エクセル 罫線印刷されない。 マイクロソフトエクセルで一部の罫線が表示されない場合の対処方法

Excel(エクセル)講座 Q&A(Tips):印刷関連

エクセル 罫線印刷されない

画面上で、文字の位置などをそろえるために罫線を引くとき、その罫線が印刷されないようにすることができます。 印刷されない罫線を引くには、透明の罫線を利用します。 [罫線-罫線]を選択します。 [罫線-描画する罫線の線種]を選択します。 [パターン]で[透明]を選択します。 [OK]をクリックします。 この状態で罫線を引くと、透明の罫線が引けます。 画面上では灰色で表示されます。 [罫線-線種変更]を選択します。 [パターン]で[透明]を選択します。 [変更する罫線の選択方法]を設定します。 [OK]をクリックします。 操作3 で指定した方法で、透明にしたい罫線を選択します。 選択した罫線が透明になります。 画面上では灰色で表示されます。 透明罫線を使って、文字をそろえることができます。

次の

Microsoft EdgeでWebページを印刷すると表の罫線が印刷されない

エクセル 罫線印刷されない

「枠なし」で罫線を削除する方法 「罫線」が入っている「セル」をクリックします。 点線の四角に十字が入ったマークです。 「フォントグループ」に表示されているマークです。 ここで「罫線」の線の位置や「罫線」を付ける設定をすることもできます。 「セル」の選択を解除すると「罫線」が削除されていることがわかりますので確認してみてください。 罫線の一部分を削除する方法 「罫線」が入っている「セル」をクリックします。 点線の四角に十字が入ったマークです。 「フォントグループ」に表示されているマークです。 「セルの書式設定」の仕方 「セルの書式設定」の「罫線」を選択します。 線の部分を押すとその線だけが一部消えます。 もう1回押すと消えた線が表示されます。 他に線のスタイルや太さなどを選択することができます。 「ページ設定」画面の右下に表示されています。 選択した「罫線」が入っている「セル」の削除した線が消えていますので確認してみてください。 「書式クリア」ボタンを利用する方法 「書式のクリア」ボタンを押せば線を全て消す事ができます。 但し、線も消えますが、色など全ての書式も消えてしまいます。

次の

【エクセル】枠線とは?罫線とは?その違いを理解しよう!

エクセル 罫線印刷されない

[ページレイアウト]タブのページ設定グループにあるダイアログボックス起動ツールをクリックします。 ページ設定ダイアログの[シート]タブを選択します。 『印刷』の 【枠線】にチェックを入れます。 【セルのエラー】で『空白』を選択します。 シートでは罫線はなく、エラーが表示されています。 オートフォーマットを利用する• ここでは、Excel2003以前の操作手順を書いています。 Excel2010、Excel2013、Excel2016でもオートフォーマットを利用することができます。 をご覧ください。 範囲を選択します。 いろんなデザインの表から選択します。 なお、【オプション】をクリックして、一部の書式だけを適用することもできます。 幅の狭い表を印刷するときなど、2ページを1枚に並べて印刷したいときに使います。 プリンタードライバーの機能を使いますので、使用するプリンターによって表示や操作方法等は異なります。 (Excelでできない機能はプリンタドライバーなど他の機能を使えば可能になります マル秘などの文字を背景に印刷したい場合はスタンプマークを使います• Excel2010以降の操作手順は以下のページをご覧ください• (Excel2003以前の操作手順です。 プリンターがEPSON PM-800Cでの例です• 【ページ】タブの【オプション】をクリックします。 使用しているプリンタによって異なります• EPSON PM-800Cの場合• Canon PIXUS iP3100の場合• [ページ設定]タブで、『割り付け印刷』を選択します。 上図で[詳細設定]ボタンを選択し、ページ数などの設定をします。 印刷プレビューで確認して印刷しても、印刷結果が異なる。 異なるプリンターで印刷するとセル幅や高さなどデザインが崩れる。 など、印刷結果が思ったとおりにならないことがあります。 A 印刷プレビューと印刷結果が異なる場合• Excel は、プリンタ ドライバから情報を受取り、これらを基に印刷物のイメージを画面上で作り上げています。 プリンタ ドライバの選択が異なっているか、プリンタ及びプリンタ ドライバに問題がある可能性があります。 プリンタドライバを新しいのもにするなどの対策をとってみましょう。 B 異なるプリンターで印刷結果が異なる場合• Excel は、プリンタ ドライバから情報を受取り、これらを基に印刷物のイメージを画面上で作り上げているためです。 プリンターが異なれば プリンタードライバが異なれば 、印刷も異なってしまうのは避けられないといえます。 【対処法】• 会社で印刷するシートを家で作成したい時などは、会社で使うプリンターのプリンタドライバをインストールしておけば良いでしょう。 【参考】• microsoft. セルの塗りつぶしやフォントの色などが印刷で反映されず白黒印刷になる。 印刷プレビューでも白黒で表示されます。 [ページレイアウト]タブのページ設定グループにあるダイアログボックス起動ツールをクリックします。 ページ設定ダイアログの[シート]タブを選択します。 「白黒印刷」のチェックを外します。 セルの塗りつぶし パターン や罫線が印刷されない。 といったときの対処法です。 [ページレイアウト]タブのページ設定グループにあるダイアログボックス起動ツールをクリックします。 ページ設定ダイアログの[シート]タブを選択します。 [シート]タブで「簡易印刷」のチェックを外します。 細線に色を設定した時、Excelの印刷プレビューでは色が反映されるが、プリンタで印刷すると黒色で印刷されます。 「Excelの制限による」とされています。 太い線を用いて色を付けるか、黒色で我慢するしかないようです。 【参考資料】• microsoft. microsoft. Excelの制限となっているようです。 【参考資料】• microsoft. microsoft. [校閲]タブの[すべてのコメントを表示]をクリックしてオンにします。 コメントが常に表示された状態になります。 [ページレイアウト]タブのページ設定グループにあるダイアログボックス起動ツールをクリックします。 ページ設定ダイアログの[シート]タブを選択します。 「コメント」で『画面表示イメージ』を選択します。 縦に長い集計表で、各ページの最下行に小計を表示したいときに使える方法です。 Excel2003までは集計という名前でしたが、Excel2007以降は小計に変わりました。• 自動で設定するにはマクロを使うか、印刷用シートを作成しておきそのシートに書き出す方法が考えられます。 操作手順 手動で改ページを設定する方法です。 A列にページ番号を入力する列を作成します。 1ページ目に印刷したい行に「1」、2ページ目にしたい行に「2」と入力します。 [データ]タブのアウトライングループにある[小計]を選択します。 集計の設定 ダイアログが表示されます。 グループの基準で「ページ番号」を選択します。 集計の方法で「合計」を選択します。 集計するフィールドで「個数、金額」にチェックを入れます。 [OK]ボタンをクリックします。 集計すると、下図のようになります。 [ページレイアウト]タブのページ設定グループにあるダイアログボックス起動ツールをクリックして、ページ設定ダイアログを表示します。 [OK]ボタンをクリックします。 印刷プレビューで各ページを確認すると、下図のように各ページの最下行に集計結果が表示されます。 1ページ目 2ページ目• 元になるシートを選択します。 コピー先のシート見出しを【Ctrl】キーを押しながら選択します。 [ページレイアウト]タブのページ設定グループにあるダイアログボックス起動ツールをクリックして、ページ設定ダイアログを表示します。 ページ設定 ダイアログボックスで設定を行い、[OK]ボタンをクリックします。 なぜか、印刷プレビューにある設定ボタンではできないので注意!• 選択していないシート見出しをクリックして選択を解除します。 全てのシートを選択している場合は、アクティブでないシート見出しをクリックすると解除されます。 もっとも細い線の色が印刷できない 黒で印刷される• いずれの現象もExcelの制限となっているようです。 【参考資料】• microsoft. microsoft. 自分の好みの日付形式を設定したい場合、タイトルに設定して印刷する方法とVBA マクロ で行う方法がある。 タイトル行で設定する方法 ただし、ヘッダー部 上部 に限る:A1セルをヘッダーのように見せる方法です。 [ページレイアウト]タブのページ設定グループにあるダイアログボックス起動ツールをクリックして、ページ設定ダイアログを表示します。 VBA マクロ で設定する。 または、[開発]タブの[Visual Basic]を選択します。 ThisWorkbookに以下のように記述する。 表示位置配下のように記述します。 ヘッダー左側:LeftHeader ヘッダー中央:CenterHeader ヘッダー右側:RightHeader フッター左側:LeftFooter フッター中央:CenterFooter フッター右側:RightFooter• 【参考資料】• microsoft.

次の