卵 マヨネーズ パン。 食パンに卵とマヨネーズをのせてトースターへ!焦げる?カロリーは?

【Amazon通販】キユーピー卵を味わうマヨネーズ!なめらかな舌触りと濃厚さは一度食べたら忘れなられない味

卵 マヨネーズ パン

ラピュタパンとは? ラピュタパンとは、 パズーとシータが食べている、目玉焼きをのっけたトーストのことです。 カバンのなかから出てくるあれです。 ちなみにデザートはリンゴでした。 そもそもは、パズーがシータと自分の朝ごはんとして目玉焼きを作っているところからはじまります。 ところがふたりは朝ごはんを食べる前にドーラ一家に襲われてしまいます。 とっさの判断でシータを変装させて家を出るとき、パズーは目玉焼きをカバンにいれて持って行きました。 そして逃げる途中の洞窟でご飯を食べる二人。 パズーとシータはひとつの目玉焼きをはんぶんこして食べます。 このようにラピュタパンは、本来はパンにぺろっと目玉焼きを載せただけのものです。 ですがこれだと 食べるときに目玉焼きがすべって実に食べにくい…実際パズーとシータも上の目玉焼きだけ食べています。 そこで世の中で考案されたのが、 トーストと卵を一緒に焼いて、卵がはがれないようにしてしまおう!というレシピでした。 ラピュタパン(マヨ玉トースト)の作り方 ということでできたのがこちらのレシピです。 食パン• マヨネーズ• お好みで塩胡椒 レシピ 食パンのフチにマヨネーズで土手を作る 真ん中に卵を割り入れる トースターで焼く これだけです。 ですがこのレシピ、オーブントースターによってうまく焼けないことも多く、 簡単そうに見えて失敗する人が続出しています。 いちばん多いのが、 「卵が固まらない!」という問題です。 私もそうで、焼いても焼いても卵がずっと生で「えー」となりました。 そうこうしているうちに食パンはカチカチに…。 トーストを焼くように数分で簡単にできると思っていると、がっかりします。 イライラしないように、いろいろコツをおさえて上手に作りましょう! スポンサーリンク とりあえず一刻も早く卵に火を通したい…そんなときは せっかくトースターでラピュタパンを作ろうと思っても、焼いても焼いても卵が固まらない! パンは焦げそうだしとりあえずもう食べたい。 そんなときは、 トースターから出してお皿に移し、レンジでチンしてしまいましょう。 卵が爆発するのを避けるために黄身に爪楊枝で穴をあけるのを忘れずに。 卵はわりと早く固まりますので、 30秒〜40秒くらいから様子を見てください。 下準備をしっかり!ラピュタパンを上手に焼くコツとポイント ひとまずいまラピュタパンを作っている方への応急処置をご紹介しましたが、これから作る場合はいくつかポイントがあります。 ちょっと手間だな…と思うこともあるので、全部だけではなくてできるものだけやっても効果ありです。 これを守るとストレスフリーでおいしいラピュタパンが食べられますよ。 トレイやアルミホイル(トースター可のクッキングペーパー)の上で作業する 食パンに卵をのせて、いざオーブントースターへ! と思ったときに、ふるふる揺れる生卵と不安定な食パンを手で持って運ぶのはけっこう危険です。 あらかじめトースターにも入れられる耐熱のトレイやアルミホイルの上で作業し、それごとトースターに入れましょう。 加熱中にうっかり食パンが破れて卵が下に落ちるのも防げます。 パンは厚切り(4枚切り〜5枚切り)を使う 卵に火が通る前にパンが丸焦げになるのを防ぐために、 パンは厚切りのものを使いましょう。 (先に卵をレンジで加熱する場合は厚切りでなくても大丈夫です) 卵は冷蔵庫から出したてではなく室温に戻しておく トースターは上下から加熱するので、 卵が冷たいとなかなか中まで火が通りません。 そうこうしているうちに パンだけ焦げてしまいます。 それを避けるために、卵はあらかじめ冷蔵庫から出しておきましょう。 食パンに卵を割り入れる前に真ん中をくぼませておく 食パンに卵を割り入れる前に、 食パンの真ん中をくぼませておきましょう。 手でもいいですし、コップの裏でも大丈夫です。 真ん中をくぼませてから卵を割り入れることで、 卵が流れるのを防ぐことができます。 トースターで焼く前にレンジで加熱する 卵を室温に戻すのってちょっとめんどくさいですよね。 すぐ食べられると思ったのに…とせっかちな私は思ってしまいます。 そこでおすすめなのが、 トースターで焼く前にレンジであらかじめ少し加熱してしまうという方法です。 食パンに目玉焼きを落としたら、目玉焼きが爆発しないように爪楊枝で黄身と白身に穴をあけておきます。 そして、レンジで30秒〜40秒ほど加熱します。 白身のふちがちょっと白くなるくらいまで加熱するのが目安です。 加熱したあとの食パンは熱いのと、そしてふわふわなので、そっと作業してくださいね! マヨネーズは食パンのフチぎりぎりに絞り出す マヨネーズを絞り出す場所もポイントです。 マヨネーズは 食パンのフチぎりぎりに絞り出しましょう。 食パンの露出している部分から焦げてしまいますので、食パンの表面をマヨネーズと卵で覆うことで食パンの表面が焦げるのを防ぎます。 ヘルシーな元祖?ラピュタパン(目玉焼きトースト)が作りたい さて、上記のレシピは マヨネーズを土手にして卵が流れないように焼いていました。 いわゆる 「マヨ玉トースト」ですね。 たしかにこれおいしいですが、土手にするためにはけっこうな量のマヨネーズが必要です。 ラピュタパン(目玉焼きトーストマヨなし)の作り方 材料• 食パン• お好みで塩胡椒 作り方 トレイにクッキンペーパーかアルミホイルを敷き、食パンを置く。 (レンジもオーブンもどちらも大丈夫なトレイだと移動がなくて一番楽ですが、なければまずはレンジOKなお皿にのせましょう) 食パンの真ん中をくぼませ、卵を割り入れる。 卵に爪楊枝で穴をあける。 お好みで塩胡椒を振る。 レンジで30秒〜40秒加熱する。 (卵の白身のフチが少し白くなるくらいまでが目安です) その後トースターに移し、卵に火が通るまで焼く。 卵に火が通る前に食パンが焦げそうな場合は、トースターでの加熱は早めに切り上げて、しばらく庫内に入れて 余熱で火を通しましょう。 これで完成です! これなら、目玉焼きを別に作る必要もなく、余計な洗いものが出ることもなく、目玉焼きがトーストからはがれることもありません! しかも、 黄身が半熟すぎて手がべたべたになることもないといいことづくしです。 まとめ いかがだったでしょうか? ラピュタパンのストレスフリーな作り方をご紹介しました。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

食パンに卵とマヨネーズをのせてトースターへ!焦げる?カロリーは?

卵 マヨネーズ パン

【 本記事のターゲット 】• 朝食に食パンをよく食べる• 朝はバタバタして時間がないけどしっかり朝食は食べておきたい• 食パンの美味しいお勧めレシピを知りたい 今回は食パンを劇的に美味しく食べる方法「卵&マヨネーズ」を乗せてトースターで焼く方法をご紹介したいと思います。 平日の朝、皆さん慌ただしい事だと思います。 多分朝を優雅にゆっくり過ごす... という方は一握りの方だけかと。 mog自身含め基本バタバタして「あ、遅刻しそう!」とか言って慌てて家を飛び出す人も多いのでは無いでしょうか? がしかし、朝食を抜いてしまうと仕事にも学業にも力が入らないですよね... 知り合い曰く、何でも学生時代にこの方法を開発したんだとか... まぁWebで調べると結構な方がこちらのレシピを試しているみたいなので、知っている人&実戦している人は意外と多いのかな... で、その時に食べた食パンが劇的に美味しかったので、家に帰ってからも何度か試してみました。 その際、一度写真を取りながらレシピ化してみましたので、もし試したいという方は下記手順を試してみて下さいね。 まず準備するものですが、下記の通り。 「食パン一切れ」「生卵」「バター」「マヨネーズ」「塩こしょう」とバター以外は何処でもありきたりのものかと。 もしバターが無くてもその箇所にマヨネーズで代用する事も出来るので試してみて下さいね。 あと重要なのがアルミホイル。 トースターで焼く際、食パンの表側は卵を乗せているので焦げる事がないのですが、裏側は何も塗っていないため真っ黒に焦げてしまう事が多々有りますので、アルミホイルで裏面を保護しておきましょう。 食パンの周辺にバター&中央にくぼみを作る 次に食パンの周辺にバターを満遍なく置いておきましょう。 これ、味付けはもちろん効果があるのですが、実は焦げ防止にも役立ちますので、出来るだけ食パンの4隅はバターもしくはマヨネーズを塗っておくようにしましょう。 そして中央に生卵を乗せる為のくぼみを作っておきましょう。 これは簡単に指でぐりぐり穴をあける感じでOKです。 穴をあけなくても大丈夫な事も多いのですが、下記の通り卵を割って乗せた際に... 少しでも傾いていたりすると白身がだらだら垂れたり黄身がぽろっと落ちてしまいますので... これを防ぐ意味で中央にくぼみ&アルミホイルが重要になってきますよね。 で、今回実はやり忘れたんですが、このアルミホイルを出来れば食パンの4隅を少し覆うようなイメージで折り曲げてトースターに入れましょう。 あとで分かりますが、食パンの端がトースターで焦げやすいので... そのままトースターへ、3分焼き上げ 食パンの中央に穴をあけ、卵と周辺にバターの乗せたらアルミホイルを下に敷いた状態でトースターで食パンを焼きましょう。 で、ここでは大体3分くらい焼きます。 卵が白くなるくらい... 黄身部分はまだ半熟でもOKです。 通常食パンを焼くより少し長めの感覚で... 卵が上に乗っている分食パンの表面は全く焦げませんし、早すぎると卵が全然固まっていない状態なので... これはトースターによって時間差があるので、心配ならチラ見する感じで中の具合を見ておきましょう。 下記のようにバターが完全に溶けて卵の白身&黄身がある程度固まって来たらその上にマヨネーズをぶっかけてみましょう。 量はそれぞれお好みで... で、ここで察しのいい方はすぐ分かると思うのですが、上記写真よく見てみると食パンの隅が焦げ始めています... なので、この部分は焦げないように出来るだけアルミホイルの隅を折り曲げて焦げないようにしておいた方がいいかな... まぁ後でこの後どうなるかが分かります(苦笑) で、この状態でトースターに再度戻し、追加で2分ちょっと焼き上げます。 先ほど述べた通り、食パンの端は本当に焦げやすいので... 保護していないと上記のようになります。 そしてちゃんと焼かないと黄身の部分がかなり半熟で食パンを食べた際にどろっと垂れて服が汚れる何て事も... なのでちょっと良く焼きくらいのイメージで焼く&焦げないように食パンの隅をバターやマヨネーズを塗ったり、アルミホイルの隅を折り曲げてしっかり保護した状態で焼き上げるようにしましょう。 あとはお好みで塩こしょうを振ってパクリと食べましょう。 いやこれ、本当に美味しいんですよ。 基本手元にある食材&調理器具入らずで忙しい朝にピッタリな朝食になると思いますので、朝バタバタしているけど美味しいものをしっかり食べておきたいという方は是非上記内容を試してみて下さいね。

次の

奇麗な仕上りは卵?牛乳?パンの艶出し実験をしてみました。

卵 マヨネーズ パン

スポンサーリンク 食パンに卵とマヨネーズをのせたらトースターへ! 準備する材料は、食パン、卵、マヨネーズの3品。 お家にある定番の材料を使っておいしいトーストを作ります。 あと、アルミホイルか、トースターの受け皿を準備してください。 まず、食パンの中央を軽くおさえて、へこましておきます。 今回は、5枚切り食パンを使っています。 食パンの周りに、マヨネーズで壁を作ります。 マヨネーズは、低カロリーではない普通のマヨネーズを使っています。 ヘルシー系のマヨは、焦げ目がつきにくいです。 マヨが星形で出るように、キャップを外します。 食パンの耳、ぎりぎりに7-8ミリの高さが出るように、上からゆっくりとマヨを垂らしていきます。 といた卵を食パンの真ん中に流し込みます。 MかSサイズの卵がおすすめ。 溢れにくいです。 食パンはあらかじめ、アルミホイルの上に載せておきます。 そして、なるべく、トースターの近くで作業します。 卵を流した後に、持ち上げたり動かすと、溶いた卵がマヨの壁からこぼれてしまいます。 トースターで、お好みの状態まで焼きます。 できあがり! 簡単ですよね。 スポンサーリンク しかし、食パンばかりが焦げてしまうこともあります。 もう少し、マヨネーズに焦げ目をつけたり、卵を完熟にしたいときありますよね? そんな時の裏技を、次でご紹介します。 食パンにマヨネーズと卵をのせたら焦げるときの対処法 食パンにマヨネーズと卵をのせて、トースターで焼いたら、食パンのフチばかり焦げてしまうことがあります。 マヨネーズや卵をもう少し焼きたい、でも、パンが焦げるのはイヤ。 そんなときは、次の方法を試してみてください。 その1 たまご、マヨネーズを常温にしておく。 冷たいまま焼くより、少しでも温度を上げておいた方が、焼き目が付きやすい。 その2 これ以上焦げ目をつけたくない部分に、アルミホイルをかぶせてあげる。 食パンの下に敷いたアルミホイルを、くるりと上側に持ってきてみてください。 その3 パンの耳をすこし、水で濡らしておく。 作り始める一番初めに、指に水をつけてパンの耳を軽く湿らせておくのです。 そうすると、まず水が蒸発して、パンの耳だけ焦げるのを防げます。 食パンとマヨネーズと卵の気になるカロリーは? 焼き立てをほおばると、とっても美味しいので、ついつい食べ過ぎてしまいます。 そうなると、カロリーが気になってきます。 そして、栄養バランスも。 調べてみるとこのようになりました 食パン 5枚切り1枚分 約200kcal 卵 Mサイズ 1個 約100kcal マヨネーズ 40g使用 約266kcal(大さじ1約15gで100kcal) 合計 約566kcal このカロリーだけを見ると、結構高いと思いますか? でも、1日に必要なカロリーは約2000kcal。 なので、そこまで気にするほどではないです。 ご飯茶碗1杯のカロリーは、240kcalほどですしね。 これに、野菜サラダやフルーツをプラスすれば、栄養バランスがよくなります。 まとめ 忙しい朝は、食パン、卵、マヨネーズで簡単おいしい朝ごはんを作りましょう! 食パンだけが、焦げてしまうときの対処法もご紹介しました。

次の