瀕死状態 dbd。 【DbD】「不滅」の性能と効果解説

【DBD】シェリル固有パーク「ソウルガード」「血の協定」「抑圧の同盟」の性能評価【デッドバイデイライト】

瀕死状態 dbd

アッシュのプロフィール 週末を友人と一緒に山小屋で過ごしていたアシュレイ・J・ウィリアムズは、ネクロノミコン・エクス・モーティス(使者の書)を発見し、森に潜む闇の者を呼び覚ましてしまう。 アッシュは悪霊に取り憑かれてしまった友人を殺さなくてはならなかったばかりか、呪われてしまった自分の右手も切り落とす羽目になった。 それから30年もの間過去から目を背いていたアッシュは、量販店のバリュー・ストップで働き、場末のバーで女性を口説き落とすという日々を送っていた。 ある夜、ハイになったアッシュは、女性の気を引こうとして使者の書の一説を読み上げてしまう。 再びアッシュを見つけた悪霊は、アッシュの周囲の人間も巻き込んで大混乱を引き起こし始める。 だが、祈祷師に育てられた同僚のパブロと、デッダイトのせいで孤児となったケリーは、アッシュに協力して悪霊と戦う。 悪霊たちとの戦いの中で、長年音信不通だった娘ブランディと再開したアッシュ。 ブランディに背中を押されたアッシュは、人類の救世主という自分の使命を受け入れる。 完全に姿を表した悪魔との壮絶な戦いの後、アッシュは最後の息を引き取り、シュメール騎士団の手で未来へと送られた。 何者かの声で目を覚ましたアッシュ。 頭がズキズキする。 1週間前にデッダイトの集団を蹴散らしてからというもの、二日酔いの症状が続いていた。 再び声が聞こえる。 官能的で魅力的な女性の歌声だ。 ボクサーパンツ姿のまま廊下に出たアッシュが声のする方に歩いていくと、そこは公共のロッカー室だった。 ドアを開けると歌声がやみ、カーテンの揺らめく音がする。 アッシュが呼びかけながら更衣室に入っていくと、カビの生えたタイル壁にアッシュの声が響き渡る。 そのまま歩いていくと、シャワーからはまだ水が垂れ落ちていた。 その時、冷たく濡れた何者かの指がアッシュの裸の背中に触れ、下に向かって動いていくアッシュは振り向いた。 そこには全裸の女が立っていた。 女の肌が高い窓から差し込む朝日を浴びてきらきらと光っている。 その女が誰かすぐわかった。 高校時代に親密な関係に合ったリンダ・エメリーだ。 その後すぐに2人の関係は終わった。 故郷の救世主になり、新たに人気ものになったアッシュは自由に自らの人気を満喫したかったのだ。 リンダはアッシュにウィンクをし、アッシュは2人の間の距離を縮めた。 アッシュはリンダのほおを物欲しそうに撫でた。 彼女はここで何をしている自分の娘の居場所について知っていたのか?パブロとケリーは? 鋭い刃物がアッシュの手に突き刺さり、アッシュは思わず後ろに飛び退いた。 リンダは指を刀に滑らせ、アッシュの血を指先に集めた。 リンダは笑みを浮かべ、その肌に皺が寄る。 リンダの髪はハリを失い、肩が前かがみになってくびれはたるみ、一瞬のうちに数十年分も老いた。 リンダの攻撃を、半裸状態のままアッシュはかろうじて防いだ。 攻撃されるたびに新たな傷が増えていく。 調子の悪い膝をきりつけられ、アッシュは床に崩れ落ちた。 リンダがアッシュの上に飛びかかると、アッシュは苦しそうに悲鳴を上げ、リンダが握りしめていたナイフを叩き落とした。 リンダの以上に膨らんだ手が首に巻き付いて締め上げてくる。 息も絶え絶えに喘ぎながらもアッシュは腕を伸ばし、その手がソープディスペンサーに届いた。 石鹸の液体を指に出すと、指でリンダの目を突く。 老いた女がたじろぎ、腕の締め付けが緩むと、アッシュは顔に肘打ちを食らわせて後ろに突き飛ばした。 アッシュは転がりながらナイフを握った。 リンダの胸にナイフを突き立てようとしたその時、アッシュは動きを止めた。 アッシュの頭にはもっといい考えがあった。 アッシュはリンダの喉元にナイフを突きつけた。 おい悪魔、取引といこうぜ。 お前を殺さないでおいてやるから、俺を仲間のところに戻せ。 悪魔は取引に応じた。 呪文を唱え始めたリンダは、後に続いて繰り返すように言ったが、アッシュはうまく唱えることができなかった。 何も起こる様子がないので、アッシュは悪魔を脅す。 悪魔は、アッシュの発音が悪いせいだと反論して責めた。 シュメール語でのやり取りが繰り返された後、後ろのシャワーからシュッという音が聞こえてくる。 濡れたタイルが黒ずみ、パイプが破裂した。 汚い水が吹き出し、シャワーカーテンが揺れ、使用済みのトイレットペーパーが悪魔を飲み込んでいく。 アッシュはロッカーのドアにしがみついたが、アッシュの指はドアからずるずると滑っていく。 クソッタレー アッシュはうつ伏せの状態でエンティティの世界に落ちてきた。 口に入った野生の草をペッと吐き出す。 アッシュは起き上がり、いつの間にか着ていた乾いた服を手で払う。 あたりを見回すと、アッシュの顔から笑みが消えた。 この世界では2つのことが明らかになったからだ。 まずは見渡す限りバーが1つもない。 そして2つ目は、ショットガンとチェーンソーが必要になりそうだったが、そのどちらも手元になかった。 前方にある点滅する光に向けてアッシュが歩きだすと、木々を揺らすように叫び声が聞こえてきた。 イカすぜ。 ゲーム内背景より描き下ろし 長すぎぃ!相変わらずDBDの背景紹介は作り込んでますね。 アッシュのパーク フリップ・フロップ 邪悪な者は、いつでもあなたを探し出す方法を心得てる。 殺人鬼の 通常攻撃を3回受けるとパークが発動する。 パーク発動中、 次に負傷状態から瀕死状態になることがあってもそれは無効になる。 次に完全に回復した際、殺人鬼から12m・14m・16m以上離れている場合は殺人鬼にあなたのオーラが見える。 パークはあなたが次に瀕死状態になったときに無効化する。 「俺はいとも簡単に悪霊どもに見つかっちまう。 」ーアッシュ・ウィリアムズ 今回の問題児。 なんとキラーの通常攻撃を3回受ければ、次のキラーの攻撃を完全に無効化できます。 負傷ブーストとキラーの血ぬぐいモーションもあるので距離も離せます。 DS修正したのにこんなん追加するとか頭おかしなるで。

次の

【Dead by Daylight】実況や動画でよく聞く用語と略語集!

瀕死状態 dbd

エクセキューショナーの特殊能力は全部で4つ。 最近のキラーは特殊能力が多いのでしっかり把握しておかないと使いこなせません。 トレイルの上を歩くもしくは走ったサバイバーは煩悶 はんもん のステータス効果を受ける。 煩悶のステータス効果を受けた生存者が瀕死状態になると、贖罪の檻に送ることができる。 エクセキューショナーの前方に波動を放ち、 軌道上の生存者にダメージを与える。 地獄の罰は、障害物を貫通します。 担ぎは不要 贖罪の檻に入ったサバイバーはフックに吊るされているのと同様に処刑フェーズが進行し、エンティティに捧げることができます。 贖罪の檻で耐久フェーズを迎えたサバイバーは、スキルチェックを行う必要があります。 スキルチェックに失敗するとゲージが減少する。 贖罪の檻から生存者が救出されると、 救出した生存者と救出された生存者は煩悶状態が解除されます。 レベル40以上でティーチャブルパークが出現 サバイバーに忘却効果を与えることで、サバイバーの行動を制限できます。 忘却効果を発動させないために、サバイバーは治療したサバイバーの近くに止まることが多いはずです。 短時間で複数名に攻撃できるキラー リージョンなど と相性抜群です。 エクセキューショナーのおすすめパーク構成 地獄の罰特化型構成• サバイバーが板を倒した直後• サバイバーが窓枠を超えた直後 はサバイバーの動きが制限されますし、動きも予測しやすいので地獄の罰を当てやすいです。 また、 難易度は高いですがサバイバーが壁の向こう側にいる時も地獄の罰を当てやすいです。 サバイバーからキラーは見えていないので、地獄の罰が来ることを予測できません。 ただしキラーもサバイバーが見えないのは同じです。 壁越しの地獄の罰を使いこなすには、マップの構造を把握していたり、相手の動きを予想する力が求められます。 地獄の罰はフェイントが強い 地獄の罰はフェイントがかなり効果的です。 チェイス中に至近距離で裁きの儀式でトレイルを引くと、サバイバーは「地獄の罰が来るのでは?」と思い、避けるために旋回するなどします。 そこで地獄の裁きを使わずに通常攻撃をすると、フェイントがうまく決まって、攻撃が当たりやすいです。 イメージとしてはハントレスの斧を至近距離で使うとサバイバーが旋回するのに近いです。 常にサバイバーを煩悶状態にさせることを意識する エクセキューショナーの立ち回りでカギになるのが「煩悶」です。 サバイバーが煩悶状態ですと、エクセキューショナーの選択肢が広がります。 担がずに贖罪の檻に送ることでストライク 決死の一撃 対策になりますし、最後の審判で簡易メメントをして時短もできます。 ですので、できるだけ常にサバイバーを煩悶状態にしておくことを心がけましょう。 サバイバーを煩悶状態にするのに最も手っ取り早いのがトレイルです。 暇があればすぐトレイルを引くことを心がけてください。 また、板グル時やサバイバーを吊ったフック付近にもトレイルを引きましょう。 フックや発電機に近すぎるとトレイルを引けないので注意 贖罪の檻に入れられたサバイバーが救助されると、救助した方された方共に煩悶状態が解除されます。 2吊り目は贖罪の檻ではなくフックに吊るす サバイバーが煩悶状態の場合、2吊り目は贖罪の檻ではなくフックに吊るしましょう。 理由は、救助後すぐに再び瀕死状態にして、そのまま最後の審判で殺害できるからです。 2吊り目を贖罪の檻にしてしまうと、救助時点で煩悶が切れるので殺害するには再び煩悶状態にする必要があります。 贖罪の檻ではフックに関するパーク 決死の一撃や与えられた猶予など が無効化されるので、2吊り目で贖罪の檻に送っても、決心の一撃を受ける可能性はゼロです。 しかし最後の審判を使った方が、肉壁やフック破壊、ライトスタンの心配がありませんし、何より時短になります。 ですので、2吊り目は極力フックに吊るすことをおすすめします。 エクセキューショナーのおすすめアドオン エクセキューショナーのアドオンは、 エクセキューショナーは裁きの儀式のトレイルの上に立つと、探知不可の効果を得る。 トレイルの上に立つとパーク「狡猾」と同じ効果を得ることができます。 ここぞという時の救助狩りに最適です。 救助狩り=悪と捉える方もいますが、戦略的に効果のある救助狩りならどんどんやるべきだと思います。 キラーが救助狩りをしていることに気づければ、サバイバーは救助せずに発電をすればいいだけですので。 序盤に多用すると感づかれるので、ゲーム終盤から使い始めることをおすすめします。 サバイバーのエクセキューショナー対策 サバイバーのエクセキューショナー対策について見てみましょう。 トレイルはしゃがみ歩きで回避する トレイルはしゃがみ歩きで回避できます。 ハグの罠と同じですね。 チェイス中にトレイルを敷かれるとしゃがみ歩きをする余裕はありませんが、救助に行くときや隠密中などにトレイルを見つけたらしゃがみ歩きで回避しましょう。 贖罪の檻は即救助でOK サバイバーが贖罪の檻に送られた場合には、即救助してOKです。 なぜなら贖罪の檻はエクセキューショナーから遠く離れた場所に現れるからです。 即救助してもエクセキューショナーは遠くにいるので、確実に逃げ切ることができます。 関連記事.

次の

【DbD】アップデート内容まとめ 2020年7月分

瀕死状態 dbd

まとめ 2020年7月のアップデートでは、 カニバルの超強化とヒルビリーの弱体化が主な変更になります。 PTBの時点では、カニバルのチェイス力が徒歩キラーの中で最強になっていて、本実装に期待がかかります。 逆に、ヒルビリーのチェンソーは近距離でのチェイスに使いにくくなっていて、チェイス重視のカニバルと移動力重視のヒルビリーになりそうです。 主なアップデートの内容 カニバルの変更 殺人鬼「カニバル(レザーフェイス)」が超強化されます。 具体的には、チェーンソーの持続時間が劇的に増えてチェイス力が増し、空気だったアドオンがまともなレベルに強化されます。 さらに、固有パーク2種も強化されます。 能力の変更 まず、 カニバルのチェーンソーは、チャージ回数分だけ行えるチャージ制に変更されます。 チェーンソー攻撃を使うたびにチャージを使用し、 チェーンソー発動中に攻撃ボタンを押すと、チャージ数の分だけ追加でチェーンソーを振り回せるため、チェーンソーの届く範囲が大幅に拡大します。 連続でチェーンソーを振り回せば、板グルはまず確実に間に合うため、チェイス力が劇的に上がっています。 ただし、チェーンソーの発動タイミングはヒルビリーと同じ形式になるため、任意のタイミングで解除できなくなり、発動ギリギリで維持し続けられなくなるので、注意が必要です。 変更前 変更後 チェンソーの発動 チャージが溜まった状態で攻撃ボタンを押す チャージが溜まると自動で発動する(ヒルビリーと同じ) チェンソーの構え時間 好きなだけ構えられる 一定時間構えたままだと5秒間スタンする(癇癪) チャージ数 なし 3 チェーンソーの最大移動速度 5. 変更前 変更後 ウルトラレア 0 2種 ベリーレア 2種 4種 レア 5種 4種 アンコモン 9種 5種 コモン 3種 4種 総計 19種 20種 変更後のアドオン20種を以下の表にしました。 「誤訳」と「説明文が分かりにくい部位」は修正して掲載しています( 赤太字で強調表示)。 アイコン アドオン名と効果 キャブレター調整ガイド• チェーンソーダッシュ の終了時に自動的にチャージがすべて消費される。 チェーンソーダッシュの持続時間が少し 増加する• 掃討チェーンソーの最大速度が少し減少する• チャージ速度が少し低下する 玉虫色の刃 チェーンソーで生存者に攻撃を命中させると、チャージが回復する。 デプスゲージ• チャージ数が増加する• チャージ時間が少し増加する• 掃討チェーンソーの最大速度が少し 減少する 絶品のチリ• トークン消費時のダッシュ持続時間がそこそこ増加する• チェーンソーの攻撃チャンス時間がそこそこ増加する 軽量シャーシ• チェーンソーの回転数を上げている間、8メートル以内の生存者のオーラが視えるようになる。 回転数を上げている間は移動速度が少し低下する 錆びた鎖• チェーンソーで負傷した生存者が 90秒間、衰弱効果に苦しむ。 重複しない。 グリース• 癇癪を起こしている間、移動速度がそこそこ上昇する• 癇癪の持続時間が少し増加する 市販の潤滑剤 脅威範囲に他の生存者がいない状態で生存者1人をチェーンソーでダウンさせると、20秒間その生存者のオーラが隠される。 暗獣の刻印• チェーンソー使用時の移動速度がそこそこ上昇する• チャージ時間が少し増加する 残虐なチェーン チェーンソーで攻撃された生存者は90秒間重傷のステータス効果に苦しむ。 汚れたチェーン チェーンソーが命中した生存者はアイテムを落とす。 スピードリミッター• チェーンソーの攻撃を受けても自動的に瀕死状態にならない• トークン消費時のダッシュ持続時間が少し上昇する• チェーンソーの攻撃チャンス時間が少し増加する ナイフの傷• チェーンソー使用時の移動速度が少し上昇する• チャージ時間が少し増加する プライマー・バルブ 癇癪を起こしている間は移動速度がそこそこ上昇する 自家製マフラー 癇癪の持続時間がそこそこ減少する チェーンソー用ヤスリ 癇癪の持続時間が少し減少する 植物油 チェーンソーのクールダウンが少し減少する 点火プラグ 癇癪を起こしている間、移動速度が少し上昇する 長いガイドバー チャージの回復速度がそこそこ上昇する パークの変更 カニバルの固有パーク「フランクリンの悲劇」と「ノックアウト」は、使用率が低いため、リワークされて強化されます。 フランクリンの悲劇 「フランクリンの悲劇」が、アイテムを完全に消滅できるようになり、アイテムに頼った立ち回りをするサバイバーには劇的に刺さるパークに生まれ変わります。 32m以内の地面に落ちているアイテムを白いオーラで表示する。 このオーラは、エンティティがアイテムを吸収するまで赤く変化していく。 ノックアウト 「ノックアウト」に、目眩まし効果が追加されます。 ダウンしたサバイバーが他のサバイバーを探しにくくなるため、以前よりも決定力が増します。 ただし、目眩まし効果は15秒間しか続かないため、劇的な変更ではありません。 ヒルビリーの変更 殺人鬼「ヒルビリー」が弱体化します。 具体的には、チェーンソーに時間制限が設定され、(主にチャージ短縮系の)アドオンも弱体化します。 ただし、固有パーク2種は強化されます。 能力の変更 ヒルビリーのチェーンソーに 「オーバーヒート」システムが追加されます。 チェーンソーを使うと、チェーンソーに熱量が溜まっていきます。 熱量が増えると、チェーンソーが赤くなり、音が大きくなります(熱量は画面左下の能力アイコンにも表示されます)。 熱量が最大になるとオーバーヒートし、チェンソーの構えがキャンセルされ、完全に冷却されるまでチェーンソーを使えなくなります。 ただし、チェーンソーダッシュ中に、オーバーヒートしてもダッシュは中断されません。 チェーンソーダッシュの終了後から、クールダウンが始まります。 チェーンソーの熱量は、次の表のように変化します。 このオーバーヒートシステムにより、ヒルビリーのチェーンソーは事実上の時間制限を受けます。 特に、チェーンソーを構えたままの状態を維持しにくくなります。 変更前 変更後 ウルトラレア 0 2種 ベリーレア 2種 4種 レア 5種 4種 アンコモン 9種 5種 コモン 3種 4種 総計 19種 20種 変更後のアドオン20種を以下の表にしました。 アイコン アドオン名と効果 玉虫色のレンガ チェーンソーダッシュを5秒維持すると、ダッシュし終えるまで探知不可のステータス効果を得る 軽量チェーン• チェーンソーダッシュ中、パレットを破壊しても止まらなくなる。 チェーンソーが命中した生存者は負傷1段階分のダメージを受ける。 トンプソンの密造酒• チェーンソーの操作性能がとてつもなく上昇する• 障害物に衝突したときの反動がかなり上昇する• 重複する 同調済みのキャブレター• チェーンソーのチャージ時間がそこそこ短縮される• 基本移動速度が4. 2メートル上昇する 破滅の彫刻• チェーンソー使用時の移動速度がそこそこ上昇する• チャージ時間が少し増加する• 重複する 黒いグリース パレットで怯んだ後で目眩ましへの耐性が10秒間上昇する スピードリミッター• チェーンソーの攻撃を受けても自動的に瀕死状態にならない• チェーンソー使用時の移動速度が少し上昇する• チャージ時間が少し増加する• 重複する 穴あきマフラー チェーンソーの冷却速度が少し上昇する ヘビークラッチ• チェーンソーダッシュ時の衝突ゾーンが縮小する• チェーンソーダッシュの操作性がそこそこ上がる 中古のエアフィルター チェーンソーがオーバーヒートする上限が少し上がる 安全ブーツ チェーンソーがオブジェクトに命中した後の回復時間が少し短縮される 親父のブーツ チェーンソーダッシュのカーブ性能がそこそこ増加する パークの変更 ヒルビリーの固有パーク「光より出でし者」と「ガラクタいじり」は、使用率が低いため、リワークされて強化されます。 光より出でし者 「光より出でし者」は、目眩ましを完全に無効化します。 さらに、ライトを使ったサバイバーの位置が視えるようになるため、 ライト持ちがいるとウキウキで戦えるパークになります。 あなたは、懐中電灯や爆竹によって目が眩まない。 ガラクタいじり 「ガラクタいじり」は使いやすくなります。 発電機の通知がより早くなり、探知不可の時間も長くなるため、以前よりもはるかに奇襲しやすくなります。 専用サーバーの改善 専用サーバーが改善され、従来よりも攻撃が当たったかどうかの判定が、より自然になります(当たり判定が、キラー側の端末から専用サーバーに変更される)。 変更前の当たり判定はキラー側端末のため、ラグいキラー相手では、板を倒した後の攻撃が当たるなど、不自然な判定がありました(いわゆる真空波動拳)。 専用サーバーの当たり判定が変更されれば、キラーのラグさによって、サバイバーが不利益を受けなくなります。 変更前 変更後 命中判定 キラー側 サーバー側 チックレート 30Hz 60Hz.

次の