山中 伸弥 による 新型 コロナ ウイルス 情報 発信。 「甲子園中止の本当の理由」など紹介…山中伸弥教授、コロナ独自解説の個人HP開設 : 医療・健康 : 読売新聞オンライン

「新型コロナ対策にiPS細胞も貢献できる」 山中教授、情報発信サイトを開設

山中 伸弥 による 新型 コロナ ウイルス 情報 発信

京都大学の山中伸弥教授が、6月27日 土 放送のトーク番組「サワコの朝」 毎週土曜朝7:30-8:00、TBS系 に出演する。 6月には所長を務める京都大学iPS細胞研究所が、新型コロナウイルスの第二波に備え、大阪府と連携協定を締結した。 そんな山中教授が京都のiPS細胞研究所からリモートで出演。 研究者として、新型コロナウイルスをどう見ているのかを語る。 そもそも山中教授にとっては専門外である新型コロナウイルス。 「大変なことになる可能性があると思った」と、ウイルスの性質が明らかになるにつれ危機感を持ったことを振り返る。 また、「2月末に一斉休校やイベントの自粛が要請され、 政府の対応の早さが 素晴らしかった。 その後、研究所の広報や家族の反対を押し切る形で新型コロナウイルスの脅威を発信。 「必ず出口はある。 5年後には絶対終わっている」そう語る山中教授の真意に迫る。 山中教授が、新型コロナウイルスの治療薬とワクチンの課題、そして新型コロナウイルスとの付き合い方について語る。 (ザテレビジョン).

次の

山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信

山中 伸弥 による 新型 コロナ ウイルス 情報 発信

山中伸弥先生が、一個人の立場で、新型コロナウイルス情報発信のサイトを作ってくださっています。 新型コロナウイルスとの闘いは短距離走ではありません。 1年は続く可能性のある長いマラソンです。 日本は2月末の安倍首相の号令により多くの国に先駆けてスタートダッシュを切りました。 しかし最近、急速にペースダウンしています。 ウイルスに打ち克つためには、もう一度、ペースを上げる必要があります。 一人一人が、それぞれの家庭や仕事の状況に応じた最速ペースで走り続ける必要があります。 国民の賢い判断と行動が求められています。 この情報発信が、皆様の判断基準として少しでも役立つことを願っています。 なお本活動は個人の責任で行っており、その内容には京都大学やiPS細胞研究所は関与しておりません。 サイトはこちらですので、どうぞ参考になさってくださいね。 以前、夫がサプライズで買ってきてくれたチューリップとかすみ草の花束です。 このときはまだ固く蕾が閉じていました。 キッチンの窓辺に飾るとすぐに開いて、花びらがピンク色に染まっていきました。 今日は、情報の受け取り方について書いてみようと思います。 何か、不安になるような情報を受け取ったとき、最悪の状況を踏まえて念の為に行動していくことができる人がいる反面、その話を全く聞きたくないという反応をする人がいます。 そこにあるのは、未知のことに対する恐怖です。 ある種の情報を、恐怖を煽っていると批判する人たちが存在しますが、それを恐怖を感じるのは、その人たちの中に恐怖という周波数があるからです。 恐怖の周波数がなければ、情報をニュートラルに捉えることができ、自分の中の経験や知識、そして直感を働かせ、自分なりの解釈をすることができます。

次の

新型コロナウイルスに対する知識を持とう

山中 伸弥 による 新型 コロナ ウイルス 情報 発信

スポンサーリンク ガセネタが多い中山中教授は信用できる人だと思いここに載せます。 皆さん、乗り切りましょう。 新型コロナウイルスとの闘いは短距離走ではありません。 1年は続く可能性のある長いマラソンです。 日本は2月末の安倍首相の号令により多くの国に先駆けてスタートダッシュを切りました。 しかし最近、急速にペースダウンしています。 ウイルスに打ち克つためには、もう一度、ペースを上げる必要があります。 一人一人が、それぞれの家庭や仕事の状況に応じた最速ペースで走り続ける必要があります。 国民の賢い判断と行動が求められています。 この情報発信が、皆様の判断基準として少しでも役立つことを願っています。 なお本活動は個人の責任で行っており、その内容には京都大学やiPS細胞研究所は関与しておりません。

次の