ユーザープロファイル コピー。 [RDS] グループポリシーから固定ユーザープロファイルを設定する方法

Windows10でユーザープロファイルの移行、コピーが簡単にできる無料ツール

ユーザープロファイル コピー

移動ユーザー プロファイルの展開 Deploying Roaming User Profiles• この記事の内容 適用先:Windows 10、Windows 8. 1、Windows 8、Windows 7、Windows Server 2019、Windows Server 2016、Windows Server 半期チャネル 、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、Windows Server 2008 R2 Applies to: Windows 10, Windows 8. 1, Windows 8, Windows 7, Windows Server 2019, Windows Server 2016, Windows Server Semi-annual Channel , Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012, Windows Server 2008 R2 このトピックでは、Windows Server を使用してを Windows クライアント コンピューターに展開する方法について説明します。 This topic describes how to use Windows Server to deploy to Windows client computers. 移動ユーザー プロファイルでは、ユーザー プロファイルがファイル共有にリダイレクトされ、ユーザーが複数のコンピューター上で同一のオペレーティング システムとアプリケーションの設定を利用できるようになります。 Roaming User Profiles redirects user profiles to a file share so that users receive the same operating system and application settings on multiple computers. このトピックに対する最近の変更については、「」のセクションを参照してください。 For a list of recent changes to this topic, see the section of this topic. 重要 次の構成で OS のインプレース アップグレードを実行すると、スタート画面に対するユーザーのカスタマイズが失われます。 User customizations to Start is lost after an OS in-place upgrade in the following configuration:• ユーザーが移動プロファイル用に構成されている Users are configured for a roaming profile• ユーザーがスタート画面に対する変更を許可されている Users are allowed to make changes to Start その結果、OS のインプレース アップグレード後に、スタート メニューが新しい OS バージョンの既定値にリセットされます。 As a result, the Start menu is reset to the default of the new OS version after the OS in-place upgrade. 回避策については、「」を参照してください。 For workarounds, see. 前提条件 Prerequisites ハードウェア要件 Hardware requirements 移動ユーザー プロファイルには x64 ベースまたは x86 ベースのコンピューターが必要です。 これは Windows RT ではサポートされていません。 Roaming User Profiles requires an x64-based or x86-based computer; it isn't supported by Windows RT. ソフトウェア要件 Software requirements 移動ユーザー プロファイルには次のソフトウェア要件があります。 Roaming User Profiles has the following software requirements:• 既存のローカル ユーザー プロファイルのある環境に、フォルダー リダイレクトと共に移動ユーザー プロファイルを展開する場合、移動ユーザー プロファイルの前にフォルダー リダイレクトを展開して、移動プロファイルのサイズを最小にします。 If you are deploying Roaming User Profiles with Folder Redirection in an environment with existing local user profiles, deploy Folder Redirection before Roaming User Profiles to minimize the size of roaming profiles. 既存のユーザー フォルダーが正しくリダイレクトされたら、移動ユーザー プロファイルを展開できます。 After the existing user folders have been successfully redirected, you can deploy Roaming User Profiles. 移動ユーザー プロファイルを管理するには、Domain Administrators セキュリティ グループ、Enterprise Administrators セキュリティ グループ、または Group Policy Creator Owners セキュリティ グループのメンバーとしてサインインする必要があります。 To administer Roaming User Profiles, you must be signed in as a member of the Domain Administrators security group, the Enterprise Administrators security group, or the Group Policy Creator Owners security group. クライアント コンピューターでは、Windows 10、Windows 8. 1、Windows 8、Windows 7、Windows Vista、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、Windows Server 2008 R2、または Windows Server 2008 を実行する必要があります。 Client computers must run Windows 10, Windows 8. 1, Windows 8, Windows 7, Windows Vista, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012, Windows Server 2008 R2, or Windows Server 2008. クライアント コンピューターは、管理している Active Directory ドメイン サービス AD DS に参加している必要があります。 Client computers must be joined to the Active Directory Domain Services AD DS that you are managing. グループ ポリシー管理および Active Directory 管理センターがインストールされたコンピューターが使用できる必要があります。 A computer must be available with Group Policy Management and Active Directory Administration Center installed. 移動ユーザー プロファイルをホストするためにファイル サーバーが使用できる必要があります。 A file server must be available to host roaming user profiles. ファイル共有で DFS 名前空間を使用している場合、ユーザーのさまざまなサーバーへの編集の競合を防ぐため、DFS フォルダー リンク のターゲットは 1 つである必要があります。 If the file share uses DFS Namespaces, the DFS folders links must have a single target to prevent users from making conflicting edits on different servers. ファイル共有で DFS レプリケーションを使用して、コンテンツを別のサーバーにレプリケートする場合、ユーザーのさまざまなサーバーへの編集の競合を防ぐため、ユーザーはソース サーバーにのみアクセスできる必要があります。 If the file share uses DFS Replication to replicate the contents with another server, users must be able to access only the source server to prevent users from making conflicting edits on different servers. ファイル共有がクラスター化されている場合は、パフォーマンスの問題を回避するため、ファイル共有での継続的可用性を無効にします。 If the file share is clustered, disable continuous availability on the file share to avoid performance issues. 移動ユーザー プロファイル内でプライマリ コンピューター サポートを使用するには、クライアント コンピューターと Active Directory スキーマの追加の要件があります。 To use primary computer support in Roaming User Profiles, there are additional client computer and Active Directory schema requirements. 詳細については、「」を参照してください。 For more information, see. ユーザーが複数の PC、リモート デスクトップ セッション ホスト、または仮想デスクトップ インフラストラクチャ VDI サーバーを使用している場合、Windows 10、Windows Server 2019、または Windows Server 2016 上ではそのユーザーのスタート メニューのレイアウトが移動されません。 The layout of a user's Start menu won't roam on Windows 10, Windows Server 2019, or Windows Server 2016 if they're using more than one PC, Remote Desktop Session Host, or Virtualized Desktop Infrastructure VDI server. 回避策として、このトピックで説明するように、スタート画面のレイアウトを指定できます。 As a workaround, you can specify a Start layout as described in this topic. または、ユーザー プロファイル ディスクを使用できます。 これにより、リモート デスクトップ セッション ホスト サーバーまたは VDI サーバーと共に使用するときにスタート メニューの設定が適切に移動されます。 Or you can make use of user profile disks, which properly roam Start menu settings when used with Remote Desktop Session Host servers or VDI servers. 詳細については、「」を参照してください。 For more info, see. 複数の Windows のバージョンで移動ユーザー プロファイルを使用する場合の考慮事項 Considerations when using Roaming User Profiles on multiple versions of Windows 複数の Windows のバージョン間で移動ユーザー プロファイルを使用する場合、次の対策を講じることをお勧めします。 If you decide to use Roaming User Profiles across multiple versions of Windows, we recommend taking the following actions:• オペレーティング システムのバージョンごとに、個別のプロファイル バージョンを維持するように Windows を構成します。 Configure Windows to maintain separate profile versions for each operating system version. これにより、プロファイルの破損など望ましくない予測不能な問題を回避します。 This helps prevent undesirable and unpredictable issues such as profile corruption. フォルダー リダイレクトを使用して、ドキュメントやピクチャなどのユーザー ファイルをユーザー プロファイルとは別に保存します。 Use Folder Redirection to store user files such as documents and pictures outside of user profiles. これにより、ユーザーがオペレーティング システムのバージョンの違いに関係なく、同じファイルを使用できます。 This enables the same files to be available to users across operating system versions. さらに、プロファイルが小さく維持され、サインインが速くなります。 It also keeps profiles small and sign-ins quick. 移動ユーザー プロファイルに十分な記憶域を割り当てます。 Allocate sufficient storage for Roaming User Profiles. 2 つのオペレーティング システムのバージョンをサポートする場合、オペレーティング システム バージョンごとに個別のプロファイルを維持するため、プロファイルの数 したがって消費される合計の領域 が倍になります。 If you support two operating system versions, profiles will double in number and thus total space consumed because a separate profile is maintained for each operating system version. これらのオペレーティング システム バージョン間での移動は、それらのプロファイル バージョンに互換性がないためサポートされていません。 Roaming between these operating system versions isn't supported due to incompatibilities in their profile versions. ユーザーに、一方のオペレーティング システム バージョンで行った変更は他方のオペレーティング システム バージョンに移動されないことを通知してください。 Inform your users that changes made on one operating system version won't roam to another operating system version. 別のプロファイル バージョンを使用している Windows のバージョンに環境を移動する場合 Windows 10 から Windows 10、バージョン 1607 など。 一覧については「」を参照 、ユーザーは新しい空の移動ユーザー プロファイルを受け取ります。 When moving your environment to a version of Windows that uses a different profile version such as from Windows 10 to Windows 10, version 1607—see for a list , users receive a new, empty roaming user profile. フォルダー リダイレクトを使用して共通フォルダーをリダイレクトすることによって、新しいプロファイルの取得による影響を最小限に抑えることができます。 You can minimize the impact of getting a new profile by using Folder Redirection to redirect common folders. 移動ユーザー プロファイルをあるプロファイル バージョンから別のバージョンに移行するためにサポートされている方法はありません。 There isn't a supported method of migrating roaming user profiles from one profile version to another. 手順 1:個別のプロファイル バージョンの使用を有効にする Step 1: Enable the use of separate profile versions Windows 8. 1、Windows 8、Windows Server 2012 R2、または Windows Server 2012 を実行するコンピューターに移動ユーザー プロファイルを展開する場合、展開の前に、使用する Windows 環境にいくつかの変更を行うことをお勧めします。 If you are deploying Roaming User Profiles on computers running Windows 8. 1, Windows 8, Windows Server 2012 R2, or Windows Server 2012, we recommend making a couple of changes to your Windows environment prior to deploying. これらの変更により、将来のオペレーティング システムのアップグレードがスムーズに進み、移動ユーザー プロファイルによって、複数の Windows のバージョンを同時に実行できるようになります。 These changes help ensure that future operating system upgrades go smoothly, and facilitate the ability to simultaneously run multiple versions of Windows with Roaming User Profiles. これらの変更を行うには、次の手順に従います。 To make these changes, use the following procedure. 移動、固定、スーパー固定、またはドメインの既定のプロファイルを使用するすべてのコンピューターに、適切なソフトウェア更新をダウンロードしてインストールします。 Download and install the appropriate software update on all computers on which you're going to use roaming, mandatory, super-mandatory, or domain default profiles:• Windows 8. 1 または Windows Server 2012 R2: Microsoft サポート技術情報の記事 で説明されているソフトウェア更新プログラムをインストールします リリースされている場合。 Windows 8. 1, or Windows Server 2012 R2: install the software update described in article in the Microsoft Knowledge Base when released. Windows 8 または Windows Server 2012: Microsoft サポート技術情報の記事 で説明されているソフトウェア更新プログラムをインストールします。 Windows 8 or Windows Server 2012: install the software update described in article in the Microsoft Knowledge Base. 移動ユーザー プロファイルを使用する Windows 8. 1、Windows 8、Windows Server 2012 R2、または Windows Server 2012 を実行するすべてのコンピューターで、レジストリ エディターまたはグループ ポリシーを使用して、次のレジストリ キー DWORD 値を作成し、それを 1 に設定します。 On all computers running Windows 8. 1, Windows 8, Windows Server 2012 R2, or Windows Server 2012 on which you will use Roaming User Profiles, use Registry Editor or Group Policy to create the following registry key DWORD Value and set it to 1. グループ ポリシーを使用してレジストリ キーを作成する方法については、「 」を参照してください。 For information about creating registry keys by using Group Policy, see. Incorrectly editing the registry may severely damage your system. レジストリを変更する前に、コンピューター上の重要なデータのバックアップを作成する必要があります。 Before making changes to the registry, you should back up any valued data on the computer. コンピューターを再起動します。 Restart the computers. 手順 2:移動ユーザー プロファイルのセキュリティ グループを作成する Step 2: Create a Roaming User Profiles security group 環境に移動ユーザー プロファイルをまだ設定していない場合、最初の手順は、移動ユーザー プロファイル ポリシー設定を適用するすべてのユーザーやコンピューターを含むセキュリティ グループを作成することです。 汎用移動ユーザー プロファイル展開の管理者は一般にユーザーのセキュリティ グループを作成します。 Administrators of general-purpose roaming user profiles deployments typically create a security group for users. リモート デスクトップ サービスまたは仮想デスクトップ展開の管理者は一般にユーザーと共有コンピューターのセキュリティ グループを使用します。 Administrators of Remote Desktop Services or virtualized desktop deployments typically use a security group for users and the shared computers. 移動ユーザー プロファイルのセキュリティ グループを作成する方法を次に示します: Here's how to create a security group for Roaming User Profiles:• Active Directory 管理センターがインストールされたコンピューターでサーバー マネージャーを開きます。 Open Server Manager on a computer with Active Directory Administration Center installed. [ツール] メニューの [Active Directory 管理センター] を選択します。 On the Tools menu, select Active Directory Administration Center. Active Directory 管理センターが表示されます。 Active Directory Administration Center appears. 適切なドメインまたは OU を右クリックし、 [新規作成] を選択して、 [グループ] を選択します。 Right-click the appropriate domain or OU, select New, and then select Group. [グループの作成] ウィンドウの [グループ] で、次の設定を指定します。 In the Create Group window, in the Group section, specify the following settings:• [グループ名] に、セキュリティ グループの名前を入力します。 たとえば、 Roaming User Profiles Users and Computers のようになります。 In Group name, type the name of the security group, for example: Roaming User Profiles Users and Computers. [グループのスコープ] で [セキュリティ] を選択し、 [グローバル] を選択します。 In Group scope, select Security, and then select Global. [メンバー] セクションの [追加] を選択します。 In the Members section, select Add. [ユーザー、連絡先、コンピューター、サービス アカウントまたはグループの選択] ダイアログ ボックスが表示されます。 The Select Users, Contacts, Computers, Service Accounts or Groups dialog box appears. セキュリティ グループにコンピューター アカウントを含める場合は、 [オブジェクトの種類] を選択し、 [コンピューター] チェック ボックスをオンにしてから、 [OK] を選択します。 If you want to include computer accounts in the security group, select Object Types, select the Computers check box and then select OK. 移動ユーザー プロファイルを展開するユーザー、グループ、またはコンピューターの名前を入力し、 [OK] を選択し、さらに [OK] を選択します。 手順 3:移動ユーザー プロファイルのファイル共有を作成する Step 3: Create a file share for roaming user profiles 移動ユーザー プロファイル用の個別のファイル共有 移動プロファイル フォルダーの誤ったキャッシュを回避するため、リダイレクトされたフォルダー用の共有から独立した がまだない場合は、次の手順に従って、Windows Server を実行するサーバー上にファイル共有を作成します。 If you do not already have a separate file share for roaming user profiles independent from any shares for redirected folders to prevent inadvertent caching of the roaming profile folder , use the following procedure to create a file share on a server running Windows Server. 注意 使用している Windows Server のバージョンによっては、一部の機能が異なる場合や使用できない場合があります。 Some functionality might differ or be unavailable depending on the version of Windows Server you're using. Windows Server 上でファイル共有を作成する方法を次に示します: Here's how to create a file share on Windows Server:• サーバー マネージャーのナビゲーション ウィンドウで [ファイル サービスと記憶域サービス] を選択し、 [共有] を選択して共有のページを表示します。 In the Server Manager navigation pane, select File and Storage Services, and then select Shares to display the Shares page. [共有] タイルで、 [タスク] を選択してから [新しい共有] を選択します。 In the Shares tile, select Tasks, and then select New Share. 新しい共有ウィザードが表示されます。 The New Share Wizard appears. [プロファイルの選択] ページで、 [SMB 共有 — 簡易] を選択します。 On the Select Profile page, select SMB Share — Quick. ファイル サーバー リソース マネージャーをインストールしており、フォルダー管理プロパティを使用している場合は、代わりに [SMB 共有 - 高度] を選択します。 If you have File Server Resource Manager installed and are using folder management properties, instead select SMB Share - Advanced. [共有の場所] ページで、共有を作成するサーバーとボリュームを選択します。 On the Share Location page, select the server and volume on which you want to create the share. これにより、共有が通常のブラウザーから非表示になります。 This hides the share from casual browsers. [他の設定] ページで、 [継続的可用性を有効にする] チェック ボックスをオフにし ある場合 、必要に応じて [アクセスベースの列挙を有効にする] および [データ アクセスの暗号化] チェック ボックスをオンにします。 On the Other Settings page, clear the Enable continuous availability checkbox, if present, and optionally select the Enable access-based enumeration and Encrypt data access checkboxes. [アクセス許可] ページで、 [アクセス許可をカスタマイズする] を選択します。 On the Permissions page, select Customize permissions…. [セキュリティの詳細設定] ダイアログ ボックスが表示されます。 The Advanced Security Settings dialog box appears. [継承の無効化] を選択し、 [継承されたアクセス許可をこのオブジェクトの明示的なアクセス許可に変換します] を選択します。 Select Disable inheritance, and then select Convert inherited permissions into explicit permission on this object. 「」で説明し、次のスクリーン ショットに示すように、アクセス許可を設定し、一覧にないグループとアカウントのアクセス許可を削除し、手順 1 で作成した Roaming User Profiles Users and Computers グループに特殊なアクセス許可を追加します。 Set the permissions as described in and shown in the following screen shot, removing permissions for unlisted groups and accounts, and adding special permissions to the Roaming User Profiles Users and Computers group that you created in Step 1. 図 1 移動ユーザー プロファイル共有のアクセス許可の設定 Figure 1 Setting the permissions for the roaming user profiles share• [SMB 共有 - 高度] プロファイルを選択した場合、 [管理プロパティ] ページで、 [ユーザー ファイル] フォルダーの使用法値を選択します。 If you chose the SMB Share - Advanced profile, on the Management Properties page, select the User Files Folder Usage value. [SMB 共有 - 高度] プロファイルを選択した場合、 [クォータ] ページで、オプションで共有のユーザーに適用するクォータを選択します。 If you chose the SMB Share - Advanced profile, on the Quota page, optionally select a quota to apply to users of the share. [確認] ページで、 [作成] を選択します。 On the Confirmation page, select Create. If you do not already have a GPO created for Roaming User Profiles settings, use the following procedure to create an empty GPO for use with Roaming User Profiles. この GPO は、移動ユーザー プロファイル設定 別途説明するプライマリ コンピューターのサポートなど を構成することができ、さらに、一般に仮想デスクトップ環境内やリモート デスクトップ サービスによって展開する場合に行うように、コンピューターで移動ユーザー プロファイルを有効にするためにも使用できます。 This GPO allows you to configure Roaming User Profiles settings such as primary computer support, which is discussed separately , and can also be used to enable Roaming User Profiles on computers, as is typically done when deploying in virtualized desktop environments or with Remote Desktop Services. 移動ユーザー プロファイルの GPO を作成する方法を次に示します: Here's how to create a GPO for Roaming User Profiles:• グループ ポリシー管理がインストールされたコンピューターでサーバー マネージャーを開きます。 Open Server Manager on a computer with Group Policy Management installed. [ツール] メニューの [グループ ポリシー管理] を選択します。 From the Tools menu select Group Policy Management. グループ ポリシー管理が表示されます。 Group Policy Management appears. 移動ユーザー プロファイルを設定するドメインまたは OU を右クリックし、 [このドメインに GPO を作成し、このコンテナーにリンクする] を選択します。 Right-click the domain or OU in which you want to setup Roaming User Profiles, then select Create a GPO in this domain, and Link it here. [新しい GPO] ダイアログ ボックスで、GPO の名前 Roaming User Profile Settings など を入力し、 [OK] を選択します。 In the New GPO dialog box, type a name for the GPO for example, Roaming User Profile Settings , and then select OK. 新しく作成した GPO を右クリックし、 [リンクの有効化] チェックボックスをオフにします。 Right-click the newly created GPO and then clear the Link Enabled checkbox. これにより、GPO の構成が完了するまで、それが適用されるのを防ぎます。 This prevents the GPO from being applied until you finish configuring it. GPO を選択します。 Select the GPO. [スコープ] タブの [セキュリティ フィルター] セクションで、 [Authenticated Users] を選択した後に [削除] を選択して、GPO がすべてのユーザーに適用されないようにします。 In the Security Filtering section of the Scope tab, select Authenticated Users, and then select Remove to prevent the GPO from being applied to everyone. [セキュリティ フィルター処理] セクションで [追加] を選択します。 In the Security Filtering section, select Add. [ユーザー、コンピューター、またはグループの選択] ダイアログ ボックスで、手順 1 で作成したセキュリティ グループの名前 Roaming User Profiles Users and Computers など を入力して、 [OK] を選択します。 In the Select User, Computer, or Group dialog box, type the name of the security group you created in Step 1 for example, Roaming User Profiles Users and Computers , and then select OK. [委任] タブを選択して [追加] を選択し、「 Authenticated Users」と入力して [OK] を選択します。 もう一度 [OK] を選択して、既定の読み取りアクセス許可を受け入れます。 Select the Delegation tab, select Add, type Authenticated Users, select OK, and then select OK again to accept the default Read permissions. この手順が必要なのは、 でセキュリティが変更されたためです。 This step is necessary due to security changes made in. 重要 で行われたセキュリティの変更により、現在は「Authenticated Users」グループに GPO への読み取りアクセス許可を委任する必要があります。 そうしないと、GPO がユーザーに適用されないか、GPO が既に適用されている場合はその GPO が削除され、ユーザー プロファイルがローカル PC にリダイレクトされます。 Due to the security changes made in , you now must give the Authenticated Users group delegated Read permissions to the GPO - otherwise the GPO won't get applied to users, or if it's already applied, the GPO is removed, redirecting user profiles back to the local PC. 詳細については、「」を参照してください。 For more info, see. 手順 5:オプションでユーザー アカウントに移動ユーザー プロファイルを設定する Step 5: Optionally set up Roaming User Profiles on user accounts 移動ユーザー プロファイルをユーザー アカウントに展開する場合、次の手順を使用して、Active Directory Domain Services でユーザー アカウントに移動ユーザー プロファイルを指定します。 If you are deploying Roaming User Profiles to user accounts, use the following procedure to specify roaming user profiles for user accounts in Active Directory Domain Services. リモート デスクトップ サービスや仮想デスクトップの展開で一般に行われるように、移動ユーザー プロファイルをコンピューターに展開する場合は、代わりに「」で説明する手順に従います。 If you are deploying Roaming User Profiles to computers, as is typically done for Remote Desktop Services or virtualized desktop deployments, instead use the procedure documented in. 注意 移動ユーザー プロファイルを Active Directory を使用してユーザー アカウントに設定し、さらにグループ ポリシーを使用してコンピューターに設定した場合、コンピューターベースのポリシー設定が優先されます。 If you set up Roaming User Profiles on user accounts by using Active Directory and on computers by using Group Policy, the computer-based policy setting takes precedence. ユーザー アカウントに移動ユーザー プロファイルを設定する方法を次に示します: Here's how to set up Roaming User Profiles on user accounts:• Active Directory 管理者センターで、適切なドメインの [Users] コンテナー または OU に移動します。 In Active Directory Administration Center, navigate to the Users container or OU in the appropriate domain. 移動ユーザー プロファイルを割り当てるすべてのユーザーを選択し、ユーザーを右クリックして、 [プロパティ] を選択します。 Select all users to which you want to assign a roaming user profile, right-click the users and then select Properties. たとえば、次のように入力します。 corp. contoso. man ファイルのパスを指定します。 たとえば、 fs1. corp. contoso. To specify a mandatory roaming user profile, specify the path to the NTuser. man file that you created previously, for example, fs1. corp. contoso. 詳細については、「」を参照してください。 For more information, see. [OK] を選択します。 Select OK. ただし、特殊なプロファイルを使用する場合、アプリは既定で展開されません。 However, when using a special profile, apps are not deployed by default. 特殊なプロファイルは、ユーザーがサインアウトした後に変更が破棄されるユーザー プロファイルです。 ただし、このシナリオで展開されたアプリでは、コンピューターに一部のデータが保存されたままになり、単一のコンピューターに数百のユーザーがいる場合に、蓄積される可能性があります。 However, deployed apps in this scenario will leave some data stored on the computer, which could accumulate, for example, if there are hundreds of users of a single computer. アプリをクリーンアップするには、コンピューターにプロファイルがなくなったユーザーのために API を使用してアプリ パッケージをクリーンアップするツールを探すか開発します。 To clean up apps, locate or develop a tool that uses the API to clean up app packages for users who no longer have a profile on the computer. Windows ストア アプリの追加の背景情報については、「 」を参照してください。 For additional background information about Windows Store apps, see. 手順 6:オプションでコンピューターに移動ユーザー プロファイルを設定する Step 6: Optionally set up Roaming User Profiles on computers 一般に、リモート デスクトップ サービスや仮想デスクトップの展開で行われるように、移動ユーザー プロファイルをコンピューターに展開する場合は、次の手順に従います。 If you are deploying Roaming User Profiles to computers, as is typically done for Remote Desktop Services or virtualized desktop deployments, use the following procedure. 移動ユーザー プロファイルをユーザー アカウントに展開する場合は、このトピックの「」で説明した手順に従います。 If you are deploying Roaming User Profiles to user accounts, instead use the procedure described in. グループ ポリシーを使用して、Windows 8. 1、Windows 8、Windows 7、Windows Vista、Windows Server 2019、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、Windows Server 2008 R2、または Windows Server 2008 を実行するコンピューターに移動ユーザー プロファイルを適用できます。 You can use Group Policy to apply Roaming User Profiles to computers running Windows 8. 1, Windows 8, Windows 7, Windows Vista, Windows Server 2019, Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012, Windows Server 2008 R2, or Windows Server 2008. 注意 移動ユーザー プロファイルをグループ ポリシーを使用してコンピューターに設定し、さらに Active Directory を使用してユーザー アカウントに設定した場合、コンピューターベースのポリシー設定が優先されます。 If you set up Roaming User Profiles on computers by using Group Policy and on user accounts by using Active Directory, the computer-based policy setting takes precedence. コンピューターに移動ユーザー プロファイルを設定する方法を次に示します: Here's how to set up Roaming User Profiles on computers:• グループ ポリシー管理がインストールされたコンピューターでサーバー マネージャーを開きます。 Open Server Manager on a computer with Group Policy Management installed. [ツール] メニューの [グループ ポリシー管理] を選択します。 From the Tools menu, select Group Policy Management. グループ ポリシー管理が表示されます。 Group Policy Management will appear. グループ ポリシー管理で、手順 3 で作成した GPO Roaming User Profiles Settings など を右クリックし、 [編集] を選択します。 In Group Policy Management, right-click the GPO you created in Step 3 for example, Roaming User Profiles Settings , and then select Edit. グループ ポリシー管理エディター ウィンドウで、 コンピューターの構成、次に ポリシー、次に 管理用テンプレート、次に システム、次に ユーザー プロファイル に移動します。 In the Group Policy Management Editor window, navigate to Computer Configuration, then Policies, then Administrative Templates, then System, and then User Profiles. [このコンピューターにログオンしているすべてユーザーの移動プロファイル パスを設定する] を右クリックし、 [編集] を選択します。 Right-click Set roaming profile path for all users logging onto this computer and then select Edit. ヒント ユーザーのホーム フォルダーは、構成されている場合、Windows PowerShell などの一部のプログラムによって使用される既定のフォルダーです。 A user's home folder, if configured, is the default folder used by some programs such as Windows PowerShell. AD DS のユーザー アカウントのプロパティーの [ホーム フォルダー] セクションを使用して、ユーザー単位で、代替のローカルまたはネットワークの場所を構成できます。 You can configure an alternative local or network location on a per-user basis by using the Home folder section of the user account properties in AD DS. 仮想デスクトップ環境で Windows 8. 1、Windows 8、Windows Server 2019、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、または Windows Server 2012 を実行するコンピューターのすべてのユーザーのホーム フォルダーの場所を構成するには、 [ユーザー ホーム フォルダーを設定する] ポリシー設定を有効にし、ファイル共有とマップするドライブ文字を指定 またはローカルの場所を指定 します。 To configure the home folder location for all users of a computer running Windows 8. 1, Windows 8, Windows Server 2019, Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, or Windows Server 2012 in a virtual desktop environment, enable the Set user home folder policy setting, and then specify the file share and drive letter to map or specify a local folder. 環境変数や省略記号を使用しないでください。 Do not use environment variables or ellipses. ユーザーのサインオン時に指定されたパスの最後にユーザーのエイリアスが追加されます。 The user's alias is appended to the end of the path specified during user sign on. [プロパティ] ダイアログ ボックスで、 [有効] を選択します In the Properties dialog box, select Enabled• たとえば、次のように入力します。 corp. contoso. man ファイルのパスを指定します。 corp. contoso. To specify a mandatory roaming user profile, which is a preconfigured profile to which users cannot make permanent changes changes are reset when the user signs out , specify the path to the NTuser. corp. contoso. 詳細については、「 」を参照してください。 For more information, see. [OK] を選択します。 Select OK. 手順 7:必要に応じて Windows 10 PC のスタート画面のレイアウトを指定する Step 7: Optionally specify a Start layout for Windows 10 PCs グループ ポリシーを使用すると、ユーザーがすべての PC 上で同じスタート画面のレイアウトを表示できるように特定のスタート メニューのレイアウトを適用することができます。 You can use Group Policy to apply a specific Start menu layout so that users see the same Start layout on all PCs. ユーザーが複数の PC にサインインし、PC 間で一貫したスタート画面のレイアウトを使用したい場合は、GPO がすべての PC に適用されていることを確認します。 If users sign in to more than one PC and you want them to have a consistent Start layout across PCs, make sure that the GPO applies to all of their PCs. スタート画面のレイアウトを指定するには、以下を行います。 To specify a Start layout, do the following:• Windows 10 PC を Windows 10 バージョン 1607 Anniversary Update とも呼ばれます 以降に更新し、2017 年 3 月 14 日の累積的な更新プログラム 以降をインストールします。 Update your Windows 10 PCs to Windows 10 version 1607 also known as the Anniversary Update or newer, and install the March 14th, 2017 cumulative update or newer. 完全または部分的なスタート メニューのレイアウトの XML ファイルを作成します。 Create a full or partial Start menu layout XML file. これを行うには、「」を参照してください。 To do so, see. " 完全" なスタート画面のレイアウトを指定した場合、ユーザーはスタート メニューのどの部分もカスタマイズできません。 If you specify a full Start layout, a user can't customize any part of the Start menu. " 部分的" なスタート画面のレイアウトを指定した場合、ユーザーは、指定したタイルのロックされたグループ以外のすべてのものをカスタマイズできます。 If you specify a partial Start layout, users can customize everything but the locked groups of tiles you specify. ただし、部分的なスタート画面のレイアウトでは、スタート メニューに対するユーザーのカスタマイズは、他の PC に移動されません。 However, with a partial Start layout, user customizations to the Start menu won't roam to other PCs. グループ ポリシーを使用して、カスタマイズされたスタート画面のレイアウトを、移動ユーザー プロファイル用に作成した GPO に適用します。 Use Group Policy to apply the customized Start layout to the GPO you created for Roaming User Profiles. これを行うには、「」を参照してください。 To do so, see. グループ ポリシーを使用して、Windows 10 PC 上で次のレジストリ値を設定します。 Use Group Policy to set the following registry value on your Windows 10 PCs. これを行うには、「」を参照してください。 To do so, see. オプション 初回ログオンの最適化を有効にすると、ユーザーによるサインインが高速になります。 Optional Enable first-time logon optimizations to make signing in faster for users. これを行うには、「」を参照してください。 To do so, see. オプション クライアント PC の展開に使用する Windows 10 基本イメージから不要なアプリを削除することで、サインイン時間をさらに短縮します。 Optional Further decrease sign-in times by removing unnecessary apps from the Windows 10 base image you use to deploy client PCs. Windows Server 2019 および Windows Server 2016 には事前にプロビジョニングされたアプリがないため、サーバー イメージ上でこの手順をスキップできます。 Windows Server 2019 and Windows Server 2016 don't have any pre-provisioned apps, so you can skip this step on server images. アプリを削除するには、Windows PowerShell で コマンドレットを使用して、次のアプリケーションをアンインストールします。 To remove apps, use the cmdlet in Windows PowerShell to uninstall the following applications. PC が既に展開されている場合は、 を使用して、これらのアプリの削除をスクリプト化できます。 If your PCs are already deployed you can script the removal of these apps using the. Microsoft. Microsoft. Microsoft. Microsoft. Microsoft. Windows. Windows. Microsoft. Microsoft. Microsoft. Microsoft. Microsoft. Microsoft. Uninstalling these apps decreases sign-in times, but you can leave them installed if your deployment needs any of them. 手順 8:移動ユーザー プロファイル GPO を有効にする Step 8: Enable the Roaming User Profiles GPO グループ ポリシーを使用して、コンピューターに移動ユーザー プロファイルを設定しているか、グループ ポリシーを使用して、他の移動ユーザー プロファイルをカスタマイズした場合、次の手順は、GPO を有効にし、影響のあるユーザーへの適用を許可することです。 If you set up Roaming User Profiles on computers by using Group Policy, or if you customized other Roaming User Profiles settings by using Group Policy, the next step is to enable the GPO, permitting it to be applied to affected users. ヒント プライマリ コンピューターのサポートを実装する予定がある場合は、GPO を有効にする前に、ここでそれらを実行してください。 If you plan to implement primary computer support, do so now, before you enable the GPO. これにより、プライマリ コンピューターのサポートが有効にされる前に、ユーザー データがプライマリでないコンピューターにコピーされることを防ぎます。 This prevents user data from being copied to non-primary computers before primary computer support is enabled. 具体的なポリシー設定については、「」を参照してください。 For the specific policy settings, see. 移動ユーザー プロファイル GPO を有効にする方法を次に示します: Here's how to enable the Roaming User Profile GPO:• グループ ポリシーの管理を開きます。 Open Group Policy Management. 作成した GPO を右クリックし、 [リンクの有効化] を選択します。 Right-click the GPO that you created and then select Link Enabled. メニュー項目の横にチェックボックスが表示されます。 A checkbox appears next to the menu item. 手順 9:移動ユーザー プロファイルをテストする Step 9: Test Roaming User Profiles 移動ユーザー プロファイルをテストするには、移動ユーザー プロファイル用に構成されたユーザー アカウントでコンピューターにサインインするか、移動ユーザー プロファイル用に構成されたコンピューターにサインインします。 To test Roaming User Profiles, sign in to a computer with a user account configured for Roaming User Profiles, or sign in to a computer configured for Roaming User Profiles. 次に、プロファイルがリダイレクトされることを確認します。 Then confirm that the profile is redirected. 移動ユーザー プロファイルをテストする方法を次に示します: Here's how to test Roaming User Profiles:• 移動ユーザー プロファイルを有効にしているユーザー アカウントでプライマリ コンピューターにサインインします プライマリ コンピューターのサポートを有効にしている場合。 Sign in to a primary computer if you enabled primary computer support with a user account for which you have enabled Roaming User Profiles enabled. 特定のコンピューターで移動ユーザー プロファイルを有効にしている場合、これらのいずれかのコンピューターにサインインします。 If you enabled Roaming User Profiles on specific computers, sign in to one of these computers. ユーザーが以前にコンピューターにサインインしている場合、管理者特権でコマンド プロンプトを開き、次のコマンドを入力して、クライアント コンピューターに最新のグループ ポリシー設定が適用されるようにします。 ユーザー プロファイルが移動であることを確認するには、 [コントロール パネル] を開き、 [システムとセキュリティ] 、 [システム] 、 [システムの詳細設定] の順に選択し、[ユーザー プロファイル] セクションの [設定] を選択して、 [種類] 列で [移動] を探します。 To confirm that the user profile is roaming, open Control Panel, select System and Security, select System, select Advanced System Settings, select Settings in the User Profiles section and then look for Roaming in the Type column. ドメインを準備する 1. 移動ユーザー プロファイルのセキュリティ グループを作成する 2. 移動ユーザー プロファイルのファイル共有を作成する 3. 移動ユーザー プロファイルの GPO を作成する 4. 移動ユーザー プロファイル ポリシー設定を構成する 5. 移動ユーザー プロファイルを有効にする 6. Enable Roaming User Profiles - AD DS でユーザー アカウントに対して有効にするか? - Enabled in AD DS on user accounts? - グループ ポリシーでコンピューター アカウントに対して有効にするか? - Enabled in Group Policy on computer accounts? オプション Windows 10 PC の固定のスタート画面のレイアウトを指定する 7. オプション プライマリ コンピューターのサポートを有効にする 8. Optional Enable primary computer support - ユーザーのプライマリ コンピューターを指定する - Designate primary computers for users - ユーザーとプライマリ コンピューターの場所のマッピング: - Location of user and primary computer mappings: - オプション フォルダー リダイレクトに対してプライマリ コンピューターのサポートを有効にする - Optional Enable primary computer support for Folder Redirection - コンピューター ベースかユーザー ベースか? - Computer-based or User-based? 移動ユーザー プロファイル GPO を有効にする 9. 移動ユーザー プロファイルをテストする 10. Test Roaming User Profiles 付録 B:プロファイル バージョン参照情報 Appendix B: Profile version reference information 各プロファイルには、プロファイルが使用されている Windows のバージョンにほぼ対応するプロファイル バージョンがあります。 Each profile has a profile version that corresponds roughly to the version of Windows on which the profile is used. たとえば、Windows 10、バージョン 1703 とバージョン 1607 では、どちらも. V6 プロファイル バージョンを使用します。 For example, Windows 10, version 1703 and version 1607 both use the. V6 profile version. Microsoft では、互換性を維持するために必要な場合にのみ、新しいプロファイル バージョンを作成します。 そのため、Windows のすべてのバージョンに新しいプロファイル バージョンが含まれているわけではありません。 Microsoft creates a new profile version only when necessary to maintain compatibility, which is why not every version of Windows includes a new profile version. 次の表に、各種 Windows バージョンでの移動ユーザー プロファイルの場所を一覧表示します。 The following table lists the location of Roaming User Profiles on various versions of Windows. V2 before the software update and registry key are applied Windows 8. 1 および Windows Server 2012 R2 Windows 8. V6 付録 C:アップグレード後にスタート メニューのレイアウトのリセットを回避する Appendix C: Working around reset Start menu layouts after upgrades ここでは、インプレース アップグレード後にスタート メニューのレイアウトがリセットされるのを回避する方法をいくつか紹介します。 Here are some ways to work around Start menu layouts getting reset after an in-place upgrade:• 1 人のユーザーのみがデバイスを使用し、IT 管理者が Configuration Manager などのマネージド OS 展開戦略を使用している場合は、以下を実行できます。 If only one user ever uses the device and the IT Admin uses a managed OS deployment strategy such as Configuration Manager they can do the following:• アップグレード前に Export-Startlayout を使用してスタート メニューのレイアウトをエクスポートします Export the Start menu layout with Export-Startlayout before the upgrade• OOBE の後、ユーザーがサインインする前に、Import-StartLayout を使用してスタート メニューのレイアウトをインポートします Import the Start menu layout with Import-StartLayout after OOBE but before the user signs in 注意 StartLayout をインポートすると、既定のユーザー プロファイルが変更されます。 Importing a StartLayout modifies the Default User profile. インポート後に作成されたすべてのユーザー プロファイルでは、インポートされた Start-Layout が取得されます。 All user profiles created after the import has occurred will get the imported Start-Layout. IT 管理者は、グループ ポリシーを使用してスタート画面のレイアウトを管理することを選択できます。 IT Admins can opt to manage Start's Layout with Group Policy. グループ ポリシーを使用すると、標準化されたスタート画面のレイアウトをユーザーに適用するための一元的な管理ソリューションが提供されます。 Using Group Policy provides a centralized management solution to apply a standardized Start Layout to users. スタート画面の管理にグループ ポリシーを使用するモードには、2 つのモードがあります。 There are 2 modes to modes to using Group Policy for Start management. 完全ロックダウンと部分ロックダウンです。 Full Lockdown and Partial Lockdown. 完全ロックダウンのシナリオでは、ユーザーは、スタート画面のレイアウトを変更できません。 The full lockdown scenario prevents the user from making any changes to Start's layout. 部分ロックダウンのシナリオでは、ユーザーがスタート画面の特定の領域に変更を加えることができます。 The partial lockdown scenario allows user to make changes to a specific area of Start. 詳細については、「」を参照してください。 For more info, see. 注意 部分ロックダウン シナリオでユーザーが行った変更も、アップグレード時に失われます。 User made changes in the partial lockdown scenario will still be lost during upgrade. スタート画面のレイアウをリセットし、エンド ユーザーがスタート画面を再構成できるようにします。 Let the Start layout reset occur and allow end users to reconfigure Start. OS をアップグレードした後にスタート画面のレイアウトのリセットが予想されることを示す通知電子メールまたはその他の通知をエンド ユーザーに送信して、影響を最小限に抑えることができます。 A notification email or other notification can be sent to end users to expect their Start layouts to be reset after the OS upgrade to minimized impact. 変更履歴 Change history 次の表に、このトピックの最も重要な変更をいくつかまとめています。 The following table summarizes some of the most important changes to this topic. 日付 Date 説明 Description 原因 Reason 2019 年 5 月 1 日 May 1st, 2019 Windows Server 2019 の更新プログラムが追加されました Added updates for Windows Server 2019 2018 年 4 月 10 日 April 10th, 2018 OS のインプレース アップグレード後にスタート画面に対するユーザーのカスタマイズが失われるタイミングについての説明が追加されました Added discussion of when user customizations to Start are lost after an OS in-place upgrade 既知の問題のコールアウト。 Callout known issue. 2018 年 3 月 13 日 March 13th, 2018 Windows Server 2016 用に更新されました Updated for Windows Server 2016 以前のバージョンのライブラリから移行し、最新バージョンの Windows Server 用に更新されました。 Moved out of Previous Versions library and updated for current version of Windows Server. 2017 年 4 月 13 日 April 13th, 2017 Windows 10、バージョン 1703 のプロファイル情報が追加され、オペレーティング システムのアップグレード時に移動プロファイルのバージョンがどのように動作するかが明確にされました。 「」を参照してください。 Added profile information for Windows 10, version 1703, and clarified how roaming profile versions work when upgrading operating systems—see. お客様からのフィードバック。 Customer feedback. 2017 年 3 月 14 日 March 14th, 2017 「」に Windows 10 PC の固定のスタート画面のレイアウトを指定するための省略可能な手順が追加されました。 Added optional step for specifying a mandatory Start layout for Windows 10 PCs in. 最新の Windows update での機能の変更。 Feature changes in latest Windows update. 2017 年 1 月 23 日 January 23rd, 2017 「」に、Authenticated Users に読み取りアクセス許可を委任する手順が追加されました。 これは、グループ ポリシーのセキュリティが更新されたため必要になりました。 Added a step to to delegate Read permissions to Authenticated Users, which is now required because of a Group Policy security update. グループ ポリシー処理に対するセキュリティの変更。 Security changes to Group Policy processing. 2016 年 12 月 29 日 December 29th, 2016 「」に、プライマリ コンピューターのグループ ポリシーを設定する方法に関する情報を簡単に取得するためのリンクが追加されました。 Added a link in to make it easier to get info on how to set Group Policy for primary computers. また、番号が間違っていた手順 5 と 6 への参照がいくつか修正されました。 Also fixed a couple references to steps 5 and 6 that had the numbers wrong. お客様からのフィードバック。 Customer feedback. 2016 年 12 月 5 日 December 5th, 2016 スタート メニューの設定の移動に関する問題を説明する情報が追加されました。 Added info explaining a Start menu settings roaming issue. お客様からのフィードバック。 Customer feedback. 2016 年 7 月 6 日 July 6th, 2016 「」に、Windows 10 プロファイル バージョンのサフィックスが追加されました。 Added Windows 10 profile version suffixes in. また、サポートされているオペレーティング システムの一覧から、Windows XP および Windows Server 2003 が削除されました。 Also removed Windows XP and Windows Server 2003 from the list of supported operating systems. Windows の新しいバージョンの更新プログラムと、サポートされなくなった Windows のバージョンに関する情報の削除。 Updates for the new versions of Windows, and removed info about versions of Windows that are no longer supported. 2015 年 7 月 7 日 July 7th, 2015 クラスター化されたファイル サーバーを使用するときに継続的可用性を無効にする要件と手順を追加しました。 Added requirement and step to disable continuous availability when using a clustered file server. 継続的可用性が無効になっていると、クラスター化されたファイル共有は小さい書き込み 移動ユーザー プロファイルでは一般的 でのパフォーマンスが向上します。 Clustered file shares have better performance for small writes which are typical with roaming user profiles when continuous availability is disabled. 2014 年 3 月 19 日 March 19th, 2014 「」で、プロファイル バージョンのサフィックス. V2、. V3、. V4 が大文字にされました。 Capitalized profile version suffixes. V2,. V3,. V4 in. Although Windows is case insensitive, if you use NFS with the file share, it's important to have the correct uppercase capitalization for the profile suffix. 2013 年 10 月 9 日 October 9th, 2013 Windows Server 2012 R2 および Windows 8. 1 について改訂し、いくつかのことを明確にして、「」と「」セクションを追加しました。 Revised for Windows Server 2012 R2 and Windows 8. 1, clarified a few things, and added the and sections. 新しいバージョンの更新、お客様からのフィードバック。 Updates for new version; customer feedback. 説明を見る More information• 関連記事.

次の

Windows10でユーザープロファイルの移行、コピーが簡単にできる無料ツール

ユーザープロファイル コピー

「新しいアカウントを作成する」をクリックします。 (英語ソフトなどで不具合が出るのを防ぐ為)• アカウントの種類を選びます。 「管理者」または「制限」、使用用途に合った方を選びます。 「アカウントの作成」 をクリックすれば完了です。 以下の画面が表示されます。 新しく作ったアカウントが表示されている事を確認しましょう。 新しいアカウントの作成手順は以上です。 次にこのアカウントに現在のアカウント情報をコピーします。 ウインドウを閉じて、下記の手順を実行します。 2.ユーザープロファイルにアクセス出来るようにする 重要 この下に書かれた手順は、コピー先以外の、別ユーザーで行う必要があります。 (つまり、コピー元ユーザーにログオン出来ない場合は新しいユーザーを 二つ作る必要があります。 ) (また、バックアップに使う別ユーザーは、管理者として作成するのが無難です。 ) 重要2 この手順は、「コピー先」以外の別ユーザーで行います。 4.上部の「すべてのフォルダーに適用」ボタンを押します 5.下部の「OK」ボタンを押します 6.エクスプローラーを一旦閉じます これで、コピーしたいファイルにアクセス出来るようになります。 3. 新しいプロファイルに、既存のプロファイルをコピーする 引き続き、コピー先以外のユーザーで行います。 2.その中の、「ログイン出来なくなったユーザー名」の付いたフォルダを開きます。 DAT、NTUSER. DAT. LOG、NTUSER. INI以外の全てのファイルをコピーし、新しいユーザーのフォルダにペーストします。 4. 新しいユーザーにログイン 上記までの手順が終わったら、新しいユーザーにログイン出来るかどうか、確認します。 ログインできたら、マイドキュメントなどの内容が、キチンと反映されているか確認しましょう。 データ引越しの確認リスト ・マイドキュメントの中身 ・メールのデータ・アドレス等 (Windowsメールなどの場合は、別途データをインポートする必要があります。 ) ・インターネットブラウザのお気に入り設定 ・MS-IMEなどの変換辞書• デスクトップやレジストリのカスタマイズ情報は、新しいユーザーには引き継がれません。 引越し元となったユーザーは、二度とログインする予定が無いのならば削除してもOKです。 削除すると、そのユーザーのプロファイル・個人データは全て消えてしまいます。 削除する前に、メールデータやブラウザのお気に入りなどが、全て引き継がれている事を確認しましょう。 へ戻る•

次の

【Windows10】ユーザープロファイルの場所を変更する

ユーザープロファイル コピー

CopyProfile による既定のユーザー プロファイルのカスタマイズ Customize the default user profile by using CopyProfile• この記事の内容 Windows では、テンプレートとして既定のユーザー プロファイルが使用されて、新しいユーザーそれぞれにプロファイルが割り当てられます。 Windows uses the default user profile as a template to assign a profile to each new user. 既定のユーザー プロファイルをカスタマイズすることにより、そのコンピューター上に作成されるすべてのユーザー アカウントの設定を構成できます。 By customizing the default user profile, you can configure settings for all user accounts that are created on the computer. ユーザー プロファイルをカスタマイズして、そのプロファイルを既定のユーザー プロファイルにコピーするために、 CopyProfile 設定を使用できます。 You can use the CopyProfile setting to customize a user profile and then copy that profile to the default user profile. CopyProfile を使用することにより、インストールされているアプリケーション、ドライバー、デスクトップの背景、Internet Explorer の設定、およびその他の構成をカスタマイズできます。 By using CopyProfile, you can customize installed applications, drivers, desktop backgrounds, Internet Explorer settings, and other configurations. CopyProfile では保存されない設定があることにご注意ください。 Be aware that some settings are not preserved by using CopyProfile. 注意 CopyProfile を使用してスタート メニューをカスタマイズすることはサポートされていません。 Using CopyProfile to customize the Start menu isn't supported. 代わりに次の方法を使用すると、Windows 10 のカスタマイズされた スタート画面のレイアウトを管理できます。 Instead, you can use the following methods to manage custom Start layouts in Windows 10:• OEM では layoutmodification. xml を使用できます。 OEMs can use layoutmodification. xml. 詳細については、「」をご覧ください。 For more information, see. IT 担当者は、次のリソースから、Windows 10 のスタート メニューの管理方法を確認できます。 IT pros can use the following resources learn about how to manage the Windows 10 Start menu:• 重要 既定のアプリなどの一部のユーザー プロファイル設定は、ユーザーに固有のハッシュを使用して暗号化されています。 Some user profile settings, including Default Apps, are encrypted by using a hash that is specific to the user. これらの設定を別のユーザー プロファイルにコピーすると、Windows ではそれらは無効なものとして扱われ、そのユーザーが初めてサインインしたときにリセットされます。 If you copy these settings to another user profile, Windows treats them as invalid and resets them the first time that the user signs in. Windows では、これらの設定をコピーするために CopyProfile を使用することをサポートしていません。 Windows does not support using CopyProfile to copy these settings. レジストリを正しく変更しないと、重大な問題が発生する可能性があります。 Serious problems might occur if you modify the registry incorrectly. 変更する前に、問題が発生した場合にします。 Before you modify it, in case problems occur. CopyProfile を使用した場合、残りのプロファイル キーの一部をクリアして、CopyProfile の実行後にリセットの問題が発生しないようにする必要があります。 If you use CopyProfile, you must clear some remaining profile keys to prevent reset problems after you run CopyProfile. それには、次のレジストリ キーを削除します: To do this, delete the following registry key:• xml ファイルから標準の既定のアプリケーション設定が Windows に読み込まれます。 If these entries don't exist, Windows loads the usual Default Applications settings from the oemdefaultassociations. xml file when the user signs in to Windows for the first time. この応答ファイルを copyprofile. xml として保存します。 Save this answer file as copyprofile. xml. この応答ファイルは、Sysprep を実行するときに使用します。 You'll use this answer file when you run Sysprep. 詳細については、「」および「」をご覧ください。 For more information, see and. 既定のユーザー プロファイル設定を構成する Configure the default user profile settings 監査モードでユーザー設定を構成してから、 CopyProfile が True に設定された応答ファイルを使用して、Windows インストールを一般化します。 Configure user settings in audit mode, and then generalize the Windows installation by using an answer file that has CopyProfile set to True. 別の応答ファイルを使用して Windows をインストールする場合は、追加のユーザーアカウントを作成する CopyProfile やその他の設定が応答ファイルに含まれないようにしてください。 If you install Windows by using another answer file, make sure that answer file doesn't have CopyProfile or any settings that create additional user accounts. 参照コンピューターに Windows をインストールし、コンピューターを監査モードで起動します。 Install Windows on a reference computer and start the computer in audit mode. 詳細については、「」をご覧ください。 For more information, see. 重要 コンピューターを起動する際に、ドメイン アカウントを使用しないでください。 Don't use a domain account to start the computer. これは、 CopyProfile 設定が、 Sysprep の実行の際に、コンピューターがドメインから削除された後で実行されるためです。 This is because the CopyProfile setting runs after the computer is removed from the domain when you run Sysprep. このため、ユーザーがドメインで構成した設定はすべて失われてしまいます。 Therefore, you'll lose any settings that you configured in a domain. 既定のユーザー プロファイルを変更してから、そのコンピューターをドメインに参加させると、既定のユーザー プロファイルに対して行ったカスタマイズは新しいドメイン アカウントに表示されます。 If you change the default user profile and then join the computer to a domain, the customizations that you made to the default user profile appear on new domain accounts. アプリケーション、デスクトップ ショートカット、およびその他の設定をインストールして、あらかじめ登録された Administrator アカウントをカスタマイズします。 Customize the built-in administrator account by installing applications, desktop shortcuts, and other settings. 重要 インストールできるプロビジョニング済み Windows ランタイムベース アプリの数には制限があります。 The number of provisioned Windows runtime-based apps that you can install is limited. ただし、プロビジョニングされていない追加アプリをインストールするスクリプトを作成することができます。 However, you can create scripts to install additional non-provisioned apps. 詳細については、「」をご覧ください。 For more information, see. カスタマイズが完了したら、 CopyProfile 応答ファイルを格納しているメディアを参照コンピューターに挿入します。 After you complete the customizations, insert the media that contains the CopyProfile answer file in the reference computer. たとえば、応答ファイルを USB ドライブにコピーできます。 For example, you can copy the answer file to a USB drive. 参照コンピューターで、管理者特権でのコマンド プロンプトを開き、次のコマンドを入力します。 xml このコマンドでは、 F が USB フラッシュ ドライブまたはその他のリムーバブル メディアの文字です。 In this command, F is the letter of the USB flash drive or other removable media. Sysprep ツールでは、イメージからコンピューター固有の情報が削除されますが、ユーザーが構成したユーザー プロファイル設定は保持されます。 The Sysprep tool removes computer-specific information from the image, while it preserves the user profile settings that you configured. 詳細については、「」をご覧ください。 For more information, see. イメージを一般化し、コンピューターがシャットダウンした後で、そのイメージをキャプチャします。 After you generalize the image and the computer shuts down, capture the image. これを行うには、Windows PE 環境でコンピューターを起動します。 To do this, start the computer in the Windows PE environment. DISM を使用して、Windows インストールをキャプチャし、展開します。 Use DISM to capture and then deploy the Windows installation. 詳細については、「」および「」をご覧ください。 For more information, see and. ユーザー プロファイルのカスタマイズをテストする Test the user profile customizations カスタマイズしたイメージをセットアップ先のコンピューターに展開した後、そのコンピューターを使用してユーザー プロファイルのカスタマイズをテストできます。 After you deploy the customized image to a destination computer, you can use that computer to test the user profile customizations. Out-Of-Box Experience OOBE を実行してユーザー エクスペリエンスをテストすることも、ユーザーのカスタマイズを監査モードでテストすることもできます。 You can go through Out-Of-Box Experience OOBE to test the user experience, or you can test the user customizations in audit mode. 重要 監査モードではあらかじめ登録された Administrator アカウントが使用されるため、Windows ランタイムに基づくアプリは監査モードでは起動しません。 Apps that are based on the Windows runtime won't start in audit mode because audit mode uses the built-in administrator account. Windows ランタイムベースのアプリを監査モードで実行するには、レジストリ エントリを変更する必要があります。 To run Windows runtime-based apps in audit mode, you must modify a registry entry. OOBE 後にユーザー プロファイルのカスタマイズをテストするには To test the user profile customizations after OOBE• Windows をテスト コンピューターにインストールします。 Install Windows to a test computer. Windows のインストールが完了したら、OOBE を実行し、コンピューター名、ユーザー アカウント名、およびその他の項目を指定します。 After Windows installs, go through OOBE and specify the computer name, user account name, and other items. OOBE が完了すると、Windows のスタート画面が表示されます。 After you complete OOBE, the Windows start screen appears. OOBE 中に指定したユーザー アカウントを使用してコンピューターにサインインし、アプリとカスタマイズが表示されることを確認します。 Sign in to the computer by using the user account that was specified during OOBE, and verify that your apps and customizations appear. 監査モードでユーザー プロファイルのカスタマイズをテストするには To test the user profile customizations in audit mode• 詳細については、「」をご覧ください。 For more information, see. カスタマイズが意図したとおりに動作することを確認します。 Verify that your customizations work as intended. Windows ランタイムベースのアプリをテストするには、次のようにレジストリを変更します。 To test Windows Runtime-based apps, modify the registry as follows:• 管理者特権でのコマンド プロンプトで、Regedit. exe を実行します。 From an elevated command prompt, run Regedit. exe. 次のレジストリ エントリを参照します。 FilterAdministrationToken を選択し、値データとして「 1」と入力します。 Select FilterAdministrationToken, and then type 1 as the value data. コンピューターからサインオフします。 Sign off from the computer. コンピューターに再度サインインし、Windows ランタイムベースのアプリを起動して、カスタマイズが意図したとおりに動作することを確認します。 Sign back on to the computer, and start the Windows runtime-based apps to verify that your customizations work as intended. Windows ランタイムベース アプリの検証が済んだら、 FilterAdministrationToken レジストリ エントリを 0 に再設定します。 After you validate your Windows runtime-based apps, reset the FilterAdministrationToken registry entry to 0. CopyProfile のトラブルシューティング Troubleshooting CopyProfile ユーザー プロファイル設定が正常にコピーされない場合は、次の手順を実行します。 If the user profile settings aren't successfully copied, follow these steps:• CopyProfile 設定を、展開プロセス中に 1 度だけ設定するようにします。 Make sure that you set the CopyProfile setting only one time during the deployment process. ユーザー設定をカスタマイズする場合は、間違ったプロファイルの設定を誤ってコピーしないように、そのコンピューターのあらかじめ登録された Administrator アカウントのみを使用します。 When you customize user settings, use only the built-in administrator account on the computer to avoid accidentally copying settings from the wrong profile. ドメイン アカウントを使用していないことを確認します。 Verify that you didn't use a domain account. 自分で構成したあらかじめ登録された Administrator アカウント以外に、追加のユーザー アカウントが存在しないことを確認します。 Verify that there are no additional user accounts other than the built-in administrator account that you configured. これを行うには、次の手順に従います。 To do this, follow these steps:• [スタート] を選択し、「 コントロール パネル」と入力します。 Select Start, and then type Control Panel. 自分で構成したあらかじめ登録された Administrator アカウント以外の追加のユーザー アカウントを選択し、そのアカウントを削除します。 Select any additional user account other than the built-in administrator account that you configured, and then delete that account. 注意 あらかじめ登録された Administrator アカウントをカスタマイズする前に、そのコンピューター上の他のすべてのユーザー アカウントを削除してください。 Delete all other user accounts on the computer before you customize the built-in administrator account. ユーザーがサインインした後に登録される、プロビジョニングされていない Windows ランタイムベース アプリの スタート画面のタイル レイアウトを保持するには、ユーザーがサインインしてから 2 時間以内にそのアプリをインストールするようにします。 To preserve the tile layout on the Start screen for non-provisioned Windows runtime-based apps that register after the user signs in, make sure that the apps install within two hours of the user signing in. 一部の設定は、 CopyProfile の 無人設定を使用することによってのみ構成できます。 また、グループ ポリシーを使用して構成できる設定もあります。 Some settings can be configured only by using the CopyProfile unattend setting, and other settings can be configured by using Group Policy. そのためには、次のいずれかの方法を実行します。 To do this, use either of the following methods:• 新しいユーザー サインイン プロセスによってリセットされる設定を構成するには、グループ ポリシーを使用します。 Use Group Policy to configure settings that are reset by the new user signin process. これらのユーザー設定を定義するスクリプトを作成することもできます。 You can also create scripts to define these user settings. CopyProfile の 無人設定を使用します。 Use the CopyProfile unattend setting. 詳細については、「」を参照してください。 For more information, see. 関連トピック Related topics 関連記事.

次の