盾 の 勇者 の 成り上がり 尚文。 盾の勇者の成り上がり【あらすじ解説】

『海外の反応』盾の勇者の成り上がり 第25話「あのシーンは結局どっちなんだ…。それはともかく楽しかった!」

盾 の 勇者 の 成り上がり 尚文

【盾の勇者の成り上がり】主人公岩谷尚文とは? 盾の勇者として召喚された主人公の岩谷尚文。 大学生20歳であり部屋にたくさんのフィギュアやポスターが飾ってあるかなりのオタク。 盾の勇者の成り上がりでは勇者として召喚されてすぐに第一王女マインにはめられてしまったことでやさぐれてしまい目つきや性格がかわってしまった。 槍の勇者のやり直しで見ることができるが元々の主人公尚文の性格はお調子者で優しくどこか他人に対して甘い部分があるが頭がキレるシーンがあるなど推理力が高いという人物。 性格が変わってからは他人に対してみじんも容赦はしないキャラになっておりボランティア活動的なことは一切せずしっかりと対価を要求する。 当初は他の勇者3人と同じくどこかゲーム感覚であったがマインはめられたことでここが現実だと認識し自分や仲間が生き残るために努力をしていくところが見どころです。 尚文が持つ盾の能力とは? 最低の攻撃力 異世界の数ある武器の中でも最高クラスの武器であり極めることで誰も貫くことはできない盾となるポテンシャルを持つ武器。 圧倒的な防御力を誇る盾であるが尚文は盾以外の武器を持つことができないという制約がある。 なので尚文の 攻撃方法は基本素手となる。 レベルを上げれば素手も多少はまともになるが初期レベルでは一番弱い魔物を倒すのに5分間殴り続けなけらばならないなどの低火力っぷり。 またその制約は極めて厳しく素手しか使えないのにも関わらず 関節技や素手による攻撃力を上げるテクニックなどが禁止されている。 なので尚文の攻撃方法は呪いの力カースシリーズかカウンターで発動する効果のある盾スキルを使うしかない。 元康との戦いでは草原のモンスターを連れてきて攻撃をしていた。 一番防御力が高い場所は盾であるが レベルを上げれば上げるほど盾だけでなく尚文の体も防御力が上がっていく。 補助効果が強い 攻撃方法が限られている制約がある尚文の盾ですが回復魔法や回復アイテムなどを使うときは普通の人よりも強化される補正があります。 尚文が回復効果のあるアイテムを飲むことで普通なら飲んだ人だけであるが小範囲で味方にも効果を与えることができたり、回復効果アイテムの 回復効果を上昇させるスキルがあるなどといった補助効果がある。 これにより尚文は一般の薬売りよりも上位の回復アイテムを作れることから村の病気の人たちを尚文の薬で助けることで聖人様と呼ばれるようになった。 尚文が使う盾スキルや技 尚文が持っている盾は魔物の素材やアイテムを吸収させることで技やスキルが解放され強くなっていきます。 尚文が使ってるスキルや技をまとめてみました。 一般的な盾スキルや技 ・エアストシールド どこにでもシールドを出現させることができるスキルであり尚文がよく使っている盾。 敵に突っ込んでいったフィーロやラフタリアを守るときに使用したりする。 また空中に突然出現するので足場にするような使い方も可能。 ・シールドプリズン 対象を鉄の球体で包むシールド。 エアストシールドと同じくどこでも出現させることが可能であり360度守ることができるのが特徴。 自分や味方守ったり逆に敵につかうことで捕まえることなどが可能。 強敵には使って捕獲しても壊されるシーンが多々ある。 ・チェンジシールド 様々な効果を持った盾に変えることができるスキル。 効果はモンスターの素材を受け継ぐ。 物語序盤盾の勇者としてバレないようにするために盾を本に変えていたのもこのスキル。 例 キメラヴァイパーシールド 解毒調合向上、毒耐性 中 、専用効果 蛇の毒牙 中 フック 双頭黒犬の盾 専用効果 ドッグバイト カウンター ソールイーターシールド カウンター。 対象のSPを吸収する。 波のボスソールイーターから剥ぎ取ることで使えるようになった。 ・ポータルシールド ワープスキル。 自分が訪れたことがある場所を3か所まで記憶させてその場所にワープすることができる。 近くにいるパーティに入れるなどして登録した人を6人までワープさせることが可能。 ・流星盾 他の勇者も使っている流星シリーズの盾バージョン。 自分の周囲にシールド貼ることができるスキルであるが味方の攻撃は通す仕様。 シールドプリズンの上位互換的なスキルであり物語中盤からはこちらを使うようになっていた。 カースシリーズ 勇者が怒りや嫉妬、強欲など 七つの大罪と呼ばれる感情を強く抱くことで解放するシリーズ。 呪いの力を出すことができるスキルであり超強力で破壊的な火力を出すことができるが多大なデメリットがあるのが特徴。 カウンタースキルであり攻撃を盾で受けることで呪いの炎「セルフバーニング」を出す。 セルフバーニングは呪い効果があるためただの回復魔法では治らない。 尚文への代償は長期間ステータスが下がってしまうこと。 人間に強い恨みを持つドラゴンゾンビの意志がある。 レベル1より強いセルフバーニングを打つことが可能になり「アイアンメイデン」も使うことができるようになる。 アイアンメイデンは尚文の貴重な攻撃方法。 シールドプリズンで敵を囲みチェンジシールドでスキルを変えてアイアンメイデンで仕留めるという順番。 「ブラッドサクリファイス」という攻撃スキルが使用可能になりアイアンメイデンの上位互換的な攻撃スキル。 使用までに長い詠唱をするのが特徴でブラッドサクリファイス使ってしまうと尚文の体が呪いだけでなくひん死の大けがを負ってしまうというデメリットがある。 呪文 ・ファストヒール 尚文の回復魔法。 ・オーラ 対象の全ステータスを一時的に上昇させる強化魔法。 リベレイション・オーラXなど使うだけでかなり大きいレベル差を覆すことが可能。 主人公尚文の強さはどのくらい? 尚文は他の勇者と違ってゲーム感覚ではなく異世界召喚を現実として受け止めたことで生き残るために切磋琢磨して自分やパーティメンバーを強化し、レベルだけでなく実践的な技術などを高めたという特徴であります。 また物事を俯瞰して客観的に見ることができる冷静さと頭脳、過去にオンラインゲームの大手攻略組としての経験から軍師的な能力もある。 攻撃こそ代償を払わなければできませんが尚文のパーティはコンビネーション抜群の動きを波でやってくれます。 どの段階での尚文の強さを見るかによりますが常に尚文は他勇者たちの大きなレベル差を覆す強さを持っていることは確実です。 物語終盤だけで見ればレベル+勇者武器ということもあり 世界最強の防御力を手に入れておりおそらくフィトリアの一撃も耐えることができる防御力を持っていたと思われます。 【盾の勇者の成り上がり】尚文の声優 主人公岩谷尚文の声優を務めるのは石川界人さん。 1993年10月13日生まれの若手声優。 アニメや芝居を見ることが好きでありパイレーツオブカリビアンのジャックスパローの吹き替えの技術を見て感銘を受けたことで声優を目指したとのこと。 アニメ第1話インタビューでは 誰がどういうお芝居をされるのかある程度想定できる部分も多かったので、僕自身も奇をてらうことなくストレートに演じることができました。 居心地のいい空間で、ほどよい緊張感と安心感の中、アフレコに臨めました。 とのこと。 最近の代表作としては ・ワンパンマン ジェノス ・僕のヒーローアカデミア 飯田天哉 ・日の丸相撲 沙田美月 ・ハイキュー 影山飛雄 ・徒然チルドレン 菅原卓郎 などがある。

次の

TVアニメ『盾の勇者の成り上がり』

盾 の 勇者 の 成り上がり 尚文

【盾の勇者の成り上がり】槍の勇者北村元康とは? 21歳の大学生でありイケメンキャラクター。 現実世界ではそのルックスからかなりモテていたようで元康も女が好きであったことからよくナンパしていた。 その女好きが災いして二股をしてしまった結果その女同士が喧嘩して無理やり心中させられてしまい元康は現実で刺されて亡くなってしまった 2人の女の子は私が元康と死んであの世で一緒になるの!的なことを言って喧嘩していたがその後どうなったのか不明。 というような経緯で槍の勇者として選ばれ召喚された。 【盾の勇者の成り上がり】元康はクズでうざい?! 元康は何かとマインと共に盾の勇者尚文に突っかかってきます。 そうとうウザイキャラクターに仕上がっておりそんな元康のクズエピソードをまとめてみました。 マインを盲目的に信じて尚文を悪者にする 物語序盤尚文はマインを信じた結果冤罪の強姦容疑で連行されてしまいます。 もちろん尚文は必死に無実を主張しますが元康筆頭他勇者も一切尚文を信用せずこの時から世界の全ては尚文の敵となってしまうのでありました。 正義ヅラして平気で冤罪をしてしまうクソクズ男が元康なのでありました。 このエピソードにて胸くそ悪くなってしまった視聴者も多いのではないでしょうか?まあ一番クズなのはマインなのですが。 ぶん殴りてえ… ラフタリアを尚文から引き離そうとする 尚文は冤罪により誰も味方に付いてくれる人はいなくなってしまいました。 盾であるため盾以外のあらゆる武器は装備不可能であり攻撃方法は素手のみ。 最初はマインを奴隷にしているつもりという感覚であったが日々の生活の中で二人は徐々に信頼していき尚文にとってラフタリアはなくてはならないパートナーとなっていきました。 最初の波でモンスターを討伐した後に報酬の為尚文も城に入ります。 そこへやってきたのがクズの元康。 元康はラフタリアが奴隷であるということを聞いて決闘により勝ったらラフタリアを解放しろと命令します。 尚文は無視しようとしていましたがこの国は腐っているので王様も決闘を認めることになり元康の「卑怯者っ」という言葉でキレた尚文は決闘をすることになりました。 決闘はレベル差があるものの尚文が押していましたが勝ちそうになった時にマインの魔法援護で尚文が不意打ちを受けてしまいそれが決めてとなり元康が勝利。 こいつまじクズすぎるだろw もちろん尚文は横やりが入ったと抗議しますが観客は見て見ぬフリで王様も勿論無視。 波をそっちのけで盾の勇者イジメをしている王国の奴らに尚文は怒りと失望によりカースシリーズの解放を条件を達成。 しかしラフタリアと尚文にはもう十分すぎるほどの信頼が芽生えていたためにラフタリアは尚文を抱きしめ「あなたはやっていない」言うのでありました。 尚文もラフタリア一人であるが信じてもらったためにその日からすこしだけ世界が見えるようになりました。 村を滅ぼす 長らく飢饉に陥っていた村に槍の勇者元康が現れ奇跡の種を村人に与えました。 その種はみるみる内に成長し果実を着けて飢饉を救いましたがしばらくするとさらに成長しその木は魔物となり逆に村人たちが寄生されてしまいました。 元康の話ではたくさん実のなる種を手に入れたが封印指定されている植物の種であることなどよく説明を見ておらずとりあえず人助けのためだと村人に渡したとのこと。 その尻拭いは尚文がやり尚文は魔物となった植物を倒した後に盾の能力植物改造で変異性を下げてその植物のデメリットをなくすことに成功している。 洗脳の盾を信じる 決闘に勝った元康ですがなんとラフタリアは洗脳されているかも知れないとまだ言い張る元康。 第2王女メルティが登場し三勇教の手引きにより暗殺されそうになった時に尚文が助けます。 しかしその前にレン、元康、樹が立ちふさがりメルティ誘拐の罪でとらえようとする。 もうゴミ!! 何言ってんだこいつ? レンと樹を殺したという情報が元康に入り元康は仇を取るために尚文と戦う。 尚文は元康のことをどうしようもないバカだとわかっていましたが本当にレンと樹が死んだところを確認したのか?と問うとマインは教会からの情報だと言い元康も「俺の信じる仲間を信じる!!」とゲームのし過ぎともとれるセリフを吐きながら尚文に攻撃。 尚文VS元康は尚文勝利に終わりますがどんなに尚文が話そうとしても元康は聞く耳を持たない。 そこへやってきたのが三勇教。 三勇教は盾の尚文だけでなく元康、レン、樹の愚行にあきれてしまい四聖勇者全員を亡き者にしようと考えていました。 そこで明かされたのが尚文ではなく「裁き」として三勇教がレンと樹を殺したということでありました。 これに元康は怒り「やるぞ!!尚文!!!」と共闘を持ちかけるのでありました。 もちろん尚文は「あ?」という反応。 しかし元康は これ なんだコイツ 槍の勇者元康の最後は? 裏切られる 槍の勇者として選ばれる人物は「仲間思い」。 しかし元康は女性主義ということでマインを「妄信」していたのでありました。 元康はとんでもないバカであるが悪気はなく皆の役に立てるようになりたいと思っている正義感が強い本当のバカ 2回目 なのである。 それが災いしてか元康は物語終盤の方でマインや他の仲間に裏切られ尚文と同じようにハメられてしまいます。 そこから女性不振になり病んでしまうのでありますがその後フィーロになぐさめられたことでフィロリアル愛 主にフィーロ に芽生え性格が崩壊。 たくさんのフィロリアルに囲まれて尚文の村で居候することになるが尚文はもう怒っておらず変わりすぎた元康を見て「哀れすぎて見てられない」と言われるまでになるのである。 また尚文がフィーロに好かれていることについて強い嫉妬を感じてカースシリーズを解放する条件を達成していたりする。 槍の勇者のやり直しにて主人公になる 「盾の勇者の成り上がり」のパラレルワールドでその後的なお話の位置にある「槍の勇者のやり直し」。 タイムリープ系のジャンルになる。 マインに裏切られバッドエンド的な終わりで死んでしまった元康は気が付くと勇者として召喚された一番最初のシーンにまで戻ってきていた。 あまり覚えていないがとりあえずフィーロは愛しているということだけは覚えていたのでそのため元康はまずフィーロたんに出会うために尚文を助ける形でストーリーが進む。 またマインに裏切られてからは女性不振になっているので女は豚にしか見えなくなりさらに会話もできなくなってしまうほどの状態。 そして元康は世界の闇の部分であるおおよその黒幕やその目的などを知っている もちろんこれからマインがする事なども 、かつレベル引き継ぎの強くてニューゲーム状態なので「盾の勇者の成り上がり」で苦戦していた敵相手にも基本は無双していく。 元康だけでなく他の勇者が死んでしまうとまたタイムリープするので元康はフィーロたんと出会い、他勇者を助けながら、そして世界を波から救いハッピーエンドを迎えることができるのか!?というのが元康の目的。 なんどか失敗してタイムリープするので「盾の勇者の成り上がり」で回収しきれなかった設定が登場するというのが特徴な作品。 そこそこマシになった元康と目つきが悪くない尚文が見られる作品であります。

次の

TVアニメ『盾の勇者の成り上がり』

盾 の 勇者 の 成り上がり 尚文

盾使いの勇者尚文の強さを考察 尚文は主人公という立場上物語が進むごとに強さが変わるので一概にどのクラスに位置するのかは言えませんが、「 チーム連携を強化すれば強くなる」可能性を秘めています。 具体的にいえば、 尚文が盾の制約上武器を持てないのでラフタリアなどの仲間達が攻撃役を担当する形です。 最初は武器すら持てず一見デメリットしかないように見えますが、チームの守りとしては欠かせない存在。 能力は後述しますが、尚文はその立ち位置を活用し仲間達を幾度の危機から守った実績があります。 彼最大の強さは「 多くの理不尽に対する激しい憎しみ」。 その理不尽というのは「 彼に対する王やマイン、元康らの非道な仕打ちのこと」を指します。 憎悪に駆られ味方を巻き込んでしまうリスクがありますが、思いが激しい故強大な敵に対して強い攻撃を与えます。 その憎しみの象徴と言えるのが憤怒の盾。 詳しくは後ほど。 現時点で四聖最強で実績が多い 彼の強さは「 現時点では四聖勇者の中で一番強い」と言っても過言ではありません。 槍の勇者元康との決闘では、取得能力やモンスターを活用し元康を追い詰めました。 もしマインの邪魔がなければ余裕で勝っていたでしょう。 さらには2回目の波では、 強敵グラスに四聖の中で唯一認められた実績も。 あの女王も同様です。 これだけの裏付けがあれば四聖唯一の強大な強さを持った勇者ということになるでしょう。 他の勇者が自分達の優位な立場に驕りすぎたが故あまりにらも弱いので、尚文の実力が際立ちます。 ただ グラスなど尚文以上の強者はいる模様。 それだけ彼の成長は望めるわけです。 尚文の強さは努力の賜物 アニメや漫画で全話見た人なら分かることだと思いますが、彼の強さは「 マインなど自分を嘲笑う者に見返してやろうという不屈の精神と努力の結晶」。 先ほど彼の強さは憎しみだと考察しましたが、今までの絶え間ない努力も彼の成長の証。 冒険の途中でラフタリアなど仲間を育てましたが、これも努力の一つに含まれるでしょう。 つまり、尚文自身の力で徐々に成長し今のような強さを掴み取ったわけです。 その実力は今やチート級。 その成長ぶりはベルセルクのガッツに似ていますね。 盾をフル活用した尚文の能力 彼の実力を語る上で欠かせないのが盾の様々な能力。 薬草など様々なアイテムを盾に入れることで新能力が徐々に解放される仕組みになっています。 転スラでいえば リムル様の捕食者スキルと似たようなタイプです。 リムル様の強さはで考察済み 盾は外観や形状を自由自在に変化できるだけではなく、普通の盾にはない能力をフル活用できます。 主な例を挙げるとこんな感じ。 シールドプリズン 相手を3つの盾で囲んで拘束する アイアンメルデン シールドプリズンを応用し棘の生えた細長い箱に閉じ込める大技 双頭黒犬の盾 盾から絵のように出てる黒犬を応用したカウンター技 憤怒の盾 カースシリーズの一つで尚文の今までの憎しみが込められた技 能力の中には実質の攻撃能力が含まれる技も。 盾をこのような形で応用するとは実は戦いに関して頭のいいかもしれません。 一見強いようには見えない能力を自身の研鑽で高めている点では、どこかカタクリのモチモチを連想させます。 意外に商売上手な能力も 戦闘能力ではないですが、 尚文は商売に長けた才能の持ち主。 彼が救った村からおすすめされる形で行商用の馬車を入手し本格的に活動を始めましたが、 基本的には冒険で集めたアイテムを盾で調合して商品として売るスタイルを取っています。 目的は一行の不安定な財政を少しでも和らげるため。 他の商人とのつながりもあり、その才を認められるほど。 商売に関してはドライな印象が目立ちますが、結果に各地を救っているので聖人と救世主のごとく崇められるようになります。 「 商売で人々の信頼を得る」。 それも尚文の能力には欠かせないものです。 まとめ ここまで尚文の強さや能力について考察しました。 POINT• 「数々の理不尽に対する憎しみ」や「逆境から這い上がる努力」、そして「ラフタリア等の攻撃能力を持つ仲間との連携」が尚文の真の強さ• 四聖勇者の中で最強のは紛れもない事実だが、ただグラスなど彼以上の実力を持つ者は少なからずいる• リムル様の捕食者のようにアイテムを収納して能力を解放する盾を持ち、憤怒の盾やシールドプリズンなど能力を強化している• 盾の能力で調合したアイテムを売る商才の一面も おしんのように数々の逆境に立たされるものの、それをバネにしてますます強くなる尚文。 尚文は勇者の名に相応しい強さと心の持ち主なのです。 最後まで当ブログの記事を読んでくださってありがとうございます。

次の