外壁塗装 ご近所挨拶。 隣家が外壁塗装工事を今朝から始めました

ご近所への挨拶はする?しない?外壁塗装のご近所マナーを解説 │ 外壁塗装パートナーズ

外壁塗装 ご近所挨拶

外壁塗装前のご近所挨拶は必須! ある日突然、お隣のおうちがブルーシートに覆われ、ブンブンとモーター音が聞こえてきたり、気になる臭いが漂ってきたら、「なにごとか?」と思うのではないでしょうか? それは、お隣に何があったの?という心配だったり、自宅への影響に対する心配だったり。 「外壁塗装を行います」と、一言挨拶があれば何ごともなく済んだものが、不安やわだかまりを呼び起こしてしまうのです。 これでは工事が何ごともなく終わっても、わだかまりは残ったままということになり、その後のおつきあいに支障をきたして当然です。 外壁塗装は、近所に住む人の目で見れば大がかりなリフォームです。 些細なものでも トラブルを避けるために、事前に挨拶回りを必ず行いましょう。 挨拶回りは基本は外壁塗装業者にまかせてOK! 外壁塗装前に近所に挨拶回りをするといっても、近所づきあいの深い人浅い人がいたり、得手不得手があったりします。 また、工事内容の説明や疑問への答えなどをうまく話せるか心配されている方も少なくないでしょう。 でも、大丈夫です。 事前の挨拶回りは塗装業者が行ってくれます。 業者はプロですから、工事の工程はもちろん、近隣の方が不安に思ったことにも的確に答えてもくれます。 これなら近隣の方も安心して工事を迎えられますね。 逆に言えば、事前の挨拶回りを行わない業者は、信頼できないということに……。 見積もりをお願いした際に、事前のご近所挨拶についても確認するのがおすすめです。 ご近所挨拶のタイミングは1週間前までに 挨拶回りのタイミングも気になるところですが、これも業者にまかせて大丈夫です。 目安としては 1週間前までには済ませるようにスケジュールを立ててくれるはずです。 留守がちのお宅へは、 どこの家でいつからいつまでの 期間、工事を行う 時間帯や 休日の工事の有無、何かあった際の 連絡先といった必要事項と挨拶文を記入したお知らせを届けてくれます。 業者にまかせたほうが要領の良い挨拶文でお知らせができるのです。 気になるクレーマー的存在への挨拶は一緒に せっかくの機会だから自分でご近所への挨拶回りに行きたいと考える方も多いと思います。 そういう方は、業者と一緒に回るのがおすすめです。 必要な内容をスムーズに話をしてくれますし、別々に行って相手に二度手間をとらせる心配もありません。 また、 クレーマーとまではいかなくても問題を抱える方が近所にいる場合は、施主として業者と一緒に挨拶する方が良いでしょう。 クレーマーに対しては、後々クレームの対象にされないように、事前に手を打ったり、理論的な話をしておいたりすることも大切だからです。 また、施主が顔を出すことでクレームをつけづらくもなるという狙いもあります。 まずはこちらから誠意を見せておきましょう。 挨拶の粗品も業者におまかせでOK ご近所への挨拶回りに欠かせない粗品の用意も業者にまかせて大丈夫です。 大概の場合、業者の社名が入ったタオルなどに外のし紙を付けたものを用意してくれます。 挨拶回りの品は、あまりに高額だと、相手にとって負担になります。 まわりまわって、次はお隣が外壁塗装を行う場合に、気を使わせることになるからお互いさまという面もあるからです。 お互いの負担にならずに気持ちを伝えるには、 生活のなかで使う消耗品がぴったりです。 のし紙は決まりなし。 外にかけて気持ちを伝えて 粗品に巻くのし紙も気になりますが、厳密な決まりはありません。 実際に多いのは、「ご挨拶」と書かれた外のし紙をかけたものです。 のし紙は、内のし紙、外のし紙とありますが、粗品のタオルなどは、厳重に包装されることもないので、のし紙を上からかけ、気持ちを伝えるというパターンがもっとも多いようです。 のしについては、ご自分の気持ちに合わせてかけるかけないを選ぶのもいいかもしれません。 どうしても自分で用意したい場合は ご近所への挨拶の粗品は自分で選びたいという場合もあるかと思います。 その際は、500円を目安に生活のなかで使いやすい消耗品を選ぶのがおすすめです。 タオルはありきたりという方は、石鹸や洗剤などはいかがでしょうか。 好みや体質に沿わない不安があれば、ゴミ袋やジップロック、アルミホイル、ラップなどはいくらあっても困らないと喜ばれます。 自分で選べば、のしをどうするかも自分で決められるので、より自分の気持ちを伝えやすいかもしれません。 挨拶するのは「向こう」と「裏」の三軒「両隣」 ご近所への挨拶回りは、どの範囲で行えばいいのかも気になるところです。 これは、我が家を囲む家が範囲となります。 つまり、向こうと裏の三軒、両隣です。 向こう三軒が道路を挟んでいる場合でも挨拶が必要?と思われるかもしれませんが、車の出入りが激しくなったり、施工していれば騒がしくなったりします。 トラブルを事前に防ぐために挨拶が必要な範囲となります。 外壁塗装業者が挨拶で伝える内容 外壁塗装業者は、ご近所への挨拶回りでどのような内容や挨拶分を伝えているのでしょうか? 工事に関する基本事項を網羅 ご近所の方にとって必要なことは、不都合を感じた際に相談する窓口です。 また、工程によって協力が必要なもの、配慮が必要なものがあれば、どのように対応すればよいかを知ることです。 外壁塗装業者は、挨拶の際、必要事項が横領よく明記された挨拶分をA4程度の紙1~2枚にまとめ、粗品を持って訪ねていきます。 お知らせに記載される内容• 外壁工事を行う家• 工事の期間• 工事を行う時間帯• 土日の工事の有無• 隣接する家が対応しなければならない工程とその実施日• 予備日• 施工会社とその担当者、連絡先 隣接するお宅との距離によっては、高圧洗浄の際に洗濯ものは干さないようにしていただいたり、窓を閉めていただいたりした方が良い場合などもあります。 そうした工程の際の日々の注意も、最初に挨拶してあればスムーズにお願いできるはずです。 たかが外壁塗装でも挨拶が必要な理由を事例で紹介! 外壁塗装くらいなら挨拶回りは不要なのでは?と思う方もいるかもしれません。 しかし、外壁塗装はご近所トラブルが起こりやすい工事でもあります。 また、 何をどう迷惑と感じるかは人によっても違います。 ここでは実際にトラブルになりやすい具体例を確認しておきましょう。 足場設置の大きい音が騒音に 外壁塗装の欠かせない工程の1つに足場の設置があります。 足場は、2m以上の高所で作業をする場合、義務付けられている安全対策です。 2階建て、3階建てが当たり前の現在、足場の設置はどのお宅も欠かせません。 足場の種類は様々ありますが、どれも金属の支柱をハンマーでがっちり組み立てるため、 足場を組むだけでも大きな音が出ます。 組み立て作業は半日ほどですが、近隣に響く音は騒音と言われても仕方がない大きさです。 また、組んだ足場を歩く音は、工事が終わるまで毎日続きます。 足場を組むときほどの大きな音ではありませんが、神経質な人は気になるかもしれません。 こうした 大きな音が挨拶なしで聞こえてきたら、ちょっと気分が悪いのではないでしょうか。 赤ちゃんなど小さいお子さんがいる家では、困るかもしれません。 事前に知っていれば、数時間の我慢だからと納得できるかもしれませんし、音が響く時間帯は出かけるなどして対応できるかもしれません。 昼間とは言え、大きな音はご近所トラブルの大きな原因の1つなのです。 洗浄時に汚れた水が洗濯ものに! 汚れた外壁は、高圧洗浄機で水洗いします。 外壁に向けて圧力をかけて水を噴射することで汚れを落とします。 水の圧力だけで汚れが面白いほど落ちるということは、その圧力はものすごく高いということです。 劣化した外壁では耐えられないこともあります。 人が触れれば、当然けがは避けられません。 水撥ね はね にも勢いがあります。 高圧洗浄前にはシートで家全体を覆って、撥ねた水が敷地から出ないようにしますが、水ですから万が一の場合もあります。 カバーしきれなかった水が飛んで隣家の洗濯物が汚れてしまったというトラブルもあります。 本来であれば、ご近所挨拶の際にこの日は 外に洗濯物を干さないようにお願いし、さらに当日も念を押すくらいしたほうが良い内容です。 事前に挨拶しておけば、こうした話もお願いしやすいはずです。 万が一に備えるためにもご近所挨拶が必要なのです。 建物、車、カーポート等に塗料が飛散 実際に塗料を外壁に塗る作業が始まるとき、家は高圧洗浄の日と同様にシートで家全体を覆います。 また、植栽や車、車庫などは養生シートで覆います。 お隣との距離が狭い場合、ご近所挨拶のあとにお隣の敷地内にも養生をすることがあります。 なぜなら塗料は、付着してしまうと取れなくなってしまうからです。 お隣の財産である 建物や車に塗料をつけてしまうわけにはいきません。 こうなるとお隣の敷地に業者が入ることになり、お隣にとっても多少の負担がかかります。 ご近所挨拶をしておくことで、話しのしやすさも整います。 体調不良を招くこともある塗料の臭いは事前対策で防ぐ 最近は、溶剤塗料でも環境や働く人への配慮が進んで、あまり有毒物質は発生しないように抑えられています。 しかし、塗料を塗り始めると、その臭いを閉じ込めておくことはできません。 敏感な人は、わずかな臭いでも気になる場合があります。 また、人によっては、体調不良を招くこともありますので、小さいお子さんやお年寄りなど抵抗力が低い人たちは避けたほうが良い場合もあります。 これも事前の挨拶でお知らせしておけば、 その日に外出の予定を入れてもらえたり、窓を閉めておいていただけたり、 対応策をとってもらうことが可能になります。 何ごとも我が家だけの問題では済まないのが外壁塗装なのです。 DIYのときこそ挨拶は必須 外壁塗装は、DIYで行うこともあるリフォームです。 DIYのときこそ、近所への挨拶は忘れないようにしましょう。 DIY程度の小規模なら、と思ってしまうかもしれませんが、慣れない作業はさまざまなアクシデントが予測されます。 高圧洗浄機は使わなくても、ブラシで外壁をこすれば水が飛ぶかもしれませんし、養生に不手際があれば塗料がお隣の壁に飛んでしまうかもしれません。 そんなアクシデントを避けるために近所のお宅に協力してもらうことがあるかもしれません。 また、事前に挨拶することで、なにかアクシデントが発生した場合にスムーズに対応策がとれます。 DIYだからと過少に考えるのは、後々のご近所づきあいにも影響が出る場合があるので注意しましょう。 挨拶の粗品を持って出かけよう DIYで外壁塗装を行う際の近所への挨拶の場合も粗品を持って行くのは当然です。 粗品は、上記でもご紹介した生活消耗品がおすすめです。 また、DIYで行う場合は、お菓子なども粗品の候補に加えても良いかもしれません。 なぜなら、DIYで行う場合は工事期間も長くなり、近所の方に心理的な負担がかかる可能性があるからです。 DIYで外壁塗装の費用が節約できたとしても、近所の方との信頼関係が崩れてしまうようでは本末転倒ということにもなりかねません。 DIYだからと安心せずに、近所への挨拶はきちんと行うようにしましょう。 外壁塗装前の近所への挨拶まとめ 外壁塗装は、1週間から2週間の間、ブルーシートで我が家を覆う、外から見たらちょっと大ごとのリフォーム工事です。 近所の人たちも気になるはずです。 しかも、隣接するおうちには、ちょっと負担がかかる場合もあります。 ですから、事前に挨拶回りをしておくことが、おすすめです。 挨拶回りに良いタイミングや適切な粗品など、事前の挨拶回りに欠かせない項目についてご紹介しました。 終の棲家でもある我が家、ご近所とも末永く仲良くやっていくためにも、親しき中にも礼儀ありを実践していきましょう。

次の

外壁の塗り替え工事のときお隣さんに挨拶しますか?

外壁塗装 ご近所挨拶

もくじ• 外壁塗装の近所挨拶は工事の1週間前に済ませよう 外壁塗装の工事が始まる1週間前には挨拶に回るようにしましょう。 依頼している業者も近所のへ向けてあいさつをおこなってくれるのですが、自分でも挨拶に回りましょう。 外壁塗装工事では、足場の組み立てや解体、洗浄などの際にどうしても響く音が出てしまいます。 近所の方の理解いただくために、良好な関係を続けていくためにも自ら挨拶はすませたいものです。 また音だけでなく、工事車両や塗料のにニオイも気になってしまいますので何かと近所の方々に迷惑をかけてしまうことになります。 挨拶を事前に済ませていれば、ニオイや音に関して苦情はないはずです。 挨拶で伝えるべきこと 挨拶ではなにを伝えるべきか紹介します。 工事期間 いつからいつまで• 工事時間の目安 開始時間と終了時間• 休日に工事はおこなうかどうか• 近所の家にも養生するかもしれない旨 以上が必ず伝えておくべきことです。 最後に書いてある養生は、家や車が汚れないようにカバーをかけることをいいます。 これは、近所の家と距離が近い場合におこなう必要があります。 また、近所のかたも工事で自分の家が汚れてしまわないか不安に感じているかもしれないので、先に伝えておいた方が、あとあとトラブルにならなくて済みますよ! 自分で挨拶に行く場合 業者の方が挨拶に回ってくれる前に近所への挨拶を済ませるようにしましょう。 伝えるべきことは先に紹介しましたが、「なにか粗品とか持って行くべき」と思う方もいますよね。 結論からいうと、 持って行った方が良いです!なにかお菓子でもっもっていっていた方が、ほんの些細な不満は飲み込んでくれるようになるはずです。 なにかトラブルがあったときのために菓子折りは用意しておいた方が吉ですよ。 近所の方々と本当に仲の良い場合は必要ないかもしれません。 「そんなのお互いさま」といってもらえるのであれば粗品を持っていく必要はないですね。 しかし、「親しき中にも礼儀あり」ということわざもありますから、仲のいい場合は自身の判断に任せます。 お菓子ならもっていってもいいのではないでしょうかと思いますが。 これくらいが、相手に気を使わせなくていい値段ですよ。 高価なものはお互いの負担になってしまいますからね。 「お返しした方が良いかな?」と思わせないようなものにしましょう。 ものはタオル、石鹸やお菓子が一般的ですよね。 こちらの誠意が伝われば十分ですので、そんなに気を遣う必要はないと思います。 もし近所の方の好みがわかるのであれば、それに合わせたものをあげると喜ばれますよ!また、地域指定のゴミ袋が現在は喜ばれるみたいですよ。 参考にしてください! 業者も挨拶に行ってくれる 業者の方も挨拶に行きますので、より事前準備は万全であるといえます。 業者の方も粗品をもって近所の挨拶に回ってくれます。 業者からはより詳しい説明があるので、自分であいさつに行く際はそんなに詳しいことまで伝える必要はないですよ。 自分であいさつに行く際は、後で業者の方からも挨拶があることを伝えておくとより親切ですよ。 挨拶範囲は向こう3軒両隣+裏の3軒 挨拶範囲は、自分の家を囲むすべての家に行くようにしましょう。 イメージとしては、両隣の2軒、向かいの3軒、裏の3軒です。 以上のように、最低8件は挨拶に回りたいです。 隣接する近所ですから、迷惑をかけてしまうことを想定してこの範囲の挨拶は怠らないようにしましょう。 この範囲以外でも、騒音や、ニオイが気になりそうだと感じる場合は、この範囲外でも挨拶に行きましょう。 挨拶をするに越したことはないですよ! 挨拶は近所トラブル防止になる! もしお隣の家が何の説明も挨拶もなく外壁塗装工事を始めたら、あなたはどう思うでしょうか? ある日から突然あなたの家の前に大きなトラックが停車していたし、大きな音や、ニオイがしたらあまり気分がよくないですよね。 こういうことが原因で、外壁塗装工事では近所とのトラブルになってしまい、関係が悪くなってしまう結果になることが多いです。 簡単な説明と挨拶に少しあなたの時間を使うだけで、近所とのトラブルを防止することができるので外壁塗装工事の近所への周知は省略したくないですね。 大きなお金を払って家をきれいにするので、気持ちよく工事が終わるようにしたいです。

次の

外壁塗装工事前のご近所挨拶は徹底しよう!

外壁塗装 ご近所挨拶

家を維持するためには、メンテナンスが必要です。 そして外壁も痛みが見えたら外壁塗装をして防水塗装をすることによって、家の劣化を遅らせることになるのです。 外壁塗装をすることになったら、いろいろとやらなければならないことがあります。 それは家の庭や工事の方がはいってくる場所の整理です。 少しでも作業効率を上げるためには、邪魔になるものがない状態にすることが必要なのです。 そしてご近所のかたに挨拶をしたほうがいいのです。 日々暮らしていて、ご近所とのお付き合いも大事です。 まして、外壁塗装は日数がかかりますし、作業にともなってご近所のかたに不便を与える可能性があるからです。 たとえば、足場の組み立てのときは、車両が道路を塞いでしまう可能性もありますし、足場を組む金属の音が気になるかたもいるでしょう。 また、塗装の前の家の洗浄のときは高圧の洗浄機器で洗うのでご近所の、洗濯ものが濡れる可能性があるのです。 さらに工期も1カ月くらいかかる可能性があるので、それを含めてご挨拶したほうがいいのです。 ご挨拶は、工事の現場監督と一緒に、タオルやお菓子などをもって、ご挨拶をしたほうがいいでしょう。 きちんと迷惑をおかけしますと、お話して品物を渡すことによって、その後のトラブルを軽減させることができるのです。 外壁塗装は工事が大変ということもありますが、ご近所とのトラブルもなく終わらせるということにも配慮が必要になってくるのです。

次の