バーニング サーキット。 イルシオン「オースシリーズ」装備性能、エンチャント情報

バーニングフォース

バーニング サーキット

[バーニングハート]日野茜 属性 パッション レア度 Sレア Lv上限 60 親愛上限 40 Lv1攻撃値 5020 1コスト比264. 2 Lv1守備値 3540 1コスト比186. 3 最大攻撃値 13178 1コスト比693. 5 最大守備値 9293 1コスト比489. 0 Lv1守備値 4248 1コスト比223. 5 Lv1攻撃値 MAX特訓時 8660 1コスト比455. 7 Lv1守備値 MAX特訓時 6108 1コスト比321. 4 最大攻撃値 19955 1コスト比1050. 3 最大守備値 14073 1コスト比740. 2020-05-06• by 名無し ID:7RGyk4uUXw• 2020-04-25• by 名無し ID:7RGyk4uUXw• 2020-04-10• by 名無し ID:7mgsdMKExg• 2020-04-09• by 名無し ID:ggnE09atcA• 2020-02-18• by ecsgr• by 名無し ID:56sGHRtGeQ• 2020-02-17• by ecsgr• by 名無し ID:Yns5u8NV7g• by 名無し ID:Yns5u8NV7g• 2020-01-13• by 名無し ID:xlD605ng6w.

次の

超速グランプリ シーズン14:バーニングサーキット

バーニング サーキット

『富士通 乾電池 提供 ミニ四駆ジャパンカップ2016チャンピオン決定戦』お台場MEGA WEBにて開催! 当日は「東京大会EX」としてオープンクラス最後の代表枠をかけた予選大会も開催。 また、コンクールデレガンス日本一も決定したほか、実車エアロアバンテの走行やRCカー体験コーナーなどイベント盛りだくさんでお楽しみいただきました。 チャンピオン決定戦では公式サーキットも『ウルトラバーニングサーキット 2016 Finalバージョン』に改装。 終盤の『富士通トリプルエス』が全てデジタルカーブに変更され、最後の瞬間まで勝負は予測不可能に!ギャラリーも固唾をのんで見守る中、熱戦の末に今年のミニ四駆日本一が決定しました。 会場の様子 まずは『ウルトラバーニングサーキット 2016』でオープンクラス最後の予選「東京大会EX」。 今年もお台場MEGA WEBが決戦の地となりました。 に則って車検を行うのはいつもと同様です。 「東京大会EX」の表彰台。 優勝選手はこのあとチャンピオン決定戦へ! 「東京大会EX」上位入賞マシン。 販売コーナーも盛況でした。 ステージ上ではコンクールデレガンス作品紹介も。 ジャパンカップ2016コンクールデレガンス日本一はこの「スパークルージュ L. 」! 製作者と共にコンクールデレガンス日本一の表彰台へ。 この日は展示・体験コーナーなども盛りだくさん!実車エアロアバンテの展示・走行もありました。 実車エアロアバンテは昨年のジャパンカップチャンピオン決定戦からちょうどデビュー1周年。 今回も多くのご注目をいただきました。 ミニ四駆全車展示。 自分の愛車を探したり、見あきることがありません。 コンクールデレガンスコーナー。 当日参加マシンとジャパンカップ各地区大会の最優秀マシンを展示。 こちらは「ミニ四駆ワークショップ」。 その場でミニ四駆が組み立てられます! モーターの力でゆかいに動く「ロボクラフト」シリーズの体験コーナー。 手軽に楽しめるRCカーの体験走行コーナーも。 小さなお子様でも道路を模したコースをスイスイ走行させられます。 さあ、午後はいよいよチャンピオン決定戦!サーキットは『ウルトラバーニングサーキット 2016 Finalバージョン』! MCガッツの宣言と共に、決戦の幕が開きます! 勝者に贈られる栄光の入賞杯もスタンバイ! 『Final バージョン』のサーキットは終盤の『富士通トリプルエス』をデジタルカーブに変更。 勝敗にどう影響するでしょうか。 事前に受付と車検・電池交換を終えた出場マシンは大会本部にていったんお預かりし、厳重に管理されます。 レースの組み合わせを決める抽選の様子。 チャンピオンズの頂点が決定するファイナルヒート。 ジュニアクラス・ファイナルヒート。 こちらはオープンクラスのファイナルヒート。 入賞者・入賞マシン 【チャンピオンズ】 ・優勝車スペック ボディ:アスチュート クリヤーボディ シャーシ:VS モーター:パワーダッシュ ギヤ比:3. 5:1 【ジュニアクラス】 ・優勝車スペック ボディ:アスチュート クリヤーボディ シャーシ:VS モーター:ハイパーダッシュ3 ギヤ比:3. 5:1 【オープンクラス】 ・優勝車スペック ボディ:マンモスダンプ シャーシ:MS モーター:マッハダッシュPRO ギヤ比:3. 7:1 大変多くのレーサーにご参加いただいた今年のジャパンカップもついに日本一が決まりました! 次に頂点に立つのはあなたかもしれません。 それではまた逢う日まで、Keep on Running!

次の

イルシオン「オースシリーズ」装備性能、エンチャント情報

バーニング サーキット

一昨年は中国代表、そして昨年は国内代表選手が勝利をし、今年のタイトルはどの国が手中にするのか注目が集まる大会となりました。 本大会は18回目を迎えるタミヤのお祭り「タミヤフェア」内で開催されました。 会場の様子 この日のために用意された『Step Burning Circuit worlds 2016』! 朝の選手入場。 早くも緊張感が伝わってきます。 『Step Burning Circuit worlds 2016』のほか、フリー走行用の『ウルトラバーニングサーキット』を設置。 『MCガッツ』と『櫻井なる』さんによるオープニングでイベント開幕! 『MC GUY』と『MCウッツ』も熱い実況で盛り上げます。 本戦前には練習走行を実施。 選手各々がセッティングを模索していました。 練習走行からもう1枚。 「より速く」を目指して走行を繰り返します。 通常の公式レース同様、「公認競技会規則」に従い車検を行います。 「ワールドチャレンジ」参加選手全員での集合写真。 栄光のトロフィーを勝ち取るのはどの選手でしょうか!? 『Step Burning Circuit worlds 2016』最初のセクション『Quick Turn45』を通過していく! ジャパンカップ『ウルトラバーニングサーキット』でおなじみ『DOUBLE DRAGON』!! この『Eiger Slope Evo. 』から『Eiger Step』はコースアウトが多発する難関セクション。 いよいよ優勝決定戦。 集中力がみなぎっています。 優勝した選手に祝福の抱擁や拍手が送られ、すがすがしい決着の場面でした。 「ワールドチャレンジ2015」参加選手の様子 「ミニ四駆」を共通言語として、国際的な親交も深まりました。 7:1 タイヤ:大径カスタム.

次の