テレビ 有機el おすすめ。 【家電のプロが教える】4Kテレビのおすすめ人気ランキング20選【2020年最新版】

「有機ELテレビ」おすすめ3選 薄くてスタイリッシュで画面もキレイ!【2020年最新版】

テレビ 有機el おすすめ

有機ELテレビのメリット・デメリット 有機ELテレビには、その「薄さ」以外にも様々なメリットがあります。 特に黒色の発色がよく、「黒つぶれ」を極限まで抑えて映像がくっきりとすること、そして動画の動きがなめらかなので映画やスポーツ、ゲームにも向いていること、消費電力が少ないためとてもエコなことなどが挙げられます。 一方で有機ELテレビの欠点として挙げられるのは、価格が高いことです。 日本では2016年に流通し始めたばかりなので、価格の高さはまだ購入する際に悩む点になるでしょう。 また、有機ELテレビの開発当初の2006年ごろは有機物の寿命が短く長時間の使用が困難なことが挙げられていました。 さらに、当初懸念されていた焼き付きについても、一般家庭での使用については心配ないと言われています。 有機ELテレビの選び方 サイズは視聴距離で選ぶ 2018年現在、有機ELテレビのサイズは、55インチ、65インチ、77インチの三種類があります。 一般的に、テレビの視聴距離は「テレビの高さの3倍の距離から見る」のが適していると言われていますので、部屋の広さや普段見る距離感を想定し、2m程度なら55インチ程度、2. 5m程度なら65インチなどと考えると良いでしょう。 世界的なテレビ市場の動向は大型に向かっているため、開発コストの観点から小さいサイズのものは今後も展開されない可能性が高いようです。 チューナーの数で選ぶ チューナーは、テレビの電波を受信することで映像を映し出す装置のことを言います。 もともと、1つのテレビに1つのチューナーが付いていることが当たり前でしたが、最近では1つのテレビに複数のチューナーが搭載されていることも多いです。 3つのチューナーを搭載していれば、あるテレビ番組を視聴しながら2つの番組を同時に録画することができます。 HDRへの対応 HDR(ハイダイナミックレンジ)とは、明るさの幅を従来よりも広げる技術のことです。 HDRによって、暗い部分と明るい部分の階調に幅があり、潰れたり飛びやすい映像をくっきりと肉眼に近い状態で表現することができます。 倍速駆動機能 倍速駆動機能は、映像の速さをきれいに映し出すための機能を指します。 現在の液晶テレビは、1秒間に60コマの画像を映しそれをつなぐことで映像にしていきます。 倍速駆動機能が搭載されていると、その60コマの間に新たなコマを作って挿入しています。 その結果、より滑らかな映像となるのです。 画面分割機能 画面分割機能は、その名の通りひとつのテレビで2つの映像を同時に楽しめる機能のことを言います。 これは韓国のLGの有機ELテレビで採用されていることが多いですが、日本ではこの楽しみ方をする方があまりいないので、搭載されていなくても困らない機能かもしれません。 録画機能 有機ELテレビは、最近の液晶テレビと同じくテレビに搭載されているUSB端子に外付けのハードディスクを接続することで録画をします。 主流の外付けハードディスクは、3TBの容量のものを1万円ほどで購入することができます。 これで750時間程度の録画が可能です。 ネット接続機能 有機ELテレビを有線やWi-Fiでインターネットに接続できる機能が搭載されていると、動画ストリーミングサービスやウェブサイトの閲覧に使えて便利です。 簡単に操作できるよう、テレビ用のスティック端末やスティックPCをテレビに接続して使用することもできます。 有機ELテレビのおすすめ6選.

次の

有機ELテレビの人気おすすめランキング15選【2020年最新版】

テレビ 有機el おすすめ

有機ELテレビの特徴は? 有機ELはSamsungのGalaxy Sに2010年から採用され、2017年にはAppleのiPhone Xにも採用されました。 またApple Watchにも有機ELが搭載されています。 これらは小型の有機ELなのですが、大型テレビ用の有機ELは韓国のLGが開発し、自社の大型テレビに採用していました。 それが日本でも販売されていましたが、前述のように2017年からソニー、パナソニック、東芝もLGの有機ELパネルを使用して大型テレビの販売を始めています。 (*こちらの記事「」もご覧ください) 大型液晶テレビに比べて大型有機ELテレビの特徴は、黒を「しっかり黒らしく」表示できること、視野角が広いこと、薄くできることなどが挙げられます。 有機ELは自発光ディスプレイですので、「真っ黒」を表示する時はその画素を点灯させなければ良く、本当に暗くなります。 液晶の場合は非発光ディスプレイで、液晶パネルの背面側にバックライトと呼ばれる面状の光源が配置されています。 格画素の液晶をオン・オフしてバックライトからの光の強さを調節して画像を表示します。 黒表示の時には液晶をオフにしてバックライトからの光を遮りたいのですが、実はわずかに光が漏れてくるために本当に真っ黒にはなりません(*厳密には液晶を駆動させて偏光を制御し、偏光板を通過する光の量を調節しています)。 このような有機ELと液晶の原理的な違いからくる、「真っ黒」を表示できることが有機ELの最大の特徴になります。 「真っ黒」を表示できると言われてもピンとこないという方もいらっしゃるでしょう。 これは実際に表示画像を見れば一目瞭然です。 リアルな画像表示には「コントラスト」が重要で、それは一番明るい画素の輝度と一番暗い画素の輝度の比できまります。 画面の暗い部分が暗く締まって見えない映像は、いわゆるメリハリがない画像になります。 有機ELの黒の締まりは素晴らしいですね。 視野角が広いことも大型テレビにとっては重要です。 液晶テレビでもIPSは視野角が広いです。 VAはIPSに比べると視野角が狭くなります。 ここで言う視野角とは、単純に見えるか見えないかということではなく、正面から見た時の色に比べて斜め方向の色の変化が大きいか小さいかです。 もちろん斜めから見ても正面と同じように見える方が望ましいです。 有機ELは視野角が広く綺麗です。 ちなみに液晶の場合、コントラストはIPSよりもVAの方が優れています。 有機ELは液晶と違ってバックライトが不要ですので、その分は薄くできます。 大型テレビになると、機械強度やスピーカーなどのその他の部品のレイアウトなどの都合で、薄さを強調するデザインとするか否かはメーカーの商品企画によるようです。 これらの有機ELの長所に対し、短所は寿命です。 有機ELの発光材料に電流を流して発光させるため、電流をたくさん流すほど劣化し易くなります。 昔のブラウン管テレビでも数年間使用すると色が褪せてきて、画面が焼き付いたりしましたが、それと同じような劣化と焼き付きが起こりやすいという特徴があります。 そのため使い方としても、画面内の最大輝度を抑えて使うように設計・推奨されています。 まだ本格的に販売が始まったばかりですので、今後購入者が劣化・焼き付きについて少しずつ情報提供してくれるものと思われます。 有機ELテレビはLGのパネルを使用!違いがあるのか? ソニー、パナソニック、東芝の有機ELテレビは、LGの有機ELパネルを使用していることは知られています。 同じ有機ELパネルを使うと、同じ画質のテレビになるのでしょうか?実は同じ有機ELパネルを使ってもかなりの違いが出ます。 現在、ソニー、パナソニック、東芝から発売されている有機ELテレビは、プレミアムな価格帯の4K大型テレビです。 そのため基本的な絵作りで各社の「映像エンジン(*名称はそれぞれ異なります)」に性能による違い・個性が出ます。 例えば4Kへのアップコンバート。 地上波デジタル、ブルーレイなどのハイビジョンのコンテンツが多いので、それを4Kの解像度にする機能がアップコンバートです。 4Kテレビを販売しているこれらの日本メーカーならばいずれのメーカーも持っている技術ですが、実際に画面を見てみるとノイズの処理などで差があるものです。 自分の目で確認してみましょう。 次に輝度の階調処理。 有機ELは黒がしっかり表示できることが長所という説明をしました。 それでもコントラストの大きい映像で、暗い部分が潰れずに綺麗に繊細に表示するのはかなりの技術力が必要です。 そのような点でも映像エンジンの差が出ます。 最近はHDR(ハイダミックレンジ)により迫力ある映像が楽しめるようになっていますので、重要なポイントです。 さらに色域。 ハイビジョンの画質では、狭い色域で映像信号が記録されています。 それをより広い色域で表示でいるディスプレイで、どのように色域を広げて表示するかというところ映像エンジンの差が出ます。 さらに各社の有機ELテレビの特徴について以下でみていきます。 画面が大きいだけに、本当に映像から音が出てくるような雰囲気です。 また画面の周囲の部分が狭い、いわゆる「狭額縁」のデザインとなっていて迫力があります。 画面を垂直ではなく、わずかに後方に傾けて床に置くような独特のスタンドが付いており、これは好みの別れるところかもしれません。 2.パナソニックの有機ELテレビ *パナソニックの2019年モデルについては、こちらの記事「」をご覧ください。 「TH-65EZ1000」がパナソニックのプレミアムな4K有機ELテレビです。 プラズマテレビの開発で培った技術を投入したヘキサクロマドライブ プラスを搭載し、さらに明るい部屋でも室内光の反射による映り込みを抑えるための特殊フィルターを採用しています。 これらによってしっかりとした黒の表示ができ、高コントラストを実現しています。 黒の表現についてはピカイチでしょう。 見栄えのする絵作りですが、極端な色作りではなく、人の肌の色などの中間色も安定しています。 音も良いですね。 3.東芝の有機ELテレビ *東芝の2019年モデルについては、こちらの記事「」をご覧ください。 「55X910」が東芝のプレミアムな4K有機ELテレビです。 東芝の技術を結集したOLEDレグザエンジンBeauty PROを搭載しています。 いくつかの超解像関連技術を駆使したアップコンバートには定評があります。 ハイビジョン画質のコンテンツを見ることの多い現在では、ある意味もっとも重要な技術の一つかもしれません。 アップコンバートしているのに非常に緻密でノイズの少ない映像に仕上げられています。 東芝のレグザは、液晶テレビでも色の階調性の評価も高いですが、そのノウハウが有機ELテレビでも活かされています。 4.LGの有機ELテレビ 「LG 55C7P」がLGの一押しの有機ELテレビです。 LGには超薄型で壁掛けになるプレミアムな65W7Pという機種もありますが、非常に高価です。 それよりも日本メーカーの有機ELテレビよりもかなり低価格になり、お買い得感のある55C7Pを紹介します。 液晶に比べ、この価格でも有機ELですので黒の締まりは良いです。 階調性を重視した柔らかな印象の画質です。 日本メーカーの有機ELテレビに比べると、ハイビジョンコンテンツを4Kの解像度にするアップコンバートに甘さがあるように感じます。 実際、ご自身でご確認いただければと思います。 結局おすすめはどれでしょうか? どれが一番良いかは何を重視するのかと好みで変わるでしょう。 例えば価格重視でとにかく安く買いたいというならばLGの有機ELテレビがおすすめです。 普段、ハイビジョン画質のコンテンツを4Kにアップコンバートして見ることが多いのならば、超解像技術と色の階調表示に定評がある東芝の有機ELが私は好みです。 暗い部分の表現のレベルが高く、華やかな色表現ならばソニーとパナソニックのどちらもおすすめでしょう。 すでにブルーレイレコーダーを持っているならば、そのメーカーと合わせても良いかもしれません。 まとめ ソニー、パナソニック、東芝、LGの有機ELテレビについて紹介しました。 技術的な画質の評価だけが全てではありません。 テレビは嗜好品でもありますので、最後は好みで決めてしまっても良いでしょう。 美しい映像を楽しみましょう。

次の

有機ELテレビのおすすめは?ソニー、パナソニック、東芝、LGを比較

テレビ 有機el おすすめ

有機ELテレビの特徴は? 有機ELはSamsungのGalaxy Sに2010年から採用され、2017年にはAppleのiPhone Xにも採用されました。 またApple Watchにも有機ELが搭載されています。 これらは小型の有機ELなのですが、大型テレビ用の有機ELは韓国のLGが開発し、自社の大型テレビに採用していました。 それが日本でも販売されていましたが、前述のように2017年からソニー、パナソニック、東芝もLGの有機ELパネルを使用して大型テレビの販売を始めています。 (*こちらの記事「」もご覧ください) 大型液晶テレビに比べて大型有機ELテレビの特徴は、黒を「しっかり黒らしく」表示できること、視野角が広いこと、薄くできることなどが挙げられます。 有機ELは自発光ディスプレイですので、「真っ黒」を表示する時はその画素を点灯させなければ良く、本当に暗くなります。 液晶の場合は非発光ディスプレイで、液晶パネルの背面側にバックライトと呼ばれる面状の光源が配置されています。 格画素の液晶をオン・オフしてバックライトからの光の強さを調節して画像を表示します。 黒表示の時には液晶をオフにしてバックライトからの光を遮りたいのですが、実はわずかに光が漏れてくるために本当に真っ黒にはなりません(*厳密には液晶を駆動させて偏光を制御し、偏光板を通過する光の量を調節しています)。 このような有機ELと液晶の原理的な違いからくる、「真っ黒」を表示できることが有機ELの最大の特徴になります。 「真っ黒」を表示できると言われてもピンとこないという方もいらっしゃるでしょう。 これは実際に表示画像を見れば一目瞭然です。 リアルな画像表示には「コントラスト」が重要で、それは一番明るい画素の輝度と一番暗い画素の輝度の比できまります。 画面の暗い部分が暗く締まって見えない映像は、いわゆるメリハリがない画像になります。 有機ELの黒の締まりは素晴らしいですね。 視野角が広いことも大型テレビにとっては重要です。 液晶テレビでもIPSは視野角が広いです。 VAはIPSに比べると視野角が狭くなります。 ここで言う視野角とは、単純に見えるか見えないかということではなく、正面から見た時の色に比べて斜め方向の色の変化が大きいか小さいかです。 もちろん斜めから見ても正面と同じように見える方が望ましいです。 有機ELは視野角が広く綺麗です。 ちなみに液晶の場合、コントラストはIPSよりもVAの方が優れています。 有機ELは液晶と違ってバックライトが不要ですので、その分は薄くできます。 大型テレビになると、機械強度やスピーカーなどのその他の部品のレイアウトなどの都合で、薄さを強調するデザインとするか否かはメーカーの商品企画によるようです。 これらの有機ELの長所に対し、短所は寿命です。 有機ELの発光材料に電流を流して発光させるため、電流をたくさん流すほど劣化し易くなります。 昔のブラウン管テレビでも数年間使用すると色が褪せてきて、画面が焼き付いたりしましたが、それと同じような劣化と焼き付きが起こりやすいという特徴があります。 そのため使い方としても、画面内の最大輝度を抑えて使うように設計・推奨されています。 まだ本格的に販売が始まったばかりですので、今後購入者が劣化・焼き付きについて少しずつ情報提供してくれるものと思われます。 有機ELテレビはLGのパネルを使用!違いがあるのか? ソニー、パナソニック、東芝の有機ELテレビは、LGの有機ELパネルを使用していることは知られています。 同じ有機ELパネルを使うと、同じ画質のテレビになるのでしょうか?実は同じ有機ELパネルを使ってもかなりの違いが出ます。 現在、ソニー、パナソニック、東芝から発売されている有機ELテレビは、プレミアムな価格帯の4K大型テレビです。 そのため基本的な絵作りで各社の「映像エンジン(*名称はそれぞれ異なります)」に性能による違い・個性が出ます。 例えば4Kへのアップコンバート。 地上波デジタル、ブルーレイなどのハイビジョンのコンテンツが多いので、それを4Kの解像度にする機能がアップコンバートです。 4Kテレビを販売しているこれらの日本メーカーならばいずれのメーカーも持っている技術ですが、実際に画面を見てみるとノイズの処理などで差があるものです。 自分の目で確認してみましょう。 次に輝度の階調処理。 有機ELは黒がしっかり表示できることが長所という説明をしました。 それでもコントラストの大きい映像で、暗い部分が潰れずに綺麗に繊細に表示するのはかなりの技術力が必要です。 そのような点でも映像エンジンの差が出ます。 最近はHDR(ハイダミックレンジ)により迫力ある映像が楽しめるようになっていますので、重要なポイントです。 さらに色域。 ハイビジョンの画質では、狭い色域で映像信号が記録されています。 それをより広い色域で表示でいるディスプレイで、どのように色域を広げて表示するかというところ映像エンジンの差が出ます。 さらに各社の有機ELテレビの特徴について以下でみていきます。 画面が大きいだけに、本当に映像から音が出てくるような雰囲気です。 また画面の周囲の部分が狭い、いわゆる「狭額縁」のデザインとなっていて迫力があります。 画面を垂直ではなく、わずかに後方に傾けて床に置くような独特のスタンドが付いており、これは好みの別れるところかもしれません。 2.パナソニックの有機ELテレビ *パナソニックの2019年モデルについては、こちらの記事「」をご覧ください。 「TH-65EZ1000」がパナソニックのプレミアムな4K有機ELテレビです。 プラズマテレビの開発で培った技術を投入したヘキサクロマドライブ プラスを搭載し、さらに明るい部屋でも室内光の反射による映り込みを抑えるための特殊フィルターを採用しています。 これらによってしっかりとした黒の表示ができ、高コントラストを実現しています。 黒の表現についてはピカイチでしょう。 見栄えのする絵作りですが、極端な色作りではなく、人の肌の色などの中間色も安定しています。 音も良いですね。 3.東芝の有機ELテレビ *東芝の2019年モデルについては、こちらの記事「」をご覧ください。 「55X910」が東芝のプレミアムな4K有機ELテレビです。 東芝の技術を結集したOLEDレグザエンジンBeauty PROを搭載しています。 いくつかの超解像関連技術を駆使したアップコンバートには定評があります。 ハイビジョン画質のコンテンツを見ることの多い現在では、ある意味もっとも重要な技術の一つかもしれません。 アップコンバートしているのに非常に緻密でノイズの少ない映像に仕上げられています。 東芝のレグザは、液晶テレビでも色の階調性の評価も高いですが、そのノウハウが有機ELテレビでも活かされています。 4.LGの有機ELテレビ 「LG 55C7P」がLGの一押しの有機ELテレビです。 LGには超薄型で壁掛けになるプレミアムな65W7Pという機種もありますが、非常に高価です。 それよりも日本メーカーの有機ELテレビよりもかなり低価格になり、お買い得感のある55C7Pを紹介します。 液晶に比べ、この価格でも有機ELですので黒の締まりは良いです。 階調性を重視した柔らかな印象の画質です。 日本メーカーの有機ELテレビに比べると、ハイビジョンコンテンツを4Kの解像度にするアップコンバートに甘さがあるように感じます。 実際、ご自身でご確認いただければと思います。 結局おすすめはどれでしょうか? どれが一番良いかは何を重視するのかと好みで変わるでしょう。 例えば価格重視でとにかく安く買いたいというならばLGの有機ELテレビがおすすめです。 普段、ハイビジョン画質のコンテンツを4Kにアップコンバートして見ることが多いのならば、超解像技術と色の階調表示に定評がある東芝の有機ELが私は好みです。 暗い部分の表現のレベルが高く、華やかな色表現ならばソニーとパナソニックのどちらもおすすめでしょう。 すでにブルーレイレコーダーを持っているならば、そのメーカーと合わせても良いかもしれません。 まとめ ソニー、パナソニック、東芝、LGの有機ELテレビについて紹介しました。 技術的な画質の評価だけが全てではありません。 テレビは嗜好品でもありますので、最後は好みで決めてしまっても良いでしょう。 美しい映像を楽しみましょう。

次の