デジタル データ リカバリー 消費 者 センター。 データ復旧の基礎知識コラム|Logitec データ復旧技術センター

徹底比較!データ復元会社ランキング

デジタル データ リカバリー 消費 者 センター

会社名 価格 低料金、完全報酬制度 成功報酬型 メモリーカード35,000円~など 固定料金制、保証期間内なら無償対応 完全報酬制、HDD49800円~から 完全報酬制、HDD25,000円~ 設備 クラス100クリーンルーム、レーザー顕微鏡など クリーンルーム 国内3拠点にデータ復元センター 重度物理障害にも対応できる専門ラボ 物理障害に完全対応したラボ 技術 国内最大手のHDDメーカーであるBuffaloにデータ復元の技術提供を行っている 元HDDの設計者など在籍でレベルの高いスタッフが揃う データ復元サービスの大手と提携し、より高度な復元作業が行われる 完全自社対応で高度な技術 独自ツールによるデータ修復で高い復元率 データ復元実績 大手1000社以上のデータ復元に対応 50000件以上 官公庁・法人などからも多数の依頼あり 大手企業・医療機関などでも実績あり 大手企業でも多くの実績あり 対応メディア HDD、SSD、RAID、NAS、サーバー、SDカード、USBメモリなど HDD、RAID、サーバー、NAS、SDカード、USBメモリなど HDD、NAS、SDカード、CFカード、光メディア、USBメモリなど HDD、RAID、NASなど HDD、RAID、NAS、メモリーカードなど お電話でのお問い合わせ: ・ ・平日9:00~18:30 ・土曜9:00~17:30 価格 低料金、完全報酬制度 設備 クラス100クリーンルーム、レーザー顕微鏡など 技術 国内最大手のHDDメーカーであるBuffaloにデータ復元の技術提供を行っている データ復元実績 大手1000社以上のデータ復元に対応 対応メディア HDD、SSD、RAID、NAS、サーバー、SDカード、USBメモリなど 特徴 アドバンスデザインは、データ復元のパイオニアとして業界トップクラスの技術力で高い信頼を得ています。 1995年の創業以来、個人ユーザーや大手企業のメディア・システムなど様々なデータを復元してきました。 アメリカのHDD大手メーカーであるSeagate社との技術・業務提携を行っている他、国内最大手HDDメーカーのBUFFALOとも提携しBUFFALOが対応できないデータ復元を請け負っているなど、技術力の高さが窺えます。 また、アドバンスデザインはデータ復元業界の健全化を目指すDRAJに常任理事として加盟しており、数あるデータ復元会社の中でも信頼がおける企業と言えます。 データ障害には「物理障害」と「論理障害」の2種類があります。 「物理障害」の対応にはクラス100のクリーンルーム環境を完備し、大切なデータを修復しており、「論理障害」についても軽度~重度のものまで対応しています。 さらに、最高水準のセキュリティとして、国際規格ISO9001、ISO27001を取得し、データ復元サービスの品質や、情報漏えい対策に対しても社内の管理体制を徹底しています。 できる限り便利にデータ復元サービスを受けられるよう、全国4都市での窓口サービスに直接メディアを持ちこめる店舗を展開しているほか、診断・見積り後のキャンセルが無料であり、データを復元できなかった場合も料金は発生しません。 低料金かつ完全成果報酬制度のため、ノーリスクで依頼できます。 価格 成功報酬型 メモリーカード35,000円~など 設備 クリーンルーム 技術 元HDDの設計者など在籍でレベルの高いスタッフが揃う データ復元実績 50000件以上 対応メディア HDD、RAID、サーバー、NAS、SDカード、USBメモリなど 特徴 A1データリカバリーは軽度な論理障害から重度物理障害まで対応可能、軽度な障害についてはリモートサービスを利用して自宅にいたままデータ復元してくれるデータリカバリーも行っています。 もちろん重度物理障害についてもラボで専門的に解決してくれます。 障害メディアのデータ復元はもちろん、アプリケーションデータの復元なども幅広く手掛けているのもA1データリカバリーの特徴でしょう。 古いバージョンのファイルも復元可能です。 価格 固定料金制、保証期間内なら無償対応 設備 国内3拠点にデータ復元センター 技術 データ復元サービスの大手と提携し、より高度な復元作業が行われる データ復元実績 官公庁・法人などからも多数の依頼あり 対応メディア HDD、NAS、SDカード、CFカード、光メディア、USBメモリなど 特徴 バッファローは外付けHDDの大手メーカーとして知られ、2017年5月よりデータ復元サービスに参入しています。 重度の障害に関しては、グループ会社であるアドバンスデザイン株式会社のクリーンルームにて高度な復元作業が行われるなど、データ復元から消去、故障機器の廃棄までをすべて自社で完結できるのが強みです。 料金は障害レベルに応じて設定されており、あらかじめ固定料金が提示されるため、復元作業後に追加料金が発生するような心配がありません。 価格 完全報酬制、HDD49800円~から 設備 重度物理障害にも対応できる専門ラボ 技術 完全自社対応で高度な技術 データ復元実績 大手企業・医療機関などでも実績あり 対応メディア HDD、RAID、NASなど 特徴 大阪データ復元は大阪で全国からのデータ復元を受け付けており、医療機関などからも依頼を受けている技術力の高い企業です。 物理障害まで全て大阪の自社専門ラボで本社対応してもらえるので、安心して任せられますね。 近畿圏の方であれば、持ち込みでスピーディーに診断、データ復元作業を行ってもらうことも可能です。 24時間有人警備をつけているなどセキュリティ体制も万全となっていますので、個人情報の入ったデータも大丈夫です。 価格 完全報酬制、HDD25,000円~ 設備 物理障害に完全対応したラボ 技術 独自ツールによるデータ修復で高い復元率 データ復元実績 大手企業でも多くの実績あり 対応メディア HDD、RAID、NAS、メモリーカードなど 特徴 データレスキューセンターは初期診断から最短48時間の初期報告など6つの理由でお客様に選ばれているデータ復元業者になっています。 これまでの実績なども優れており、九州の大手企業を中心に実績を伸ばしています。 ハードディスクなどの軽度論理障害は格安の固定料金でデータ復元を実施しているので、個人のお客様も安心して依頼することができますね。 初期診断費用は無料、データ復元可能と診断されたデータリストのデータが復元できなかった時は料金発生なしです。 人気のデータ復元会社を徹底比較 「失ったデータを取り戻す!データ復元比較ガイド」では「アドバンスデザイン」「A1データリカバリー」「日本データ復元サービスセンター(AOS)」「ロジテック」「WinDiskRescue くまなんピーシーネット 」「大阪データ復元」「データサルベージ」「データ復元センター」「日本データテクノロジー」を取り上げ、それぞれの業者の技術や料金体系、設備やサービスについて詳しく紹介しています。 上位5社については一目でわかる比較表も掲載、データ復元費用、データ復元のスピード、データ復元実績、データ復元技術、導入設備とツール、品質規格、対応メディア、評判を評価して掲載しました。 ハードディスク、NAS、サーバーなどのデータが消えてしまった、アクセスできなくなったということで困った時には役立つランキングとなるでしょう。 どの業者も論理障害はもちろん、重度の物理障害にも対応できる技術を備えています。 「失ったデータを取り戻す!データ復元比較ガイド」のよいところとして、実際にデータ復元を行ってもらった方に口コミを寄せてもらっており、体験談が多数に上っているところです。 中には、ランキングに掲載されている業者についても厳しい、よくない評価がなされていることもあると思います。 業者のよいところはもちろん、悪い口コミにも注目して業者選びをしたいですね。 データ復元実績が多く、技術力や設備で一日の長がある業者はやはり満足度が高い傾向にあります。 特に重度物理障害の事例では、業者の技術力やスタッフの対応、スピーディーな復元といったポイントが口コミ評価を大きく左右しているようです。 データ復元はスタッフの技術、業者全体のデータ復元に対する能力が一番問われる部分です。 料金が安いだけでなく、確実にデータ復元が期待できる優良業者を選びたいですね。 データ障害が物理障害である、とても大切な業務用データであるならなおさらです。 「失ったデータを取り戻す!データ復元比較ガイド」ではデータ障害やデータ復元について、またデータ復元の業者に依頼する際に注意すべき点などについての基礎知識についても紹介されているので、ご一読いただければと思います。 「データ復元に関する基礎知識」では「論理障害と物理障害の違い」「この症状が出たら要注意」「こんなときに!状況別対処法:パソコンが起動しない」「データが破損・消滅時の対処法」について、「メディア別データ復元方法」では「ハードディスク・HDDのデータ復元方法」「RAIDのデータ復元方法」「サーバーのデータ復元方法」「NASのデータ復元方法」「SSDのデータ復元方法」「USBメモリー・SDカードのデータ復元方法」について、「データ復元会社にお願いする前に知るべき3つの事」では「データ復元が可能なメディア」「データ復元に必要な費用と相場」「データ復元会社の正しい選び方」について記載されており、役立つ記事になるでしょう。

次の

北九州データセンター(アジアン・フロンティア)|IDCフロンティア

デジタル データ リカバリー 消費 者 センター

デジタルデータソリューション(株)が運営する デジタルデータリカバリーは、パソコンやスマホ、デジカメなどのHDDやUSBメモリ、SSD、メモリーカードなどが故障した際、中身のデータを取り出す データ復旧サービスを提供しています。 デジタルデータリカバリーは、シェアナンバーワンを維持し続けていますし、2011年以降、累計相談数18万件以上、復旧成功率は月あたり最高95. 2%と業界最高レベルをキープし続けています。 しかし、デジタルデータリカバリーの口コミを調べていると、 データ復旧に失敗したとか、トラブルが多く消費生活センターの常連などといった悪質な評判もチラホラと見つかります。 果たして、デジタルデータリカバリーにデータ復旧を任せても安心なのでしょうか?• パソコン(デスクトップ、ノート、タワーなど)• サーバー• 外付けHDD/NAS• スマホ• USBメモリ• ビデオカメラ• デジカメ• メモリースティック• メモリーカード など ハイレベルな障害でも修復できる設備 デジタルデータリカバリーでは、復旧手順さえ知っていれば、素人でもデータ復旧できるような初歩的な依頼もあれば、エンジニアが十分な注意を払って作業をしないと、かえって状況が悪化しかねないハイレベルな障害の復旧依頼もあったりと、毎日、さまざまな依頼が舞い込んできます。 このため、短時間で効率よくデータ復旧が行えるように、デジタルデータリカバリーでは、さまざまな工夫を行っています。 クリーンルーム/クリーンブースの設置(ホコリによる故障の悪化を防ぐ)• ドナー部品のストック数が国内最多(常時平均7,344台)• データ復旧の難易度に合わせた3種類のグループに最適な作業の割り当て デジタルデータリカバリーに寄せられる 相談の57%が、難易度の高いデータ復旧となっています。 他社で復旧できなかったデータがデジタルデータリカバリーで復旧できたケースは、343件中205件と多いです。 データ復旧中の情報漏えいを防ぐ仕組みを確保 デジタルデータリカバリーにデータ復旧を依頼している間に、サイバー攻撃を受けるなどして、情報流出が起こったら大変なことになりかねません。 特に、個人情報や機密情報などが含まれた重要なデータであるほど、情報漏えいは許されません。 デジタルデータリカバリーは最短で依頼日に復旧完了 デジタルデータリカバリーでは、復旧作業の効率化とハイレベルの設備、技術者を確保しているため、 短時間でのデータ復旧が可能です。 デジタルデータリカバリーの店舗に持ち込んだ場合は、来店した時間帯にもよりますが、最短当日にデータ復旧が終了します。 郵送/宅配便でも、最短翌日という迅速さです。 デジタルデータリカバリーは自社社員(データ復旧アドバイザー)が対応 デジタルデータリカバリーでは、アルバイトや外注などではなく、全て自社社員が顧客対応を行っています。 「できるだけ専門用語を使わずに、必要な説明をわかりやすく伝える」ことを目的とした データ復旧アドバイザーが対応しているため、 専門用語がわからない人はもちろんのこと、深い内容まで把握したいときなどにも役立ちます。 デジタルデータリカバリーの口コミや評判は? 次に、デジタルデータリカバリーを利用した人たちの口コミや評判などをまとめました。 一応デジタルデータリカバリーのレビュー見ておこうと思って、検索で引っかかったサイト何個か見たんですけど良いことしか書かれてなかったので、早速電話を書けました。 えぇ、まんまとサテライトサイトに騙されましたよ笑 このデータ復旧業界に関しては、サイトやブログに載ってるレビューは余り真に受けない方が良い気がします。 見た感じデータ復旧業者が金積んで他社の事を悪く書かせてる記事やコメントもありそうですし、サテライトサイトも乱立してたりします。 あなたの大切なデータが入ったハードディスクを業者に送った瞬間から、業者に人質を取られたことになります。 お客様至上主義であるここ日本において、大切なデータが入ったハードディスクを業者に手渡した瞬間から、お客様と業者の力関係が逆転し、業者の方が強い立場になるという天変地異が起こるのです。 だって、仮に無料見積もりもらって、金額に納得いかなくて、やっぱりこの業者に依頼するの止めるってなった場合に、データ復旧業者に預けてるハードディスクが無事に帰ってくる保証はどこにもありません。 そこを逆手にとって、デジタルデータリカバリーのようなデータ復旧業者の営業担当は割とグイグイ系で言葉巧みに、故障したハードディスクの郵送を促してきます。 仮にもIPAの情報処理試験レベル4ホルダーです。 デジタルに関しての最低限のお作法はわきまえているつもりです。 実際データ復旧を全てを終えて思ったのは、データ復旧会社は基本詐欺、いや、正確には詐欺し放題かな。 結局、データ復旧業者は嘘つき放題なんですよね。 もう二度とデータ復旧業者は利用しません。 引用元: デジタルデータリカバリーにhddが壊れたので、復旧を依頼しました。 初期診断で担当者から「安心してください。 復旧できます」「ただ、ご希望のデータが出るかどうかは五分五分です」と言われ、少しはデータが復旧すると思い、復旧をお願いしました。 ただ、結果は全くデータは復旧せず、作業費だけ何十万も請求されています。 引用元: 最後に問合わせをしたのがデジタルデータリカバリー(日本データテクノロジー)でした。 他社で物理障害と診断され依頼したが、2週間かけて復旧出来なかった。 急いでいるのでなんとか3日で復旧できないか?と伝えると、「お任せ下さい」とのこと。 結果、依頼をした翌日には全てのデータが戻ってきました。 しかも、他社で「物理障害」と診断された症状は全くのデタラメで、実際はハードディスクのファームウェア障害だったとのこと。 2週間かけてまともに症状すらわからないって、そんなことありえるのかとデジタルデータリカバリーの担当者に聞いてみると、「物理障害とファームウェア障害は症状が似ているので、勘違いしてしまう業者さんは多いですよ」との回答。 結果、仕事も滞ることなくデータが復旧でき、万々歳という結果でした。 ネットの悪評、デマに騙されずに最初からデジタルデータリカバリーに依頼をしていればよかったという話でした。 引用元: 10年くらい使っていた外付けハードディスクが先日壊れてしまい、デジタルデータリカバリーという会社でデータを復旧していただきました。 復旧したデータですが、子供をメインとした家族の写真や動画と、CDからリッピングした音楽データ(CDアルバム500枚分ほど)です。 どちらもバックアップはとっておらず、復旧出来なければ二度と手に入らないデータでした。 私が支払った復旧費用は約20万円でした。 ハードディスクが物理障害を起こしている状態であり、復旧費用が比較的高くなる障害だったようです。 私はデジタルデータリカバリーを利用させてもらいましたが、結果サービスには満足しています。 費用はどの会社も同じでしたが思ったよりも高い感覚ですが、大切なデータが完璧な状態で戻ってきたのは本当に助かりました。 引用元: きっとちゃんと復旧できる技術はあるんだと思います。 ただ、サポートは良いとは言えません。 特に支払いなどのやり取りが終わった後から一切連絡が来なくなるあたり。 この企業のサポートはお金をもらえる段取りができたらそこで終わりなのかなと感じました。 あと、こちらが頼んだことに対して「できる」「できない」の折り返しをしてこないところ。 これが一番ひどいのではないかと。 「検討して後程ご連絡させていただきます」と言ったにも関わらず連絡が無い。 もうこの時点でデジタルデータリカバリーに対する信用は無くなりました。 正直今後何かあっても復旧依頼する気は全くありません。 自分は利用して凄く後悔していますし失敗したと思っています。 絶対におすすめはしません。 引用元: デジタルデータリカバリーの評価は? 口コミサイトでのデジタルデータリカバリーの評価をまとめました。 (注記)デジタルデータソリューション(株)はデジタルデータリカバリーの運営元です。 この中には、ステマやネガキャンなども入り混じっていると思われますが、おおよそ平均以上の評価と見られます。

次の

データピットのHDD(ハードディスク)復旧技術と復元価格

デジタル データ リカバリー 消費 者 センター

景表法の専門家も参加、クレームを減らしCX(顧客体験)向上を目指すため新設 デジタルデータソリューション株式会社 本社:東京都中央区、代表取締役社長:熊谷聖司、以下デジタルデータソリューション は幅広いお客様の声を吸い上げることでクレームを減らし、サービスの質向上を目指す取り組みとして「社長直轄ダイヤル」を、2018年10月1日(月)に立ち上げたことをお知らせいたします。 1 を獲得し、成長し続けて参りました。 現在、展開する「デジタルデータリカバリー」「デジタルデータフォレンジック」の各サービス宛に非常に多くの問い合わせをカスタマーサポートセンターで受けております。 その中で、「専門用語が多く、担当者の話が分かりづらい」「急いでいるのに折り返しが遅い」「web表示が分かりづらい」等のご意見もいただいており、お客様のサポート面において、サービスの質、CX(顧客体験)向上に向けた対策の必要性を感じておりました。 そこで今回、「社長直轄ダイヤル」を新設し、カスタマーサポートセンターを介さず、直接お客様の声を経営層が吸い上げることにより、今後の顧客サポート活動に活かすと共に、クレーム0件を目指して参ります。 いただいたご相談内容は、「代表取締役」「経営管理部管掌役員」「外部専門家*」の3者にデイリーで配信され、対応についてスピーディーに議論が行われます。 また、議論の結果についても担当役員より直接ご連絡をいたします。 また、社内での「クレーム撲滅プロジェクト」や、「コンプライアンス委員会」も同タイミングでスタートし、当社全体でサービスの質改善の動きを強化して参ります。 消費者庁表示対策課などにおいて、景品表示法に課徴金制度を導入する改正法や政府令・ガイドラインを立案した他、景品表示法の調査マニュアルの策定の助言や景品表示法の周知のため各地での講演などの経験。 消費者庁を退職し、弁護士に復帰してから、消費者庁による数多くの景品表示法の調査対応において、複数の措置命令・課徴金事案を経験。 景品表示法実務に関し、ルールメイキングの業務でも豊富な経験を有しております。 1のデータ復旧サービスを提供しております。 ビジョンに掲げる「世界シェアNo. 1」を実現するため、データフォレンジック事業、データワランティ事業、データバックアップサービスなどの新規事業を展開。 スマホやPCなどの端末から、ネットワーク、データセンターまで、世の中のあらゆるデータトラブルのトータルソリューションカンパニーを目指しています。

次の