ビジネス 革靴 人気。 スーツ姿は「革靴」で決まる。おすすめのビジネスシューズ&失敗しない革靴の選び方

新入社員に絶対おすすめ!メンズ革靴人気ブランド4選

ビジネス 革靴 人気

ビジネスシューズについて~オシャレは足元から!この言葉は本当です!!~ よくファッション雑誌やサイトなどで、 「オシャレは足元から」といった言葉があるように、 服装はカッコ良くても似合ってない靴を履いていたり、または汚れていると印象が悪くなってしまいます。 足元は、身に付ける小物・アクセサリーと一緒で、性格や生活習慣が出やすい部分。 ビジネスシューズ 革靴 も、場合によってその 人柄を判断する材料のひとつとして重要視されてしまうことも…また、ビジネスだけではなく、冠婚葬祭・就活など履く機会は多くあります。 そこで今回は、普段多くの人が着用するスーツにフォーカスした、ビジネスシューズの基本から、 「ビジネスシューズの種類」「シーン別での選び方」をご紹介していきます。 よりオシャレを楽しみたい方に向けた 「オーダーシューズ」についても触れていますので、どんな靴を履いていけばいいのか迷ったことのある方、これから、新しいシューズをご検討している方は、是非、参考にしてみてください。 < 目次 > -クリックすると各内容へ飛びます- 1. まず知っておきたい!ビジネスシューズ・革靴の基本とは? 一般的にビジネスシューズとは、スーツに合わせる革靴のことになります。 カラーは、「ブラック」「ブラウン」が定番です。 あると困らないのがブラックのシューズ。 ブラウンは、人気のネイビーやグレーのスーツとの相性が良く、オシャレの幅がグッと広がります。 形には、 先が丸い「ラウンドトゥ」と先が長い「ロングノーズ」があります。 長く愛用したい方はクラシカルな ラウンドトゥ、色気のある形が好きな方は ロングノーズがオススメです。 また、紐については、ビジネスシューズの場合は紐付きを用意しておくとよいでしょう。 ラウンドトゥはイギリスの革靴に、スクエアトゥはイタリアの革靴に多い傾向にあります。 bamboo-creation. スーツにおける足元は、よく見られる場所としてマナーの良し悪しが出やすいので、しっかりと押さえておきましょう。 ネイビー・グレーのスーツには、茶色。 靴の色が決まると、ソックスは基本的に同色系で揃え、全体の統一感を出すようにするのが良いでしょう。 スーツの足元は、スラックス パンツ の長さも重要になります。 一般的には、靴を履いた時の裾がヒールの上から3~4㎝ 標準の参考。 靴下の長さは、 座った時に素肌は見えない長さにする。 ny-onlinestore. TPOに合った靴選びも必要になりますが、まずは基本的なマナーを押さえた失敗のない靴を数足用意して置くことが大切です。 知っておきたい「内羽根」と「外羽根」の2つの違い 内羽根とは? 靴ひもを通す穴 羽根 が、甲より前に潜り込んでいる靴。 羽根が開かないため紐の締め付け 調整 が、少しアバウトになってしまいますが、見た目が良く上品な印象になります。 bamboo-creation. 締め付けの調整が難しいタイプではありますが、スッキリとエレガントな印象を醸し出し、落ち着いたスタイルに適しています。 いわゆる、ドレスシューズ・フォーマルシューズによく使われているデザインです。 外羽根とは? 靴ひもを通す穴が、外で開いている靴。 内羽根に比べ、着脱がラクなため、フィット感の調整が行いやすい特徴があります。 bamboo-creation. 内羽根よりもカジュアルな印象なりますが、一般的なシューズにもこちらのデザインが多く取り入れられています。 疲れにくく、動きやすいので、毎日の通勤などアクティブなビジネスマンにオススメです。 スポーティな靴の形状、ワークブーツやチャッカブーツなどによく使われているデザインです。 抑えておきたい!ベーシックなビジネスシューズ・革靴の4つのデザイン 【1】ストレートチップ 横一文字の切り替えがつま先に入っている靴。 切り替えがあることで、つま先にシワが付きにくいため、綺麗な形状を保ってくれます。 黒のストレートチップは「最もフォーマル」な形状で「クロスト」と呼ばれています。 ビジネスシーンはもちろん、冠婚葬祭な場でも着用できる万能さがあり、一足は持っておきたい靴になります。 際立ったデザインがないため、靴のフォルムや革の良し悪しが表れやすい特徴があります。 「プレーン」なデザインは、ストレートチップほどフォーマルさはないが、ビジネスシーンにおいてスタンダードなシューズです。 全体の中の細かい部分や色にこだわれば、全く違った印象になるので、プライベートでも履ける靴になります。 【3】モンクストラップ 「モンク」とは、修道士の意味があり、修道士が履いていた靴を原型としたデザイン。 バックル止めのストラップ 甲を締める が印象的で、紐なしの中では唯一ビジネスシューズとして履ける靴です。 プレーントゥよりも、少しカジュアルさが欲しい時にオススメです。 2つのストラップがついた「ダブルモンク」と言ったデザインもあり、エレガントな雰囲気にピッタリです。 【4】ウイングチップ つま先の切り替えがW字型で、鳥の翼のようなデザインが縫い付けらている靴。 メダリオンが多く施されたデザインが多く、クラシックな雰囲気を演出してくれます。 カジュアルな印象も強いので、冠婚葬祭やリクルートには向きません。 ジャケットスタイルとの相性がよく、オシャレな印象になります。 ビジネスシューズ 革靴 のサイズの選び方 スーツの選び方で、着心地が変わるように、 自分にピッタリ合うビジネスシューズを選ぶことで、体力の消耗の仕方や、仕事の効率にも繋がってきます。 ここでは、 シューズを選びで知っておきたい事と、サイズ選びで押さえておきたいポイントについて見ていきます。 幅を小さくしたい場合は「E」サイズ、幅を広くしたい場合は「EEE」サイズのものを選びましょう。 ビジネスシューズを選んで、サイズ感を確認した後は、歩いて最終確認を必ず行うようにしましょう。 3つのシーン別で見る、おすすめのシューズ・革靴選び 【ビジネスシーン】 おすすめのシューズデザイン: ストレートチップ・プレーントゥ・モンクストラップ 毎日スーツを着る方は、種類や色の違う靴を用意しておくことで、スタイルや季節に合わせた着こなしを楽しむことができます。 カジュアルな印象があるシューズは、一般的なシーンでは不向きになり、また、スウェード素材の靴なども避けておきましょう。 役職によっては、「モンクストラップ」のシューズでオシャレに着飾るのも良いでしょう。 あまりラフな印象になりすぎない、紐靴を選ぶと良い。 ビジネススーツに合わせる場合は、ブラック・ブラウン共に問題はありませんが、リクルートスーツに合わせる場合は、ブラウンカラーの靴は避けておきましょう。 【結婚式・二次会 パーティー 】 おすすめのシューズデザイン: ストレートチップ 紐付き ・ウィングチップ 結婚式での基本はストレートチップを選ぶのが基本になります。 メダリオンのようなデザインは避けておきましょう。 マナーとして、親族の結婚式やスピーチを頼まれている時は、ブラックカラーのシューズがあると無難です。 二次会 パーティー では、ブラウンカラーや、ウィングチップのシューズで華やかに、いつもと違った印象が良いでしょう。 主に3つのシーンに分けてご紹介しましたが、 万能さがあるのが「ストレートチップ」のシューズです。 とりあえず、一足は持っておきたいシューズと言えます。 そこで、長く履きたい場合に覚えておきたいビジネスシューズのお手入れ方法を知ることで、より長く愛用することができます。 既製品は、デザインのバリエーション、カラーが豊富に用意されている場合が多く、急な用事などで必要な時には便利でしょう。 また、気に入ったシューズに出会った場合は、すぐに同じものを購入することができます。 オーダーシューズは、定期的なメンテナンスが必要になりますが、丈夫な革が使われ為、こだわりの分だけ愛着の持てるアイテムになります。 他の人と差を付けたい方は、オーダーシューズがオススメです。 オシャレを追及したい方にオススメ!オーダーでつくるビジネスシューズ・革靴で出来る事とは? Made in Japan ブランドのグローバルスタイル ~オリジナルシューズブランド「GINZA647」~ GINZA647シリーズとは? インポートブランドシューズなどの生産を手掛ける、長い歴史を持つ秋田県シューメイカーで製造しております。 長年受け継がれてきた職人技と最新の流行を融合させることにより、時代にマッチした完成度の高い靴作りを続ける日本屈指の工場です。 繊細で美しいラインと日本人の足にぴったり合った至極の履き心地は日本人の足をしりつくした職人達のハンドメイド仕上げならではの事です。 グローバルスタイルが提供する 「パターンオーダーシューズ」は、お客様にあったサイズ・製法から、オーダーを楽しむことができます。 履き込んでいくうちに足を包み込むような感覚はマッケイ製法ならではの特徴です。 【2】グッドイヤー製法 履くほど足に馴染み、履き心地が良くなる! マッケイ製法と比べると構造が複雑で、ガッチリとした重厚感のある靴になります。 その分丈夫で、修理などのメンテナンスもしやすい点が特徴です。 履き込んでいくと、自分の足により馴染んでゆくのが特徴で、ソールはりかえもできるので長く愛用してゆけます。 オーダーシューズで選べる靴底の2種類 【1】レザーソール ドレスカジュアルな雰囲気、革のみで作られたソール。 通気性・弾力性が高く、反りが良いファッション性のある仕上がりになります。 【2】ゴムソール 実用性と見た目を兼ね備えたバランスの良いソール。 耐久性に優れ、歩きやすさが特徴で長持ちする、外に出る機会の多いビジネスマンにオススメ。 -Global Style- 人気オーダービジネスシューズ・革靴コレクション 【1】ワンピースメダリオン 一枚革で作られたドレスシューズ。 上品なデザインはビジネスシーンでも活躍。 【2】ウィングチップ ラウンド クラシックな雰囲気を演出するシューズ。 外羽根式なので、スーツにもジャケットにも合せられます。 【3】プレーントゥ つま先に飾りのないシンプルなシューズ。 ビジネスシーンでオールマイティに対応できます。 【4】ダブルモンクストラップ オン・オフ共用で使用できるダブルモンクストラップ。 スーツでもジャケットスタイルでも幅広くコーディネートができます。 ダブルモンクストラップ ラウンドトゥ スーツならタイドアップしたスタイルに。 ジャケットスタイルならラフな着こなしに。 オールマイティに使える、一足は持っておきたいデザインです。 【5】紐タッセルスリッポン ジャケットスタイル、カジュアルにもご使用いただけるモデル。 ビットではなくあえて紐タッセルにしているので重すぎないライトな感覚。 【6】チャッカブーツ ラウンドトゥ ジャケットスタイルやカジュアルスタイルなどのくずしたスタイルにとてもマッチします。 ブーツ初心者にもスタイリングしやすいデザイン。 *** いかがでしたでしょうか? 「オシャレは足元から」といった言葉があるように、まず、毎日スーツを着る方は、スタイルに合わせたビジネスシューズを履いていきましょう。 また、種類によって違った印象を演出することもできるので、複数のバリエーションがあると尚良いでしょう。

次の

【メンズ】職場おすすめ人気のビジネスサンダル10選まとめ!

ビジネス 革靴 人気

商品カテゴリー• ビジネスカテゴリー• ブーツカテゴリー• レインシューズカテゴリー• カジュアルカテゴリー• スニーカーカテゴリー• スポーツカテゴリー• サンダルカテゴリー• レディースカテゴリー• キッズカテゴリー• シューケアカテゴリー• アッパー素材には、本革に限りなく近づけたしっとり艶やかな新素材の上質フェイクレザーを使用し、風格漂う仕上がりになっています。 つま先部分は大胆に施されたチゼルトゥで、存在感を発揮しています。 また靴全体を引き締めるために、コバ部分(靴底の縁)にはオレンジカラーのステッチが施されています。 ソールにはグリップ力とデザイン性を兼ね備えた新デザインソールを採用。 インソール&ライニングには鮮やかなレッドカラーを採用し、見えない部分にもこだわりお洒落に仕上がっています。 艶あるビジネスマンにオススメのとっておきのマストアイテムです。 タイプ 【A】ze1072[Black][Brown][DBrown] 【B】ze1073[Black][Brown][DBrown] 【C】ze1074[Black][DBrown] サイズ 24. 5cm 25cm 25. 5cm 26cm 26. 5cm 27cm 28cm スペック 重量:約420g前後 底高:約4. 気になる場合は、消臭スプレー等の使用や陰干しをおすすめします。 スニーカーのサイズ感と異なる場合がございますのでご注意ください。 関連 ワード 仕事,出張,営業,サラリーマン,通学,通勤,結婚式,新生活,冠婚葬祭,卒業式,入園入学,就職,就活,スーツ,入学式,成人式,入社式,リクルート,カジュアルシューズ,ウォーキングシューズ,オックスフォードシューズ,ファッション,短靴,美脚,低価格,ロープライス,お得,シークレット,ダービーシューズ,走れる,紐靴,レースアップ,ロングノーズ,モンクストラップ,ベルト,リピート,アーモンドトゥ,ラウンドトゥ,外羽根,ブラッチャー,黒,黄,橙,茶,濃茶,ブラック,ライトブラウン,ダークブラウン,shoes,ビンテージ,焦がし加工,ヴィンテージ,男,メダリオン,Zeeno,ジーノ,SET こちらはアイフレーム表示対応となっております。 ご覧になられない場合はリンクをクリックして下さい。 5cm 25cm 25. 5cm 26cm 26.

次の

彼氏にビジネスシューズ・革靴をプレゼント!オシャレなブランドは?

ビジネス 革靴 人気

メンズビジネスシューズ(革靴)の選び方のポイント4つ スーツスタイルやきれいめコーデの際に使用するビジネスシューズ 革靴 次第で、スーツが台無しになることも、よりスタイリッシュに見せることも可能です。 革靴を選ぶときにどんな知識を持っておけば良いのでしょうか。 自分の足に合った革靴の選び方として、4つのポイントを紹介します。 たくさんの種類があるビジネスシューズの中から、最も自分に適しているビジネスシューズを選び抜くために必要なポイントです。 仕事の日は、ビジネスシューズを一日中履いていると言うビジネスマンは少なくありません。 特に営業職の方は、フィットしていない革靴を履いていると、体に支障をきたしてしまう可能性があります。 活動の効率を上げ体力を温存するためにも、自分の足にぴったり合ったビジネスシューズを選ぶ必要があります。 せっかく良いブランドのデザイン性の高いビジネスシューズを買ったのに、足に合わなかったと言う残念な結果にならないよう、正しいフィッティングのポイントを知っておきましょう。 特に、グッドイヤー・ウェルト形式と呼ばれる本格的なビジネスシューズを購入する際には、サイズ感は適切なものにしなければ後々後悔することになります。 最初はきつく感じられるかもしれませんが、 本格的な革靴であればだんだんと足に馴染んで柔らかくなってくれます。 逆に、大きなサイズの革靴だと、それを足にフィットさせて縮ませると言うのは不可能です。 自分の足にフィットするビジネスシューズ 革靴 を選ぶためには、少しきつめのサイズを選ぶことをおすすめします。 足がむくむと横幅が大きくなるため、ジャストサイズであっても革靴を履いていると痛みを感じるかもしれません。 良い革靴を選んで、それがジャストサイズであっても、足のむくみを考慮してフィッティングしておかなければ、窮屈すぎてその時間は歩けなくなるかもしれません。 ですから、 革靴を選ぶ際は足がむくんでいる時間がおすすめです。 最も足がむくむ時間帯は夕方です。 1日の間に立ったり歩いたり、座ったりすることによって血液がうっ血してしまうからで、多くの靴のプロは革靴は夕方に買うようにすすめています。 時間を考慮して、むくんでいる状態でも履くことができるサイズを選びましょう。 革靴のサイズ表記はスニーカーのサイズよりも小さいものが良いでしょう。 例えば、いつも27センチのスニーカーを履いているのであれば、26センチの革靴をフィッティングしてみましょう。 ほとんどの場合、スニーカーとビジネスシューズのサイズが同じになる事はありません。 正しいフィッティングをし、自分の足に合った革靴を履くのであれば必ず革靴のサイズの方が小さくなるはずです。 これは サイズ表記の仕方が違うからです。 革靴の場合、あらかじめ爪先の余裕が設けられています。 ですからスニーカーとは異なったサイズになるのは間違っていないのです。 フォーマルなビジネスシーンで使用するシューズには、ストレートチップやプレーントゥーが使用されています。 こうした種類のビジネスシューズを選べば、どんなシーンでも活躍してくれるはずです。 ストレートチップとは、つま先に横一文字が入っている革靴をさしています。 このデザインによって、つま先にシワがつきにくくなるという効果があります。 プレーントゥとは、一切装飾がないシンプルな革靴のことで、カジュアルシューズとしても活用できるシューズといえます。 手入れもしやすく履きやすいので最もおすすめの種類です。 他にも、ウィングチップやUチップ、モンクストラップなどのビジネスシューズの種類があります。 こちらは、スーツよりもジャケットとパンツのスタイルに合わせるのがおすすめのものです。 こうしたデザインの種類を知っておかなければ、同じビジネスシューズでも恥をかく結果になるかもしれないので要注意です。 関連記事 ・ メンズビジネスシューズ 革靴 おすすめブランドランキング10選 ビジネスシーンや仕事の時に使える、おすすめのシューズブランドランキングを紹介していきます。 1位 リーガル リーガルは日本の歴史を背負った靴ブランドとして人気のブランドです。 日本初の靴の製作会社が展開している日本製の革靴とアメリカのリーガルシューカンパニーと言う会社が契約を結び、リーガルと呼ばれるブランドが誕生しました。 リーガルの人気モデルは、 プレーントゥーのエレガントなスタイルの、高級感漂うビジネスシューズです。 さらに、足指の開きを自由に保てるゆとりがあるものや、ボリューム感・クラフト感あふれるナチュラルテイストのものなど、 日本の素材を生かした高級感があるシューズが魅力的です。 4世代にわたり受け継がれており、シューメーカーとしての地位は全く揺らいでいません。 メンズものレディースものともに豊富なラインナップを取り揃え、世界中で人気のあるブランドとして知られています。 「 オードリー」と呼ばれるビジネスシューズは長すぎず短すぎない、絶妙なバランスが取れた洗練されたデザインとなっています。 このブランドでは、 甲の幅が広い日本人にもフィットする種類のビジネスシューズも展開されています。 3位 スコッチグレイン スコッチグレインは1978年に東京で創業された靴のブランドです。 スマートな見た目と、履きやすく丈夫で長く使える靴を展開しており、 コスパ優秀な革靴ブランドです。 履きやすい3Eビジネスシューズや国産の高級カーフを採用した質の高いものなど、 エレガントなシーンやカジュアルなシーンどちらにも重宝できるビジネスシューズが魅力です。 4位 ハルタ ハルタは日本の靴メーカーです。 学生靴ブランドと言うイメージが強く、 優れた質の高い商品を適正価格で提供してくれているブランドです。 ハルタの ウィングチップシューズは、履き心地がよく、汎用性の高いモデルです。 また、上品なガラスレザーのビジネスシューズや、年齢や職業問わず幅広く使用できるシンプルなデザインのラウンドトゥービジネスシューズも人気です。 いつものスタイルを格上げしてくれる革靴をたくさん提供してくれています。 5位 ジャランスリワヤ ジャランスリワヤは2、003年に靴工場の息子が立ち上げたブランドです。 ミリタリーブーツがメインとなっていましたが、人脈と努力により本格的な革靴の製造も開始され、今では高級ブランドから認められる実力ブランドとして知られています。 オーソドックスなデザインや、存在感のあるダブルレザーソールを使用した作りのビジネスシューズなど、様々な種類のものを展開しています。 古くからある本格的なグッドイヤーウェルテッド製法をしており、比較的 お手頃価格で本物の革靴を購入したいと言う方に人気のあるブランドとなっています。 6位 山陽山長 山陽山長は日本人の職人による日本人のための靴が作られています。 2000年に誕生したブランドですが、伝統的な空気が息づく靴として、本物を求めるメンズに高く評価され続けているブランドです。 パンチトキャプテンを採用したビジネスシューズは、フォーマルシーンからカジュアルシーンまで活用できるものとなっています。 光沢やハリのある皮素材を使用することによって 高級感あふれる最高のフォーマルシューズとして活躍してくれるものが展開されています。 日本人の足形に合わせて作られているため、 非常に歩きやすく長持ちするものといえるでしょう。 7位 コールハーン コールハーンは1980年に生まれたアメリカのブランドです。 ラグジュアリーなデザインが世界的に人気となり、今では最先端テクノロジーを使用した革新的な革靴を打ち出すブランドとして評価されているものです。 コールハーンの人気モデルの革靴は、 日本人の足の形に合わせて作られており、甲が広く高い足にもフィットしてくれます。 ローファーモデルのビジネスシューズはクラシカルな印象、イタリアンレザーを使用した革靴は渋い大人の男性にこそマッチする独特の存在感のビジネスシューズとなっています。 8位 エドワードグリーン エドワードグリーンは、紳士靴の最高峰とも称されている歴史のある英国のブランドで、繊細な技術と美しさにこだわりを持つ、質の高いブランドです。 伝統の手作業によって作られているため、ビジネスシューズ業界の中でも特に高く評価されています。 英国ならではの、おしゃれでクラシックな印象が華やかなビジネスシューズが数多く展開されています。 人気モデルである「チェルシー」は適度な厚みと丸みを帯びたビジネスシューズで、エレガントな印象を与えてくれるものとなっています。 トレンドに左右されない、普遍的なスタイルのビジネスシューズは多くのビジネスマンに愛用されているようです。 9位 チャーチ チャーチは1873年に英国靴ブランドとして誕生しました。 英国製高級靴の代名詞ともなっているブランドで、 ドレッシーで気品溢れるブランドシューズとなっています。 人気モデルである「チャットウインドウ」と呼ばれるビジネスシューズは現代人の足に合わせて靴の形が調整されています。 チャーチのクラシカルな定番モデル「ランカスター」に、新たなデザインが加わった「オンガー」と呼ばれるシューズは立体感があり、モダンな雰囲気を演出してくれます。 10位 ロイドフットウェア ロイドフットウェアは、1980年に日本で初めて英国紳士靴専門店としてビジネスシューズを展開したブランドです。 イギリスのデザインや製法を持ち込み、日本人に合う独自スタイルを確立したブランドとしてパイオニアとも呼ばれています。 耐久性や耐水性に優れたソールを採用したシンプルなデザインのビジネスシューズは、様々なシーンで活躍すること間違いなしです。 装飾的なデザインが多い英国靴の中でも、 シンプルなモデルを提供してくれる人気ブランドです。 関連記事 ・ おしゃれでかっこいいビジネスシューズ 革靴 ブランドランキング10選 仕事ができる男と言うものは、足元も素敵に決めている必要があります。 一流のスーツだけではなく、一流のおしゃれでかっこいいビジネスシューズを履いていれば、おしゃれでかっこいいビジネスマンとなれるはずです。 そんな方におすすめのビジネスシューズランキングをご紹介します。 1位 ペルフェット ペルフェットは日本の中でも特に技術力の高いブランドです。 品質も高く繊細な作りは世界的に有名です。 イタリア語で「完璧」と言う名前のシューズブランドだからこそ、非の打ち所がないおしゃれで質の高いシューズを展開してくれています。 2位 ベルルッティ ベルルティーはビジネスシーンだけではなく、 パーティーシーンでも履くことのできる、 素晴らしいデザインに惚れ惚れしそうなブランドです。 値段は高めですが、靴好きには欲しくてたまらなくなくなるほどのものと言えるでしょう。 3位 ジャランスリワヤ ジャランスリワヤは、アウトソール以外はすべて手縫いで作られているビジネスシューズブランドです。 高級な靴の素材であるにもかかわらず、 コスパ優秀なビジネスシューズです。 スタイリッシュなデザインがおしゃれ好きな男性に人気があります。 4位 シェットランドフォックス シェットランドフォックスはリーガルの上級ブランドです。 日本人の足にフィットする欧州デザインの靴を生み出しているブランドといいます。 グッドイヤーウェルテッド製法とマッケイ等の製法を組み合わせて、手の込んだ洗練されたデザインのビジネスシューズを展開しています。 5位 TOMODA TOMODAは オーダーメイドのビジネスシューズブランドです。 どんなビジネスシューズもフィットしないと言う方のために、自分好みのデザインを使った、自分の足にしっかりフィットするビジネスシューズを相談することができます。 6位 マドラス マドラスはイタリアの伝統と日本の技術を兼ね合わせているブランドです。 日本人らしいデザインや履き心地、機能性を全て揃えているブランドとして人気があります。 7位 スコッチグレイン スコッチグレインは素材に一切妥協しない一流ブランドで、 厳選した革を買い付けているため質の高さは高級ブランドに劣りません。 グッドイヤーウェルティング製法をずっと続けている、本格的なビジネスシューズブランドです。 8位 チャーチ チャーチは、 流行に左右されない、グッドイヤーウェルト製法をずっと続けているビジネスシューズブランドです。 人生にさりげなく誇りを持てるよう、一つ一つ丹精を込めて 精密な作りとなっています。 9位 チー二ー 関連記事 ・ 高級な一生物のビジネスシューズ 革靴 ブランドランキング10選 最後にお金持ちが選ぶ高級なビジネスシューズブランドをご紹介したいと思います。 一生履き続けることのできる、高級なビジネスシューズを展開しているブランドはどこでしょうか。 人気順にランキング10をご紹介したいと思います。 1位 ARTIOLI(アルティオリ) アルティオリはイタリアに本社があるブランドです。 ロシアの大統領やローマ法王、マイケル・ジャクソンなど、多くの著名人が愛用してきたブランドです。 エレガンスで様々なバリエーションに富むビジネスシューズを展開しています。 2位 EDWARD GREEN(エドワード・グリーン) エドワードグリーンはイギリスの高級ブランドです。 「上質な革を作る」と言うコンセプトを長年守り続けている、 伝説の靴ブランドとも呼ばれています。 このブランドは高級革靴ブランドですが、並行輸入品であれば実際の価格よりもお得に手に入れることができます。 中には試着できるオンラインサイトもありますので、一度確認してみることをおすすめします。 3位 ALDEN(オールデン) オールデンは、馬のお尻の皮を使用した靴が非常に有名なブランドです。 一度履いたら他の靴は履けないと言われるほど、 質の高い、履き心地の良いビジネスシューズブランドです。 エドワードグリーンのモデリスタで責任者だった人が創業したブランドであり、同じようなデザインのもの見つけることができます。 こちらも並行輸入品であれば お得に購入できるでしょう。 デザインやバリエーションが豊富なブランドとして人気があります。 6位 Grenson(グレンソン) グレンソンは1866年にイギリスで生まれたブランドです。 アメリカ映画で衣装を担当した ラルフローレンがこの靴を愛用していたため、世界的に注目を浴びたブランドです。 7位 GEORG MATERNA(ゲオルグ・マテルナ) ゲオルグマテルナは、オーストラリア生まれのブランドです。 1973年に創業しました。 他の高級靴ブランドにあまりない、 丸みを帯びた靴が特徴的なブランドです。 8位 CORTHAY(コルテ) コルテはフランス生まれのビジネスシューズブランドです。 ベルルティーで修行したピーエルコルテが創業したブランドで、特に 芸術性が高くデザイン性の優れたブランドと言うことができるでしょう。 9位 SANTONI(サントーニ) サントーニには、他のブランドとは違うアルタッコ製法を使用しており、 10種類以上の製法を使い分けてデザイン力の高い靴を展開しています。 イタリアのブランドで、レザースニーカーの火付け役にもなったブランドとして有名です。 10位 JOHN LOBB(ジョン・ロブ) ジョンロブはイギリスの 英国王室御用達のブランドです。 1976年から既製品の販売を始めています。 イギリス貴族が愛した高級感あふれるデザインが魅力的です。 関連記事 ・ 楽で履きやすいメンズビジネスシューズ 革靴 ランキング10選 毎日ビジネスシューズを履いて歩いている、外回りの多い営業の方や長距離通勤の方は、足が疲れてしまっているのではないでしょうか。 今回は、楽で履きやすいビジネスシューズランキングをまずご紹介したいと思います。 そのため、長時間歩いても疲れにくいビジネスシューズとして人気があります。 足が滑りがちな方におすすめのビジネスシューズです。 履き心地だけではなく、デザインも柄の人気のある ストレートチップタイプでおしゃれな人におすすめです。 3位 アシックス ランウォーク スワール スリッポン アシックスのスリッポンタイプのビジネスシューズは、窮屈な感じが全くない、 脱ぎ履き楽ちんなものです。 小指側のソールを厚めに設計することによって、バランスよく歩くことができる 安定性の高いビジネスシューズです。 4位 ダンロップ コンフォートウォーカーエクスタ ダンロップのビジネスシューズは、 甲高や幅広で悩んでいる方におすすめのビジネスシューズです。 また、 防水機能が付いており、急な雨には慌てずに済みます。 軽量で歩きやすいビジネスシューズとして非常に人気のあるシリーズです。 5位 ミズノ LD50 BUビジネスシューズ 水野のビジネスシューズは、 アーチサポートインソールと 抗菌防臭メッシュが施されているビジネスシューズです。 疲れにくく蒸れにくく、嫌な臭いを発さないビジネスシューズとして人気があります。 またヒール部分を交換することが可能なので、長く愛用したい方におすすめです。 6位 リーガル ウォーキング モンクストラップ 革靴の定番ブランドであるリーガルのモンクストラップのビジネスシューズは、 安定感と楽な履き心地が実現する非常に人気なビジネスシューズです。 リーガル独自のラバーソールが使用されており、耐久性やクッション性に優れています。 7位 ロックポート ドレッサースポーツ2 ロックポートのビジネスシューズは 軽量で、かつヒールカップや屈曲性があるため踵が疲れやすい人におすすめです。 衝撃吸収性があるので、長時間歩かなければならない業務の方にもピッタリのブランドシューズです。 8位 テクシーリュクス 軽量ビジネスシューズ テクシーリュクスのビジネスシューズは、まるで スニーカーのような履き心地で超軽量のビジネスシューズです。 アシックスの子会社だけあって 履き心地は抜群です。 軽量のソフトレザーを使用しており、黒と茶色の2色展開のビジネスシューズです。 9位 ボンペール ビジネスシューズ ボンペールのビジネスシューズは、 靴擦れしにくいブランドシューズとして人気があります。 スニーカーと同じソールを使用することによって、 履き心地は非常に柔らかいものとなっています。 グリップ性があるので雨の日に滑ることもありませんし、クッション材の使用によってたくさん歩いても靴擦れしない快適な履き心地です。 10位 フレスコマーレ 走れるビジネスシューズ フレスコマーレのビジネスシューズは、 デザイン豊富で抜群のクッション性によって、走ることのできるビジネスシューズとして人気があります。 抗菌防臭性能もあるので、臭いが気になる方にもおすすめです。 ・メンズビジネスシューズ(革靴)の選び方のポイントは「少しきつめ」「むくむ時間を把握する」「スニーカーよりも小さめ」「トゥとチップ」。 ・メンズビジネスシューズ 革靴 おすすめブランドランキング1位は「リーガル」。 ・おしゃれでかっこいいビジネスシューズ 革靴 ブランドランキング1位は「ペルフェット」。 ・高級な一生物のビジネスシューズ 革靴 ブランドランキング1位は「ARTIOLI」。 ビジネスシューズの選び方からおすすめのブランドやモデルをご紹介してきました。 ビジネスシューズブランドにも様々な種類があり、デザインも豊富です。 自分の足にしっかりフィットするおしゃれなブランドビジネスシューズを身に付けて、できる男としてこれからもビジネスシーンで活躍していってください。

次の