終末のワルキューレ ニコラテスラ。 漫画「終末のワルキューレ」のあらすじ(ネタバレ)!人類vs神の争い!アダムの勝敗は…

【漫画】終末のワルキューレ7巻の続き30話以降を無料で読む方法

終末のワルキューレ ニコラテスラ

最終闘争開幕!! 神VS人類のタイマン勝負の行方は!? 概要 の漫画雑誌「」で連載中の作品。 作画:アジチカ、原作:梅村真也、構成:フクイタクミ。 におけるを基に人類存亡をかけて、様々な神話の神と人類史に名を遺した偉人、武人、傑人との一対一の13番勝負が行われる。 全会一致で滅亡が決まろうとしたその時、戦乙女()の長姉はその決議に待ったをかけ、超特別条項神VS人類最終闘争(ラグナロク)により人類の行く末を決めてはどうかと提案する。 当初はその申し出を相手にしなかった神々だったが、ブリュンヒルデの挑発にプライドを傷つけられたことでラグナロクの開催が決定。 かくして、天界が誇る最強神と、秘術「神器錬成」によって神器と化した戦乙女たちと共に戦う最強の人類「神殺しの13人」(エインヘリャル)による、13番勝負の幕が上がる。 第1回戦 北欧の最強神が登場する初戦に際し、ブリュンヒルデは中華史上最強と謳われるを先鋒としてぶつける。 生まれたときから最強の名を独り占めにしてきた呂布は自分と渡り合うトールの強さに歓喜し、トールもまた簡単に倒れない呂布を好敵手と認める。 神々も知らないトールの大技「覚醒雷槌」で両足を破壊された呂布は、助けに入った愛馬赤兎にまたがり、生前完成させた一撃「空喰」で逆転を狙うが、「覚醒雷槌」との打ち合いに敗北。 呂布は強者との闘いに満足しながら死亡し、初戦は神側の完全勝利で決着する。 第2回戦 人類に勢いを取り戻すため、ブリュンヒルデは人類の父祖を次鋒に送り込む。 対する天界はシヴァが出場するはずが、神々の長たるゼウスが順番を待ちきれず名乗りを上げ、原初の人類対全知全能の神というカードが実現する。 闘いは、ゼウスの攻撃をアダムが「神虚視」と呼ばれる力で次々に模倣し打ち返すワンサイドゲームとなる。 だが、ゼウスが最強形態「阿陀磨須」に変化し、必殺技を繰り出し続けると状況が一転。 アダムは模倣ができなくなるほどの損傷を神経に負い防戦一方となる。 それでも全人類の父としてアダムは拳を振るい続け、ゼウスに膝をつかせるものの、闘いはアダムが殴り合いの最中に事切れたことで神側に軍配が上がる。 第3回戦 アダムの雄姿に奮起した人類とは対照的に、2連敗で後がないブリュンヒルデは、ゼウスの兄で神側の第3鋒にぶつける英傑を決めかねる。 そこに佐々木小次郎が名乗りを上げ、ブリュンヒルデは死してなお剣の道を究めた小次郎に一縷の望みをかける。 エインヘリャルとなった者たちは死亡時の姿か、より若い全盛期の姿になるが、佐々木小次郎は死亡時より老いた姿になっていた。 佐々木小次郎の能力は「千手無双」という脳内で相手の実力を寸分たがわずシミュレートして最速の先読みを行うものであった。 ポセイドンの猛攻を先読みで回避し続ける小次郎であったが、ポセイドンの攻めは小次郎の読みより速くなり、ついにはフリストが神器錬成した備前長光三尺余寸をへし折ってしまう。 しかし小次郎は、折れた長光を2本の刀へと「神器再錬」を行い二刀流「二天岩流」に開眼する。 神VS人類最終闘争法() ヴァルハラ憲法第62項15条に記された超特別条項。 神と人類から13人ずつを選出し先に7勝したほうが勝利。 神が勝てば人類は滅亡するが、人類が勝てば後の1000年の存続を約束される。 北欧神話に名高き戦乙女13姉妹。 半神半人という出自から人間側に加担し、神に対抗するための力を授ける。 神器錬成() ワルキューレ達の持つ能力で、人間の戦士たちと心を通わすことで、自らの身体をその戦士に最も適した神器に変化させることが出来る。 一心同体となるためにその運命も一蓮托生で、使用する戦士が死ねば例え武器が無傷であってもワルキューレは消滅してしまう。 登場キャラクター ワルキューレ• 戦乙女の長姉。 かつて身体を人間にまで落とされた経験から人類との繋がりが強い。 普段は凛とした佇まいをしているが、感情が高ぶると粗暴な表情や口調を見せ、動揺すると特製のサルミアッキパイをやけ食いする。 戦乙女の末妹で、見習い戦乙女。 長姉であるブリュンヒルデに付き従っている。 ボクっ娘で、語尾に「っス」とつける特徴がある。 戦乙女の四女。 呂布の方天戟に神器錬成し、「盾を壊す者」の名の通り、ヤールングレイプルの片方を砕く力を発揮するが、トールの覚醒雷槌によって破壊され、呂布と共に消滅した。 戦乙女の七女。 名前は「神々の残された者」を意味する。 アダムのメリケンサックに神器錬成し、ゼウスとの闘いをほぼ無傷で切り抜けるが、アダムが死亡したことで消滅する。 戦乙女の次女。 「震える者」と「轟かす者」の2つの意味を持つ名前の持ち主で、前者のような物憂げな表情と、後者のような荒々しい気質の2面性を持つ。 ある意味妹相手にすら冷徹に振る舞える姉とは違い妹達への愛情は非常に深くランドグリーズとレギンレイヴが命を落とした時は敵討ちに燃えていた。 小次郎のに神器錬成する。 神サイド 代表闘士• 『雷の狂戦士』 身の丈ほどもある戦槌を武器とする、最強と謳われる。 普段はヤールングレイプルを身に着けてミョルニルを使用しているが、これは強大なミョルニルの力からトールを守るだけでなく、彼自身の力を抑える役割を果たしている。 かつて霜の巨人族の侵略軍によって故郷が未曽有の危機に陥った際、66体もの巨人軍を単身で殲滅せしめた神サイド屈指の実力者。 戦いに飢えているが、その圧倒的実力をふるう機会を得られずに常に退屈していた。 その為自身と互角に戦える呂布の強さに喜びを見せた。 従来のイメージされるトールとはかなり異なった物静かな性格は必見。 『全知全能の神』 言わずと知れたの最高神。 ヴァルハラ評議会では議長を務める。 見た目はよぼよぼの老人だが、戦闘時には筋肉が膨張し化け物じみた巨漢へと変貌する。 戦闘時はその巨体からは想像もつかないほどの俊敏な動きと自身の肉体だけで戦う さながら、自身の肉体を雷に変えていると言える。 普段は議長であるが故に公平な態度を取っているが実際は神々の中でも一二を争う戦闘狂で「 戦闘愛好変態爺(エロジジイ)」と仇名されるほど。 今回のラグナロクでは一番乗り気だが言い出しっぺのシヴァから責任の押し付けを回避する等冷静な面も見える。 『大海の暴君』 ギリシャ神話の海神での一柱。 老体の弟ゼウスとは対照的に金髪碧眼の美青年。 物静かな人物だがその内面は傲岸不遜。 ある意味最も神らしい人物で、歯向かうならば身内であろうと躊躇なく叩き潰すため、他の神々からも恐れられている。 四本の腕と三つの眼を持つ、の破壊神にして創造神。 評議会ではだらけた態度で人間を滅ぼすことに票を入れていたが、戦いの熱に当てられてやる気を見せている。 基本的に軽薄だが、年長者のゼウスに順番交代を迫られた際は「貸し一つ」で譲っており、どこか筋が通ったところもある しかし、シヴァは言い出しっぺであり全ての責任を取らなければならない立場である。 北欧神話の最高神でトールの父。 眼帯を付けた総髪の老人で両肩に二羽のを留めている。 寡黙で冷徹な人物であり、基本的に会話はこの二羽が行う。 北欧神話の狡知の悪神。 変身能力に秀で、度々他人をからかってはオーディンに諫められている。 飄々とした少年のような風体だが、ゼウスの全力と戦えるアダムを羨むなど、ゼウスに引けを取らない戦闘狂な面も見せる。 『不屈の闘神』 ワルキューレ達と知己の神。 神側だが人類を滅ぼす事に難色を示している。 かつて人間だったが正義の心に目をつけたゼウスによって神に成った半神半人。 人間サイド 代表闘士• 『中華最強の英雄』 中国の歴史書『三国史』に名を連ねる最強の猛将。 トールを相手に「お前はなかなか良い」と言い放つ圧倒的傲慢な人物。 に敗れ処刑されたのも最強を極めてから退屈となった人生に終止符を打つための自殺だったという設定となっており、己の全力をぶつけられる舞台・相手・武器がそろったラグナロクに歓喜している。 『全人類の父』 聖書に描かれる最初の人類にして最初の男。 人間として完璧な造形の肉体を持つ美少年。 かつてを妻と共に追放された一件から、最も神を憎んでいる人間と言われていたが、当の本人は神への憎悪など一切なく、闘士として出場したのは己の子どもである全人類を守るためであった。 神を模して造られたが故に、自身が見た神の技を全て模倣できる 神虚視(かみうつし)という能力を持つ。 しかし一方で神経回路には想像を絶する負荷がかかり、連続使用は失明の危機もある。 『史上最強の敗者』 人類最強の剣士として代表に選ばれたが、巌流島でに敗れた敗者として知られている上、エインヘリャルとして出て来た中で一番の老人だったため、彼の出場には人類側が難色を示した。 だが脳内で相手の実力を寸分たがわずシミュレートして最速の先読みを行う 千手無双という能力を持ち、故に「 史上最強の敗者(ルーザー)」と評され、武蔵に「あれこそが天下無双」と言わしめた。 『霧の殺人鬼』 対ヘラクレス用にブリュンヒルデが用意した代表。 貴族風な老紳士の風貌をしている。 しかし悪人という事もあり人類から難色を示されブリュンヒルデからも「人類の中で一番嫌い」と相当嫌われている。 様々な策略を用いて戦う。 巨大なハサミの神器を使うが…• 人類滅亡派。 人間が環境破壊を続けている事を非常に嘆いており、地球の癌と評している。 メガネが特徴的なの平和の神…と聞こえは良いが、性格は傲慢で嫌味。 総合力ではの方が強いらしいが、純粋な強さでは呂布に軍配が上がると本人が評している。 陳宮は再び主人の勇姿を目の当たりに出来たことに号泣しており、呂布への敬意の高さが伺える。 神側にベルゼブブがいる事からもわかるように天界側には神々だけでなく、といった悪魔が所属している そもそも、ロキもどちらかと言えば悪魔側である。 そもそもな話、悪魔は神々が零落した姿であるので当然といえば当然なのだが を参照。 しかし、中国で信仰されているに関しては神になった事に関しては触れられてこそいるが、人間サイドの観客席で観戦している。 また、本作登場予定のはネット上で度々話題に上がるほどの戦闘力を持っているが、実のところ日本の偉人・英雄バトルものにおいてが登場する事は前例がなかったりする。 そもそもシモ・ヘイへが没したのは2002年と比較的最近の話である。 ブリュンヒルデの過去やヘラクレスの存在から、などの伝説の英雄もかつて存在していた事が伺える。 外部リンク• 関連記事 親記事.

次の

『終末のワルキューレ』登場人物、あらすじ紹介!神達の戦いの勝敗は【無料】

終末のワルキューレ ニコラテスラ

『終末のワルキューレ』前話 3 話のあらすじは・・・ 呂布奉先は、生まれたときから自分より強い相手を求めて旅をしていた。 立ちはだかる者をひたすらになぎ倒しているうちに、天下で自分に敵う者がいなくなっていることに気づく。 天上でトールという、全力で闘える相手に出会えたことに喜びを感じていた。 呂布の武器である方天戟が闘いの最中に光を帯び、攻撃を受けたトールのミョルニルが砕けた。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 初の神超えを予感させる呂布奉先に人類たちは盛り上がる ミョルニルは、大地もを打ち砕く最強の神器である。 その強大なる力と溶岩の如き灼熱は、遣う者をも滅ぼしてしまうという。 そのためトール神は、ヤールングレイプルを用いて手を守りながら使用していた。 つまり、天界最強の武器を御するヤールングレイプルは、天界最強の防具と言える。 しかし、呂布の方天戟がヤールングレイプルを粉々に砕いてしまう。 それはあってはならない光景だった。 呂布奉先の部下たちは歓声を上げる。 呂布と同時代を生き、知る者として誇らしさを感じると言った。 太鼓が鳴らされ旗が揺らめき、呂布を応援する声がヴァルハラ闘技場に響き渡る。 陳宮はその先頭で、涙を流しながら「殿・・・本当に楽しそうだ。 共に昇天した甲斐がありましたぞっ!」と喜ぶ。 観客席にいる人類たちは、「いいぞー」「やっちまえー!」「すげぇな呂布って、めちゃくそ強え~~~~ッ!! 」と盛り上がる。 人類の誰もが、原始人類誕生以来、初の神超えの予感に震えた。 ラグナロクは、ワルキューレが集めた闘士がワルキューレの与えた力で神と闘うという、ワルキューレの謀反である ヘルメスはワルキューレたちの仕事に気づいた。 本来の彼女たちは、魂の運び手として地上へ降り、目をつけた最強人類の魂を天上へ召し、来るべき天界の危機に備え神兵とすることである。 しかしワルキューレたちが備えているのは天界の危機などではなく、噂では天へ召した闘士と共鳴したワルキューレは、闘士に最もふさわしい武器へと自らを変化させて神に匹敵する力と共にその身を捧げるのだという。 今回のラグナロクは、ワルキューレの集めた闘士がワルキューレの与えた力で神と闘うという、ワルキューレによる謀反だと言える。 ゼウスはビッグバン以来のドキドキだと興奮している。 ブリュンヒルデをおちょくるような歌を歌い始めたゼウスを、ブリュンヒルデは「戦闘変態嗜虐愛好神が」と冷たい目で見返す。 ラグナロク出場者が決定し、ブリュンヒルデはこの人類側13人がのちにエインヘリャルと呼び称えられると宣言する 地面に突き刺さったトールのミョニルが熱を帯び、石畳が溶岩のように溶けだす。 ヤールングレイプルを片方失ってしまったトール神は両手でミョルニルを振るうことができなくなったと思われたが、ミョルニルはドクンと鼓動を打ち始める。 「起きたか」とトールはつぶやく。 ミョルニルは脈打ちはじめた。 ゼウスいわくミョルニルが目覚めたのだという。 ミョルニルとヤールングレイプルの伝説には一つ誤解があり、ヤールングレイプルの役割とはトール自身の力をその内に抑えて、覚醒する前のミョルニルを握り壊さないようにするために存在している。 覚醒したミョルニルを素手で握ったトールは、片手で持ち上げた。 トールは呂布に「死ぬなよ」と頼むと、呂布は笑顔で答える。 ブリュンヒルデの通信機器がピロピロと鳴った。 とうとうラグナロクの出場者が決定したのだ。 人類側の出場者13人。 ゼウス 釈迦 ロキ アポロン ポセイドン スサノヲノミコト ヘラクレス トール 毘沙門天 アヌビス オーディン ベルゼブブ シヴァ ブリュンヒルデはこの人類の戦士たちが、エインヘリャルと呼ばれることになると宣言した。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 をお送りしました。 漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】 まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。 やっぱりビジュアルって大事! 登録無料で月額料金不要。 しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。 詳しくは上記から公式をご確認ください。

次の

【漫画】終末のワルキューレ7巻の続き30話以降を無料で読む方法

終末のワルキューレ ニコラテスラ

あらすじ 全世界の神VS偉人、武人、傑人!!!! 地上で横暴を極める人類に対し、神々は人類の滅亡を決定する。 その決定を覆すべく選ばれたのは人類史上最強、13人の戦士たち。 神々とのタイマン13番勝負に勝ち、人類を存続させることは出来るのか!? 第一回戦は北欧神話最強「トール神」VS三国志最強「呂布奉先」!人類存亡を賭けた戦いが、今始まる!! 今、2018年現在において、すべての中二病が読むべき漫画はこれでしょうね。 人類に終末を与えるか与えないかを決めるために行われる神vs偉人による13番勝負。 小学5年生が思いつきそうな本来ならばくだらないアイデアをさ。 迫力のあるアクションシーンと台詞回しで描いています。 マジ面白いですよ。 審判を下す神々のデザインはどれも秀逸だし、呂布の背後で応援しているさ三国志で有名な偉人たちもカッコよく描いていてさ。 全部の絵に力が入っているんですね。 でさ、盛り上がりに盛り上がってさ。 どっちが勝つんだってとこでさ。 偉人たちを指揮する人間を味方をしてくれるワルキューレのところにさ。 13番勝負に参加する偉人と神々の名前が最後のコマにバーンと出ているとこにはワクワクしたよ。 2巻は9月20日に発売予定でその巻での対戦カードはゼウスvsアダム。 1巻が呂布とトールというわかりやすい組み合わせであっただけにさ。 この組み合わせの場合どんな戦いになるのかが今から楽しみでしょうがない。 他にも名前だけ出ているけどどうやって戦うのか気になる神や偉人がいますね。 ジャック・ザ・リッパーとか、ただの犯罪者ですし。 ニコラ・テスラの名前を見たときはエジソンじゃないんだと思いましたし。 グレゴリーラスプーチンとかどうやって髪と戦うんだって思いますよね。 2巻も追って報告いたします。

次の