4k ブルーレイ。 4Kブルーレイレコーダーベストバイはどれ? パナソニック、シャープ、ソニーの3機種をガチ比較

4K

4k ブルーレイ

4K放送を録画するには? 4K放送を録画するためには、まず前提として4K放送を受信する設備が必要です。 アンテナ設備で現行のBS・110度CS放送が問題なく受信できている場合は、右旋BSの新4K衛星放送が受信できます。 「SHマーク」のついたアンテナや混合器、ブースター、分配器などの機器、それに対応する広帯域ケーブルに交換すれば、右旋BSだけでなく左旋BS・左旋110度CSの新4K衛星放送も受信できます。 これらの設備に4Kチューナーと対応する4Kテレビを接続することで4K放送を視聴することができます(*もちろん4K放送の放送波を障害なく受信できることが前提です)。 以上のような4K放送を視聴できる設備・機器が準備できている状況で、4K放送を4K画質のまま録画できるレコーダーを用意することで、初めて4K放送を録画できます。 4K放送を4K画質のまま録画できるレコーダーはまだ機種が少なく、従来の地デジ用のレコーダーでは4K画質のまま録画することができませんので注意が必要です。 次項で現在販売されている主な4Kレコーダーを紹介します。 地デジ・BS・110度CSに対応するトリプルチューナーとBS4K・110度CS4K対応のチューナーが1つ搭載されています。 地デジ・BS・110度CSの3番組同時録画、あるいは地デジ・BS・110度CSの2番組同時録画+4K放送1番組録画が可能です。 HDDは4TBモデルと2TBモデルがありますが、4Kを録画するならば4TBモデルがおすすめです。 4TBでは4Kを約262時間録画できますが、2TBでは約130時間しか録画できないからです。 HDDの容量は、4K用のレコーダーを選ぶ時の重要ポイントでしょう。 またULTRRA HD Blue-ray再生にも対応し、HDDに録画した番組を4K画質のままブルーレイディスクにダビングすることも可能です。 4K60pアップコンバート出力も可能です。 その場合は18Gbps対応のHIGH SPEED HDMIケーブルを使いましょう。 アクオスのテレビと組み合わせるならば最適です。 (*参考記事:「」) 2.パナソニック4K DIGA DMR-SCZ2060 2TB HDD スポンサードリンク 4K放送をブルーレイディスクに録画できる? 前述のようにシャープとパナソニックの4Kレコーダーはブルーレイディスクドライブが搭載されており、HDDに録画した番組をブルーレイディスクにダビングできます。 ブルーレイディスクには種類があり、データを記録する層が1層から4層まであります。 通常のものは1層で25GB、2層が50GB、3層が100GB、4層が128GBです。 4K画質での録画時間は、それぞれ約1時間30分、約3時間10分、約6時間20分、約8時間10分です。 2層以上のものはまだ高価で、4K放送をブルーレイディスクに保存しようとするとそれなりのコストがかかるようです。 またブルーレイディスクに録画した4K番組は、同じメーカーの4Kレコーダーでなければ再生できないこともありますので、注意が必要です。 (*参考記事:「」) まとめ 4K放送を録画するための方法とレコーダー、ブルーレイディスクなどについて紹介しました。 高画質な映像を楽しみましょう。

次の

PS4 Proで4Kブルーレイの再生方法及び再生されない解決策

4k ブルーレイ

4K Ultra HD Blu-rayとは2016年に登場した4K画質の 次世代ブルーレイ規格のことです。 みなさんもご存じのBlu-rayは、2015年にすでにDVDの売上高を超えていて一般的に浸透していると言っていいでしょう。 しかし、4K時代が幕を開けた今、ブルーレイの次世代規格である 4K Ultra HD Blu-ray 4K Ultra HDブルーレイ の潜在ユーザーが4Kテレビの普及にともない急速に拡大しているんです。 特に目の肥えたユーザーは、もはやただの2K画質のBlu-rayでは満足できず、4K画質の4K Ultra HD ブルーレイのソフトを待ちわびている状況です。 ここでBlu-rayと4K Ultra HD Bru-ray 一般的には単にUltra HD Bru-rayとも言われているが同じ意味と理解してOK について簡単に違いを押さえておきましょう。 Blu-ray Discの後継となる光ディスク規格で、標準的な容量は2層50GB~3層100GB。 現在、次世代規格と呼ばれているUHD BDはこの4K UHD BDを指す。 スーパーハイビジョン 4Kと同等の美しい高精細映像を楽しめるのが特徴のディスクと考えるとわかりやすい。 ウルトラHDブルーレイの魅力は、従来の2K画質相当であるブルーレイ Blu-ray から進化した、「解像度、色再現性、コントラスト、階調」にあります。 4Kテレビ以上の大画面時代にはコンテンツの質がそのままテレビで表現されてしまうため、もはや従来のブルーレイソフトでは満足できなくなってきたユーザーも多いのではないでしょうか。 そこで誕生したのが、ウルトラHDブルーレイというわけ。 映像ソースの質が高ければ高いほど、4Kテレビの高精細な映像美が生かされるため、4Kテレビユーザーにぜひ楽しんで欲しいのが4KウルトラHDブルーレイなんです。 HDRはHigh Dynamic Rangeの略称です。 HDR ハイダイナミックレンジ がすごいのは、従来のSDR スタンダードダイナミックレンジ に比べて 輝度 きど が100から1,000~10,000へと大幅に向上していること。 輝度とは、「表現できる映像の明るさの範囲」のことです。 HDRに対応することで、明るさの表現については今までは白飛び(明るすぎて白色に見えてしまう現象)していた映像が、しっかり肉眼に近いまま表現できるようになります。 また、暗い色の表現については、今まではのっぺりとした黒一色にしか見えなかった映像が、微妙に黒の強弱が付き、より立体的に暗さを表現できるようになります。 つまり、HDR対応により、2K時代には表現できずに埋もれてしまっていた色を、私たち人間の目で見ている景色のように、自然に見せることができるようになるのです。 ちなみに、人間の輝度は1,000,000,000,000まで知覚できるため、このHDRについてはまだまだ技術革新できる余地があるとも言えるでしょう。 言葉だけではわかりづらいと思うので、パソコンディスプレイの映像美では定評のあるEIZOのホームページから引用させていただいたHDRの映像イメージを見ていただきたい。 SDRに比べてHDRが表現できる鮮やかさの凄さがわかってもらえたのではないでしょうか。 この映像が家の4Kテレビで楽しめたら最高に感動してしまうと思いませんか!? 私は一眼レフの趣味もあるので、このHDRの美しさに思わず唸ってしまいました。 カメラ好きの方ならわかりますよね!!?ちなみに豆知識ですが、メーカーの調査によると8Kテレビを購入する方は大のカメラ好きが多いそうです。 色域 BT. 2020に対応 従来のBlu-rayディスクの規格はBT. 709。 2020規格に対応しました。 2020対応により、従来に比べ色の表現範囲が大幅に広がったことで、より自然の色に近い繊細で豊かな色彩表現ができるようになりました。 従来のBlu-rayディスク BT. 709 では自然界に存在する色の色域を100とした場合74. 2020ではなんと ほぼ100%の色域を表現できるようになりました! つまり、BT. 2020に対応したUHD BDは 完成の域にまで達した映像が楽しめると言えるでしょう。 2020規格の映像が放送されるので、広色域化の4K時代には対応必須の技術なんですね。 輝度ピーク 1000~10000nitに対応 輝度 きど とは「表現できる映像の明るさの範囲」のことです。 HDRの説明の部分でも触れましたが、従来のBlu-rayディスクの輝度は100nitだったのに対し、Ultra HD Blu-rayディスクの輝度は1,000~10,000nitまで拡張されています。 人間の目で近くできる明るさの範囲まではまだまだ及びませんが、従来のSDRで表現できる明るさの範囲より100倍の明るさの範囲を表現できるようになりました。 つまり高輝度によって、人間の肉眼で見る景色に近い映像をテレビで見れることになります。 圧縮技術 HEVC H. 265 10ビットに対応 Ultra HD Blu-ray UHD BD のディスク容量と4K放送の録画時間 Ultra HD Blu-ray UHD BD のディスク容量は50GB,66GB,100GBの3種類です。 現在発売が予定されているUltra HD Blu-ray再生対応の4Kブルーレイレコーダーは、再生のみ対応と謳われています。 ただし、4K放送を4K HDRのDRモードでブルーレイディスクへダビング可能とも書かれています。 ってことはUHD BDの作成もできるんでは?と思ってしまったのですが、2018年11月にパナソニックとシャープから発売される機種が日本で初めての4Kブルーレイレコーダーのためか、こんな注意書きがあるのです。 4K放送番組は、放送画質 4KDRモード または従来のハイビジョン画質 1. 5倍~15倍録モード で録画可能です。 従来のハイビジョン画質で録画する場合は、一旦、放送画質で録画後に、指定した録画モードに自動変換します。 また、 4K放送番組を放送画質でダビングしたブルーレイディスクは、他機器では再生できない場合があります。 の注意書きより引用 つまり、規格通りにブルーレイディスクにダビングできているはずだけど、もしかしたら作成した4K画質のブルーレイディスクは他機種では再生できないこともあるかもしれないよ?ということを言っているようです。 たしかに2018年10月現在では4Kブルーレイレコーダーが市場に出ていないため、他機種で再生できるか確かめようがないのでしょうがないのかもしれません。 なので、4K UHD BD相当のブルーレイディスクは4K放送をダビングすることで作成できるけど、他機種では再生できるか保証がないので「4K Ultra HD Blu-ray再生に対応」と謳っているように思います。 4K放送をBDXLに録画した場合は、そのディスクはいったい何と呼べばいいのでしょうかね!? そもそもUHD BDはディスク自体はBDXLを使用しているため物理的には録画できそうと思ってしまいますが、現状のメーカーの説明では、UHD BDは再生可能だが作成することはできないということになっています。 前置きがやや脱線して長くなってしまいましたが、UHD BDソフトとして売られている Ultra HD Blu-ray UHD BD のブルーレイディスク容量は50GB,66GB,100GBの3種類となっています。 ちなみに、UHD BDにも使われているブルーレイディスクは、ダビング用として50GBと100GBの2種類の容量のディスクが販売されています。 50GBは2層のディスク構成のため「BD DL Blu-ray Disc Dual Layer」と呼ばれ、繰り返し録画用(BD-RE DL)と1回だけ録画できる記録用(BD-R DL)が販売されています。 100GBは3層のディスク構成で「BD X L B lu-ray D isc X Layer」と呼ばれ、繰り返し録画用(BD-RE XL)と1回だけ録画できる記録用(BD-R XL)が販売されています。 BD-R Blu-ray Disc Recordable とは、1回だけ録画できるディスクで「1回録画用」と表記されています。 空き容量があれば追記することができますので「追記型」とも呼ばれます。 BD-RE Blu-ray Disc REwritable とは、繰り返し録画ができるディスクで「くり返し録画用」と表記されています。 何度も書き換えできるので「書き換え型」とも呼ばれます。 4K放送のビットレートは最大35Mbps程度なので、既存のブルーレイディスクの1~2倍速 72Mbps以上 をそのまま利用してダビングできます。 50GB 2層) 録画用 ダビング用 ブルーレイディスクとして、「BD-R XL」、「BD-RE XL」として販売されています。 4K放送を録画する場合、50GBでは約3時間の録画が可能です。 (放送画質のままであるDRモードにて。 データ転送レート33Mbpsの場合。 ) BD-R DL 50GB 66GB 2層) 4K Ultra HD Blu-rayとして販売されるソフトには66GBのブルーレイディスクを採用しているものもありますが、一般的に録画用として売られているブルーレイディスクには66GBのラインナップは現時点では見当たらない。 録画用としてはメジャーな50GBか100GBを選択しましょう! 100GB 3層) 録画用 ダビング用 ブルーレイディスクとして、「BD-R XL」、「BD-RE XL」として販売されています。 4K放送を録画する場合、100GBでは約6時間10分 の録画が可能です。 (放送画質のままであるDRモードにて。 データ転送レート33Mbpsの場合。 ) BD-R XL 100GB 4K Ultra HDブルーレイディスク再生 視聴 の注意点 Ultra HDブルーレイディスクの再生には、Ultra HDブルーレイ再生に対応したプレーヤー、レコーダーが必要です。 従来からのブルーレイプレーヤー、ブルーレイレコーダーでは4KコンテンツであるUltra HDブルーレイディスクは再生することができないので注意が必要です。 このすぐ下に書いてある「4K Ultra HD ブルーレイプレーヤー」や「4K Ultra HD ブルーレイレコーダー」などの4Kブルーレイ再生環境を整えて、4Kブルーレイコンテンツの視聴を楽しみましょう! 4K Ultra HD ブルーレイプレーヤーのおすすめは? 4K Ultra HDブルーレイプレーヤーは、すでに価格も落ち着いてきており、2万円台から購入することができます。 4K ULTRA HD 私自身もそうですが、ブルーレイやらBlu-rayやらUltra Blu-ray、はたまた4K Ultra HD Blu-rayなどなど、ブルーレイの表記の仕方は色々あって検索するときにも迷ってしまいますよね。 そんな状況に業を煮やしたのか、ブルーレイアソシエーションがウルトラエイチディーブルーレイ UHD BD の推奨表記を発表した。 その名はズバリ 「 4K Ultra HDブルーレイ」 DVDと比べるとめちゃくちゃ長い・・。 しかもローマ字とカタカナが入り混じっている。 そう思うとDVDってかなり優秀な略称だったんだなと感じます。 とにもかくにも、「4K Ultra HDブルーレイ」で行こうという意思のようです。

次の

自宅で4K・HDRの映画を楽しむためには?【2020年版】

4k ブルーレイ

パート1:4K Ultra HDブルーレイ映画について Ultra HDブルーレイとは何でしょうか。 Ultra HDブルーレイは3840 x 2160の高解像度、最大で60fps(英: frames per second= フレーム毎秒)のフレームレート、High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ、HDR)をサポートします。 物理メディアでは、HDRは主に三つのフォーマットがあります。 簡単に言えば、転送できるデータは多ければ多いほど、画質と音質がよくなります。 Ultra HDブルーレイはたくさんのデータを転送できます。 Ultra HD 4Kブルーレイは映像本来の明るさ、コントラスト、 鮮やかな色を再現する「HDR(ハイダイナミックレンジ)」信号に対応しているので、画素のみならず、色彩と明暗の表現力も飛躍的に向上し、まるで実物が目の前にあり、実際の光景が広がっているようなリアルな映像をお届けできます。 Dolby Atmos(ドルビーアトモス)を収録した4Kブルーレイ映画はご自宅で観賞しても、映画館並みの体験を提供できます。 この記事では、最高の4Kブルーレイ映画を紹介します。 パート2:人気の4K Ultra HDブルーレイ映画おすすめ10選 たくさんの映画を確認した上で、一番価値がある4Kブルーレイ映画を下記のようにまとめました。 映画自体も、収録されたブルーレイディスクも、どれも完璧で、いい映像エンタテイメントをもたらせます。 休日に優れた映画を見ると、日ごろの疲れも拭けます。 ぜひ試してみてください。 最高の4Kブルーレイ映画:『X-MEN』シリーズ この2160pブルーレイは驚くほど鮮明な画面を持って、よく見たら、キャラクターの髪一本一本さえもはっきり見えます。 おかげさまで、物語のほか、キャラクターの化粧も魅力的に感じられます。 また、HDR効果の原因で、色彩はとても活力的で、キャラクターの60年代のブルーとイエローの服は特に目立ちます。 もっと読む:ブルーレイディスクから4Kブルーレイ映画をパソコンにリッピングする方法 方法1:Leawo Blu-ray変換を利用してブルーレイディスクから4Kブルーレイ映画をパソコンにリッピングする 上記で最高の4Kブルーレイ映画の紹介を見たあと、一刻も待たずに見たくなるでしょう。 しかし、UHDブルーレイプレーヤーがない場合、どうやってこれらの4Kブルーレイ映画を再生しますか。 下記にて、強力なUHDリッピングソフトを利用し、4Kブルーレイ映画をリッピング&再生する方法を解説します。 最高のBlu-Rayリッピングソフトとして、 はブルーレイをビデオにリッピング&変換できますし、ブルーレイからオーディオを抽出して、任意のメディアプレイヤーとデバイスで再生されるフォーマットに変換できます。 ステップ1:Leawo Blu-ray変換を起動し、ホームページにアクセスし、サブメニューでの 「変換」ボタンをクリックすると、変換インタフェースにアクセスできます。 インポートするとき、フルムービー、メインムービーとカスタムモードという三つのコピーモードが用意されています。 方法2:Handbrakeを利用してブルーレイディスクから4Kブルーレイ映画をパソコンにリッピングする HandbrakeはWindows、Mac、Linuxで使われ、4Kブルーレイ映画を任意のデバイス(コンピューターとか、アンドロイドフォンとか)と互換できるフォーマットに変換可能です。 使い方もごく簡単で、具体的には、下記をご参照ください。 ティップス:HandbrakeはコピーガードフリーのDVDしかサポートできません。 しかし、市販DVDは殆どコピーガード付きです。 このような場合、libdvdcssをインストールする必要があります。 ステップ1:ブルーレイディスクを挿入し、Handbrakeを開きます。 左上の 「ソース」ボタンをクリックし、リストからDVDドライブを選択します。 ステップ2:ウィンドウの左上の 「タイトル」のドロップダウンメニューから、一番長いタイトルを選択します。 右側の 「ブラウズ」ボタンをクリックし、出力ファイルの保存先を指定します。 終わってから、 「OK」をクリックします。 ステップ3:「プリセット」をクリックし、出力ファイルのフォーマットを確認します。 ステップ4:上部の 「開始」ボタンをクリックします。 方法3:MakeMKVを利用してブルーレイディスクから4Kブルーレイ映画をパソコンにリッピングする DVDを対応できるほか、MakeMKVはブルーレイディスクもリッピングできます。 ブルーレイディスクのリッピングプロセスはDVDと同じく、とても簡単です。 ステップ1:MakeMKVを起動し、光学ドライブにブルーレイディスクを挿入します。 光学ドライブの形のアイコンをクリックすると、MakeMKVはディスクを読み込み、そのコンテンツを表示します。 ステップ2:アプリがファイルを作成するまで待ちます。 MakeMKVは映画トラックを分析した後、すべての内容をリストの形で展示します。 スクリーンの右上の 「出力フォルダ」セクションでは、ファイル名を変更する必要があります。 ステップ3:すべての設定が終わってから、スクリーンの右上の 「Make MKV」アイコンをクリックし、リッピングプロセスを開始します。

次の