日 工大 サ ポータル スマホ。 モバイル端末からも快適な社内ポータルが簡単に。|ディスカバリーズ株式会社のプレスリリース

『あつまれ どうぶつの森』スマホ連携サービス「タヌポータル」が3月中に配信決定―過去作のマイデザインを持ってこれる!

日 工大 サ ポータル スマホ

Office 365 の導入効果を最大限に引き出すInSite InSite は、社内情報を一元管理して、必要な情報を社員に届けるOffice 365 ベースの社内ポータルサイトです。 Office365 を導入して社内の情報共有・蓄積が進んだものの、 ・社内ポータルにどんなコンテンツを掲載したら良いか分からない ・社員がアクセスしたいと思えるポータルにしたい ・情報やシステムが多様化して必要な情報にたどり着けない といった課題を抱える企業は少なくありません。 InSite には、ディスカバリーズがこれまで培ってきた社内情報共有ノウハウや、そこから導かれたベストプラクティスが凝縮されています。 InSite を導入するだけで、各企業の情報共有ニーズに合った最適なポータルを短期間・低コストで構築することができ、Office 365 の導入効果を最大限に引き出します。 InSite InSite 新バージョンの特長 モバイルでも綺麗で快適。 スタイリッシュな社内ポータル InSite Mobile ・SharePointのモダンUIに対応した InSiteはデザイン性に優れるレスポンシブ対応の社内ポータルで、モバイル端末でも快適です。 ・高い顧客満足度を誇る当社のノウハウで「見た目」のみならず「使い方」を重視したデザインは情報共有と活用を進めます。 簡単にスピーディーに。 ・レイアウトや機能を選択し、社内ポータルサイトを作成するまでに最短15分という速さで サイトの作成 構築できます。 複数のチームサイトを「複製」、「展開」することもできます。 反応を把握して、社内ポータル運営を楽しく ・InSite管理画面に表示されるアクセスレポートでは、コンテンツ単位のパフォーマンスがグラフ表示され、ユーザーの利用傾向を一目で把握できます。 そのためサイト改善のアイデアが浮かびやすく、社内ポータルを効率的にそして楽しく運営できるようになります。 InSite 新バージョンのおもな機能 さまざまな便利機能を配置し、社員が毎日アクセスしたくなる社内ポータルサイトを構築することで、業務効率が高まり、社員や組織のエンゲージメントが高まります。 ・ローテーションバナーとクイックナビ:情報にアクセスするのに検索は有効な手段ですが、検索リテラシーは人 タイムライン それぞれ。 バナーやクイックナビからは、よく利用する機能やファイルへ 誰もが迷わずアクセスできるため、社員や組織の生産性が高まります。 チームのコミュニケーションも促進します。 タイムリーに配信されるニュースは、クリップして後でまとめ読みをすることもできます。 社員の所属や連絡先などの基本項目のほかに、スキルや得意分野、自己紹介の登録が可能できるため、任意のキーワードで検索すれば、仕事に必要な社員が見つかります。 ・ブログヘッドライン:ブログ最新記事の冒頭文をトップに表示します。 社長ブログなどに使えば、エンゲージメントを高める効果も期待できます。 ・伝言メモ:オンライン中の社員宛に伝言メモを表示、メールによるプッシュ通知もできます。 ・設備予約:会議室などの共有設備を一元管理。 日時を入力すると、利用可能な設備が表示され、同じ画面から会議の開催通知を発信することもできます。 ・ダッシュボード 管理者向け機能 :コンテンツ単位のクリック数がグラフ表示されるため、ユーザーの利用傾向を一目で把握できます。 このほかにも今後、アクセスログと連携した人気記事やよくある質問の一覧、問い合わせのヘルプBOT機能なども搭載予定です。 またオプションサービスとして、各種申請ワークフローや、報告書・稟議書管理、見積・請求書管理、IT資産管理といった多様なニーズに応える機能が用意されています。 works」の一部機能である「タイムライン」と「ピープル」の両機能 を「engauge. works essentials」として提供します。 「engauge. works」に今後追加されるサービスは別途有料にてご利用いただけます。 InSite 新バージョンの価格 新しく月額定額と従量課金の価格体系での提供を開始致します。 ユーザー数に適したプランをお選び頂くことができるため、従来のライセンス価格よりも導入しやすくなりました。 (価格はいずれも税別)。 プランの詳細や無料トライアル、ご購入に関するご相談は、製品ページよりお問い合わせください。 InSite 製品ページ ディスカバリーズについて ディスカバリーズは、ビジネスに貢献する組織内情報共有を実現するため社内ポータルサイトの導入から活用を支援しています。 IT による仕組み作りに加えて、マーケティングによる仕組み作りまで提供し、導入から活用にわたるトータルサービスが提供できることを強みとしています。 社内の人・情報・テクノロジーを活用することでイノベーションを喚起し、「働く」を「楽しく」する世界を作っていくことをビジョンとして掲げています。 ディスカバリーズに関する詳細な情報は、下記Webサイトを通じて入手できます。 discoveries.

次の

【あつまれどうぶつの森】スマホ連携サービス「タヌポータル」でできること【あつ森】

日 工大 サ ポータル スマホ

【2020年6月25日 岡山大学】 小惑星探査機「はやぶさ2」が探査を行ったリュウグウは「C型小惑星」に分類されていて、炭素質コンドライトと呼ばれる隕石にスペクトルが似ている。 一方で、リュウグウの表面は強い宇宙風化を受けているらしいことが「はやぶさ2」の観測データからわかっている。 たとえば、2019年2月22日に「はやぶさ2」がリュウグウの表面に初のタッチダウンを行った際の映像には、着地の瞬間におびただしい量の岩の破片や砂が巻き上げられる様子がとらえられているが、ここに写っている岩石の破片の中には、平べったい板状の石で片面が白っぽく、もう片面が黒っぽいものが見られる。 「はやぶさ2」の第一回タッチダウン(2019年2月22日)で四散するリュウグウの物質をとらえた連続画像。 矢印で示した破片は回転しながら黒色から白色へと変化しているように見える(提供:JAXA) 岡山大学のChristian Potiszilさん、中村栄三さんたちの研究チームは、このように面によって大きく色が異なる岩石片は、宇宙風化によって表面が変色したものではないかと考えた。 一般的に、普通の岩石の主成分であるケイ酸塩が多い岩石では、宇宙風化を受けると鉄の微粒子が表面で生成されるため、反射率が下がって黒っぽくなる。 一方、有機物を多く含む岩石では、宇宙風化によって有機分子が黒鉛に変化するため、反射率が高くなって白っぽい色に変わる。 そのため、「はやぶさ2」の映像で見られる岩石片は、黒っぽい面がリュウグウの内部側、白っぽい面がリュウグウの表面側を向いていたのではないかと推測したのだ。 そこでPotiszilさんたちは、過去に行われた様々な隕石の宇宙風化実験のデータと、「はやぶさ2」で得られているリュウグウの反射率の観測データから、リュウグウの表面物質に含まれる有機物の量を理論的に計算してみた。 この結果から研究チームでは、リュウグウはもともと氷と有機物からなる彗星の核だったのかもしれないと考えている。 彗星核が周期的に太陽に接近することで氷が失われ、有機物の濃集や重合、分解などの化学反応が進んだことで、有機物の割合が非常に高くなったのではないかというのだ。 研究結果に基づくリュウグウの進化の歴史。 もともと氷と有機物でできた彗星の核だったリュウグウは、繰り返し太陽に接近することで氷が昇華して失われ、有機物が濃集した。 同時に、軌道上の岩石物質が徐々に彗星核に取り込まれていった。 氷が揮発することで核のサイズが減少し、自転速度が速まることで、そろばん玉型の形状を持ち、有機物に富む瓦礫状の小惑星になったという(提供:(リュウグウ画像)JAXA、東京大学、高知大学、立教大学、名古屋大学、千葉工大、明治大、会津大、産総研、(その他)岡山大学プレスリリース この枯渇した彗星核が軌道上の岩石質の物質を取り込んだと考えれば、現在のリュウグウががれきの集積したスカスカの天体(ラブルパイル天体)であることも説明できる。 さらに、取り込まれた岩石物質は相対的に密度が高く重いため、時間とともにリュウグウの中心に沈み込んでいくが、表面からは氷が蒸発して失われるため、リュウグウのサイズは小さくなる。 この効果でリュウグウは次第に自転が速くなり、現在のように赤道部分が張り出した「そろばん玉」型の形状になったのではないかとも考えられる。 今年の年末に「はやぶさ2」が地球に帰還し、リュウグウのサンプルを持ち帰ることができれば、この推論が正しいかどうかをサンプルの直接分析で確かめることができる。 中村さんは、「この研究の発端は、YouTubeで『はやぶさ2』のタッチダウンの動画を何度も見ている最中の思いつきです。 実際に回収試料を分析することによって、自分が立てた仮説を自分たちの手で検証できることが科学者としての最高の喜びです」とコメントしている。

次の

「Human(人)の未来」をテーマに「サイエンスアゴラ2019」が15日から3日間開催 どんな未来を生きていくか多様な視点から考える機会を提供

日 工大 サ ポータル スマホ

国内最大級の科学フォーラム「サイエンスアゴラ」が今年も「サイエンスアゴラ2019」として11月15日(金)から3日間、科学技術振興機構 JST が主催して東京・お台場地域の日本科学未来館とテレコムセンタービルで開かれる。 「アゴラ」は古代ギリシャ語で「広場」の意味で、「サイエンスアゴラ」は「科学と社会をつなぐ広場となり、両者の関係をより深めていく」ことを目指して毎年秋に開かれている。 「サイエンスアゴラ2019」のチラシ(一部)。 左は本物と見まがうほどリアルな3DCG女子高生「Saya」 今年で14回目。 Human(人)の未来を正面から捉えた。 「科学技術が一層進んだ未来に私たちはどんな暮らしをしていきたいか」「こうありたいと願う未来を創るための科学技術とは」「機械やAIなどの新技術に委ねたくない人間の本質、幸福とは」。 今年の「サイエンスアゴラ」は未来に向かって自分が何を選び、どう生きていくのかをさまざまな視点から考える機会を提供する。 17日までの期間中、基調講演やキーノートセッション、ブース企画など、合わせて140以上の多彩な企画が進行する。 企画・運営担当者は「サイエンスアゴラでしか体験できない特別な企画が多数あります。 小さな子供が楽しめる素朴な企画から、未来の技術を体感する展示やシンポジウムまで、幅広い層に楽しんでもらえると思います。 多くの方に来場いただき、さまざまな意見を伺いたい」など話し、多くの来場者を期待している。 「サイエンスアゴラ2019」が開かれる会場のひとつ、日本科学未来館(15日の会場) 初日の15日は午後1時に開幕する。 「開幕セレモニー」や「基調講演」のほか、「キーノートセッション」が日本科学未来館で予定されている。 「基調講演」では、土木コンサルタントとして単身でインドに赴任して地下鉄工事をけん引した「オリエンタルコンサルタンツ インド現地法人」取締役会長の阿部玲子氏が「マダム、これが俺たちのメトロだ」と題して講演するほか、「ユーロサイエンス」総裁のマイケル・マトローズ氏が未来世代に対して未来の科学界の担い手が何をなすべきかを語る予定だ。 開幕に先立って国立研究開発法人協議会(国研協)によるセッション「国研協による科学技術の連携で目指すSDGs」や、10月下旬に授賞者が発表された「STI for SDGs」アワードの表彰式が予定されている。 「STI for SDGs」アワードは、STI Science, Technology and Innovation で地域課題を解決する取り組みを表彰し、その取り組み内容を発信、共有することで同じような社会課題を抱える地域への水平展開を促し、さらに他の地域での社会課題の解決、国連の「持続可能な開発目標 SDGs 」の達成への貢献を目指して創設された。 文部科学大臣賞は「北陸先端科学技術大学院大学、山梨県立大学」の取り組み「染色排水の無害化を切り拓く最先端の草木染め」に、科学技術振興機構理事長賞は「みんな電力株式会社」の取り組み「『応援』やブロックチェーンを通じて再生可能エネルギーの生産者と消費者をつなぐ『顔の見える電力』」に授与される。 「サイエンスアゴラ2019」の会場となるテレコムセンタービル(16日と17日の会場)• 昨年開催された「サイエンスアゴラ2018」の一幕。 テレコムセンタービル1階のアゴラステージで行われた企画の様子。 今年もアゴラステージが設けられる。 以下に16日、17日の企画の一例を紹介する。 ( )内は開催日と企画提案・出展者。 (順不同、詳しくは)• アゴラ市民会議「どんな未来を生きていく? ~AIと共生する人間とテクノロジーのゆくえ」(16日、科学技術振興機構・日本科学未来館)• トークセッション「2019年は国際周期表年! ~今こそ化学について考えよう」(17日、日本科学未来館)• 「超人スポーツ」をつくろう/体験しよう!(16、17日、超人スポーツ協会)• 良縁創出企画「お台場100人論文」(16、17日、JSTサイエンスアゴラ事務局)• IVRC(国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト)2019 決勝大会(16、17日、日本VR学会・IVRC実行委員会)• Science for Peace 〜大型加速器が創る世界平和〜 アゴラステージ(16日、リニアコライダー・コラボレーション)• Science for Peace 〜大型加速器が創る世界平和〜 ブース(16、17日、高エネルギー加速器研究機構)• Emo-talk(16、17日、博報堂ブランド・イノベーションデザイン、科学技術振興機構)• 知る・語る!未来の食「培養肉」(17日、科学技術振興機構 Team NIKU)• 世界における社会のための科学(EU代表部、南アフリカ大使館、ハンガリー大使館)• ANAアバターで瞬間移動を体験しよう!(16、17日、ANAホールディングス、科学技術振興機構)• 未来の乗り物『RODEM(ロデム)』を体験しよう!(16、17日、テムザック)• 原子や分子をながめたら・・・?!(16、17日、日本コンピュータ化学会)• 顕微鏡でみてみよう~植物の観察とキーホルダー作り~(16日、理化学研究所、ERATO沼田オルガネラ反応クラスタープロジェクト)• 著作権は提供各社に帰属します。 予めご了承ください。

次の