無印 良品 フローリング モップ。 LOHACO

無印良品のおすすめ「掃除グッズ」まとめ。掃除アイテムも見た目が大事!

無印 良品 フローリング モップ

こんにちは。 丁寧な暮らしのための 時短家事&減災収納を お伝えしています。 * 無印良品の 木製フローリングモップ。 すごく魅力的な姿。 なのにペーパー愛用の方には すすめられない事情がありました。 ペーパーが とても挟みにくかったのですが 改良になったとのこと。 きょうは、 見ていると使いたくなる いつの間にか床掃除をしてしまう MUJIモップの話です。 掃除道具ながら どこに置いても 目ざわりにならないどころか 目に入ると楽しくなって 使いたくなるのです。 そんなの私だけ? 見た目も機能もいい モフモフのモップ(ドライ)ですが、 手入れの面も含めておススメは水拭き用。 乾拭きにも使っています。 朝の室内掃除には すき間にどこでも入る 薄い水拭き用を使って洗い モフモフに張り替え。 昼間はドライ用モフモフをつけて 通路に置いて 通りがかりに手に取ってついでに掃除。 面ファスナーですから 取り替えは剥がして 張り替える感じです。 手にしたくなる無印モップのおかげ。 水拭き用を乾拭きに使っても 埃はしっかりキャッチ。 そのうえ手入れがラクなんです。 掃除が終われば 次も気持ちよく使えるように 洗って干します。 まず、モップについた埃を 水洗いする前に 濡らしたで 掻き出します。 ペンシルブラシを濡らすのは 埃が立ちにくくするため。 水で揉み洗いですっきりきれいに。 埃がよく取れて 手入れがラクなのは ほんとうにありがたいです。 水拭き用を洗い替えにもう一枚購入。 右が軽くもんで 水洗いを繰り返した状態です。 モフモフタイプは 埃をからめとるのに優れていますが 洗うとき埃を指でつまむのですが 取りにくいです。 手持ちの革を切って 工作用の薄い両面テープで貼りました。 貼ってから紐をつけたくなって(笑) はがして穴あけ。 穴あけに使ったのは 元々モップには 穴が開いていましたから 革も同じ位置に穴をあけて 革ひもを通します。 ふだんは モップが倒れないように (地震対策も考えて)フックに掛けます。 革を貼ったことで 手にしっくりなじんで持ちやすさアップ。 (木の切り口が切りっぱなし? 紐がないと壁に立て掛けて倒れやすいです。 壁のクロスがキズつくかもしれず 無印さんには 切り口の角を取って滑らかにして、 できれば紐をつけてほしいです。 (短いポールはモップと同時に購入し、 浴室で他社のマイクロクロスをつけて使用中) さすがシステム、入れ替えOK。 旧タイプのヘッドはペーパーも 市販のお掃除クロスもラクに挟めるのですが 新しいのはヘッドの底部分の ペーパーを使うためのゴム状の 分厚くて重たいカバー(?)は、 (ペーパーを使わない私には 不要ですが)外したら戻せない。 無印さんに電話で 訊いてみましたが説明通りにしても やはり硬くてはめられませんでした。 さらにペーパーを挟む部分も 硬くて指の先でペーパー押し込めず とても使いにくいです。 20年も前のヘッドが使いやすくて いまも使えているのに どうして改悪(ですよね) になってしまったのでしょう? こんなことでは この商品の魅力を書けない という思いもあって問い合わせ。 その時点では 改善の予定なし、とのことでした。 ところが~! 見直し商品をネットで発見。 改良後は使いよくなっているかなぁ? 店頭でサンプル 試せたらいいですね。 でもね、繰り返しになりますが 私のおススメは ペーパーではなくて 水拭き用のモップを乾拭きに使うこと。 何度もいいますが、 洗うとき埃が取れやすくて 毎日洗って気持ちよく使っています。 * 掃除道具は 表に出すものではないですか? 私は掃除道具は 暮らしのそばにさりげなく あるのがいいと思っています。 仕事部屋から リビングへの通路に掛けておきます。 リビングへ行くときは モップをかけながら まるで連れて行く(笑) という感じです。 ついでの掃除が 暮らしの中で習慣になるには 道具はわざわざ取りにくより すぐそばがいいです。 2020年 43• 2019年 96• 2018年 128• 2017年 179• 2016年 165•

次の

プロも愛用する無印良品の定番「フローリングモップ」。床もお風呂の天井もこれ1本でピカピカに|マイ定番スタイル

無印 良品 フローリング モップ

¥1,699 日中会社にいる人や小さな子どものいる家庭では、 掃除機をかけるタイミングって難しいですよね。 そこで、いつでも 気軽に掃除できる無印良品アイテムはいかがでしょう。 ミニハンディモップ、フローリングモップ、シート、伸縮するポールなどいろいろ揃っているので、 好きなアイテムを組み合わせられます。 専用ボックスで、きちんと自立 フローリングモップは、ポールを持ち上げるとフタが自動で開閉。 シンプルデザインなので、出しっぱなしでも インテリアの邪魔をしません。 木のポールは取りつけカンタン。 使い心地もやさしい 本体カバーを外して、モップをマジックテープで留めるだけで準備完了。 4種類のモップやシートをつけ替え可能です。 モップは くり返し使えて経済的だし、朝いちばんでモップをかけると、ホコリが宙を舞わないので アレルギー対策になるそうですよ。 時間帯も家族構成も選ばず「ちょっとだけ、サッと」掃除 食後に テーブルまわりだけ掃除したり、来客前に 玄関だけ掃除するのにも向いています。 掃除機の「さあ、やるぞ!」感が大変な私には、 モップの手軽さが本当にありがたい! 音が出ないから、子どものお昼寝タイムやテレビに夢中になっている間に、そっと掃除することもできます。 赤ちゃんのいる家庭にもオススメ。 ¥1,599 これだけが悩みます…… 掃除中は快適ですが、 すべてのゴミが取れるわけではないので、最後に集まったゴミをどうしよう? と悩みます。 チリトリで集めるか、最後だけ掃除機で吸うのが妥当でしょうか。 ハンディタイプは棚や家電のホコリ取りに ハンディタイプは小さいので小まわりがきいて、狭いところも掃除しやすいです。 モップだけではカンペキな掃除はむずかしいですが、こまめに使うことで 掃除機は週1回で済むようになりました。 中サイズの木製ポールは1,800円、フローリングモップは490円、モップ用ケースは450円、ドライのフローリングモップ用モップは490円、ミニハンディモップは490円(すべて税込)。 普段の掃除にストレスを感じている方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

次の

床の水拭きに無印良品の「フローリングモップ」がとてもいい感じです!

無印 良品 フローリング モップ

…まぁ、ズボラなわたしは掃除機するのがハードル高くて… 結局、掃除機は我が家では ほぼ夫の担当です。 笑 さて。 前置きが長くなっちゃいました。 ですが、これがどーにも… 認めたくないけど… 使いにくい。 見た目はいいけど、使いにくい。 結局現在は王道の クイックルワイパー の本体を使っています。 『無印フローリングモップ』と『クイックルワイパー本体』の比較 ふたつを比較して、わたしが感じていることなど書いてみます。 本体について まずは、本体について比較してみます。 基本的に右が無印。 左がクイックルワイパーです。 長さは同じくらい 長さはほとんど同じです。 長さによる使いやすさの差は、わたしはあまり感じません。 見た目は無印が良い! 無印は見た目がつるんとシンプル。 あと、無印だと『掃除用品システム』の他のものと組み合わせて使えるのがすごくいい。 なんか、カッコイイ。 笑 無印は柄の擦れる音がうるさい 実は我が家にある無印のワイパーは二代目。 一代目は10年くらい前に購入して、実家にいるときから使っていたもの。 (3年くらい前に手放した) 今我が家にあるのは、今年の春に購入したもの。 あほです。 今我が家にあるもの(無印)、持ち手の擦れる音(手や衣服などと触れたときの音) すごく気になります。 金属音…ではないけど、わたしはすごく不快に感じる。 重さは無印のほうが少し重め はかってみたら、無印は約475g・クイックルワイパーは約340g でした。 たいした差でもないように見えますが、実際持つと結構差があって、 クイックルワイパーに慣れていると無印「重いな~」と感じます。 やっぱり軽いほうが、スイスイ動きやすいし、「掃除しようかな?」って手に取りやすい。 掃除を始めるハードルが低くなるんです。 とめるところも同じような形。 でも… パッと見ほとんど同じなんだけど、ここ、全然違う。 無印は固い。 なのに外れやすい。 無印のは、なんか素材が固い。 掃除中何度か外れるとか ザラです。 もー すっごくストレスで。 クイックルワイパーは柔らかい。 痛くない。 しっかりとめられる。 クイックルワイパーは柔らかい、ゴムみたいな素材です。 だからシートを入れるとき痛くない。 身構えずにサッとシートを装着できます。 笑 サッとシートを装着しても、シートが掃除中に外れるなんてことはありません。 小さなことだけど、これってすごく快適なのです。 裏側について 裏側はだいぶ違います。 上がクイックルワイパー、 下が無印です。 見た目は無印のほうがいい。 けど… やっぱり見た目は無印がいいかんじ。 シンプル。 でも、無印は この床の上を擦る部分が固い。 「それの何が悪いの?」かもしれないけれど、 ゴミが端っこでしか取れない感じというか…なんかしっかりゴミを集められない。。 シートの真ん中あたりとか、ほとんどゴミついてない(端っこばかりについてる)から、「なんかもったいないな~」と感じる。 クイックルはなんかぐるぐるしたデザインで、うーん。 シンプルとは言い難い。。 でも、これが ふかふかした柔らかい素材で、全面しっかりゴミを集められます。 無印から初めてクイックルワイパーに変えたとき、衝撃でした。 こんなに全体的にゴミを集められるなんて!! って。 ぐるぐるしたところが大事なのか、柔らかさが大事なのか…とにかく、全面でしっかりゴミを集めてくれます。 クイックルワイパーはさすが、『メーカーがしっかり研究しているんだろうな~』と感じています。 ただ、 柔らかい素材(ゴムっぽい感じ)で、汚れが目立ちやすい気はします。 黒ずんでくるというか。 でも、シートを装着している時は見えない部分だし まぁあまり気にしないことにしています。 無印は外してモップ(雑巾)をつけられる 無印は、ベリッとはがすことで 使い捨てシートだけでなく、洗って繰り返し使えるモップ(雑巾的な)を取り付けることができます。 オシャレな暮らしのブロガーさんがよく使っていたりするのでわたしも買ってみたけど…、 この『ベリッ』とはがすのが、案外めんどくさい。 少し力がいるんです。 当たり前だけど。 わたし、雑巾洗うのが苦手で… で、結局洗う必要があるなら、普通の雑巾をクイックルワイパーに装着しても同じじゃないか?と思った。 わたしはダイソーで売っている、フローリングワイパーに装着できる白いマイクロファイバー雑巾(3枚組)が好きで時々買い替えながら使っています。 クイックルワイパーを使って約3年。 無印…手放します。 そして懺悔。 実は、先にも書いたけど 無印のワイパーは独身時代から使っていました。 でも、なんか、使いにくさを感じていた。 使いやすくなってるかもしれないと思って。 結局 (使いやすいけどちょっとダサくて、無印のシンプルさに誘惑されて…)手放そうかと思っていたクイックルワイパーくんに戻り、浮気した無印くんとお別れすることにしました。 本当、無駄… よーく吟味して、 見た目も大事だけど使いやすさも十分考慮して、長い期間気に入って付き合っていける物を選んでいきたいものです。

次の