしれません。 でも、2つ目のアドリブを入れることができれば、ネタがかぶっても安心です。 ネタが被ることを想定して、アドリブや小道具など事前に準備しておくのもいいかもしれません。 忘年会の余興は企画力とアドリブ!過去最高だったダンスの話 過去に何回か参加した忘年会の中でも秀逸だった余興のお話をしたいと思います。 ある時、会社の事務員さんから、忘年会の余興に参加してほしい、とお願いされました。 理由は、『司会をしてほしい』からです。 忘年会の余興で司会???必要なのかな?と半信半疑でしたが、内容を聞いて納得しました。 必要だったのです、司会者。 ダンスの余興でしたが、年齢が50歳より上の女性と男性がそれぞれでダンスを披露するというものでした。 男性は、一世風靡セピアの『前略、道の上より』女性は、おニャン子クラブの『セーラー服を脱がさないで』だったのです。 聞いただけでも、かなりのインパクトがありますよね。 しかも衣装は男性が学ラン、女性は全員セーラー服。 それだけでも十分すぎるのに、メンバー紹介は実年齢-50の会員番号も付けて。 そのための司会だったわけです。 企画勝ちのところもありますが、実際には、酔っ払っていたナンバー2の女性が、うっかりステージから落ちてしまったことを、ネタにつなげられたことだったと、今でも思っています。 アクシデントもアドリブで乗りきることが、余興を楽しく行う方法ではないかな?と思っています。 忘年会の余興 やりすぎ失敗談のお話 わたしが参加した忘年会で、インパクト狙いで失敗しちゃった余興についてお話しします。 これには私は参加していなかったので、もっぱら見学というか観客でしたが、やばいくらいのインパクトがあって、今でも鮮明に覚えています。 その内容は、男性社員数名での即席ダンス?みたいなものでした。 『なぁんだ。 周りのおばさま方は、キャーキャー言いながらおひねり投げたりして騒いでいましたが、私も含めて若手はドン引きです。 いくら盛り上がったとしても、そこまでしてしまうと失敗というか、黒歴史となってしまうので、ご注意を…。 忘年会の出し物ダンス まとめ 忘年会は、職場や友人など、いろいろな場面で行われている年末の定番行事です。 職場の同僚と行う忘年会の余興は、コミュニケーションの形成にもつながるのでとっても大切です。 ちょっとしたことも、『今だけ…』とアホになって、割り切って全力で楽しみましょう! そうすれば、今までとは違った同僚の意外な一面がみられるかもしれませんよ。

次の