オセロニア 最強 デッキ ランキング。 【オセロニア】エヴァの評価とおすすめデッキ|ゲームエイト

【オセロニア】トリスタンの評価とおすすめデッキ|ゲームエイト

オセロニア 最強 デッキ ランキング

コンボ導線を張り巡らしつつ、中盤から終盤に火力で押し切ることが基本的な戦術となります。 闘化ゼルエルや進化ローランなど、竜属性顔負けの高い通常攻撃ダメージを出せるキャラが登場してきたことにより、通常攻撃に応じた特殊ダメージ系コンボスキルを持った駒とのコンボを狙う戦術も一般的になってきました。 また神統一攻撃デッキでは、オーラスキル 攻撃力がアップする を持った駒をリーダーにします。 ATK調整とは ATKの低いオーラスキルを持った駒を手駒ロックによって盤面に引きずり出されないように、リーダー以外の駒をリーダー駒より低いATKになるようにレベルを調整すること。 アラクやウンディーネなど、ATKの高低によってスキル効果に影響が出ないサポートキャラを対象に調整することが多いです。 また、手駒ロックを使われるのは対戦後半の試合を決める一手の直前が多いので、デバフスキルやシールドのスキルの持つ駒で調整するのをお勧めします。 おすすめデッキサンプル コスト200の場合、S駒4枚、A駒12枚の編成が個人的なベストだと思っています。 B駒を編成するとHPがB駒なしの編成より大幅に下がってしまいます。 そのため、あまりおすすめしません。 倍率1. 4倍、かつA駒であるニューイヤー・蘭陵王がベスト。 次点で倍率1. 3倍のA駒蘭陵王 [進化]ムーニアも性能は同じ です。 ニューイヤー・蘭陵王の弱点はATKの低さです。 調整した駒を多く編成しないと手駒ロックで確実に盤面に出されてしまいます。 [闘化]ムーニアも同様のスキルを持っていますが、ニューイヤー・蘭陵王よりさらにATKが低いので、個人的にはあまり使いたくない駒です。 ただニューイヤー・蘭陵王は正月ガチャ限定駒なので、持っていない方も多いですよね…… 【その2】リーダー以外にも攻撃力アップのオーラスキルを搭載した駒があるとベスト [幸せ応援団] フェリタ&プティ リーダー以外のバフオーラ駒は神統一攻撃デッキとの相性は抜群です。 「自分のHPが減少するほど手駒の神駒のATKが上昇し、最大で1. また、 ニューイヤー・蘭陵王よりもATKが低いので、手駒ロックからリーダーを守ることもできます。 B駒ではサマー・アマリアもニューイヤー・蘭陵王よりATKが低く、1. 1倍のオーラバフを持っています。 【その3】盤面で表になっている間攻撃力がアップするスキルでダメージを底上げする [誓約の水合わせ]ウンディーネ 何度も書いてますが、ニューイヤー・蘭陵王や蘭陵王は手駒ロックに弱いです。 発動条件のないルキアは、竜デッキ以外の多くのデッキに採用されていますよね。 なのでその対策として、ニューイヤー・蘭陵王や蘭陵王よりATKの低い駒をデッキに編成する必要があります。 ただ神駒は通常攻撃ダメージに応じた特殊ダメージを与える駒が多いので、ニューイヤー・蘭陵王ほどATKを下げてしまうと、そもそもの火力が失われてしまって本末転倒に…… 先ほども明記したとおり、手駒ロックを使われるのは対戦後半の試合を決める一手の直前が多いので、デバフスキルやシールドのスキルの持つ駒で調整するのをお勧めします。 ATKが低くてもスキルに影響のない駒を調整する必要があるということですね。 代表的な駒をピックアップしました。 ただし、せっかく調整した駒を盤面にポンポン出しては意味がありません。 いつルキアがいいようにリーダーよりATKが低い駒はなるべく手駒に温存しておきましょう。 【その5】バフコンボと強力な特殊ダメージスキルをつなげる [衡奪の監視者]アラク 神統一攻撃デッキの最大の武器は、通常攻撃に応じた強力な特殊ダメージです。 例えばS駒では[闘化]ミアクレル、[闘化]ジークフリート、[進化]ヴィクトリアなど、A駒ではエンデガなどが通常攻撃に応じた強力な特殊ダメージスキルを搭載しています。 それぞれ条件が設定されていますが、単体で発動しても高火力な上に、強力なバフスキルとコンボすることができればかなりの大ダメージを与えることが可能です。 強力なバフコンボスキルを持つ駒としては、S駒では[進化]ローランなど、A駒ではアラク、金色・フギンとムニンなどが代表的ですね。 [進化]ファヌエルが召喚するエスペランサも通常攻撃と特殊ダメージを防御しつつ、強力な囁きバフコンボスキルを持っています。 【その6】特殊ダメージ罠対策用の駒を編成する [降りそそぐ星雲]ミアクレル 神統一攻撃デッキでは、後半にならないとスキルが発動しない半面、発動すれば大ダメージを与えることができる駒が多いです。 S駒では[進化]ヴィクトリア、A駒ではエンデガなどが代表的ですよね。 コンボスキルで言えばブレスドソーディアンやハーピストエンジェルなど。 これらの駒が序盤から手駒にきてしまうと、盤面に出す駒がなくなってしまう状況におちいりやすいです。 そのためにも 序盤からスキルを発動できるアタッカー駒を多くデッキに編成しましょう。 例えば、S駒では[神闘化]フェリヤ、[闘化]ジークフリート、[闘化]ミアクレルなど。 A駒では祝融、アルベルダ、張遼などです。

次の

【オセロニア】最強Aキャラ(A駒)ランキング|ゲームエイト

オセロニア 最強 デッキ ランキング

竜統一速攻デッキ 戦い方とデッキコンセプト 返されない位置に置いた強力な毒ダメージに毒バフスキルを合わせて一撃で相手のHPを大ダメージを与える事がコンセプトになります。 相手の打ち方にもよりますが、先行であれば3手目以降に配置する駒、後攻であれば2手目以降に配置する駒が重要ですね。 例えば先行の場合、通常の進行では辺や返されない位置に配置できるタイミング2ターン目とは5ターン目になり展開が遅くなりがち。 ですので、先行2手目は早いターンに辺に多く配置できる風車定石での進行がオススメです。 辺に置けるタイミングで[闘化]ブランジェッタや正月アズリエル、[闘化]リッチなどを配置できればベストですね。 風車定石 蛇定石 とは 例えば先行初手D5に配置した後、通常の進行であれば先行2手目は辺のF2に配置しますが、F2に置かずC2に置いて進行する定石です。 中~長期戦に向いた戦法で、通常進行に比べて早いターンから多くの駒を辺に置ける事、互いにコンボスキルが繋げにくいので今回の毒デッキのようにスキル重視のデッキには相性が良いです。 おすすめデッキレシピ 一撃の破壊力を秘めたロマンのあるデッキを紹介します。 デッキ編成難易度が高いのがネックですね。 本来であれば、神属性の防御スキルや回復スキルを搭載したほうが安定度は格段に増します。 ただし今回はより瞬発力が高いデッキをコンセプトとし、敢えて魔属性統一デッキでの編成です。 デッキテンプレ画像は「攻略アプリ~逆転の書~for逆転オセロニア」のデッキシミュレーターを使っています。 [進化]ヨシノや[闘化]アルカードなどをリーダーにしてで序盤からHPアドバンテージを取るのも良いです。 [進化]アズリエルなどの強力な毒ダメージスキル搭載駒をリーダーに据えるの良いと思います。 ですが今回上記の駒達をリーダーに設定せず毒バフ駒を持ってきたのは、デッキコンセプトの一撃の火力を求めた結果です。 [闘化]ブランジェッタや正月アズリエルなどの強力な毒ダメージスキルをいくら配置できたとしても毒バフスキルがなければ勝ち筋は薄くなります。 毒デッキ 瞬発型 のリーダーには[進化]学園アズリエル、[進化]ラァナ、アバドンのいずれかがオススメです。 次点で毒オーラバフの[進化]サマー・ヨシノでしょうか。 しかし、私のオススメするこの方法ですが、弱点もあります。 1つは、毒デッキだという事が相手にバレバレな事。 2つは、毒バフスキルを使用するタイミングが読まれやすくなり、それに合わせてアンデッドスキル搭載駒やルキア等の手駒ロックスキル搭載駒を使われてしまう事。 そして何より、入手が非常に困難な事です 白目。 [進化]学園アズリエルは限定ガチャ、[進化]ラァナは超駒パレード、アバドンは月1開催の毒コレクションとなっています。 中でも能力・使いやすさのバランスが最も良いアバドンは毒コレクションガチャで一点狙いをしなければならい闇が待っています・・・。 毒デッキを構成する上でいずれも必須の駒ですので、何とか入手して頂きたいですね・・・。 【その2】リーダー以外のS駒は強力な毒スキル搭載駒を編成する。 [死の癒し]アズリエル 上記の方法を用いれば、毒バフスキルについての問題は解消しました。 しかし毒デッキは毒バフスキルだけが手駒にあっても効果は発揮できません。 強力な毒スキル搭載駒と組み合わせて初めて真価を発揮でき、勝利へと繋げることができます。 [進化]アズリエルや[闘化]ドルシーなどの強力な毒スキル搭載駒を詰め込みましょう。 正直なところ[闘化]ブランジェッタや正月サリー以外にA駒では強力な毒スキル搭載駒はありません・・・。 毒デッキ 瞬発型 のダメージソースはS駒に集中しています。 しかし例外もあり、毒スキル以外にも編成する価値のある駒もあります。 例をあげると、強力なライフバーストスキルを持つルクスリアは息切れしがちな毒デッキのフィニッシュを強化してくれますよね。 [進化]ベルゼブブも呪いスキルで火力を補強してくれるので編成する価値は大いにあります。 今回のデッキでも編成していますが、毒バフスキルをもう1つ組み込むのも良いと思います。 私の魔属性毒デッキ 瞬発型 には、[進化]学園アズリエルとアバドンの両方を編成しています。 手駒事故率は高まってしまいますが、破壊力抜群のデッキになるのでオススメです! 【その3】A駒の選び方、[闘化]ブランジェッタは必須! [怜悧なるもの]ルキア 具体的にはルキア、ハロウィン・アルカードなどの手駒ロックスキルや、アヌビスなどの封印スキル。 テラーナイトなどのATKダウン デバフ スキルの事を指します。 毒デッキは総HPが並ほどですが、勝負どころの中盤~まで耐えなければならない展開が多くあります。 それまでに上記のコントロールスキルを駆使しなければなりません。 また毒バフ+毒ダメージを放った後のバトル終盤は、相手も苛烈な攻めを展開してくる場合があり、それを凌ぐ時にも一役買ってくれる事でしょう。 特に[進化]ルキアは入手難度も容易で高性能な駒なので必ずゲットしたいですね。 【その6】B駒の選び方、魔属性のB駒は優秀な駒が多すぎる・・・。 鄧嬋玉 魔属性毒デッキ 瞬発型 でのB駒の選択は、 正直に言って何を選んでもOKです。 毒デッキのコンセプト的に必須駒が無い事と、いずれのB駒も優秀だからです。 今回私の紹介するデッキではトウセン玉を2体編成していますが、魔属性統一であれば無条件で相手を呪えるスキルは火力維持に一役買うと思いチョイスしました。 それ以外でも編成に悩んだ駒はいくつかあり、例えば・・・。 小峠ことヴォルメラーやクリスマス・ベリトは高性能の罠スキルを持っていますし、ブライダル・ペルデュは序盤であればB駒とは思えない火力を発揮してくれます。 ゴブリンの弓兵隊で盤面コントロールするのも良いですし、無料駒のぬいぐるみアズリエルちゃんも終盤の火力としては中々優秀ですね。

次の

【オセロニア】最強デッキランキング【最新版】|ゲームエイト

オセロニア 最強 デッキ ランキング

Tier4 コンセプトデッキ デッキ名 属性 評価点 順位変動 神 8. 0点 DOWN 魔 8. 0点 - 魔 7. 5点 - 神 7. 5点 - 魔 7. 5点 - 魔 7. 5点 - 竜 7. スキルがバフ系の竜駒とコンボで追加特殊ダメージを与える駒を組み合わせて大きなダメージを狙う戦い方となります。 デッキのバランスが良く組みやすいのが特徴で、初心者の方にもおすすめです。 デバフで「神単デッキ」や「暗黒デッキ」を抑えつつ、「魔フェリヤ」の強力な毒を中心に相手のHPを削っていきます。 「魔フェリヤ」の毒で安定してダメージを与えていけるので事故が少なく、 どんな補正でも勝率が高いデッキです。 神駒も多めに編成することでHPを高く保ち、毒や呪いでライフアドバンテージを取っていく戦い方となります。 特に 無補正やHPダウンで活躍できる強力なデッキと言えるでしょう。 4倍のリーダーバフオーラスキルを持つ「」をリーダーとした攻撃型の神単デッキです。 バフと囁きでATKを上げ、大きな特殊ダメージを与えていきます。 HPも高いので使いやすく、特に 神アップやHPダウンの補正で活躍してくれるデッキとなります。 神駒を増やし続け、中盤以降から強力な特殊ダメージを与えていくことができます。 特に 神HPアップの補正で活躍できるデッキです。 デバフで相手の高火力攻撃を抑えつつ、毒や吸収で攻撃していくのが基本的な戦い方となります。 ATK依存の攻撃をしてくるデッキに対して有利に立ち回れるデッキです。 発動条件が緩い罠を編成することで、相手に大ダメージを与えられます。 高火力アタッカーが多く編成された「」相手に有利に戦えるのが特徴です。 手駒竜鱗の登場によって安定感が増し、多くのデッキに対して優位に立てるデッキとなっています。 ただし、捕食・竜鱗・暗黒のスキルを持つキャラを揃えなければならないため、編成難易度は高くなっています。 4倍のリーダーバフオーラスキルを持つ「」をリーダーとした竜単デッキです。 高火力の竜駒をX打ちし、短いターンで攻め切るデッキとなります。 竜のHPやATKが上昇する竜アップの補正やコロシアム等で活躍できるデッキです。 獄炎スキルの登場により「火炎デッキ」が苦手とする 短期戦向けのデッキにも対応することができます。 終盤はアタッカー駒でバフコンボと繋げて大ダメージを叩き出せるデッキです。 雷撃ダメージは罠や防御に妨害されないため、 中盤以降に安定したダメージを出すことができます。 固定特殊やライフバーストのキャラも共に編成しておくことで、より安定感が増すデッキです。 「ヨシノ」でライフアドバンテージを取り、毒・呪い・吸収といった強力な魔駒で攻めていきます。 また、 神駒を編成できることもメリットで、通常の魔単よりも高HPで戦うことができます。 HPを大きく削られても、高い吸収量で回復しつつダメージを与えることができます。 吸収効果がアップしているウィークリーコロシアムでは無類の強さを発揮するデッキとなります。 罠スキルや、デバフなどを駆使しながら バフで殴っていく特殊な立ち回りが可能です。 「」や「」といった高火力バフアタッカーが必須になるので編成難易度は少し高いです。 「」「」がコレクション限定なので編成難易度は高めですが、 HPアップの補正の時は無類の強さを発揮します。 相手のキャラ駒数に応じて火力が上昇するので 定石とは違った立ち回りが必要となる玄人向けのデッキです。 「」や「」といった全体火炎スキルを持つ駒がキーとなり1ターンで大幅にHPを削ることができます。 オセロで盤面を制圧し相手とのHP差で勝利します。 相手のデッキによって勝率が左右するデッキとなっている上、充分なオセロ力も必要とされるのが特徴です。 「」「」等の強力な呪い駒を多数採用し、相手の手駒を呪い続ける戦い方となります。 耐久デッキにも強くHPアップや魔補正で活躍できるデッキです。 そのため、「ベルゼブブ」などので「」と非常に相性がよく、強力な魔駒を生かしやすいデッキです。 先攻の際は「」をすることで「夜行」を最大限生かすことができます。 バフと囁きでATKを上げ、大きな物理ダメージを与えていきます。 HPが高いので使いやすいですが、Tier2で紹介した神単デッキと比べるとデッキパワーが落ちてしまいます。 デッキパワーでは、「ヨシノデッキ」や「魔フェリヤデッキ」に劣りますがキャラが揃っていると非常に面白い立ち回りができます。 竜鱗や捕食スキルも編成して長期戦に持ち込み、大量の呪いを移す戦い方になります。 速攻竜は盤面に竜ゴマが 溜めにくいですし、コンボも正直倍率が出しにくいです。 進化テュポーンも盤面の竜ゴマ依存ですが、貫通を持っていないという欠点はあるものの、盤面に竜ゴマが二枚ある状態で出せば2. 74倍を出すことが可能で、 フェリヤよりも上の火力を出すことができ、コンボも 竜単であれば無条件で1. 9倍を出すことができます。 同シチュでは、バハムートは1. 95倍の倍率しか出せないので、ジェンイーよりも火力が劣ります。 よって、速攻竜でバハムートが弱いと言うのは、あながち間違っていません。 まぁ、速攻竜においてバハムートよりも最適な駒が 存在するので枠がないと言うのが現状です。 しかし、駒が揃っていない場合は、速攻竜にバハムートを採用するのもアリだと思います。 長文失礼しました。

次の