不躾 では あります が。 「不躾(ぶしつけ)なお願い」の意味と使い方は?類語や例文も教えて!

「不躾(ぶしつけ)」の意味は?ビジネスの「不躾ながら」の使い方!英語も紹介

不躾 では あります が

「不躾」の読み方と意味・由来も 「不躾」の読み方と意味 「不躾」とは「ぶしつけ」と読み、その意味は「礼を欠くこと」や「無作法なこと」です。 礼儀をわきまえていない遠慮のない行いや振る舞いに対して使われる言葉です。 また「不躾」には「露骨」や「唐突」という意味もあり、急なことで相手が驚き無礼になるような行いにも「不躾」が使われます。 「不躾」の由来は「不仕付け」 「不躾」は「不仕付け」とも書くことがありますが、それは「仕付け」こそ「躾」の由来だからです。 「礼儀作法が正しい」という意味の「躾」は、裁縫の「縫い目や折り目を整えるための仮止め」を指す「仕付け」から生まれました。 (豆知識)不躾の「躾」という漢字は国字 私たちの使う多くの漢字は中国から伝えられた字ですが、「躾」はそれと違い日本で生まれた漢字です。 言葉の意味から中国からきた漢字を倣ってあてられました。 「身」を「美しくする」と書いて「しつけ」と読ませる「躾」は、「躾」が外見ではなく行動やしぐさにも、その人の本来の姿が表れることを表現しているのでしょう。 「不躾」の使い方と例文 「不躾な人」とは無礼な人 人の評価として「不躾な人」という言い方があります。 その意味は「人に不快な思いをさせる人」または「無作法な人」です。 相手が不快だと思われるところにまで踏み込んでくる人のことを指します。 例文: 「根掘り葉掘り聞いてきて、なんて不躾な人なんだ」 「不躾なお願い」は頼み事をするときに使う 「不躾」は目上の人に頼みごとをするときにも使われます。 「不躾ではありますが」や「不躾なお願いなのですが」のような前置きをして、急なお願いでも相手を驚かせずにすみ、頼み事の内容から相手を驚かせないようにするという配慮もできます。 例文: 「不躾なお願いで恐縮ですが」 「不躾なお願いで申し訳ないのですが」 「不躾な質問」は聞きにくい質問をするときに便利 「不躾な質問」というフレーズは、相手の年齢や既婚かどうかなど立ち入った質問や急を要する質問をするときに使えます。 「不躾な質問ですが」と前置きして、相手の不快感を減らす効果があります。 ただしこのフレーズを使えば何でも聞いていいというわけではありません。 例文: 「不躾な質問ですが、ご職業は何でしょうか」 「不躾」は相手にお詫びするためにも使える 自分の態度を恥じて詫びるときに「不躾」を使って、相手に謝罪をすることができます。 例文: 「先日はこちらの不躾な対応にもかかわらず、迅速に対処していただき感謝します」 「不躾なお願いにも関わらず、対応していただきましてありがとうございました」 ビジネスでの「不躾」の使い方と例文 「不躾」はビジネスシーンでも使える 目上の上司などにお願いをするときは躊躇するものですが、そんなときに「不躾」は使えます。 「不躾ですが」と前置きして、相手の不快感を軽減することができるでしょう。 例文: 「不躾ですが、これから訪問させていただいてよろしいでしょうか」 「不躾なのはわかっているのですが、至急以下の資料を送付していただけないでしょうか」 「不躾」はビジネスメールでも使える 「不躾」は口語以外でもメールは手紙で使うことができます。 謝罪したり聞きにくい質問に使ったり、急な依頼で相手に重要だと感じさせるにも適しています。 例文: 「ご多忙中のところ誠に不躾だと存じますが、お返事をいただければ幸いです」 「不躾なお願いにもかかわらず、お聞き届けくださいまして感謝いたします」 「不躾」の類語 「無礼」は「礼儀に外れていること」の意味 「無礼」は「礼儀に外れた行いや言動」のことを指します。 相手や自分が傷つくほどの行いで、それを謝罪するために使われることが多いです。 例文: 「ご無礼をお許しください」 「無礼だとは存じますが、ご配慮いただけないでしょうか」 「非礼」は「無礼」よりも悪い印象の振る舞い 「不躾」や「無礼」ではおさまらない、それよりももっとひどい振る舞いや言動に対して「非礼」が使われます。 その意味は「礼儀に背くこと」です。 ビジネスシーンでは顧客に対する謝罪や始末書などによく使われます。 例文: 「この度の非礼の数々、申し訳ありませんでした」 「非礼この上ないことと心よりお詫び申し上げます」 「失礼」は礼儀が足りていない態度のこと 相手に対して礼儀を欠いた行いや言動を「失礼」と表現しますが、「不躾」や「無礼」に比べると軽い印象を与えます。 「失礼」をお詫びの言葉として使われることがありますが、「失礼」はお詫びの気持ちを表現する言葉です。 この言葉ではお詫びはできませんので、お詫びをしたい時は「失礼」で自分の行為を反省してから謝罪の言葉を続けます。 例文: 「先日は失礼いたしました。 今後このようなミスのないように気をつけます」 「不躾」の英語表現 「不躾」は英語で「rude」 「不躾」は英語で「rude」か、「丁寧ではない」という意味の「impolite」が使えます。 不躾な態度や振る舞いに対してこれらの表現を使うことができるでしょう。 まとめ 「不躾」は自分や他人の礼儀を欠いた態度や言動について使える言葉で、非礼な態度で相手に謝罪をするときなどに使われます。 またお願いするときなどにも、相手に無理を言って申し訳ないという気持ちを伝えるときにも「不躾」が使われます。

次の

不躾な質問で、申し訳ありません、来年の3月に祖父の17回忌を浄土真宗の総...

不躾 では あります が

スポンサーリンク 「不躾なお願い」の意味とは? まず、最初に 「不躾なお願い」の意味について見ていきましょう。 「不躾なお願い」という文は、「不躾な」という形容詞が「お願い」を修飾している形の語句です。 「不躾」は 「ぶしつけ」と読みます。 「躾(しつけ)」を接頭語「不」で否定していますので、「しつけがなっていない」といった意味合いになります。 そもそも「しつけ」とは、 「礼儀や作法が身につくように、他の人を仕込んだり、教育すること」を指します。 この「しつけ」は、「仕付ける」という動詞から由来していると考えられます。 これは、元来は裁縫関係の用語で 「縫い目や折り目をきちんと整えるために、仮止めとしてざっと荒く縫っておく」という意味があります。 また「田畑に作物を植え付ける」といった使い方もあるようです。 今でも和裁、洋裁などの際には「仕付け縫い」とか「仕付け糸」という言葉を耳にすることがありますね。 「しつけ」はまた、仏教用語と関連するという説もあります。 仏教では「習気」(じっけ)といい、「煩悩がなくなっても香りのように残っているもの」、転じて「身についた習慣や習わし」を意味する言葉があります。 こうした「完成させたり、整えるまでの準備」や「身についた習慣」といった意味が、現在の「(主に人について)立派な状態に育てる」という趣旨の「しつけ」になったとみられます。 こうしたことから、「不躾」は 「礼儀に外れて遠慮がないこと。 無礼なこと」を示します。 このため「不躾なお願い」は 「失礼な頼み事」、「無礼な、遠慮のない依頼」といった意味合いとなります。 なお「躾」は「国字」といって、中国にはない、日本語特有の言葉や事柄に当てはめて、漢字に倣って日本で独自につくられた字です。 「身を美しくする」という形も分かりやすいですね。 スポンサーリンク このつくりの部分を「花」という漢字にして「しつけ」と読ませる字もあります。 いずれも心身を美しく飾るところから発想されたものでしょう。 国字にはほかにも「峠」「畑」などがあります。 「不躾なお願い」の使い方は? 次に 「不躾なお願い」の正しい使い方について見ていきましょう。 「不躾なお願い」は、主として、相手に対して何か頼み事をする際に、へりくだって、恐縮するさまを表す言い方の一つだといえます。 ビジネスシーンなどで、一般には自分や自分側の組織について、 「厚かましく、ずうずうしく、このようなお願いをして、誠に恐れ多いことです」とけんそんしながら、言い添える言葉です。 このため、実際には決して不作法、非礼ではないとしても、「そもそも、いきなり頼み事や質問をすること自体が失礼に当たる」、あるいは「相手との関係を考えると、内容的に少し踏み込んだり、立ち入った依頼事項である」と判断した場合に、へりくだって「大変不躾なお願いですが~」と、半ば定型的な表現として使用することが多い言葉だといえるでしょう。 もちろん、この言葉を使う際には、本当に相手のひんしゅくを買う、怒りを招くような依頼内容ではないことが前提条件なのは、言うまでもありません。 【関連記事】 ・ 「不躾なお願い」の類語と例文を教えて? 最後に 「不躾なお願い」の類語と例文を見ていきましょう。 「不躾なお願い」の類語には、次のようなものがあります。 非礼なお願い(以下、同)• 無礼な• 失礼な• 失敬な• 不作法な• 慮外な• 不謹慎な• 不敬な といった表現になりますね。 「不躾なお願い」の例文では、次のようなものが挙げられます。 不躾なお願いで恐縮ですが、もう少し詳しい資料があれば、併せて頂戴したいのですが。 今頃になって、不躾なお願いで誠に申し訳ありませんが、納期を数日繰り延べさせていただけないでしょうか。 「不躾なお願い」の類語と例文をご紹介しました。 参考にして頂けたらと思います。 まとめ いかがでしたでしょうか? 「不躾なお願い」の 詳しい意味と正しい使い方、そして類語や例文について詳しくご紹介しました。 ビジネスシーンなどでは謙遜しながら相手にお願いをする場合に定型文として付け加える言葉という認識で使うようにしましょう。 あまり親しくない相手や上司にいきなりお願いをするのは厚かましい場合などに「不躾なお願い~」と添えて使ってみると良いですよ!.

次の

「不躾(ぶしつけ)」の意味は?ビジネスの「不躾ながら」の使い方!英語も紹介

不躾 では あります が

「不躾」は「ぶしつけ」と読みます。 この言葉に聞き覚えがある人は多いでしょう。 一方で、この漢字にはあまりなじみがなく、読むことはできても書けないという人も少なくはないのではないでしょうか。 漢字の「躾 しつけ 」は「身を美しく飾る」と書きます。 この「しつけ」に打消しの「不」が頭について「ぶしつけ」となります。 「不」を用いた語には「不当 ふとう 」や「不利」がありますが、「不躾」は「不用心」や「不器用」と同じ「ぶ」と読みます。 また、「無作法」や「無愛想」のように「無」をつける言葉と混同して「無躾」としないように注意しましょう。 躾 しつけ の語源 「しつけ」という言葉の語源は、仏教で使われる語「習気 じっけ 」です。 武家社会では礼儀や作法を教え込むことを「しつけ」といいました。 さらに、礼儀に限定したしつけを示す用語として「躾」という漢字を作りました。 だから、この字は日本で生まれた国字 こくじ です。 「不躾」の意味と使い方 「不躾」は「躾がないこと」、つまり、礼儀やしつけがなっていないことを意味します。 また、言動が突然であったり露骨であったりするために無作法とされるということも示しています。 「不躾」の使い方としては、礼儀を心得ていない人やその態度を不躾だからと非難するよりも、そのように礼儀をわきまえていない自分を相手に詫びる形で用いられる方が多いでしょう。 「こんな不躾なことをして申し訳ありません」「不躾者ですが、よろしくお願いします」というように、自分をへりくだることによって相手を尊重する表現となっています。 相手に対して謙遜 けんそん する気持ちを表せる言葉であるため、日常的なコミュニケーションの場面によく登場します。 「不躾」は人間関係を円滑にできる言葉です。 「不躾な言い方」の例 「不躾」とは「なんだか無作法だな」「少し図々しいかも」という印象を人に与えてしまう言動のことです。 では、具体的にどのような言い方が不躾とされるのでしょう。 「不躾な言い方」について説明します。 相手の状況や心情に配慮せずに発言する、あるいは、一方的に自分の要求を押しつける、もしこんな振る舞いをしているとしたら、あなたが「不躾な言い方」をしているリスクは相当高くなっているはずです。 一般的に、あまり親しくない人に向けて「あなたは何歳ですか?」「独身なのですか?」「家族構成は?」などといったプライベートな質問はなるべく控えるべきです。 無作法、無遠慮な言い方はもちろんのこと、唐突な質問などで相手を戸惑わせたりするのも、自分に対する相手の印象を下げかねません。 注意してください。 「不躾なお願い」の意味と使い方 人に何かを頼む場合に役立つのが「不躾なお願い」という表現です。 「不躾なお願いですが、今夜お電話をさしあげても構いませんか」のように、丁寧な表現で申し出た場合、相手が色よい返事をくれる可能性は高まります。 「不躾なお願いなのに承知してくださって、ありがとう」という使い方でも、物事をわきまえたスマートな人物を印象づけられます。 不躾なお願いで恐縮ですが 「不躾なお願いで恐縮ですが」と付け加えると、上記の例に比べて、よりへりくだった表現となります。 依頼する内容が相手にとって面倒だろうな、厚かましいと思われないかなという気持ちをにじませています。 「不躾なお願いで恐縮しますが、留守宅の様子を時々確認していただけたら大変助かります」このような言い方で提案すれば、ハードルの高い難題でも解決へと一歩ずつ近づけていけるでしょう。 「不躾」を使った例文 不躾ですが これは「不躾なお願いですが」と同じ用法です。 「不躾ですが」と前置きすることで、「不躾な言い方に響いたら申し訳ないですが」と相手の心情に配慮した言い方になります。 「不躾ですが、お名前をお尋ねしてもよいですか」というように続けます。 「不躾なお願いですが」に比べると、日常的に使われる「失礼ですが」に近いニュアンスで受け止められる場合があります。 以下で紹介しますが、ビジネスシーンのように目上の人に対する場面や文書においては、「不躾ですが」という前置きはやや軽い印象になる可能性があることを心得えておきましょう。 また、多用しすぎると、「不躾ですが」と断れば済むという底の浅さを露呈しかねません。 「不躾ながら一言申し上げます」というように、へりくだった気持ちを示しながら自分の意見を伝えたり、「不躾ながらお願いしたいことがあります」と頼みごとをしたりするときに用います。 「その不躾な物言いは何だ」と言えば、無礼な口の利き方を非難していることになります。 人に言われたときにしろ、人に言うときにしろ、このような言い方が交わされる場にはあまり穏やかではない空気が漂っている感じです。 「不躾な物言いをして申し訳ありません」と言ったときは二つの意味に取れます。 ひとつは、無作法な言い方をして失礼しました、と詫びている場合です。 もうひとつは、「不躾な言い方になりますが」を意味している場合で、これから述べることを和らげるための前振りとして使います。 不躾な人 ビジネスシーンで円滑なコミュニケーションを図るには場面に応じて多様な言い回しをできることが強みになります。 「不躾」という言葉は、目上の人や得意先、それほど親しくない人などに対して、お願いをする際に効果を発揮します。 依頼する事柄が、相手にとって手間のかかる場合や相手のプライバシーに立ち入るような場合、非礼であることや相手の立場をわきまえているということを十分に表現できるからです。 いくつかの用例を挙げていきますので、ぜひ参考にしてください。 不躾で申し訳ございませんが 相手をわずらわせてしまう可能性がある依頼をする場合やこみいった質問をする必要がある場合、「不躾なお願いでございますが」と申し訳なさをあらかじめ伝えた表現をすることで、相手できるだけ気持ちよく依頼を受け入れてもらう工夫を講じています。 例えば、「不躾なことで大変申し訳ありませんが、ご依頼しておりました書類を数日中にご提出ください」と使います。 誠に不躾とは存じますが 無理なお願いをするときなどに用いる表現です。 「誠に不躾とは存じますが、納期を延長させていただけないでしょうか」という使い方をします。 不躾な質問ですが 相手に物を尋ねるときに使うと便利な表現です。 ただし、その後に続く質問が本当に不躾な内容だったらぶち壊しです。 不躾ながら すでに前の章で紹介した「不躾ながら」ですが、ビジネスにおいてもよく使われています。 例えば、「不躾ながら、当社の最新カタログを同封いたしました。 ご高覧いただければ幸いです」と先方に述べることで、唐突な印象を和らげることができます。 不躾にも関わらず 先方がこちらの依頼を快く受けてくれた場合には、「不躾なお願いにも関わらず」などの表現で謝意を示すことができます。 例えば、「このたびは不躾なお願いにも関わらず、快諾していただき、大変感謝しております」という具合です。 「不躾」の類語 類語を紹介する前に、まず、「不躾」が表す無作法な態度がどこから発するものかを分析してみましょう。 礼儀正しさを欠いている原因として、社会的慣習に無関心・無知である場合と他人に敬意・いたわりを示せない場合が考えられます。 両者が密接に絡んでいるケースもありますが、礼儀をわきまえないことと人を粗末に扱うことは同じ無礼でもずいぶん異なります。 数多い「不躾」の類語をこの2点に絞って、ピックアップしました。 無礼 失礼 非礼 行儀をわきまえなくて、あるいはしつけがなっていなくて「不躾」なことをした場合、「失礼」「失敬」「無礼」「非礼」などの礼を欠くことを示す類語があります。 「昨日はうっかりして失礼しました」や「失敬して膝を崩しますね」などと用いる「失礼」や「失敬」は礼を欠くといっても気軽さがあります。 「無礼」は身分や地位を意識して、礼儀にはずれているかを判断した表現です。 「突然にご連絡を差し上げるご無礼をお許しください」とややかしこまった形で、手紙などに使います。 「非礼」は礼儀からはずれている、あるいは背いていると評価されます。 「非礼なふるまいをお許しください」と非礼を詫びることになりますが、ビジネスなどで非礼があった場合にはフォローが大変なことになります。 厚かましい 図々しい 自分の言動に配慮がないために礼儀が欠けた振る舞いとなる「不躾」の場合、次の類語が挙げられます。 「厚かましい」や「図々しい」です。 これらには、態度が大きくて居丈高、不遜な人間像がうかがわれます。 「不躾」の対義語・反対語 「不躾」は否定を表す接頭語の不をつけて、しつけができていないことやしつけをわきまえないことを表した言葉です。 そのため「不躾」自体には反対語がありません。 一方、「不躾」の類語に相当する語には反対の意味を表す言葉がそれぞれあります。 反対の意味を表す言葉を通してみると、「不躾」という語の意味が改めて浮き彫りになるでしょう。 礼儀正しい 折り目正しい 人に対する礼儀正しさを欠いている「不躾」には、「無作法」以外にも「非礼」や「不行儀」という類語があります。 「無作法」などを意味する語の反対語には、「礼儀正しい」「折り目正しい」があります。 「礼儀正しい」人といえば、社会のきまりに合った作法や行動をとれる人物であり、人への敬意をもつ人を指します。 また、「折り目正しい」は行儀作法にかないきちんとしていることです。 慇懃 いんぎん 人に接するとき、その物腰が丁寧で礼儀正しいことを「慇懃 いんぎん 」といい、「慇懃な挨拶」などと使います。 実はこの語は少し損をしています。 うわべだけ丁寧で実は尊大な態度を表す「慇懃無礼 いんぎんぶれい 」という語の方が知られていて、あまりよくないイメージがついているからです。 「慇懃」には真心のこもった礼儀正しさがこめられています。 この機会に知っておくのも悪くありません。 言い添えることで円滑になる言葉.

次の