施餓鬼 法要。 施餓鬼(せがき)とは?お盆やお彼岸と同時にお寺で行われる行事|樹木葬辞典

施餓鬼法要(施食会)について|もしもドットネット

施餓鬼 法要

施餓鬼会について 緊急事態宣言は解除されましたが、例年の 施餓鬼のように100名以上の方が本堂に参列されると「三密」のリスクが高まります。 そこで、本年の 施餓鬼会は、下記のとおり規模を縮小して営むことにいたします。 どうぞご理解くださいますようお願いいたします。 7月3日(金)永寿院 施餓鬼会 午後1時~2時 住職と僧侶数名による法要 本堂内に座ってのご参列はお控えいただきます。 法要中、本堂前にてお焼香していただきます。 昼食の接待は控えさせていただきます。 塔婆供養の方は同封のハガキでお申し込みください。 (一本三千円) 塔婆は 施餓鬼法要終了後、各自お墓にお建てください。 当日ご参列できない方の塔婆はお盆までにお建てしておきます。 新盆を迎える精霊の白張提灯のご供養をいたします。 7月3日法要後からお盆までの間に受け取りに来てください。 お盆中各ご家庭のお仏壇のそばに下げてください。 お盆が終わりましたら、お寺にお持ちいただけばお焚き上げいたします。 住職の法話と法要の様子を、後日ホームページにて配信いたします。 「オンライン修行」の材料になるようにと構想中です。 どうぞご家族でご覧ください。

次の

施餓鬼法要の案内状と申込書|テンプレートの無料ダウンロード

施餓鬼 法要

施餓鬼とは、餓鬼に施しをすること 餓鬼とは、亡くなった後に餓鬼道(がきどう)に堕ちてしまい苦しんでいる人たちに、お供え物をしたりお経を唱えたりすることで苦しみを癒してもらう行事です。 餓鬼道に堕ちるのは、生前にむさぼる心を持っていた人や、卑しい行為をした人とされています。 施餓鬼は、常に飢えと渇きに苦しんでいるとされる餓鬼に施しをすることで、自らの徳につなげるのがねらいです。 もっとも、施餓鬼の解釈や、施餓鬼が行われるかどうかは、宗派やお寺の方針によって違います。 例えば浄土真宗のお寺では、あまり施餓鬼を行いません。 これは、浄土真宗が「亡くなれば必ず極楽浄土に行ける」という教えからきているといわれています。 また、曹洞宗では「施餓鬼」とはいわず、「施食」と表現します。 施す者と施される者との間に貴賤があると、「卑しいものに施しを与えてあげる」という尊大な気持ちを持つことにつながり、それは仏さまの教えにそぐわないという考え方からです。 施餓鬼とはお盆に限らず他の年中行事と一緒に行われることが多い 施餓鬼を行う時期に厳密な決まりはなく、また1年に1度だけ行うものでもありません。 多くのお寺ではお盆やお彼岸など他の年中行事と一緒に施餓鬼が行われます。 なかでもお盆に施餓鬼を行うお寺が多いのは、お盆の時期は「地獄の窯のフタが開き、亡者がこの世に降りてくる」とされていることに由来します。 懐かしい先祖とともに、餓鬼道に堕ちた者たちもこの世に訪れるため、先祖と一緒に餓鬼の供養をしようということで、施餓鬼が行われるのです。 もっとも、多くの地方において、お盆はもともと「先祖だけではなく餓鬼にもお供えをする」ものでした。 先祖のためにお供えをする「盆棚」を作ると同時に、「餓鬼棚」を作る風習があったのはこのためです。 このことからも、お盆の時期に施餓鬼を行うことは自然の流れといえるでしょう。 施餓鬼とは新盆など先祖供養の目安となる年に参加する人が多い お寺の檀家になっている家には、お盆が近くなると、菩提寺から施餓鬼法要の案内が届きます。 参加は自由ですが、家族が亡くなってから初めてのお盆である新盆など、先祖供養の目安となる年に参加する家が多いでしょう。 毎年必ず参加するような信心深い人もいれば、一度も参加しない人もいます。 方針は、人それぞれです。 また、お寺によっては、施餓鬼法要と結びつけて縁日や法話会といったイベントを行うことがあります。 お寺側は、法要を機に多くの人々の縁をつなげたいという祈りを込めてイベントを行います。 よって、例えば檀家ではない人がイベントだけに参加しても、特にとがめられることはありません。 むしろ歓迎されるでしょう。 施餓鬼法要に参加するときはお布施を用意する 施餓鬼法要に出ることになったら、お布施を用意しましょう。 お布施の金額は、3,000円から1万円ほどが相場です。 施餓鬼法要の案内ハガキに料金についての案内がないかチェックし、あれば指定の金額に従いましょう。 なければ相場の範囲内で用意して構いませんが、念のため年配者にアドバイスをもらえれば安心です。 お布施を入れるための袋は、白黒または黄色に白の水引がプリントされた不祝儀袋(色は地方によって違う)か、たんに白い封筒を使います。 表書きは「御布施」としましょう。 ただ、お寺によっては専用の封筒が用意されていたり、受付でお札を裸のまま渡したりする形式のときもあります。 ただ、しきたりがわからない初めのうちは、自分で用意した封筒に「御布施」と表書きを書き入れ、持参するのが無難です。 施餓鬼法要では喪服を着なくともよい 施餓鬼は、法要といえどもお寺の年中行事の一つですから、喪服を着なくても構いません。 普段着で十分ですが、赤や黄色といったハッキリした色合いの服は避け、黒、グレー、ブラウンといった落ち着いた色味の服を選ぶとよいでしょう。 お寺にイスがなく、座敷に正座するような場合には、膝をしめつけるジーンズははいて行かないようにした方が無難です。 また、喪服でなくても数珠は必須ですから、忘れないよう注意しましょう。 以上、施餓鬼について詳しく紹介しました。 自分の先祖だけではなく、普段は供養の対象とならない餓鬼にも施しをするのが施餓鬼です。 参加するときには、お布施の金額や持参の仕方などについて、なるべく年長者にたずね、疑問を解消してから用意するようにしましょう。

次の

お盆・お施餓鬼大法要

施餓鬼 法要

もくじ• 施餓鬼会の意味と由来とは? お盆のとき、 必ずといっていいほど「お施餓鬼 せがき 」の法要を勤める風習があります。 お盆のお施餓鬼の由来は諸説ありますが、 いずれも餓鬼道に関係があります。 施餓鬼会とは、無縁仏を供養するお盆前後の行事で、 餓鬼道に堕ちて苦しんでいる人々のために、 施餓鬼棚に食べ物をお供えして供養するとともにお救いをします。 ご先祖をお祀りするのと同時に、 死後誰からも祀られない無縁の人々にも飲食を施して霊を慰める心で、 こういう心を私たちの先人たちは持っていました。 お盆に限らず、法要とは、 生きている者が故人のことを振り返り、 先祖を敬い、報恩、感謝の念 おも いで行うお勤めであり、 仏法に親しみ、また学ぶ、絶好の機縁といえます。 そうすることで、故人は苦しみや患いから逃れられ、 善処へ導かれます。 そのことで生きている人間もともに救われるということです。 お盆には、 それぞれの家で先祖や故人の霊を迎え 再びあの世に送ります。 「施餓鬼会」は、 釈迦の弟子・目連 もくれん の母が死後、餓鬼道に落ちていると知って、 母を救うため、仏の教えに従い無縁仏を供養したことに由来します。 これによって仏教では、 お盆に無縁仏や浮遊霊を供養する法要を行うようになったのです。 これは この世に生きている人々が、 自分の心に潜む強欲な餓鬼の心を反省する行事でもあるのだそうです。 施餓鬼会や盂蘭盆会はいつ行う 施餓鬼はお盆の時期とは限らず、いつでも行って良いものであり、 盂蘭盆会はお盆の時期限定のものです。 施餓鬼の「餓鬼」は飢えに苦しんでいたり、 身寄りがなくこの世に彷徨っている霊です。 施餓鬼会は、自分の先祖供養だけでなく、 このような餓鬼の供養を行って徳を積むことで、 自分にも救いがあるとされています。 しかし、 浄土真宗系では死者は全て極楽往生していると考えられているため、 施餓鬼会を行いません。 曹洞宗では施す者と施される者の関係に、 身分差別があってはならないという考え方のため、 「施餓鬼」でなく「施食会(せじきえ)」と呼びます。 日蓮宗、真言宗、臨済宗では、 施餓鬼法要はお寺からの案内があり、 大勢の人がお寺に集まって盛大に供養されることが多いようです。 ですから施餓鬼会については、 宗派によって捉え方も供養の仕方も違います。 また、、 地域のやり方や風習、そのお寺さんのやり方もそれぞれです。 ただ、施餓鬼会と盂蘭盆会は、 似ていることから一緒に行うことが多いというだけです。 お盆に僧侶を招いて供養する時、施餓鬼会の供養をしたり、 お寺で施餓鬼法要が開かれ供養するところもあります。 盂蘭盆会はいつ行う 盂蘭盆会 うらぼんえ とは、 7月15日を中心に7月13日から16日の4日間に行われる仏教行事のことです。 日本における日付については、 元々旧暦7月15日を中心に行われていましたが、 改暦にともない新暦 グレゴリオ暦 の日付に合わせて行ったり、 一月遅れの新暦8月15日や旧暦のまま行っている場合に分かれています。 『盂蘭盆経』 西晋、竺法護訳 、 『報恩奉盆経』 東晋、失訳 などに説かれている、 目連尊者の餓鬼道に堕ちた亡母への供養の伝説に由来しています。 なお、旧暦7月15日は、仏教では安居が開ける日である「解夏」にあたり、 道教では三元の中元にあたります。 日本では、この「盂蘭盆会」を、 「盆会」「お盆」「精霊会 しょうりょうえ 」 「魂祭 たままつり 」「歓喜会」などとよんで、 今日も広く行なわれています。 この時に祖霊に供物を捧げる習俗が、 いわゆる現代に伝わる「お中元」となって伝わっています。 古くは推古天皇14年 606年 4月に、 毎年4月8日と7月15日に斎を設けるとありますが、 これが盂蘭盆会を指すものかは確証がありません。 斉明天皇3年 657年 には、 須弥山の像を飛鳥寺の西につくって盂蘭盆会を設けたと記され、 同5年7月15日 659年8月8日 には京内諸寺で『盂蘭盆経』を講じ、 七世の父母を報謝させたと記録されています。 後に聖武天皇の天平5年 733年 7月には、大膳職に盂蘭盆供養させ、 それ以後は宮中の恒例の仏事となって毎年7月14日に開催し、 孟蘭盆供養、盂蘭盆供と呼びました。 奈良、平安時代には毎年7月15日に公事として行なわれ、 鎌倉時代からは「施餓鬼会」 せがきえ をあわせ行なうようになりました。 また、明治5年 1872年 7月に、 京都府は盂蘭盆会の習俗いっさいを風紀上よくないとし、 停止を命じたこともありました。 現在でも長崎市の崇福寺などでは、 中国式の盂蘭盆行事である「 普度 蘭盆勝会」が行われます。 施餓鬼会の塔婆代とお布施の相場はいくら? お寺で施餓鬼法要が行われる場合は、案内が届き、 「施餓鬼供養料」等と書かれた封筒が同封されていることもあります。 施餓鬼法要の案内状には、 施餓鬼料なども記載されていることもあるので、それに従いましょう。 お寺からの指定がなければ、熨斗袋 仏事用の金封 に包んで持参し、 その場合の表書きは「御布施」です。 お供え物を行う場合の表書きは「御供」です。 施餓鬼法要でのお布施の相場は3000~10000円程度が一般的ですが、 地域性の違いもあり、お寺によって相場は異なり1万円以上のこともあります。 お寺での施餓鬼法要の案内に、 施餓鬼料のほかに卒塔婆料が記されている場合があります。 お塔婆の金額はお寺さんによって決まりが有り、 お布施とは別に包むようにします。 塔婆は、釈迦の遺骨を分骨して、塔を建てて供養したのがその始まりで、 五輪塔を簡略化したものが現在のような板塔婆です。 板塔婆は人間の形をかたどってあり、梵字が書かれていますが、 表面の下部や裏面には、建立する人の名前、建立の日付などが入ります。 塔婆料・塔婆供養料は、寺院によって金額が異なりますが、 目安の相場はおよそ2,000円~10,000円です。 事前に塔婆供養する人の人数と、姓名をお寺に伝えるようにし、 塔婆料・塔婆供養料は、 水引きのない不祝儀袋か白無地の封筒に入れておくと良いでしょう。 あとがき 法要などのしきたりには、わかりづらいことがよくあり、 お寺さんによってもいろいろ異なることも多いものです。 できればお寺さんに直に訊くことが間違いないですね。 67,215件のビュー• 31,757件のビュー• 20,953件のビュー• 15,320件のビュー• 13,349件のビュー• 9,718件のビュー• 8,859件のビュー• 8,815件のビュー• 8,047件のビュー• 7,874件のビュー• 6,942件のビュー• 6,751件のビュー• 6,460件のビュー• 6,366件のビュー• 5,887件のビュー カテゴリー• 最近の投稿• メタ情報• お問い合わせ•

次の