ミルダム 収益。 ミルダムの審査が厳しい!審査に通るコツ・詳細について徹底解説

MildomのQ&Aまとめ

ミルダム 収益

Mildom(ミルダム)とは? はゲーム配信プラットフォームです。 運営会社は株式会社DouYu Japanであり、は中国でもゲーム配信プラットフォームを運営しています。 同社は4gamer. netに「」という記事があるので、おそらく三井物産との新会社だと思われます。 同様のゲーム配信プラットフォームサービスは• などがあります。 Twitchが一番の大手ですが、 ゲーム配信で稼ぐのは簡単ではありません。 数百人以上のフォロワー・視聴者をつけることで、やっと投げ銭や広告収入が得られるのが一般的です。 一方でMildomは最近SNS上で 時給最大500円保証が話題となっています。 そんなMildomのサービス・特徴詳しく解説していきます。 Mildom ミルダム)の特徴 時給最大500円で配信者募集!その条件とは? 現在、Mildomではゲーム配信者を募集しています。 各種条件の概要は以下のとおりです。 ・配信報酬 業務委託として配信1時間毎に500円 1日以内に最低1時間以上が支払い条件 1日1時間未満はカウントされない 1日最大4時間分まで支払い 支払い方法は銀行口座登録 月末締め、翌月20日迄に振り込み ・応募条件 性別・年齢不問 ゲーム好き・おしゃべり好きな人優先 ゲームタイトルに制限無し PC・モバイル経由ともに応募対象 配信業務委託契約 特定プロダクションに所属している人は許諾を得てから応募 ・配信ルール 無言配信は禁止 配信可能時間は15歳未満が5:00~20:00、18未満は5:00~22:00 応募完了後、営業日5日以内にアプリを通じて配信応募者に応募結果のメッセージが来るので、事前にアプリをダウンロードする必要があります。 応募期間は 2019年12月31日までとのことです。 申し込みと条件詳細確認はからできます。 コインを通じて投げ銭・報酬を得られる? 配信画面やイベントページを見ると コインが存在します。 コインはおそらくですがプラットフォーム内通貨であり、これを使って アイテム(投げ銭)を送ったり換金することができると思われます。 詳しい換金レート(手数料)等は不明なので、追って情報を更新していきたいと思います。 配信できる環境と方法 PCでの配信はを利用した配信方法です。 こちらは様々な設定が必要となるので、を見ながら行いましょう。 、ではそれぞれ専用アプリをストアからダウンロードして実行します。 将来は時給1000円コース、月間固定給コースなども 因みに、皆様の配信実績に基づき、時給1,000円コース、月間固定給コースなどもご用意しております。 「ゲーム配信でお小遣い稼ぎする」や「ゲーム配信を仕事にする」、そんな世界を目指したいです。 これは人気配信者になれば今より良い条件での配信ができる グレードアップが可能ということです。 時給1,000円で1日4時間、それは30日なら 1ヶ月12万円なのでなかなか良いですね。 ただ、現状では明確な基準が公開されていないので何とも言えないところです。 Mildom(ミルダム)の登録・審査 審査に申し込むにはまずユーザー登録が必要です。 ユーザー登録はから可能で、ログインしてから配信実績や配信予定のゲームタイトル等を入力して応募しましょう。 また審査結果は アプリで受け取るので合わせてアプリをスマホにインストールしておきましょう。 Mildomが実際オススメなのかを考察 で、結局このMildomは稼ぐのに良いサービスなのか?登録すべきなのか?という話ですが… 現状は 配信初心者向けサービスという立ち位置だと思います。 まずこのMildom自体は新興サービスであり、 Twitch等に比べたら小さくニッチなサービスです。 Mildomを選ぶ理由としては 時給500円という収益化システムが大きいでしょう。 駆け出しストリーマーが時給500円を稼ぐのは容易ではないですから、 その観点では良いサービスだと思います。 とはいえ、ある程度見てくれるファンが集まってきたら TwitchやYouTubeにシフト・移籍したほうが正直賢いとは思います。 運営にはぜひとも細かい収益化システムを公開して「 Mildomでトップを目指した方がお得かも」と言わせて欲しいところです。

次の

時給500円でゲーム配信者を掻き集めるMildom(ミルダム)がすごい。

ミルダム 収益

Mildom(ミルダム)とは、Dou がするである。 概要 最大のプム「斗(Dou)」が、に物産との共同出資でに進出し、Dou を設立。 同年からを開始したである。 の配信やの大会、関連の生中継に特化している。 との双方が楽しめるプムの構築をしており、低の配信を謳っている。 専用のを購入することで、にギフト()を送ることが可。 にも対応しているが、使えるのは一部ののみ。 時間報酬があり、1時間の配信で、最大で1日間分獲得できる。 後述のL1の結果次第では、最大でまで増加する。 ただし、権限を獲得するには、にて一定条件を満たし、L1に参加する必要がある。 報酬権限を持っていないは、持っているはL1に参加する。 はに4回実施され、順位に応じて賞を獲得できる。 〜10位:14,000円• 1〜位:10,000円• 位〜位:7,000円• 位〜位:5,000円• で同じに2回以上20位以内になると、上位のL1に参加することができるようになる。 L1では、1〜位にすることで、時間報酬が変化する。 :1,000円• 〜10位:0円• 1〜位:0円• 位〜:• L1で3位以内に入ると、認になることができる。 認になると、のの保存、、福引機などが使えるようになる。 関連リンク• 関連項目•

次の

【Mildom】ミルダムの収益化審査が通らない…審査を通る方法は?【報酬権限】

ミルダム 収益

Contents• Mildom ミルダム とは? Mildomとは、簡単に言えば「ゲームのライブ配信特化型サイト アプリ 」です。 対して日本で一番有名なyoutubeは「オールジャンルの動画投稿サイト アプリ 」と言えば違いが分かりやすいと思います。 ゲームのライブ配信特化型サイトで言えば日本の有名どころにはOPENREC オープンレック が存在しますので、youtubeよりもOPENRECと直接のライバル関係ということになりますね。 なお、詳しくは知りませんがMildomの母体は中国の大手動画サイトだと言う話。 どこまで本気でシェアを取りに来ているかはわかりませんが、日本よりもゲーム先進国である一大市場中国の大手なのでそれなりに企業体力 資本力 は有るんじゃないかと勝手に予想してます。 Mildomはなぜ話題になったの? Mildomがゲーム界隈でここまで急激に話題に上るようになったのは「配信者に時給を支払う」というバラマキ手法が理由です。 配信の視聴数等は問わず、とにかく配信すれば時給500円が支払われるという駆け出し配信者にはうれしい報酬制度ですね。 ただし、報酬権限を手にいれるためにはMildom運営サイドに申請し、審査に通る必要があります。 私は受かったのは、youtube登録6000人とかブログのPV数とか、既存のメディアが実績として評価されたのかも知れませんね。 Mildomの時給は誰でも貰えるの? Mildomの配信による報酬は、業務委託のような契約形態になるようです。 (書面を交わした覚えはありません。 ) コンテンツの作成、配信業務を委託することの対価として1時間当たり500円支払いますよ、ということですね。 実際に2時間の配信で¥1000GETしてみました。 ちなみに1日4時間=¥2000が報酬の上限となります。 「配信すればだれでも時給を貰えるの?」と気になる方もいると思いますが、答えはNo。 先ほども書いたように『報酬権限』というものが存在し、この権限を付与された配信者のみが時間500円の報酬を手にすることが出来ます。 審査の基準はわかりませんが、申請をする分にはタダなのでとりあえずで申請してみても良いでしょうね。 ちなみに募集要項には『結果は5営業日以内に返答します』的なことが書かれてますが、申請の混雑状況によって返答には時間がかかるようです。 私の場合は約1か月音沙汰無し。 マジで申請したことも忘れかけてました。 審査に通らないと配信できないの? 審査に落ちたとしても配信は可能です。 Mildomのアカウントさえ作ればたぶん誰でも配信は可能。 ただし報酬は出ません。 私がざっと把握した感じでは、配信者には以下のタイプがあるようです。 (かなりザックリの予想です。 公認配信者 運営が認めた有力配信者の証。 たぶん大半はサイトの広告塔として他のメディアからお金を積んで引っこ抜かれています。 (固定給や高時給待遇があるらしい) なお、あのTwitchでも大型移籍がニュースになる時代ですし、お金目当てで移籍することは何ら悪いことではありません。 むしろそういう話が来るほどの実力者だという事。 かっこいいですよね。 報酬権限アリ 審査を通って時給が支払われる権限を付与された配信者。 私もコレですね。 報酬権限ナシ 審査に通らなかった、もしくは申請していない配信者。 もちろん時給は支払われませんが、配信ランキング(成績により報酬アリ)に参加して好成績を収めることにより報酬権限を付与されることもあるらしい。 なお、 公認配信者には『アーカイブを残す権限』も与えられています。 それ以外のザコはアーカイブでサーバーを圧迫する価値もないんだよ。 という事ですね。 Mildom配信者に未来はあるの? なんやかんや最終的に気になるのはここですよね。 Mildomで配信することのメリットデメリット。 日本人は新しいことに悲観的なスタンスの方も多いので否定的な意見もメディアでいろいろ語られていますが、私は社会人経験ありの現役配信者なので中立的な立場で冷静に語ってみましょう。 YoutubeとMildomの違い 日本の動画サイト最大手であるYoutubeとの比較をすることでMildomの現状が簡潔に見えてきます。 YoutubeとMildomは母数が圧倒的に違う 動画投稿や配信でお金を稼ぐには、絶対的に視聴者の母数がカギになります。 サイトを訪れる視聴者の中の一部をフォロワーに出来れば視聴数が増え、広告収入が増えるという構図ですね。 で、Youtubeはオールジャンルのサイトなのに対してMildomはゲーム専門。 Youtubeでは全く関係のない動画を探していてもいつの間にかちょっと興味のあるゲームの動画を見ていた、なんてことも普通にありますから、潜在的な視聴者数はゲーム専門のMildomに比べて圧倒的に多いわけです。 これはMildomの知名度がもっと上がったとしても絶対にひっくり返りません。 YoutubeとMildomは視聴動機が圧倒的に違う ゲーム実況の視聴動機には『検索需要』と『ファン需要』と『回遊需要』があります。 ザックリ言うと以下の通り。 検索需要 特定のゲームの特定の情報(攻略情報や評価など)が知りたい。 ゲームタイトルやゲーム固有の単語によって検索される需要。 ファン需要 あの人の動画や配信が見たい。 ゲームタイトルを問わずある実況者のプレイやおしゃべりを楽しみたい需要。 回遊需要 いわゆるネットサーフィンのような状態。 その時々の話題の動画やおすすめに表示される動画をチェイン再生で見る需要。 Youtubeにはこれらの視聴動機のすべて、もしくはなにかしらに該当する動画や配信が数多くあります。 これに対して Mildomには現状『ファン需要』しかありません。 ライブ配信に特化している分情報発信のための密度の濃い動画は無く、移籍金や特別待遇で移籍した公認配信者が連れてきた「有名勢のファン」しか視聴者が存在しないんです。 Mildomにはファン以外の視聴動機が無いから新規フォロワーは増えません 現状の視聴者数と視聴動機で圧倒的に劣るMildomでは、絶対的に新規フォロワーが増えません。 『偶然辿り着いて見てみたら面白かった』という新規フォロワーの増加トリガー自体が存在しないという事ですから、これが容易に想像できる最も大きな違いですよね。 現状でMildomで配信することのメリットとデメリット 改めてメリットデメリットを挙げます。 Mildomで配信することのメリットは『時給』• 報酬権限があれば取り合えず時給が発生するのでお小遣い稼ぎが出来る。 メリットはコレに尽きます。 Youtubeで1日¥2000を稼ぐためには再生数で約1万回(仮に0. 登録者数万人レベルのYoutuberには簡単なハードルですが、駆け出しのヒヨッコ実況者には結構高いハードルです。 これがただ4時間配信するだけで稼げてしまう、というのがMildomの最大のメリットですね。 逆に言えば、 報酬権限が無い場合はメリットも薄い。 一応報酬権限ナシの配信者のために 『配信ランキング』というイベントも開催されています。 配信時間、フォロワー数、配信視聴時間、ギフトがポイント換算されてランキング形式で競い、ランキング上位者には報酬が支払われるというイベントです。 ただし、どの程度の努力で上位にランクインできるかの労力によって マネタイズのパフォーマンスが変動するため確実性が薄く、最悪の場合は 割いた時間が徒労に終わる可能性もあります。 さらにその努力によって獲得できるはずのフォロワーの増加が現状のMildomでは見込めないため、長期的に見ても同じ努力をするならYoutubeに費やした方が未来は明るいと思います。 Mildomで配信することのデメリットは『伸びない』• どんなに一生懸命配信していても新規フォロワーが増えることはない。 デメリットはコレですね。 現状Mildomを訪れる視聴者は特定の配信者目当てなので、新規の視聴者が自分の配信に辿り着く導線自体が確保されていません。 好きな配信者の配信が終われば視聴者はYoutubeに戻って回遊します。 どんなに頑張っても Mildomだけで配信していてはフォロワー数は絶対に伸びない。 Mildom配信の勝ちパターン では、Mildomで配信することに未来はないのか? ということで、私が予測するMildom配信の勝ちパターンは以下。 Mildomで当面の資金稼ぎとYoutube併用 Youtubeで実況を始めても、収益ゼロの期間が必ず発生します。 登録者数1000人以上、直近1年の視聴時間4000時間をクリアしなければ広告収入もスパチャもゼロ。 地道に優れたコンテンツを作り続けるしかないんですが、収益化前に心が折れる人も多いでしょう。 そんな下積み生活のアルバイト感覚でMildom配信を続け、同時にYoutubeへの動画投稿もガッツリ頑張る。 これが出来れば『とりあえずお金を稼げている』という精神的な安定を手にしつつ、Youtubeチャンネルの収益化までの努力を続けられるかも知れません。 もしかしたらMildom大ブレイク・・・ これはあくまで『可能性はゼロではない』くらいの認識ですが、日本のゲーム配信視聴者層が爆発的に増え、且つその時のゲーム配信サイトの主流がMildomだったら・・・。 という夢のような話。 万が一そんな未来が来るのなら、いち早くMildom配信を始めていたことの恩恵を少しでも受けられるかも知れませんね。 もう少し近い未来であり得るとすれば『視聴者が増えてMildom内で回遊するようになる』というケースですが、そのためには他サイトから引き抜かれた有名配信者の視聴者がMildomに定着する必要があります。 ただしこの可能性は自身で大量の視聴者をMildomに誘導できない以上は他力本願に過ぎませんのでご注意を。 Mildom配信の負けパターン 逆に、Mildomの圧倒的な負けパターンは以下。 Mildom全振り Youtubeの投稿や配信をさぼって全活動をMildomに集中することは絶対に負けパターンです。 報酬権限が無い配信者の場合、配信ランキングで上位を狙ってランキング報酬&報酬権限を期待するよりも Youtubeに全力を注いだほうが長期的に見て有益です。 数週間~数か月かかって報酬権限を手にしたとしても、その先に待ち受けるのは1日2000円の壁。 Mildomでは新規フォロワーは増えないので、1日の報酬が2000円を大きく上回る未来は現状では見えないでしょう。 報酬権限がある配信者も同様で、 1日2000円を超える報酬はMildom全振りでは実現しません。 あくまで一時的なお小遣いであることを認識し、Mildom以外の活動でフォロワーを増やす努力を優先しましょう。 もしかしたらMildom撤退・・・ これは比較的あり得る話ですが、Mildomが宣伝のためにバラまく予算が尽きた時に今後の成長の可能性を見出せなかったら・・・。 『ゲーム配信界隈で覇権を取れなかった。 』『日本のゲーム業界が思ったほど伸びなかった。 』と感じた時にサービスを縮小するのは必然の判断です。 過疎配信者への報酬の打ち切り、サービス自体の閉鎖など、可能性はいろいろありますよね。 昨今のビジネスにおいて、すでにシェアが固まった業界で新規が躍進するにはよほどの革新的サービスでもない限り『成功するまで資本力で押しまくる』しかありません。 要するに 赤字垂れ流しのチキンレースです。 Youtubeも長い期間赤字だったらしいですが、Google神の圧倒的な資本力で押し切りました。 さらに、Youtubeが赤字だったとしても本業の検索エンジンの成熟のために得られるフィードバックも多いでしょうからGoogleとしてはある程度のうまみも勝算もあったでしょう。 それでも通信業者としてシェア3割に勝算があったんだと思いますが、楽天はどうなるんでしょうねぇ。 と考えれば、日本語という大きな足枷のために世界市場に出られない閉鎖市場で、いつまでMildomは夢を見てくれるでしょう。 だから、絶対にMildom全振りはやってはいけません。 YoutubeとMildomの使い分け例 では、Youtube活動とMildom活動を併用して続けるための具体策は?という視点で考えてみましょう。 まず、Youtubeは新規開拓の場。 Youtubeで新規顧客を増やすには、ライブ配信ではなく10~20分程度のしっかり編集した密度の濃い動画投稿が有効です。 Youtubeのライブ配信で登録者数を伸ばせるのは一部の特殊な才能(プレイがプロ級or話術がプロ級)を持った一部の天才のみ。 決して自分は天才ではないと肝に銘じて地道にコンテンツの質を上げるのが最善策です。 そして、Mildomはわざわざ垣根を乗り越えて見に来てくれた上客へのサービスの場。 普段は見れない作業配信、ちょっとパーソナルな会話、スペシャルな企画などで顧客満足度を上げる努力をしましょう。 今のところ思いつくYoutubeとMildomの使い分けはこんな感じですが、続けるうちに別の形が見えてくるかも知れません。 Mildom内で回遊してくれる視聴者が増え、自分の配信にも自然と視聴者が流れてくるようになればチャンスと言えますが、正直まだまだ時間がかかると思いますのでその時までは他の選択肢も捨てないように。 Mildomもメリットとデメリットを意識して上手く活用できればそんなに悪いものでもないと思います。 たぶん。

次の