ハリー ポッター シネマ コンサート。 映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』シネマコンサートが有楽町で、東京フィル生演奏と共に本編上映

舞台 ハリー・ポッターと呪いの子のチケットを譲ります

ハリー ポッター シネマ コンサート

第2作上演から満を持して、第3作『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』が上陸決定! 指揮は、ジョン・ウィリアムズのアシスタントも務め、欧米アジアで活躍する若手指揮者:原田慶太楼がとり、演奏は、東京フィルハーモニー交響楽団がお届けします。 映画音楽界のレジェンド:ジョン・ウィリアムズが作曲した魅惑的で素晴らしい音楽とJ. ローリングが描く魔法の世界を、「魔法のコンサート」でぜひお楽しみください。 Warner Bros. Entertainment Inc. Warner Bros. Entertainment Inc. Publishing Rights c JKR. エクステンデッド版のニフラー解説。 アトラクション映像あり 【エースJTB「ウィザーディング・ワールド」入場確約券付パッケージ】 で購入すると、オフィシャルホテルに宿泊すればパークオープン15分前に入場できるアーリー・パークイン+1日分のチケット(1デイ・スタジオ・パス)の値段で1. UPDATE! UPDATE! NEW! NEW! NEW! UPDATE! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! 【ファンタビ2キャスト来日イベント動画・写真】 NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! NEW! 【ファンタビ前作特集】• 【ロンドンレポート】• 【USJハリポタ新アトラクション】|• 【独占取材 マルフォイ親子W来日】 ||• 【人気記事】||• 【人気記事】|• 【人気記事】| |• | UPDATE! | UPDATE! | UPDATE! ||| UPDATE! | UPDATE! 【USJハリポタエリア高画質写真】 UPDATE! |||||•

次の

映画とコンサートの両方を楽しめる! 今、話題のシネマ・コンサートを知っていますか?

ハリー ポッター シネマ コンサート

音声や効果音はそのままに、劇中で流れる音楽パートを、映画の上映にあわせてオーケストラがその場で生演奏するという、映画をライブ感覚で体感できる鑑賞法だ。 元々はヨーロッパやアメリカで人気を呼んだ企画で、2015年以降、日本でも本格的に上演を重ね、『まったく新しい感動で映画を見られる!』と多くのファンを生みだしている。 例えば何度も聞いた「スター・ウォーズ」のあのテーマ曲が、一流オーケストラの生演奏で聴くと、映画館のスピーカーから流れるものとは圧倒的に迫力が違う! 映画館では味わえない贅沢なひと時が味わえるのだ。 といっても、映像に対して音楽が主張しすぎない絶妙なバランスで演奏になっているのも『シネマ・コンサート』の優れたポイント。 あくまで主体は『映画』で、音楽はその魅力を最大限に発揮することに重点が置かれている。 「ティファニーで朝食を」は、名匠ブレーク・エドワーズが監督、オードリーとジョージ・ペパードが共演したロマンチックでミステリアスなラブ・ストーリー。 1961年に本作が公開されてから、今も人々の心に残るのは、あのヘンリー・マンシーニによる優美な音楽が大きな要因の一つかも。 特にオードリーが自ら歌った劇中歌『ムーン・リバー』は世界中で大ヒット。 マンシーニの優美な調べを、今回は国内屈指の名門オケ、東京フィルハーモニー交響楽団が演奏するというのもゴージャス。 思い出の名作がもう一段ハイクラスの忘れ難い体験になること必至だ。 日本が初演となる。 音楽は「スター・ウォーズ」シリーズをすべて担当してきたジョン・ウィリアムズ。 彼が生み出した、誰もが知っているあのオープニング・クロールを東京フィルハーモニー交響楽団の生演奏で体感できるのはまさに鳥肌ものの感動! これは通常の映画館では体験できない贅沢な鑑賞方法だ。 またこの前日、10月13日(日)には新三部作のはじまり「フォースの覚醒」(2015)も上演決定。 Entertainment Inc. Entertainment Inc. J・K・ローリングの魔法の世界を、巨匠ジョン・ウィリアムズの音楽によって圧倒的臨場感をもたらすファン待望の演目だ。 これらはいずれも東京国際フォーラム ホールAで開催(「カリオストロの城」を除く)。 この公演の指揮は、ジョン・ウィリアムズのアシスタントも務め、欧米アジアで活躍する若手指揮者:原田慶太楼がとり、演奏は東京フィルハーモニー交響楽団がお届け。

次の

『ハリー・ポッター』魔法ワールド、東京駅一番街にストア限定オープンへ ─ 『アズカバンの囚人』シネマコンサートも開催決定

ハリー ポッター シネマ コンサート

もくじ• 会場の雰囲気 会場は、グランキューブ大阪のメインホール。 普段は国際会議やコンサートを行っている会場のようで、映画館よりもゆったりとした座席で落ち着きます。 ステージ全体にオーケストラの皆さん、その後ろの壁にスクリーンがあります。 クラシック音楽には疎いので、オーケストラの生演奏を聴くのははじめてです。 いつかクラシックのコンサートも行ってみたいなとは思っていたけど、知らない曲だと退屈してしまいそうだし、楽しめるかどうかわからないから、ちょっと敷居が高いんですよね。 だから、映画を見ながら本物の音楽に触れることができるって、すごく画期的だと思います。 実際、 小学生くらいのお子様もたくさんいたし、普段のクラシックコンサートではありえないと思われる コスプレをした人もいました。 映画と音楽の一体感 実際に体験するまで、どんな感じなのか想像できなかったけど、これ、 スゴイです! 映画のセリフや効果音は普通にあって、 劇中のすべてのBGMが生演奏です。 照明が消えて、真っ暗なスクリーン。 指揮者がタクトを振ったとたんに音楽と映画が同時にはじまるのです。 あのワーナーブラザースのロゴのところからですよ! 毎度おなじみのハリー・ポッターのテーマ曲「チャンチャン、チャチャーン、チャーン」が鳴り響いて思わず おおっ!って言っちゃいました。 私だけじゃなくて、観客みんながどよめいてました! はじめの10分は音楽の臨場感が凄すぎて、ストーリーに集中できなかったけど、そのうち慣れてきて、気がつけば完全にホグワーツです。 何がすごいって、 音楽がはじまったり終わったりするタイミングが、効果音やセリフとぴったり合ってい るってこと。 シーンが変わるタイミングでぴったり音楽も終わるので驚きました。 これって、テンポや出だしが完璧じゃないと合わなくなるから、指揮の人が本当にすごいってことですよね。 今までBGMに注目して映画を観ることがなかったけど、今回はじめて映画音楽の素晴らしさに気づかされました。 本当に、感動した。 エンドロールも全然退屈しない。 ハリー・ポッターは何度も見たことあるはずなのに、なぜかじんわり感動したし、本当に良かったです。 正直、映画に9,800円は贅沢だなと思ってましたけど、終わってみれば9,800円の価値は十分にありました! また他の作品で開催されることがあったら、行きたいです。

次の