蒼井 優 高橋 一生。 蒼井優と高橋一生が夫婦役、東出昌大ら出演 8Kドラマ『スパイの妻』6月放送 /2020年5月21日 1ページ目

高橋一生、8Kドラマ『スパイの妻』で蒼井優の夫役に 「終わって欲しくない程充実した時間」|Real Sound|リアルサウンド 映画部

蒼井 優 高橋 一生

ドラマ『スパイの妻』が6月6日にNHK BS8Kで放送されることがわかった。 黒沢清監督が8Kスーパーハイビジョン撮影で制作した『スパイの妻』は、1940年代の兵庫・神戸を舞台に、戦争に翻弄されながらも自身の信念と愛を貫き通そうとする女性の姿を描いたサスペンス。 満州へ赴いていた夫・優作との再会を待ちわびていた福原聡子は、彼が持ち帰った重大な秘密を目にしてしまい、やがて驚きに行動に出るというあらすじだ。 神戸の貿易商・福原優作の妻・聡子役を蒼井優、福原優作役を高橋一生が演じる。 また、坂東龍汰、恒松祐里、みのすけ、玄理、東出昌大、笹野高史が出演することがあわせて発表。 東出昌大は優作が満州から連れ帰った女性の死を聡子に告げる神戸憲兵分隊の隊長・津森泰治役、坂東龍汰は優作の甥で、彼と供に満州に渡る竹下文雄役を演じる。 このほか、恒松祐里は駒子役、みのすけは金村役、玄理は草壁弘子役、笹野高史は野崎医師役にキャスティング。 蒼井優のコメント この時代の女性を演じるのは今回が初めてだったのですが、思い描いたところに自分が行けているのか、どこか感覚が凝り固まっているのではないか、と常に自分を疑いながらの撮影でした。 また、黒沢監督は、立ち位置と動きを決めてくださって、そこからどうするかは、演じる側の俳優に委ねられるため、終始「正解は何だろう?」と思いながら演じていました。 正解を当てに行くというよりは、不正解を知っていくことで役を形作っていくことができたように思います。 高橋一生のコメント 黒沢監督作品に初めての参加でしたが、監督の世界観は非常に明確でしたので、動きの指示や細かな機微において、提示されたものの中でどれだけの事が出来るか、楽しみながら取り組むことができました。 特に、この時代の人間を演じるならではの、現代的な口調ではない台詞群を、どう解釈して出力するかという作業は、個人的にも面白い体験でした。 また、撮影終盤には、大掛かりでクラシックなオープンセットを前に、百人以上のエキストラの皆さんが行き交う中で、1カットの非常に長いお芝居をやらせていただきましたが、各部署のスタッフの方々が動いていることを感じてここに参加させていただいていることの感謝と興奮がありました。 そして、蒼井さんはお芝居で会話が出来る方なので、とても安心して刺激的な経験が出来たと思っています。 土橋圭介(NHKエンタープライズ)のコメント 映画監督の黒沢清さんを迎えての8K制作のドラマ。 この一大プロジェクトを裏方で支えたのは、監督旧知の黒沢組の面々とともに、今回が初顔合わせとなるNHK技術スタッフたち。 互いに期待と不安が入り混じる中、スケジュール都合でクランクイン早々、蒼井優さんと高橋一生さんが緊迫したやりとりを5分間ノーカットで見せる終盤のシーンを撮ることに。 役になじむ前に、こういうシーンから入ってしまい、お二人はやりにくかったと思いますが、この撮影を序盤に乗り切ったことで、流派の異なるスタッフが1つのチームになったように感じました。 素晴らしい演技に強力なスタッフワークが加わり、黒沢監督の新境地とも言える作品が完成しました。 岡本英之(Incline)のコメント 神戸を舞台とした時代劇を8K・スーパーハイビジョン撮影で黒沢清監督が演出する。 映像に関わる誰しも興奮を隠しきれないこの企画は、濱口竜介、野原位の両氏が作に名を連ね、音楽は長岡亮介氏が担当。 何より、蒼井優、高橋一生の両氏をはじめとした素晴らしい俳優陣の出演する、まさに「夢のような作品」となりました。 完成を迎えた今、このように事実を並べ改めてそのことを実感しています。 どうぞご期待ください。 黒沢清のコメント 過ぎ去った時代がまとう抽象性と、カメラが切り取る生身の人間の実在感とをどうやって両立させるのか、それは最初至難の技に思えました。 しかし結果は素晴らしかった。 何より主演俳優二人が渾身の演技でこの時代のリアリティを体現してくれたこと、そして各スタッフたちがそれを支え、超濃密でどこか神秘的な8K映像が見る者をたちまち1940年代の日本へといざなってくれたこと、全てが最高のかたちで結びつきました。 このような幸運な経験は、私の長いキャリアの中でも初めてのことです。

次の

高橋一生×蒼井優、美しいキスシーン解禁<ロマンスドール>

蒼井 優 高橋 一生

映画監督の氏が、主演にを迎え、高精細8K撮影に挑んだドラマ『スパイの妻』が、NHK・BS8Kできょう6日(後2:00〜3:54)に放送される。 戦争という時代のうねりに翻ろうされながらも、自らの信念と愛を貫く女性の姿を描くラブ・サスペンス。 蒼井となどからコメントが到着した。 1940年、太平洋戦争前夜の神戸。 福原聡子(蒼井)は、満州へ赴いていた夫で、貿易会社・福原物産社長の優作(高橋)の帰りを待ちわびていた。 ところが帰国後、幼なじみの憲兵・津森泰治()から呼び出され、夫が満州から連れ帰った女の死を告げられる。 嫉妬心に駆られた聡子は、夫の行動を疑う中で、彼が持ち帰った重大な秘密を目にしてしまう。 かの地で一体、何があったのか。 真実を知ってしまった聡子は驚きの行動に出る。 本作は、8K制作のドラマということで、監督旧知の黒沢組の面々と、今回が初顔合わせとなるNHK技術スタッフが協力。 スケジュールの都合でクランクイン早々、 蒼井と高橋が緊迫したやりとりを5分間ノーカットで見せる終盤のシーンを撮ったという。 このシーンを乗り越えたことで、「流派の異なるスタッフが1つのチームになったように感じた」と、制作統括の土橋圭介氏(NHKエンタープライズ)。 黒沢監督にとっても新境地とも言える作品が完成した。 蒼井は「この時代の女性を演じるのは今回が初めてだったのですが、思い描いたところに自分が行けているのか、どこか感覚が凝り固まっているのではないか、と常に自分を疑いながらの撮影でした。 正解を当てに行くというよりは、不正解を知っていくことで役を形作っていくことができたように思います」。 一方、高橋は「黒沢監督作品に初めての参加でしたが、監督の世界観は非常に明確でしたので、動きの指示や細かな機微において、提示されたものの中でどれだけの事ができるか、楽しみながら取り組むことができました。 特に、この時代の人間を演じるならではの、現代的な口調ではないせりふ群を、どう解釈して出力するかという作業は、個人的にも面白い体験でした」と述懐。 続けて「撮影終盤には、大掛かりでクラシックなオープンセットを前に百人以上のエキストラの皆さんが行き交う中で、1カットの非常に長いお芝居をやらせていただきましたが、各部署のスタッフの方々が動いていることを感じて、ここに参加させていただいていることの感謝と興奮がありました。 そして、蒼井さんはお芝居で会話ができる方なので、とても安心して刺激的な経験ができたと思っています」と、振り返っている。 黒沢監督は「過ぎ去った時代がまとう抽象性と、カメラが切り取る生身の人間の実在感とをどうやって両立させるのか、それは最初至難の技に思えました。 しかし結果は素晴らしかった。 何より主演俳優二人が渾(こん)身の演技でこの時代のリアリティを体現してくれたこと、そして各スタッフたちがそれを支え、超濃密でどこか神秘的な8K映像が見る者をたち、1940年代の日本へといざなってくれたこと、全てが最高のかたちで結びつきました。 このような幸運な経験は、私の長いキャリアの中でも初めてのことです」と、コメントを寄せた。

次の

高橋一生と蒼井優が濃厚に絡み合う『ロマンスドール』新映像

蒼井 優 高橋 一生

劇中では高橋と蒼井が結婚式を挙げ夫婦となるが、高橋は「新婚初日、式が終わった日に『よろしくお願いします』というシーンは、本当に役者冥利に尽きました。 疑似体験できて幸せでした」と撮影を振り返る。 蒼井も「ああいうシーンはありがたい。 すごく温かい気持ちになることができるので、わたしも楽しかった」と追随すると、タナダ監督が作り出す大人な雰囲気の現場に酔いしれた撮影だったという。 そんな二人を見ていて、渡辺は「泣きました。 精神面でも美しい人たちが愛し合っている姿は本当に素敵」と絶賛すると「撮影中、高橋さんがずっと『結婚したくてしょうがない』って言っていたので(撮影当時独身だった)『蒼井優ちゃんいいじゃない! アタックすれば?』って言っていたんです。 そうしたら結婚しちゃってね。 残念だったねって言っていたんです」とぶっちゃけトークを披露して客席を爆笑に包み込む。 渡辺からの暴露に高橋は苦笑いを浮かべながら「そんなこと言っていましたっけ?」と発言すると、渡辺が「言っていたよ!」と反論。 確かにきたろうや渡辺から盛んに蒼井のことを勧められていたと高橋が言うと「うるさいな、ほっといてくれよって思っていました」と本音(!? )を吐露していた。 [PR] タナダ監督が12年前に書き上げた小説を、自ら脚本を書き映画化した本作。 「12年前はまさか映画化するなんて思っていなかったのですが、いまはラブドールが美しい造形物として認知されるようになってきた」と時代の変化が大きな要因になっていることをあげる。 さらに当時、蒼井は原作を読んでいたというが「12年前はまだ20代だったので園子役はオファーできないし、哲雄を誰にしたらいいかも想像がつかなかった。 12年たって蒼井さんや高橋さんがいい塩梅になってくれた。 いまだからこそできた映画だと思う」と時間と出会いに感謝していた。 (磯部正和) 映画『ロマンスドール』は公開中.

次の