関東梅雨明け 2020 予想。 関東の梅雨入りや梅雨明けはいつ?2020年はどうなる?予想します!

気象庁|令和2年の梅雨入りと梅雨明け(速報値)

関東梅雨明け 2020 予想

関東・東京の梅雨明け2020年の時期を予想しようと、気象庁の過去のデータを元に傾向を考えました。 気象庁には昭和26年(1951年)から現在までの過去データが蓄積され、それを私たちも見ることができるので活用できるのですね。 そこから出た 関東・東京の梅雨明け予想は7月の半ばごろになります。 そして 関東・東京の梅雨明けの平年時期や、観測が始まって過去最速の梅雨明け日。 もしくは、過去最も遅かった梅雨明け日などもわかりました。 関東・東京は沖縄が梅雨明けしてから一ヶ月ほどでやってくることが多く、2020年もそこまで変わらないと思います。 では、具体的に関東・東京の梅雨明けはいつごろになるのか、その予想をご覧ください。 一般的に関東地方は1都6県を指して呼びます。 茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県 今回は、ここに「長野県と山梨県」を入れて関東地方として扱っていますので注意してください。 関東・東京の梅雨明け時期は平年いつから? 気象庁のホームページには、昭和26年(1951年)から現在までの過去データが蓄積されています。 それは私たちも自由に見ることができます。 そのデータでは関東・東京の梅雨明け時期、平年の様子も出ています。 それを2000年以降でまとめました。 data. jma. html この表をまとめると、 関東・東京【2000年~2019年】 スポンサードリンク あとがき 2020年関東・東京の梅雨明けの時期の予想ですが、これまでの結果を表にしてまとめました。 関東の梅雨 日にち、期間 梅雨明け予想 7月15日~7月24日ごろ 平年 7月21日ごろ 過去最も早い日 2018年6月29日ごろ 過去最も遅い日 1982年8月4日ごろ あくまで予想ですので、その年の気象状況によっても大きく変化します。 ただ、毎年のデータからの予想ですが参考にはなると思います。 また、「梅雨明けしたとみられる」と気象庁から発表があっても、普通に雨が降り続く場合もあったりします。 そのくらいこの時期の天気の見極めは難しいのでしょうね。 梅雨の時期はジメジメした日が続きますが、晴れの日でも雨に注意してレインコートや折り畳み傘など備えはしてくださいね。

次の

関東甲信の梅雨入りと梅雨明け 2020(確定値)

関東梅雨明け 2020 予想

そもそも梅雨入り・梅雨明けはどうやって予想しているの?入梅との違いは? 梅雨は、春から夏に変わる間に起こる 雨季のことをいい、だいたいの地域は 6月から梅雨入りすることが多いです。 梅雨入り・梅雨明けはどうやって予想する? 梅雨入り・梅雨明けは、毎年気象庁が発表します。 梅雨が起こる原因の 「梅雨前線」の動きを見ながら、 その年の梅雨を予想しているのです。 梅雨前線は、南から北に向けて進んでいくので、 沖縄から東北に向けて順番に梅雨入りしていきます。 そのため、沖縄と東北では、およそ1ヶ月も 梅雨時期に差が生まれています。 梅雨入り・梅雨明けが確定する時期 梅雨入りや梅雨明けの判断基準は、 「雨が一週間以上続くと梅雨入り」で 「晴れが一週間以上続くと梅雨明け」になります。 また、 梅雨前線がもうその地域に 戻ってこないことも、重要な判断基準です。 このような基準を元に、 だいたいの予想で梅雨入り・梅雨明けを発表しますが、 実はその後9月頃に再検討し、 その年の梅雨入り・梅雨明けを決定します。 なので、 普段耳にする梅雨入り・梅雨明け宣言は あくまで予想であり、正確に確定するのは、 梅雨が明けた後9月頃になるのです。 入梅と梅雨入りの違いは? 手紙のあいさつなどで目にする 「入梅」とは、 季節の移り変わりを把握するために 設定された歴日のことをいいます。 以前までは、立春から135日後のことを 指していましたが、今は太陽の黄経が80度に 達した日のことを指します。 梅雨入りは、実際に梅雨に入る時期のことを 指しているので、入梅とはまた違ったものになりますね。 2020年関東地方の梅雨入り・梅雨明けはいつ頃になるのか予想はこれ! 梅雨時期は、 過去の30年間の平均値から予想され、 10年経つことに新しい予想が発表されます。 ようするに、今年までは1981年から2010年の30年間 の平均値で、梅雨時期が予想されています。 そして、来年からは新たに、1991年から2020年の30年間の 平均値で梅雨時期が予想されることになります。 よって、2020年の梅雨時期の予想は、• 梅雨入り:6月8日頃• 梅雨明け:7月21日頃 となっています。 北海道には梅雨がないって本当? 実は北海道には、梅雨時期がありません。 その理由は、梅雨前線が北海道に たどり着くまでに衰えてしまうためです。 しかし、たまに本土を通る梅雨前線とは別の、 オホーツク海高気圧の影響により、 雨が続く梅雨のような時期がある場合があります。 2020年関西地方の梅雨入り・梅雨明けはいつ頃になるのか予想はこれ! 関東地方と同じく、1981年から2010年の30年間から 予想された、関西地方の梅雨時期は、• 梅雨入り:6月7日頃• 梅雨明け:7月21日頃 となっています。 ちなみに、一番始めに梅雨にはいる沖縄は、 5月中旬から6月中旬が梅雨時期になることが多く、 そこから北にかけて順番に梅雨入りしていくこととなります。 沖縄の梅雨は一味違う? 実は沖縄の梅雨は、1日中雨が降り続く訳ではありません。 激しい雨が降ったと思えば晴れ間が覗いたりと、 本土の梅雨とは違い、例えるなら スコールが増えるような天気になります。 梅雨時期の沖縄に旅行に行く場合は、 晴れ間が覗いているタイミングは 想像以上に強い日差しになるので、 ストールやカーディガンなどで、 紫外線対策できるようにしておくのがおすすめです。 他にも、日傘と雨用両方で使える 折りたたみ傘も持っておくと便利です。 また、沖縄では梅雨明け後に 「夏至南風 カーチーベー 」が起こる時期があります。 この時期は天気は良いのですが、 強い南風が吹き、海が荒れやすくなっています。 海水浴をするのは危険な時期になるので、覚えておきましょう。 夏至南風は、 梅雨明け後の1〜2週間ほど続くので、 この時期は旅行に行くのを控えてもいいかもしれません。 まとめ ひとまとめに梅雨といっても、 地域によって様々な違いがあるようです。 もし梅雨時期に県外に出かける場合は、 事前に調べておく必要があるかも知れませんね。 また、気象庁から梅雨入りや梅雨明けに ついて発表があったとしても、 あくまで予想であることを理解し、 過信しすぎないよう注意しましょう。 梅雨入り・梅雨明けが確定するのは、 あくまで梅雨時期が終わってから9月頃になります。 予想の元になる30年間の梅雨入り・梅雨明けデータには、 年によって大きなバラつきがあり、予想と実際の 梅雨時期に大きな差が出る場合もあります。 梅雨入りの予想時期より早めに備え、 ギリギリで予定が狂うなんてことに ならないように気をつけましょうね!.

次の

関東の梅雨入り・梅雨明け予想!2020年はいつ?

関東梅雨明け 2020 予想

関東・甲信地方の2020年の梅雨入り時期を予想! ショッピングはもちろん、ライブや美術展など年中沢山のイベントが行われる関東地方。 定期的に遊びに行くという方も多いのではないでしょうか。 できれば傘を持たずにお家を出たいですよね。 おでかけの計画を立てるのにぴったりな関東・甲信地方の2020年の梅雨入り予想をお届けします。 気象庁の1951年~2018年までの過去68年間のデータによると、 関東・甲信地方の最も早い梅雨入りは1963年の5月6日、 最も遅い梅雨入りは、1967年と2007年の6月22日でした。 また過去68年間の関東の梅雨入りの平年時期は6月8日となっていますので、屋外でのイベントや、結婚式などの大切な予定は5月中に済ませておくと良さそうですね。 これらのデータから関東・甲信地方の梅雨入りを予想すると、 2020年は6月1日から6月14日くらいとなるでしょう。 関東・甲信地方の2020年の梅雨明け時期を予想! 1度梅雨の期間に入ってしまうと、とっても待ち遠しい梅雨明け。 からっと晴れた空や温かい日差しが恋しくなりますね。 じめじめとした梅雨が明けるといよいよ夏本番。 2020年の関東・甲信地方の梅雨明け予想をお届けします。 気象庁の1951年~2018年までの過去68年間のデータによると、 関東・甲信地方の最も早い梅雨明けは2018年の6月29日、最も遅い梅雨明けは、1982年の8月4日でした。 最も早いと言っても6月中に梅雨明けをしたのは過去68年間でたった1回のみなので、6月中の梅雨明けの確率はかなり低いと言えるでしょう。 また8月に入ってからの梅雨明けは過去68年間で4回と、8月の梅雨明けになる確率も低そうです。 また68年間の関東の梅雨明け時期は7月21日となっており、中旬と下旬の境目である18日~22日頃に梅雨明けすることも多いようですね。 これらのデータから関東・甲信地方の梅雨明けを予想すると、2020年は7月15日から7月29日くらいとなるでしょう。 関東・甲信地方の2020年の梅雨期間の傾向は? 梅雨入り・梅雨明けの時期が早くなったり遅くなったりするのは、近年のように異常気象が発生する前からある梅雨の大きな特徴ですが、梅雨の期間に影響はあるのでしょうか。 2020年の関東・甲信地方の梅雨期間の傾向を予想してみましょう。 気象庁の1951年~2018年までの過去データによると、関東・甲信地方の最も短い梅雨期間は1978年と2018年の23日間でした。 過去68年間で25日以内だったのはこの2度のみですので、これはとても短いと言えますね。 ただし30日以内だった年は13回ほどありますので、近年のような集中豪雨が発生するような気候が続けば今年も十分ありえるかもしれません。 また最も長い梅雨期間は1963年の79日でした。 これはとても珍しいケースで、過去68年間で70日以上だったのはこの1度きりです。 平均が41日のところ、次いで長かった1998年の61日とも10日以上の差がありますで、70日以上続く年は滅多にないと言えますね。 これらのデータから関東・甲信地方の梅雨期間を予想すると、2020年は33日~43日くらいとなるでしょう。 まとめ 2020年の関東・甲信地方の梅雨入りと梅雨明け、梅雨期間の予想はいかがでしたか? 過ごしやすい気候の春から夏に向かう季節は、遊園地や公園でもイベントが盛りだくさんです。 ぜひおでかけの計画の参考にしてみてくださいね。

次の