酸化 マグネシウム 330。 酸化マグネシウム錠330mg「TX」の添付文書

酸化マグネシウム錠330mg「マイラン」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

酸化 マグネシウム 330

制酸作用があり胃酸を抑えるとともに、腸内の浸透圧を高めて腸壁から水分を引き寄せ、腸の内容物を軟化・膨張させて腸管に拡張刺激を与えることで、排便を促します。 通常、胃・十二指腸潰瘍、胃炎、上部消化管機能異常における制酸と症状の改善、便秘症、尿路シュウ酸カルシウム結石の発生予防に用いられます。 次のような方は使う前に必ず担当の医師と薬剤師に伝えてください。 以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。 腎障害、心機能障害、下痢、高マグネシウム血症がある。 妊娠または授乳中• 他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。 用法・用量(この薬の使い方)• あなたの用法・用量は 医療担当者記入• 胃・十二指腸潰瘍、胃炎、上部消化管機能異常:通常、成人は1日主成分として0. 5〜1. 0gを数回に分けて服用します。 便秘症:通常、成人は1日主成分として2gを3回に分けて食前または食後に服用するか、または就寝前に1回服用します。 尿路シュウ酸カルシウム結石の発生予防:通常、成人は1日主成分として0. 2〜0. 6gを多量の水とともに服用します。 いずれの場合も治療を受ける疾患や年齢・症状により適宜増減されます。 本剤は1錠中に主成分330mgを含む製剤です。 必ず指示された服用方法に従ってください。 飲み忘れに気づいても飲まないでください。 次に飲まなければならないときに決められた量を飲んでください。 絶対に2回分を一度に飲んではいけません。 誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談してください。 医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。 生活上の注意• 腎臓でのカルシウムの再吸収が増加し、高カルシウム血症などが現れることがあるので、この薬を飲んでいる間は、大量の牛乳を飲まないでください。

次の

酸化マグネシウム錠330mg「モチダ」の添付文書

酸化 マグネシウム 330

花粉症が原因でアレルギー薬を飲んでいるのですが、1か月たった時点で徐々に便秘が辛くなり…酸化マグネシウム330mg「ヨシダ」を飲むことになりました。 2~3日に1回2錠ずつ寝る前に飲んでいるお陰で、便秘は解消できています。 で、こちらのお薬を飲んでいて、ふとどれくらいの量を飲んでも大丈夫なんだろうか?と気になりました。 本当は毎日寝る前に2錠ずつ飲むように言われていましたが、ちょっとお腹がゆるくなるな…と思ったので相談したところ減らして良いよと言われたので。 今まで自分が飲んできた薬はなるべく特徴を調べるようにしてきたので、今回も同じように調べてみました。 スポンサーリンク 酸化マグネシウム錠330mgは便秘に時に何錠飲める? 説明書で確認したところ、まず私と同じように便秘の場合は大人量(15歳以上) 1日2gが通常量と書かれています。 ということは、330mgだと 1日 6錠を飲めるわけか。 1日3回、食事の前か後。 または寝る前に1回で飲んでも良いとあります。 なので、1回2錠ずつ1日3回飲むか。 または寝る前に6錠一気に飲む感じかな?一気に飲むのはかなり大変そうなので、1日3回の方が良いかしら。 わたしだったら確実にお腹を下す量だなーと思いましたが。 あと、酸化マグネシウムって他にも胃の調子が悪いときや結石のときにも飲めるのだとか。 結石が今後できるかどうかは分かりませんが、胃薬としても使える薬だなんて便利な情報を知ったので併せて量もチェックしておこうと思います。 胃の調子が悪い時に1日何錠飲める? 大人量(15歳以上)1日0. 5~1. 5gとあるので、酸化マグネシウム330mgだと大体 2~4錠の計算ができます。 1日数回に分けてとあるので、胃の調子によってお医者さんと回数を決める方が良いのでしょう。 結石のとき1日何錠飲める? 結石の予防として飲める量は大人量(成人量)1日0. 2~0. 6gと、便秘や胃薬として使う時より少なめです。 酸化マグネシウム330mgで計算したら1日で大体 1錠飲む感じでした。 まとめ けっこう量を多く飲めるとはいえ、腎臓に負担をかけたり、心臓に負担をかけたりすることもあります。 とくにお年寄りが飲むときにも注意してねと書かれていたので、自分だけの判断で量を一気に増やすのは危ないなと思いました。 スポンサーリンク 関連記事.

次の

医療用医薬品 : 酸化マグネシウム

酸化 マグネシウム 330

酸化マグネシウムの飲み方のコツ この薬を飲むときのコツは、4つあります。 いつも以上に水分補給を心掛ける。 効果が出るまで時間がかかる場合がある。 1日3回飲んでみる。 大腸刺激性下剤と飲むときは、時間を空ける 水分補給が必要な理由 酸化マグネシウムは、非刺激性の塩類下剤で 便を柔らかくする効果があります。 便を柔らかくする効果は、浸透圧の差によって周りから水を集めてきます。 このとき、大切なのは 腸の中に集めるだけの水があるようにすることです。 便の周りに十分な水がなければ水を集めることができません。 そうなると、せっかく薬を飲んでいるのにも関わらず、便が柔らかくなりません。 従って、腸の中に水分があるようにするために、水分補給が大切なのです。 1日に必要な水分量は1. 5〜2リットルです。 【関連記事】 効果が出るまでの少し時間がかかる 酸化マグネシウムは、非刺激性の薬なので服用してすぐに効果が現れない人がいます。 通常の人が酸化マグネシウムを飲むと、4~6時間で効果が期待できます。 しかし、あまりに便が硬い人は、便がやわらかくなるまで、それよりもちょっと時間がかかります。 しかし、飲む前と飲んだ後で比べると便の柔らかさは確実に変わってきています。 酸化マグネシウム服用時のイメージ• 薬を飲む前 すごく硬い便• 服用1日目 硬い便• 服用2日目 ちょっと硬い便• 服用3日目 普通の便 人によっては、1回目の服用から効果が実感できる人もいるし、何日か経過してから効果を実感する人もいます。 効かないからとすぐに止めずに、継続して飲んでみましょう。 スポンサーリンク 1日3回飲んでみる。 酸化マグネシウムの飲み方は、1日3回飲むかもしくは1日1回寝る前に飲むかの2通りがあります。 どちらの飲み方でも良いのですが、効果不十分な方は1日3回飲んだ方が良いです。 その理由は、酸化マグネシウムの効き方にあります。 酸化マグネシウムは、食べ物のカスと混ざって周りから水を集めるようにして便をやわらかくします。 なので、 薬の有効成分が食べ物のカスと混ざっている状態の方が、より効果を発揮しやすいのかなと思います。 無論、1日1回寝る前で効果が出ている場合には、特に気にする必要はなく、そのまま続けて頂ければと思います。 大腸刺激性下剤と飲む時は時間を空ける 便秘がなかなか解消しない人は、酸化マグネシウムとコーラックなどの大腸刺激性下剤などを一緒に飲む方もいます。 このときに注意すべきなのが、酸化マグネシウムと 大腸刺激性下剤を同時に服用することです。 腹痛などの副作用が起きやすくなります。 その理由は、酸化マグネシウムは 胃酸を中和する胃薬としての作用もあるからです。 胃酸が中性や弱アルカリ性に傾くと、大腸刺激性下剤のコーティングがはがれて有効成分が溶け出して、刺激成分が胃を刺激して痛みが生じます。 どちらのお薬も1日1回で寝る前で飲むことがあります。 同時に服用して、毎回腹痛が起きるなどの症状があるときは、 服用する間隔を2〜3時間空けると良いです。 【関連記事】 まとめ• 酸化マグネシウムを飲むときは、水分補給を心がける。 1日1回で効かないときは1日3回に分けてみる。 大腸刺激性下剤と飲むときは、2〜3時間空けて飲むのがおすすめ。 スポンサーリンク 他の記事へのリンク.

次の