ガッシュ 本当 の 最終 回。 金色のガッシュ最終回の結末ネタバレ!その後はどうなる?

金色のガッシュベル!!の最終回

ガッシュ 本当 の 最終 回

金色のガッシュ!! 最終話ではそんなガッシュから清麿に手紙が届きます。 内容は、魔界に戻った後の自分の生活や出来事などが書かれていました。 今まで戦ってきた魔物の子供達、壮絶な戦いを乗り越え、魔界の王となったガッシュが、その子たちを生き返らせ、平和な生活の中、ガッシュは王として、沢山の勉強を始めていました。 学校生活と王としての勉強、そして魔界のみんなが心待ちにしていた「戴冠式」。 戴冠式では、魔界中の魔物たちが城に集まり、新たな王となったガッシュを 称えていました。 今まで、沢山きついことや辛いこと、自分が嫌いになってしまいそうな出来事が沢山あった中、それらを全てはねのけ、最後まで自分の「優しい王様になる」という目標を貫いたガッシュは本当に、この作品の主人公だと思っています。 普段は優しすぎる故に、周りにいじられることが多いガッシュですが、自分の意思はとことん貫く子なので、そんなガッシュに影響され、周りも変わっていきました。 仲が悪かった兄と和解し、戦いの中で知り合った魔物同士が、魔界でも仲良く生活できるようになったり、自分の目指したい方向を見つけ、それに向かって勉強を始めた子がいたり、自分の力の使い方を戦いの中で学び、それを生かして生活していたり、この作品でのキーワードで謎の存在だった「魔物の本」を意味をガッシュ自身で感じ取ったり。 最終話の前まで、ずっと戦っている場面が多かったこの作品は、最終話でやっと平和な魔界が見れて、本当に良かったと思っています。 最初にこの最終話を見たとき、良かった、みんなちゃんと幸せになってくれたと感動しました。 特に、ガッシュの思いに感化され、仲間として最後まで一緒に戦ってくれたティオ、ウマゴン、キャンチョメはそれぞれ、最初よりもずっと大きく成長していて、私はガッシュと一緒に戦ってきたこの子達が本当に好きです。 金色のガッシュ、主人公のガッシュはもちろん、ガッシュと出逢い、ガッシュの思いを受け止めた魔物は殆どが、優しく強く変わっていっています。 そして、その子たちのパートナーとして、一緒に戦った人間の清麿たち。 清麿は最初ひねくれた少年でしたが、ガッシュと出逢い、沢山の戦いと思いと立ち向かい、彼も優しく大きく変わっていきました。 清麿をここまで変えることができたのは、まっすぐで純粋なガッシュのパートナーとなれたことだと思います。 ガッシュと清麿はお互いに境遇が似ていたこともあり、お互いを放っておくことなどせず、一緒に沢山の困難を乗り越えてきました。 そして、ガッシュの願いであった「王様」になるために清麿も最後までとことん付き合い、それを経て、自分も負けないと言わんばかりに学校生活を全うしています。 清麿が最後のページで言った「また会おう!ガッシュ。 」はまさに、次を思わせる一言だと思います。 いつか必ずまた会うと、お互いを信じて、生活していく2人の思いが詰まった一言だと思います。 清麿とガッシュの他にも今までガッシュたちが出逢った魔物達とそのパートナー達にもお手紙が届いてそれぞれ言葉はないものの、表情だけでどんな内容だったか想像することができます。 手紙を読み、泣いている人、笑っている人、言葉を噛みしめている人。 それぞれが、今までの時間を思い返し、ぞれぞれの思い出感動している場面が描かれています。 最終話は、そこだけでなく、今までの物語を読んで、その内容を経て読むからこそ、響くものがあると思います。 私は、この作品を読み、自分の思いを貫く大変さ、周りになんと言われようと自分と向き合っていく意味を学ぶことができました。 沢山の勇気をもらった作品です。 カテゴリー•

次の

第3回「山本佳子の不透明水彩〈ガッシュ〉集中講座」| ホルベイン オフィシャルウェブサイト

ガッシュ 本当 の 最終 回

10年ぶりの衝撃、知らなかった真実が多い。 ゼオンとガッシュが兄弟だった。 ゼオンはこの白いガッシュに似た魔物。 「ザケル」や「ザケルガ」などガッシュと同じ技を手から放つのが特徴だった。 10年ぶりに見ると「なぜ同じ技を使うのだろう」と今さら考えさせられた。 その答えはまさに 兄弟だったからである。 最後の敵はファウード 子供の時の予想ではゼオンが最後の敵だと思っていたが、最終回にして「ファウード」という新キャラ。 「グォおおおおおおお〜ーーーー」とした唸り声を発するのが特徴。 ゼオンの額に付いている宝石を壊すと現れる魔物? である。 ガッシュでいう清麻呂のような術者がいないため、ファウードがバオウザケルガを食らって土に帰っていった。 久しぶりに見た最終回であったが、最後のストーリー展開はかなりつまらなかった。 ガッシュの声優が変わっている!? 1話から140話までは「大谷育江」さんであったが、141話から150話 最終回 で「吉田小南美」さんに変わっていたようだ。 大谷育江さんはポケモンのピカチュウ役やワンピースのトニートニーチョッパー役としてよく出ていて、特徴的な声だったのでギャップがすごかった。 最終回にがっかりした作品だった。 最終回は本当にがっかりでした。 謎の魔物が現れて、みんなと協力して勝ったのですが「やさしい王様」のタイトルには似つかわしくないストーリーですね。 今ならAmazon プライムビデオに無料登録で全話見れるから久しぶりにみたいなった思った方は見てみてください。 最終回以外は懐かしく、面白い作品でした。

次の

金色のガッシュ最終回の結末ネタバレ!その後はどうなる?

ガッシュ 本当 の 最終 回

Contents• 今回、取り上げたのは 2001年から週刊少年サンデーで連載されていた 「金色のガッシュ」 です。 この漫画での最終回のあらすじ・ストーリーについて ネタバレありで話しています。 もし、「ネタバレは見たくない!どんな漫画かだけを知りたい!」 という人がいたらネタバレなしのレビューも書いているので こっちを見てください。 「金色のガッシュ」を無料で読むには 「金色のガッシュ」をすぐ読みたい方は 「漫画BANG!」という無料アプリで読むことが出来ます。 (iOS・Android双方で使えるアプリになっています) マンガBangはAppStore無料ランキング2位、250万DLの国内最大級のコミックアプリで アプリ内で配信されている全巻無料対象マンガは毎日30分間無料で読めます。 もちろん「金色のガッシュ」も無料で見られますよ。 1.最終回までの流れ 最終回までの詳細なあらすじは 別途ブログ記事に書いていますので そちらを見たい方は以下をクリックしてください。 主人公の高嶺清麿(たかみね きよまろ)は類まれなる脳みその持ち主で 同級生や先生を遥かに超える知能の持ち主 それゆえに周りの人間を皆見下し、クラスでも嫌われていました。 (主人公の 高嶺 清麿) 学校にも通わない清麿の元に、ある一人の人物が現れます。 その人物の名前はガッシュベル 清麿の父親が海外でガッシュベルを助けたところ ガッシュベルは父親に恩義を感じ、恩返しを申し出たため 父親は清麿のお世話を依頼し、清麿の家に来たのでした。 ガッシュベルは赤い本を持っており、 清麿がほんを持ちながら「ザケル」と言うと ガッシュベルの口から稲妻が飛び出します。 本には解読不能な文字が書いてありますが 「ザケル」の部分だけはなぜか解読できるようになっていました。 そんな清麿とガッシュベルの前に ガッシュベルと同じような体形の人間と 清麿と同じような本を持ち、呪文と共に特殊能力を使う女性が現れます。 そして、その女性から衝撃の事実を聞きます。 ガッシュベルは魔界からやってきた魔物であること 魔界の王を決めるバトルを行うため 100対の魔物が人間界にやってきたこと を伝えて、魔界人同士の争いが始まる事を清麿に伝えます。 こうして清麿とガッシュベルは魔界の王を決める争いに参加していくのでした。 清麿と同じように魔物と手を組んで暴れようとする人間が、 清麿の前に現れてきますが、何度も戦いを行い、勝利を収めていきます。 魔界の王を目指すもの、魔物の力を人間界で悪用しようとするものなど 様々な魔物が、清麿とガッシュベルの前に現れる中 清麿、ガッシュの友人となる魔物も現れてきます。 フォルゴレと魔物キャンチョメ 恵と魔物ティオ サンダースと魔物ウマゴン (フォルゴレとキャンチョメ) など、 清麿とガッシュは戦いの中で、仲間を作り レベルアップをしていきます。 そんな清麿たちの前に巨大勢力が迫ってきます。 千年前の魔物を召喚した ゾフィス 巨大な魔物ファウードを従え、世界を征服しようと目論む リオウ ガッシュとは双子でありながらも強い野心を持ち リオウからファウードをぶんどり、魔界の王を狙う ゼオン 激しい戦いを重ねながらも清麿とガッシュは勝利を収めます。 魔物が残り10人になった時 強大な力を持つクリアノートという魔物が現れます。 ノートの圧倒的な力の前に一時は為す術なく敗れ去ります。 このまま終わるかと思いきやガッシュの本が金色に光り、 今まで出会った魔物、戦ってきた魔物が後押しをしてくれるようになります。 それぞれの魔物の最高術を使えるようになったガッシュは ノートを追い詰め、そして最後は宇宙空間でノートを倒します。 そして、ブラゴとガッシュが二人だけになります。 二人は決闘を行い、ガッシュが勝利。 見事、魔界の王の座に就くのでした。 そして、お別れの時 清麿は財産を放棄する代わりに、ガッシュとの思い出を残し、涙の別れとなります。 そして、物語は最終回へと移ります。 ゲームを無料で楽しめるアプリをまとめました。 「歴史漫画好き」にオススメの無料ゲームアプリや 「格闘漫画好き」にオススメの無料ゲームアプリなど 様々な無料ゲームアプリを紹介しているので、是非プレイして下さい。 2.最終回のストーリー ある日、清麿が高校から帰ってくるとガッシュから手紙が届いていました。 そして、他の人もそれぞれパートナーだった魔物から手紙が届きます。 魂だけになっていた魔物、全てに肉体を与え、魔界の者は皆、平和に暮らしていました。 ガッシュは王様でありながら、学校に通っており、それぞれの道を歩んでいました。 ガッシュは戴冠式を行い、ゼオンや前王の元、 正式に王となり、皆に祝福されるのでした。 ガッシュは法の勉強を行います。 そして、人間界へ派遣された一連のイベントは正しいものであると感じていました。 それは清麿と友になり、協力することの嬉しさを知り、 悪い現実を良くしようと話し合える大切さを知ったから。 何よりどんなにひどい現実でも、光り輝く心の美しさを知ったからでした。 この「神の試練」と呼ばれた戦いは、 これからを生きるために自分達に教えてくれたものだと解釈をします。 現在は本が無くなり、ファウードを使っても人間界へ行く事は 出来なくなってしまいましたが、 いつか必ず清麿に会いに行く。 と書かれていました。 そして、魔物みんなが写っている写真が添えられていました。 その手紙は本へと形を変えて、空へと飛んでいきます。 清麿は次に会う時はもっと大きく成長した姿で会おうと心で語りかけます。 そして「また会おう、ガッシュ」 という言葉を残して物語は終了となるのでした。 「金色のガッシュ」最終回の感想 「金色のガッシュ」を最初読み始めた時は ハートフル要素が強い反面、アクション要素が弱くて 「ちょっと物足りないなぁ」 なんて、思いながら漫画を読んでいましたが 魅力的なキャラクターにバトル要素が加わっていき だんだん読みやすくなってきました。 バトルの内容についてはもう少し小分けにイベントを作った方が 面白かったかなと思いつつも、 そこで生まれる人間ドラマ(魔物ドラマ?)は見ごたえ十分でしたね。 そして、最終回。 この最終回は素晴らしかったですね。 作中では終始人間と魔物の絆について描かれていたので 今までの伏線が爆発した形で大きな感動がありました。 最終回を見ると 「金色のガッシュ」を読んできて良かった! と、心から思えるので、まだ読んでいない方は是非読んでみてください。 マンガを無料で読めるアプリをまとめました。 「サンデー」「マガジン」などのメジャー雑誌の漫画から 白泉社、集英社、講談社、小学館、スクウェア・エニックスのマイナーな漫画まで 紹介をしているので、お好みの漫画があったら読んで下さい。

次の