葉 加瀬 太郎 アナザー スカイ。 葉加瀬太郎 / Another Sky

ConcertTour2019

葉 加瀬 太郎 アナザー スカイ

2002年にANA創立50周年を記念し、ヴァイオリニスト 葉加瀬太郎氏にANAグループのイメージ曲として作曲・演奏いただいた「Another Sky」を、ANA創立60周年を機に、葉加瀬太郎氏ご本人より「Another Sky ANA 60th Anniversary ver. 」にアレンジしていただきました。 指揮者に宮本文昭氏、オーケストラに東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団を迎え、演奏されています。 この映像は、2013年1月~3月の間に特別映像として、機内でもご搭乗と降機の際に放映されています。 "Another Sky", composed and performed by Taro Hakase, a renowned Japanese violinist, was first released to celebrate ANA's 50th anniversary in 2002, and has been used as ANA Group Corporate Image Sound since then. In 2012, to celebrate ANA's 60th anniversary, Taro Hakase rearranged the music to "Another Sky ANA 60th Anniversary ver. ", conducted by Fumiaki Miyamoto, and performed by Taro Hakase himself, together with Tokyo City Philharmonic Orchestra. To show our gratitude to customers who have been supporting ANA for the last 60 years, videos showing the history of ANA from its foundation to the latest events were added to the music, and here is the special video "Another Sky ~ ANA 60th Anniversary Version". This video is also shown on board during boarding and after landing from Jan. to Mar. ,2013.

次の

Another Sky / 葉加瀬太郎 ダウンロード・試聴

葉 加瀬 太郎 アナザー スカイ

ピアノ• すべて• 弾き語り• 2台4手• 教則・音楽理論• 合奏・伴奏• その他• エレクトーン• すべて• アンサンブル• 弾き語り• メロディ• すべて• メロディ• バンド• すべて• バンドスコア• ドラム• ギタースコア• ベース• ギター• すべて• 弾き語り• コード• デュオ• 教則・音楽理論• ギタータブ• ギターリード• ギターアンサンブル• その他• ウクレレ• すべて• 弾き語り• コード譜• アンサンブル• その他• 合唱/ボーカル• すべて• 合唱(児童合唱)• 合唱(女声3部)• 合唱(女声4部)• 合唱(男声合唱)• 合唱(男声4部)• 合唱(同声3部)• 合唱(同声2部)• 合唱(混声3部)• 合唱(混声4部)• 合唱(混声6部)• 合唱(その他)• アカペラ• ゴスペル• 管楽器• すべて• フルート• オーボエ• オーボエ(二重奏)• ファゴット• クラリネット• アルトサックス• テナーサックス• ソプラノサックス• バリトンサックス• ホルンソロ• トランペット• トロンボーン• チューバ• ユーフォニアム• ヴェノーヴァ• アルトヴェノーヴァ• 弦楽器• すべて• バイオリン• チェロ• 弦楽アンサンブル四重奏• コントラバス• その他弦楽器• 吹奏楽• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• ビッグバンド(スコア+パート譜)• ビッグバンド(スコア)• ビッグバンド(パート)• アンサンブル• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• 器楽合奏• オーケストラ• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• その他• その他• すべて• オカリナ• リコーダー• ピアニカ• ハーモニカ• ブルースハープ• 大正琴• ミュージックベル.

次の

Another Sky ~ ANA 60th Anniversary Version

葉 加瀬 太郎 アナザー スカイ

皆さん、ANAのフライトに乗ってますか? 今日はANAのフライトに搭乗した時、目的地の空港に到着した時、機内で流れる素敵なヴァイオリン曲に着目したいと思います。 以下は、ANA機内で流れる曲を聞くことができるYouTube動画です。 音が出ますのでご注意ください 私は、最初のうち、ANAの機内でこの曲が流れていても、「誰の曲だろう?」とか思うこともなく、普通にBGMとして聞いていたと思います。 でも、何度もANAのフライトに搭乗しているうちに、段々と。。 香港出張時: 「あっ。 この曲、なんか聞きおぼえがあるな~。 」 バンコク出張時:「あっ。 これ、前に飛行機に乗った時にもかかってたな。 」 シンガポール出張時:「あっ。 この曲、なんか心がやすらぐ。 ANAの専用の曲なのかな?」 ある時点で、はっきりと、このヴァイオリン曲はANAの機内でかかると耳と脳で認識した私は、それ以来、ANAの機内でこの曲が流れて来るのを楽しみにしていました。 ある時点で私はこの曲について調べました。 何と情熱大陸の曲でおなじみのヴァイオリニスト 葉加瀬太郎さんの曲ではありませんか。 セリーヌ・ディオンと葉加瀬太郎さんの共演動画(音が出ますのでご注意下さい) セリーヌ・ディオンの歌声と葉加瀬太郎さんのヴァイオリン演奏には、あらためて惚れぼれします。 話がセリーヌ・ディオンとの共演に脱線したので、ANAの機内曲に戻します。 葉加瀬太郎さんのご活躍はよく存じ上げていましたが、それにしても、ANAのために曲を提供し演奏されていたことは知りませんでした。 調べたところ2002年にANAが創立50周年を迎えた際、葉加瀬太郎さんにお願いしてANAグループのイメージ曲として作曲・演奏を頂いた曲のようです。 私は最初のうち ただのBGMと思っていたのが、何度もこの曲を聞くうちに、とても好きになり、お気に入りの曲になりました。 搭乗した時にこの曲を聴くと、「ANA機でこれから飛ぶんだ。 」という実感が湧くので不思議です。 また、目的地の空港にランディングした後の機内で、この曲を聞くと、「ああ。 異国の地に着いた。 機外に出たら、そこは久し振りの外国。 タクシーに乗ってホテルに向かわなくっちゃ。 仕事がんばるぞ。 」って思ったりして。 この曲って、異国の地へ向かう時、あるいは異国の地に着いた時に聞くと、なにか心がホッし、とっても癒されます。 ANAファンの私としては、この曲を機内で聞きたいことがANAを選ぶ理由のひとつになってます。 どうか、葉加瀬太郎さんのAnother Skyを機内で流すことはこれからも続けて行って欲しいと思います。

次の