後方 アプローチ。 後方アプローチ(PA) │ 整形外科のいろいろ

【理学療法士監修】人工股関節置換術・人工骨頭置換術の脱臼姿勢まとめ

後方 アプローチ

前方アプローチ、前外側アプローチ、後方アプローチ 人工股関節置換術のアプローチは複数あります。 主なアプローチとして、前方アプローチ、前外側アプローチ、後方アプローチなどがあります。 前方、前外側アプローチは、太ももの前外側を切開して股関節の前からアプローチする方法です。 一方、後方アプローチはお尻から太ももの外側を切開して股関節の後ろからアプローチする方法です。 それぞれのアプローチには長所と短所があります。 人工股関節置換術の最も多い合併症の一つに脱臼という問題があります。 その脱臼のほとんどが後方脱臼です。 そのため、後方に脱臼しないように可能な限り後方の6つの短外旋筋を損傷しないことが、脱臼リスクの軽減につながります。 6つの短外旋筋は股関節後方に位置するため、後方アプローチでは一部の短外旋筋を一旦切離しなければなりません。 そのため、脱臼リスクの点では、前方アプローチや前外側アプローチに比べるとやや不利と言えます。 但し、後方アプローチにおいても、一旦切離した短外旋筋を修復することで、脱臼リスクの軽減は可能です。 また、前方アプローチ及び前外側アプローチは、筋間を分けて股関節に侵入し、筋肉を切離しないため、術後の早期回復や早期のリハビリに有用です。 しかし、股関節の重度の骨変形を有する場合や大腿骨側の再置換術が必要な場合には、後方アプローチの方が有用なこともあります。 患者さんによっては、どこを切ってほしいか希望される方もいます。 例えば、片方を手術しており、もう一方も同じ位置と大きさで切ってほしいという場合もありますし、女性の方には、下着や水着に隠れるような傷でとお願いされる場合もあります。 いずれにしても、各アプローチのメリット・デメリットをお伝えして、患者さんに納得いただいた上でアプローチを決定します。 MIS(エムアイエス)とは、どのような手術方法でしょうか。 MIS手術後の写真 8~10cm程度(平均8cm)の小皮切で行います。 MIS 最小侵襲人工関節置換術 とは、できるだけ小さい切開で手術を行う手術方法です。 通常の人工股関節置換術より傷が小さくなる他、筋肉もできるだけ切らないで手術するため、術後の回復も早く、筋力も保たれているためリハビリもスムースに進められるのが特徴です。 注意点としては、いくら傷が小さくても、手術時間が長くかかったり、人工関節の設置が不正確になったり、筋肉を損傷したり、腱を切ったりしては全く意味がないということです。 傷の大きさは、従来15~20cmだった切開が、7~8cmになります。 ただ、肥満の強い方は、手術の際の視野および作業空間の確保のため、9~10cmになることもあります。 もちろん、その場合も筋肉や腱を極力損傷しないように、十分注意しながら手術を行います。 手術の時は輸血をするのでしょうか。 自己血貯血のイメージ 手術は、両脚同時手術を希望される患者さんもいらっしゃいますが、当院では片脚ずつを基本にしています。 安全性への配慮と侵襲が少ないという理由です。 片脚手術後4週ほど経過しますと、貧血も改善されてきます。 貧血改善後に反対脚の手術を行います。 最近では、傷が小さく出血量も少ないため、自己血貯血もあまり行っていません。 両脚同時の場合は、400cc程の自己血貯血が一般的ですが、片脚ずつの場合はその必要が少なくなってきております。 片脚ずつ手術を行う場合は、患者さんの術前の状態や基礎疾患の有無にも左右されますが、基本的には輸血をすることはほとんどありません。 合併症などのリスクがあるとのことですが、感染予防はどのように行うのでしょうか。 手術の様子 手術室をバイオクリーンルーム(超清浄空気)にするとともに、医師は全身排気スーツを着用することで、極限まで環境を清潔に整えて手術を行います。 また、手術時間が長くなれば長くなるほど感染率が上昇する危険性が高くなるので、手術時間を極力短くしなければなりません。 具体的には、「どのサイズの人工関節を設置するか」といった術前計画をしっかり立て、手術中に迷いなく進行するように準備します。 また、助手の先生の教育も重要です。 「どのような状況で、どのような器具を使用するか」などを徹底的に把握してもらいます。 このような感染予防には、医師だけではなく、看護師を含めチーム一丸となって、とにかく無駄な時間を省き、1分でも早く手術を終えられる体制を整えることが非常に重要です。 手術後は、経過を十分に注意深く観察し、何か異常があれば、迅速に対応を行います。

次の

前方アプローチ(DAA) │ 整形外科のいろいろ

後方 アプローチ

前側方アプローチ 前回は外側アプローチ(DLA)を紹介しました。 今回は「前側方アプローチ」を紹介しようと思います。 別名「前外側アプローチ」とも言います。 まずは概念から説明です。 前側方アプローチとは 前側方(前外側)アプローチは 英語でAnterior Lateral Supine Approachです。 略字ではALSと記載されます。 「Supine」とは仰臥位(背臥位)という意味もあるため、手術は 仰向けで寝た状態で行われます。 また、 側臥位で行う前側方アプローチはAnterio Lateral Approachです。 これは「 ALA」ですね。 ALSとALAの違いは側臥位か仰臥位かの違いという認識で良いです。 前側方アプローチの場合はALSとALAを総称して「AL」という場合が多いです。 この記事でもALSとALを総称して「AL」と表現します。 現在ALAはほとんどが後述のOCMの場合が多い。 さて、今まで紹介してきた術式は全て「筋切開」でした。 つまり筋そのものを切って関節包まで到達するものです。 そのため術後の筋力低下は避けられません。 今回紹介するAL(ALA・ALS)は「 筋間切開」です。 筋と筋の間を切開していくため、筋自体は切開しません。 つまり術後の回復も筋切開に比べ早く、筋の出力低下も起こりにくいです。 筋を直接切開しないメリットはもう皆さん十分にご理解していると思いますので割愛させて頂きます。 切開部位は、 中殿筋と大腿筋膜張筋の間です。 中殿筋そのものや大腿筋膜張筋そのものは理論上は切開しません。 筋と筋の間を切開します。 ただし当然、連結部位の筋膜や結合組織は切開します。 脱臼肢位は 伸展+内転+外旋 です。 前方系のアプローチは全てこの脱臼肢位ですね。 ALSが仰臥位 ALAは側臥位 基本情報はこれくらいです。 それではALの特異的な部分を確認していきましょう。 前方系は大腿骨側の処理が難しい? AL(ALS・ALA)は前方系のアプローチです。 前方系は術中の大腿骨側の処理の難易度が高くなります。 なぜ難しいのかというと、 術中の脱臼肢位が股関節の伸展のため大腿骨の手術スペースも術野も狭くなってしまうからです。 そのためステムの設置不良が後方に比べて起こりやすいです。 ただし臼蓋は前方を向いているので前方系は臼蓋側の処理つまり カップ設置はやりやすいアプローチであります。 詳しくは改めて記事にします ALは慣れないDr. が執刀すると手術時間が伸びたり、ステムの設置不良が起こることがありますので、研修医などが行うBHAにおいてはあまり選択されることはありません。 BHAは後方系が多いのは説明しましたね。 ALは先輩医師の手術の助手として入りながら学んでいく術式という立ち位置です。 THAにおいてはALを選択する整形外科医は近年においては増加傾向にあります。 理由としては、低侵襲かつ前方アプローチより簡易的であることに加え、カップの設置がし易いためです。 簡易的といっても や よりは難易度は高いと言われています。 また側臥位で行うAL、つまりALAと似ているアプローチが OCMと呼ばれる術式です。 ALと切開部位は同様ですが、 皮切を短くしてさらなる低侵襲を実現させています。 また側臥位の分、術中の股関節の動きが大きく出せます。 そのため小さな皮切でも術中に多面的にメスを入れられるメリットがありますね。 現在ALと言われている手術は実はほとんどがOCMです。 前側方アプローチ(ALS・AL)の紹介は以上です。 文章ばかり長い記事になってしまいました。 読んで頂いた方、ありがとうございます。 次回は前方アプローチについて説明していきます。 記事一覧は 新人医師や理学療法士等のリハビリスタッフ向けに整形外科領域の知識を記事にしています。 主に人工関節が多いです。 記事が皆さんのお仕事にお役にたてば幸いです。 関連する記事• 2018. 14 THAアプローチ別侵入経路 各術式紹介の中でどの筋のどの部位を切開するかは説明しましたね。 その中で筋自体を切る「筋切開」、筋と筋の間を切る「筋間切開」[…]• 2018. 08 ステムの基礎知識8 Cementless Stemの種類(3部目) 前回に引き続きCementless Stemを紹介します。 今回は「Cylindr[…]• 2018. 07 ステムの基礎知識 7 Cementless Stemの種類(2部目) 前回に引き続きCementless Stemを紹介します。 今回は「Tapere[…] コメント (6件)•

次の

後側方アプローチ(PLA) │ 整形外科のいろいろ

後方 アプローチ

前方アプローチ、前外側アプローチ、後方アプローチ 人工股関節置換術のアプローチは複数あります。 主なアプローチとして、前方アプローチ、前外側アプローチ、後方アプローチなどがあります。 前方、前外側アプローチは、太ももの前外側を切開して股関節の前からアプローチする方法です。 一方、後方アプローチはお尻から太ももの外側を切開して股関節の後ろからアプローチする方法です。 それぞれのアプローチには長所と短所があります。 人工股関節置換術の最も多い合併症の一つに脱臼という問題があります。 その脱臼のほとんどが後方脱臼です。 そのため、後方に脱臼しないように可能な限り後方の6つの短外旋筋を損傷しないことが、脱臼リスクの軽減につながります。 6つの短外旋筋は股関節後方に位置するため、後方アプローチでは一部の短外旋筋を一旦切離しなければなりません。 そのため、脱臼リスクの点では、前方アプローチや前外側アプローチに比べるとやや不利と言えます。 但し、後方アプローチにおいても、一旦切離した短外旋筋を修復することで、脱臼リスクの軽減は可能です。 また、前方アプローチ及び前外側アプローチは、筋間を分けて股関節に侵入し、筋肉を切離しないため、術後の早期回復や早期のリハビリに有用です。 しかし、股関節の重度の骨変形を有する場合や大腿骨側の再置換術が必要な場合には、後方アプローチの方が有用なこともあります。 患者さんによっては、どこを切ってほしいか希望される方もいます。 例えば、片方を手術しており、もう一方も同じ位置と大きさで切ってほしいという場合もありますし、女性の方には、下着や水着に隠れるような傷でとお願いされる場合もあります。 いずれにしても、各アプローチのメリット・デメリットをお伝えして、患者さんに納得いただいた上でアプローチを決定します。 MIS(エムアイエス)とは、どのような手術方法でしょうか。 MIS手術後の写真 8~10cm程度(平均8cm)の小皮切で行います。 MIS 最小侵襲人工関節置換術 とは、できるだけ小さい切開で手術を行う手術方法です。 通常の人工股関節置換術より傷が小さくなる他、筋肉もできるだけ切らないで手術するため、術後の回復も早く、筋力も保たれているためリハビリもスムースに進められるのが特徴です。 注意点としては、いくら傷が小さくても、手術時間が長くかかったり、人工関節の設置が不正確になったり、筋肉を損傷したり、腱を切ったりしては全く意味がないということです。 傷の大きさは、従来15~20cmだった切開が、7~8cmになります。 ただ、肥満の強い方は、手術の際の視野および作業空間の確保のため、9~10cmになることもあります。 もちろん、その場合も筋肉や腱を極力損傷しないように、十分注意しながら手術を行います。 手術の時は輸血をするのでしょうか。 自己血貯血のイメージ 手術は、両脚同時手術を希望される患者さんもいらっしゃいますが、当院では片脚ずつを基本にしています。 安全性への配慮と侵襲が少ないという理由です。 片脚手術後4週ほど経過しますと、貧血も改善されてきます。 貧血改善後に反対脚の手術を行います。 最近では、傷が小さく出血量も少ないため、自己血貯血もあまり行っていません。 両脚同時の場合は、400cc程の自己血貯血が一般的ですが、片脚ずつの場合はその必要が少なくなってきております。 片脚ずつ手術を行う場合は、患者さんの術前の状態や基礎疾患の有無にも左右されますが、基本的には輸血をすることはほとんどありません。 合併症などのリスクがあるとのことですが、感染予防はどのように行うのでしょうか。 手術の様子 手術室をバイオクリーンルーム(超清浄空気)にするとともに、医師は全身排気スーツを着用することで、極限まで環境を清潔に整えて手術を行います。 また、手術時間が長くなれば長くなるほど感染率が上昇する危険性が高くなるので、手術時間を極力短くしなければなりません。 具体的には、「どのサイズの人工関節を設置するか」といった術前計画をしっかり立て、手術中に迷いなく進行するように準備します。 また、助手の先生の教育も重要です。 「どのような状況で、どのような器具を使用するか」などを徹底的に把握してもらいます。 このような感染予防には、医師だけではなく、看護師を含めチーム一丸となって、とにかく無駄な時間を省き、1分でも早く手術を終えられる体制を整えることが非常に重要です。 手術後は、経過を十分に注意深く観察し、何か異常があれば、迅速に対応を行います。

次の