ダニエル ハロウ 法医学。 法医学医ダニエルハロウ全話最終回迄あらすじ,動画,シーズン2ネタバレも!

ヨアン・グリフィズ主演『法医学医 ダニエル・ハロウ』1月16日(木)よりDlifeにて無料初放送! (2020年1月6日)

ダニエル ハロウ 法医学

白骨死体の腕から出た治療プレートから身元判明も近い。 ハロウは先回りして身元書類を燃やして証拠隠滅に成功した!【第4話】 法医学医ダニエル・ハロウ 第5話『疑惑』ではどうなるのか。 思うままに感想を書いていきます。 ざっくりあらすじ パー会場 クラブ でドラッグを売りさばくファーン。 ドラッグを摂取した女性が錯乱しビルから飛び降りて死んでしまった。 自分が売ったドラッグで死人がでて、他にも重体の人間がいることを知り心を痛める。 ドラッグ売人ファーン ドラッグにより錯乱した女性が飛び降りて死ぬのを目の前でみてしまったファーン。 証拠隠滅のため残りのドラッグは捨ててしまいます。 ハロウが事件の担当をし、ファーンが現場にいたことを知られ電話をかけてきました。 その電話で現場から逃げでもドラッグを摂取した影響で重体の人間がいること。 使用したドラッグが分からないと治療できずに死んでしまうことを知ります。 ファーンは何とかドラッグをハロウに渡し重体の人は命をとりとめました。 うーん。 ドラッグってこういうものだよね! 過剰摂取で亡くなるという話はよく聞きますし、死人がでて取り乱すって覚悟が甘過かったですね。 ファーンは成績優秀だったのに中退したらしくそれは家族関係に起因するのかな? 1話でドラッグ使用で搬送されて、今回は売人です。 かなり悪の道を進んでいるので、ハロウとステファニーは嫌われてでも無理矢理にでも更生のためもっと何とか行動できないのかなぁとやきもきしてしまいます。 具体的にこうすればいいのにというのは思い付かないので無責任な外野の意見ですけどね。 毎回毎回ハロウの娘ファーンについて考えることが多いため「 このドラマってファーンが主人公だっけ?」と思わなくもないです。 今回の事件について サンティアが帰り道にビリーに襲われ死亡。 ビリーはサンティアからドラッグを買っていたようです。 新しい危険なドラッグを売っていたサンティアはもっと大きな闇と繋がりがあるのでしょうか? 今後、何かしら伏線となるのかな? とちょっと楽しみにしております。 今回の殺人事件被害者サンティアはドラッグ売人でたまたまファーンと同じ金髪に赤いドレスで亡くなりました。 ファーンがこの現場の本物の売人だったのに、サンティアの格好とドラッグを所持、売人である様子から警察によりビルでのドラッグ売人もサンティアの犯行だという結論になってしまいました。 ハロウはファーンが売人だったと勘づいているのではないかと思います。 というよりハロウがサンティア犯人説に持っていったような気もします。 娘かわいさなのでしょうが、娘が売人かもしれない、逃げるよう指示までだしている状況でダスとイチャイチャしているのはどうなの? ?? 娘が心配でそれどころじゃないでしょーが! そういうところにファーンが寂しく思っていたのではないのか! まったく外国人はすぐイチャイチャするんだから。 ソロヤ・ダスは今は犯罪現場調査官というお仕事で刑事出はないということが分かりました。 元刑事で何かやらかして外されたのかなという様子でした。 ダスもなんだか過去がありそうで気になります。 白骨死体は火葬 策士ハロウは上司パヴィッチに白骨が邪魔になっていると思い込ませまんまと火葬の指示出させることに成功します。 新たな証拠が出ても困りますし早く処分したかったのでしょう。 火葬いきになった白骨に助手サイモンは敗北感を感じてしまいます。 これはサイモンが敗北感払拭のためめっちゃ捜査するのかも。 主人公ハロウに逃げきってほしい気持ちもありますが、なんかサイモン好きなんです。 頑張れサイモン、負けるなハロウ! 白骨を火葬したハロウに新たな危機がせまります。 それは同僚フェアリーの推察です! 白骨死体は数年以上長期間に渡って水中に沈んでいたと判断したハロウとそれを元に捜査していたダス。 フェアリーは 白骨が水中にあったのは9ヶ月であると推察しダスに伝えました。 これはやばいかもしれません。 なんの資料なのかダスは白骨の身元にピンと来た描写があり終わりました。 白骨死体の男性と元妻ステファニーの親密なツーショット写真。 男性とハロウの関係は? ハロウはなぜしたのか? 本筋の物語が徐々に動きだしました。 次週の6話を楽しみに待ちます! 役の 勝手な イメージ 【ダニエル・ハロウ】 主人公、権威や名声には興味なし。 真実を明らかにすることに執着し、真相解明のためなら手段を選ばない性格。 海から引き上げられた白骨死体に何かしら関係があるらしく、証拠隠滅を図りまくり。 強メンタルな自由人。 爬虫類が苦手。 【ソロヤ・ダス】ミラー・フォークス 警察の犯罪現場調査官。 元刑事? 何かやらかしていまの調査官の仕事に左遷されたのかも? からきた。 ハロウを振り回す系美女。 【サイモン・ヴァン・レイク】・ハイ ハロウの助手で弟子。 ハロウを尊敬している。 優秀でちょいお調子者。 憎めないタイプ。 アジア系。 【ステファニー・トルソン】ス・フィリップス ハロウの元妻。 面倒くさそうな性格。 非常勤講師。 人員削減でクビになるかもと不安定な立場。 誰かの借金を背負っている。 同同僚の体育教師といい感じ。 白骨死体の男性と親しげなツーショット写真が!! 【ブライアン・ニコルズ】ダミアン・ガーヴェイ 警察の巡査部長。 ハロウのことが嫌いで「うせろハロウ」と出会い頭に言っちゃうほど態度に出してる。 ハロウの上司パヴィッチと付き合ってる。 【ファーン・ハロウ】エラ・ ダニエル・ハロウと元妻とのあいだの娘。 彼氏はカラン。 ドラッグを売りさばくも薬で死にそうな人間がでたことに心痛める女の子。 悪人になりきれないくせに非行にはしる反抗期まっさかり。 【ライル・フェアリー】ダレン・ギルシェナン 法医学医。 同僚ハロウに張り合ってる。 いちいち細かく、ハロウとは正反対なタイプ。 いつもハロウにからかわれている。 ドラマのコメディ担当。 白骨死体が年単位の長期間に渡って水中にいたと話したハロウとは違い、フェアリーは白骨死体が水中にいたのは9ヶ月だと推察する。

次の

法医学医ダニエルハロウ2全10話最終回迄ネタバレ,動画,サイモン(T_T)シーズン3も更新!

ダニエル ハロウ 法医学

法医学研究所のダニエル・ハロウが闇に葬られかけた不可解な難事件を解決に導くドラマ『法医学医 ダニエル・ハロウ』。 不老不死の検死官がNYの難事件に挑むで、主役ヘンリー・モーガンを演じたヨアン・グリフィズが今度は法医学病理学者として主演する『法医学医 ダニエル・ハロウ』が、全国無料のBSテレビ局・Dlifeにて1月16日(木)より無料初放送となる。 オーストラリアのクイーンズランドを舞台に、スリリングに展開するクライムサスペンス『法医学医 ダニエル・ハロウ』。 法医学研究所のダニエル・ハロウは、死体の声なき声に耳を傾け、闇に葬られかけた不可解な難事件を解決に導く優れた法医学医。 権威や名声にはまるで無頓着で、真実を明らかにすることにのみ執念を燃やす。 真相解明のためなら手段を選ばず、規則を曲げることも厭わない異端児。 2018年にスタートした本作は、本国でシーズン2までリリースされており、シーズン3への更新も決定している。 ヨアンの他に、『HAWAII FIVE-0』のミラー・フォークス、『マルコ・ポーロ』のレミー・ハイ、『レボリューション』のアンナ・リース・フィリップス、『クリーバー・グリーン:型破りな弁護士』のダミアン・ガーヴェイなどがキャストに名を連ねている。 吹替え版では、ヨアン演じるダニエル・ハロウの声を森川智之が、ソロヤ・ダス役ミラー・フォークスの声を原島梢、サイモン・ヴァン・レイク役レミー・ハイの声を平修が担う。 2018年に、主演が決定した際、ヨアンはインタビューでと話し、監督も務めてみたいと意気込みを語っていたヨアン。 『法医学医 ダニエル・ハロウ』は全国無料のBSテレビ局・Dlifeにて、1月16日(木)21時より吹替版、1月22日(水)25時より字幕版が放送スタート。

次の

ヨアン・グリフィズ

ダニエル ハロウ 法医学

火葬するはずだった白骨が戻ってきた!ソロヤ・ダスは白骨死体がロバート・クインだと確信! 貯水池から引き上げられた車はクインのものなのか? !【第6話】 法医学医ダニエル・ハロウ 第7話『家族の秘密』ではどうなるのでしょう。 思うままに感想を書いていきます。 ざっくりあらすじ 車の事故で60代女性と30代男性が死亡。 息子のほうは知的障害があり常に母親が一緒に行動しており、そんな二人は近所の人たちから愛されていた。 ただの事故に見えたが、ハロウとフェアリーが調べると男性の脳に銃弾があり、母親は末期の乳癌であることが判明する。 今回の事件について 事故死した母子。 事故ではなく 母親による無理心中だった!! パヴィッチの命令で ハロウはフェアリーと二人で仕事することになりました。 頭から解剖するか胸から解剖するかで言い争う二人。 親子の遺体だからそれぞれ検視すればいいのに、わざわざ一緒にやってケンカしてる二人。 仲が良いのか悪いのか。 笑 息子グレンは生まれつき知的障害があり母親は付きっきりで行動していました。 母子は近所の人からは好かれていて亡くなったことを惜しまれていました。 ただ一人、元警察官の男性だけは惜しんでいません。 むかし少女ホリーが行方不明になって、その犯人がこの息子であるの睨んでいたからです。 およそ20年前。 息子は子供時代は小動物を殺していたりと暴力的人格だったようです。 母親はグレンの姉であるオードリーに「弟には危ないから近づくな」と忠告するほどでした。 ある時、オードリーが親友ホリーを家に連れてきます。 そこを目をつけられホリーはグレンに殺されてしまいました。 母親はそのことの ケジメとして寝ている 息子の頭を撃ちます。 実の息子を殺してケジメとしたのです。 ところが翌朝になりグレンは血まみれで起きて母親とオードリーは驚きます。 しかもそれまでの暴力的な性格は消え、天使のような優しい性格に変わっていたのです。 これは銃弾が感情を司る に留まったことで 人格が変わったのだろうとハロウは推理します。 それから20年は天使のようなグレンとして生活していましたが、死ぬ数週間前にオードリーが起こした事故の衝撃で助手席に乗っていたグレンに変化が起きてしまいます。 銃弾がズレてしまい 昔の暴力的な人格に戻ってしまったのです。 末期の乳癌を患っていた母親は過去のケジメの続きとして 無理心中という形で暴力的な息子を殺したのでした。 母親としての行動に称賛したパヴィッチに「 だが殺人を隠蔽したんだぜ?」と言うハロウ。 ハロウもクインのするは証拠隠蔽するはしてるでしょー! こっちがハラハラしちゃうー! 娘ファーン目線 彼氏カランから家をGETできると言われファーンは 移住を決意していました。 先週、両親にお別れを言えなかったファーン。 バスが来るまでに母親ステファニーに会いにいきます。 この頃、ステファニーはニコルズから引き上げられた車が元夫ロバート・クインのものであることを伝えられていました。 そしてハロウにはこのことは内緒にするようにも言われます。 一人になりクインとの結婚式の動画を見ているところにファーンが帰ってきます。 いつもファーンはタイミングが悪いですね。 ファーンはクインが嫌いだったよう。 ファーンはクインの車が引き上げられたことを知り激しく動揺します。 このことで珍しくファーンからハロウに電話してきます。 ハロウが殺人をするとは考えにくい。 個人的意見 誰かを庇っているならステファニーかファーンだと思うのですが、ファーン説が濃厚 かなと思った今回第7話でした。 フェアリーと二人で検視しているときにも、ハロウは「 法医学研究所を辞めるのはファーンのため。 戻るのもファーンのため」とフェアリーに言ってしまいます。 当然フェアリーは 「なぜ戻るのもファーンのためになるんだ?」と疑問に思います。 ファーンがロバート・クインの死について何かしら知っているのは確実ですね。 それにしてもケンカばかりなのにハロウが本音を溢してしまうなんて、 フェアリーは心許せる存在なのかな? ファーンはクインの車が発見されたことでここに残らねばならないと考えたようです。 カランに今は行けないと伝えます。 そしてカランは一人でバスに乗っていってしまいました。 お別れかな? 憂いが無くなったら追いかけるかな? なんとなくカランはまた登場してきそうな予感がします。 白骨がロバート・クインだという証拠はまだない ハロウはクインと関係が近いため、ハロウには捜査進展は秘密にするように命令されます。 ソロヤ・ダスも強引な捜査とハロウと付き合っていることで捜査から外されます。 頭蓋骨さえあれば判明しそうですが、頭はどこにあるのでしょう? 新たな謎です。 ニコルズが捜査を引き継いでいますが、ハロウ大嫌いニコルズはなんだかんだ言ってハロウを信じすぎている気がします。 むしろダスの方が恋人なのに ハロウに疑念を持っています。 ニコルズはクインの車が沈む前日の留守電を入手します。 気になるー! ステファニー、ファーン、ハロウみんな関わっているの? ! 第8話に期待です!! 役の 勝手な イメージ 【ダニエル・ハロウ】 主人公、権威や名声には興味なし。 真実を明らかにすることに執着し、真相解明のためなら手段を選ばない性格。 海から引き上げられた白骨死体に何かしら関係があるらしく、証拠隠滅を図りまくり。 強メンタルな自由人。 爬虫類が苦手。 【ソロヤ・ダス】ミラー・フォークス 警察の犯罪現場調査官。 元刑事? 何かやらかしていまの調査官の仕事に左遷されたのかも? からきた。 ハロウを振り回す系美女。 白骨死体がロバート・クインだと確信し無茶な捜査をし担当を外される。 に 息子ピーターがいる。 息子の父親は病死している。 【サイモン・ヴァン・レイク】・ハイ ハロウの助手で弟子。 ハロウを尊敬している。 優秀でちょいお調子者。 憎めないタイプ。 アジア系。 【ステファニー・トルソン】ス・フィリップス ハロウの元妻。 面倒くさそうな性格。 非常勤講師。 人員削減でクビになるかもと不安定な立場。 同僚の体育教師といい感じ。 白骨死体ロバート・クインは元夫! ハロウと離婚後にクインと再婚した。 ステファニーが抱える借金はクインのギャンブルによるもの。 クインの留守電に「殺してやる」との残していた。 【ブライアン・ニコルズ】ダミアン・ガーヴェイ 警察の巡査部長。 ハロウのことが嫌いで「うせろハロウ」と出会い頭に言っちゃうほど態度に出してる。 ハロウの上司パヴィッチと付き合ってる。 「よく骨を守ったな」とハロウが火葬を阻止したと思い込んでいる。 【ファーン・ハロウ】エラ・ ダニエル・ハロウと元妻とのあいだの娘。 彼氏はカラン。 悪人になりきれないくせに非行にはしる反抗期まっさかり。 両親にそれぞれ恋人がいることを目撃。 クインの車発見でなぜか移住をやめる。 カランとはお別れ。 ファーンはクインを嫌っていた。 【ライル・フェアリー】ダレン・ギルシェナン 法医学医。 同僚ハロウに張り合ってる。 いちいち細かく、ハロウとは正反対なタイプ。 いつもハロウにからかわれている。 ドラマのコメディ担当。 ハロウとは違い、フェアリーは白骨死体が水中にいたのは9ヶ月だと推察する 第7話で医学研究所にされるかもと浮かれ、ハロウに自慢しに来るフェアリー。 おじさんなのに可愛い。 【白骨死体ロバート・クイン】 ギャンブルくそ野郎 ニコルズ談 仕事が出来て魅力的。 ステファニーの教師復帰のために仕事をやめる良い男。

次の