ミロカロス ソード シールド。 ソードシールドダブルバトル③ ドラパセキタンザン (シリーズ4)

ミロカロスの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ミロカロス ソード シールド

「かえんだま」を持たせ自分で火傷状態になることで特性を発動しつつ、毒を始めとした他の状態異常を防ぐことができ、自己回復技を持つ点と合わせ非常に耐久力があるポケモンとなっています。 以降は火傷ダメージが痛いが、交換後のポケモンの様子見などにも使える。 素早さを確実に低下ができる技。 無効にされることがなく使いやすい。 かちき特殊アタッカー型 性格 ひかえめ 努力値 HP252 防御4 特攻252 実数値 HP202-防御110-特攻152-特防145-素早さ101 特性 持ち物 技構成 ・ ・ ・ ・ 実数値は理想個体で計算し、不要ヶ所は省略しています 能力が低下すると特攻が上がる特性「かちき」を活用する特殊アタッカー型です。 ダイマックス技の登場によりかちきを発動させやすくなったため、アタッカーとしての性能を発揮しやすくなりました。 持ち前の特防で特殊アタッカーの攻撃を耐える事が多いため、ミラーコートで反撃できる場面は多くありますが、「こだわりメガネ」を持つ「ロトム」との対面は耐えることができない事が多いため注意が必要です。 威力は低いが素早さを確実に下げられるため、タイマン勝負を有利に運びやすい。 素早さ低下効果を持つ地面技。 威力は低いが素早さを確実に下げられるため、タイマン勝負を有利に運びやすい。 自己回復技で長引くバトルでも立ち回りやすくなる。 ダイマックス時にダイウォールになるのも利点。 ミロカロスの役割と立ち回り 耐久に優れた種族値と特性 「ミロカロス」は高い特防と特性によって高められる防御を持つ、耐久力に優れたポケモンです。 タイプが水のみのため弱点が突かれにくく、「じこさいせい」による自己回復も行えるため、耐久ポケモンとしてはトップクラスの能力を持っています。 ミロカロスの対策 弱点で攻撃して一気にHPを減らす 「ミロカロス」をアタッカーで突破する場合、弱点である水や電気の技を高い耐久を貫けるほどの高火力で使用するのが基本になります。 「ふしぎなウロコ」を発動する前であれば防御は高くないため、物理技で一気に押し切る事もできます。 ただし物理アタッカーで倒そうとする場合は、「ねっとう」で火傷になった場合は辛いことを理解しておきましょう。

次の

【ポケモン ソード&シールド】進化の石・通信・時間帯・特殊条件で進化するポケモン一覧!│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

ミロカロス ソード シールド

まえがき はじめまして、甘夏です。 今作から育成論をあげていけたらと思い投稿しました。 未熟ですがよろしくお願いします。 H HP A 攻撃 B 防御 C 特攻 D 特防 S 素早さ と略させていただきます。 努力値は、個体値がAのみ考慮せず、それ以外は すべて31で計算しています 採用理由について 剣盾シーズン1時点において、ドリュウズとバンギラスの使用率が個人的に目立っている気がしたので採用してます。 あとは愛です。 持ち物 かえんだま 今作の入手率の低さは重々理解しているつもりですが、どくどくだまでは、H管理に支障が出てしまうという問題点があるので、かえんだま一択です。 技構成について じこさいせい• かえんだま込みで考慮したものを前に、抜きを後ろで[ ]をつけて表記します。 バンギラス A252• 基本的にドリュウズ、バンギラス、ミミッキュ、ドラパルト(物理)を意識しているので、後投げが望ましいです。 (*既にじゃくてんほけんを発動させてしまっていた場合、及びつるぎのまいを舞われてしまった場合、かえんだまなしには受けきることが出来ない為、安易に投げることが出来ません。 指摘されましたので訂正致します。 トゲキッスやヒートロトムなどの特殊アタッカーには役目が持ちづらいのでバックでカバーしてあげる形がいいと思います。 注意他の受けポケモンとの明確化 残念ながら、アーマーガアに勝る点があるか、と聞かれてもくろいきりで能力変化をリセットできる点としかいえず、ならヌオーでいいじゃないか、と言われればもうその通りとしかいえないといった所ではあります。 ただ確実にいえることは、選出の際に受け役であると確定される可能性は高くはないという点です。 ドヒドイデやサニーゴ、ナットレイとの比較においても同様のことしかいえません。 アタッカーとして機能できる可能性を十分に秘めている、ここで相手の卓を増やせれば嬉しいかと思う次第です。 あとがき 発投稿ではありますが、最後までありがとうございました。 アドバイスやこうした方がいいといったことがありましたら教えてください。 またダイホロウでBダウンする点にも触れられてないのも気になります。 対面と後出しの立ち回り方について記載してもらえると、読み手としてもう少しイメージが持てると思います。 修正致します。 更に、物理のダイマックス枯らしや物理ATへの受け出しにしてもアーマーガアで事足りてしまう上に火炎玉が遅効性+HPを削り続けるって扱いにくすぎませんか? ステロや砂ダメに火炎玉等があればすぐに疲弊してしまうし、ダイマックス技の追加効果で受けることが難しくなるのに更にHPを削るポケモンとなると受け出しで戦うのは厳しすぎないかと感じました。 ダイマックス枯らしにしても、耐久に振ったミミッキュならば ・皮受け ・先制身代わりor等倍ダイマックス技耐え ギャラやキッスのダイジェットを耐える調整が同時に可能 て回復実で回復後に後攻身代わり ・3ターン目にトリルやら呪いやらじゃれなど できっちり枯らし切ってから起点作ったり削ったりしながら、サイクル戦すらこなせてしまうんですよ。 こういった化け物やアーマーガアとかいう厨ポケが物理に役割を持ちながらも他の役割も兼ねられるので、このミロカロスは役割が狭く採用しにくいです。 勝ち気なら威嚇やダイマックス技の能力ダウンで火力が大幅に上がるため、持ち物も合わせれば凄まじい火力になると思いますよ。 アーマーガアで事足りてしまうからこいつをアタッカーとした方がいい。 ごもっともです。 しかし、積んだ状態を維持させて裏で切り返すことよりも1回リセットさせて戦いやすくするっていう方が自分に合っていたっていうだけです。 たまさんのいうアタッカーで採用した方が強いのは重々承知していますし、役割が少ないというのもご指摘通り理解できています。 ダイマックスを使わずかつ能力上昇を消せ、相手のダイマックスも枯らす... ということを考えた自分なりの答えであったという話です。 厨ポケの枠を1つ削ってまで採用することはない、間違いありません。 自分の勉強不足に至ります。 ・欠伸ループに強い点 ・水と氷の範囲の広さ ・ヒヒダルマ受けとしての性能の高さ ・ミラーコートによって見れる範囲が広い点 H244D60でC特化眼鏡FCロトムの10万ボルトを最大乱数以外耐え 93. 剣盾からレート戦に潜り始めた初心者です。 私もフォーク元のかえんだま型ミロカロスを参考にして自分なりに組んで使っています。 初めてのコメントなのでマナー違反等があったら教えていただけると幸いです。 本育成ではあまり触れられていませんが、ミラーコートの有用性について少し。 主にロトム対面に対してなのですが、多くの場合で相手が初手ロトムという場面が多く、こちらもミロカロスを初手出す事で、ロトムのほうでんor10万ボルトを誘うことができ、その後のミラーコートで確実に落とせるという場面が多く、ロトムが重い私のパーティで大いに活躍してくれています。 C特化眼鏡ロトムではギリギリまで削られてしまいそこで役割終了となってしまう場面も多いですが、性格補正がなかったりすると2匹目で立て直せる機会を得る事も出来ます。 同じように水対面でのフリーズドライも同様に狩れる場合が多かったです。 次に剣の舞ミミッキュに関してなのですが、如何に相手の剣の舞を読んでくろいきりを打つか、という駆け引きになっている状況は否定できません。 後出しでも受けることは出来ないので、取り敢えずの策としてミロカロスは後出しではなく初手出しをしてやけど状態になり耐久を上げるという事が無難であるように思えました。 今回の育成論のダイマックス潰しというコンセプトからは外れますが、相手に熱湯による火傷が入れば剣舞弱点保険も多少受けることができ、特殊相手もミラーコートで返り討ちと、上記対象ポケ以外にも多くのポケモンを受けられるポテンシャルを持っていると思います。 拙い文になってしまい失礼しました。 とても参考になりました!ありがとうございます。 返すのが遅くなってしまい申し訳ありません。 ミラーコートの有能さは重々理解はしているつもりです。 ただ、今回はロトムよりもバンギラスやミミッキュを重く見ているからと回答させていただきます。 理由としましては、ミラーコートを積んで特殊ポケに対して役が持てるようにするのもアリではありますが、欲張ってどっちつかずを嫌ったからです。 特殊に対してミラーコートを打つのであれば最初から「かちき」にして運用が正当であるのではないかという考えの下で、ミラーコートは不採用としています。

次の

【ポケモン剣盾】ミロカロスの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ミロカロス ソード シールド

A=こうげき B=ぼうぎょ C=とくこう D=とくぼう S=すばやさ :タイプ【みず】 :特性【ふしぎなうろこ】 状態異常になると、防御力が1. 5倍になる。 シュートスタジアムのトーナメントで優勝すると、ランダムで入手できます。 :覚えさせるわざ• ねっとう【わざレコード84】• じこさいせい• れいとうビーム【わざレコード05】• くろいきり【タマゴわざ】 わざレコード05と84は、レイドバトルで入手するか、ワットショップ ランダム で購入できます。 くろいきりはタマゴわざなので、ヌオーなどから遺伝で覚えます。 絶対防御型ミロカロスの使い方 「かえんだま」を持たせてあるため、 特性「ふしぎなうろこ」の効果で防御力が1. 5倍になります。 やけど状態にはなりますが、代わりに 「どくどく」の心配がなくなるというメリットがあります。 さらに性格補正で特防も上がっているため、 「じこさいせい」で回復しつつ 「ねっとう」でやけどを狙っていき、相手ポケモンが使用した積みわざを 「くろいきり」で潰すとういう、ほぼ隙のない型となっています。 やけど状態になるのはターン終了時なので、ギャラドスと対面した場合は 「パワーウィップ」を読んで 「じこさいせい」から入るのがオススメです。 また、 「れいとうビーム」を覚えているため、ドラパルトなどのドラゴンタイプに強く出られるのも強みですね。 ただし油断は禁物で、火力特化の相手ポケモンによるダイマックわざは 「じこさいせい」でしっかり耐えていきましょう。

次の