ロボトミー 装備。 黄昏

ロボトミーコーポレーションプレイ日記5

ロボトミー 装備

About This Game Administrator and monsters, you cannot possibly imagine. Lobotomy Corp is a Monster Management Rogue-Lite Simulation game. Our game was inspired by the monsters from game and movies such as SCP series, Cabin in the woods and Warehouse 13. You will be playing as an administrator of the company which is in the management of such creatures. These monsters generate a new energy source, and your job is to collect them through giving out to your subordinates. Through this process, you can open new departments that facility allows and encounter various monsters. This is only an impression that the public has regarding our company. You will see its reality after you have joined us. Our facility is formed of many departments just like any other companies. You will have access to various departments as you gather more energy. The more you have access to various departments, the much easier the management of abnormality will become. An existence you constantly have to examine and observe. You will have to try your best to keep your employees out of danger while keeping the energy extraction level at its maximum. You will only have your eyes and the manual to guide you. Speculate which process will be most suitable for each Abnormality. After that, just pick and place your employee who is best suited for the job and wait for results. You get the power to obtain information in the process of managing Abnormality. As mentioned before, Abnormality is a creature that should be handled with an extreme alert. They will try to escape when they have a chance and when they do, they will destroy everything. Be it our employees or the facility. Furthermore, certain Abnormality can brainwash and corrupt our employees into their pawn. You could get rid them of course, but you should consider the fact that all the information and data regarding that employee will be deleted as well. One disaster will cause another, and it will lead everything into chaos. If you do not stop them instantly, the situation will get out of hand and fall into chaos. In Story mode, there is a dialogue with Sephira, including AI Angela, which will also appear in the work part. Through the mission they give, you will come closer to the truth hidden in the company. Furthermore, the player will be placed in a situation where they must answer or ask questions. You can also discover secrets surrounding the company and the player.

次の

Lobotomy Corporation攻略 Wiki

ロボトミー 装備

DAY14 最初はスピーカーのツール型アブノーマリティかと思ったが、シェルターと判明した。 情報開示が中地半端だったがいい感じでエネルギーを稼げたため、犠牲を恐れてこの日は途中で使用停止。 マッチガールと案山子の脱走と試練の発生が同時に重なりそうになったが、何とかタイミングをずらして対処した。 何とか夢見る流れのEGO防具を作成、尖ったところはないが全体的に優秀で何よりランクがWAWなのがありがたい。 1着しか作れなかったので、ロストしないように大事に使っていきたい DAY15 新セフィラ「ティファレト」が登場した。 CV釘宮っぽい。 テーマカラーは黄。 上層のセフィラを欠陥だらけというが、アンジェラはセフィラが哀れな姿をさらすのも役目の一つと言う。 エネルギー生産だけが目的ではなさそう。 ネツァクの新ミッションは人数制限。 人材の育成ができないが、高ランク職員でスピードクリアを目指せば達成できそうな感じ。 DAY12 白い毛でモフモフのチョウチンアンコウのようなアブノーマリティを迎えた。 作業時間反応型アブノーマリティで高レベル職員が手短に済ませるとだめなのが面倒臭い。 脱走するとトラップみたいな感じで犠牲者を待ち構える。 この「肉の灯篭」は情報のために観測レベルを上げると、ますます作業時間が短くなって許容範囲が狭まるのはクソ。 とりあえず専属職員を用意するが、やり直し後はたぶん呼ばない。 DAY13 スナイパーみたいなアブノーマリティが来た。 愛着作業が依頼に置き換わっている。 作業失敗で横一直線に発砲して大勢退社した。 そのまんまモチーフは「魔弾の射手」。 依頼もモチーフ通り最後は依頼通りに撃ってくれずどこに飛ぶかわからない。 アブノーマリティの物語で、最後に愛する者の頭を打ちぬく悪魔の契約なら、最初に愛するものを撃ち殺してしまえばいいという逆転の発想は面白かった。 こういう人が悪魔を超える恐ろしさを見せつけて逆にひかれる展開好き。 シェルターは外の状況を悪くしていくから結果的には「世界で一番安全な場所」か。 非常に質が悪い。 一時避難くらいには使えるかもしれない。 DAY16 甲冑のアブノーマリティが来た。 事故を避けたいなら愛着と抑圧をせず、赤耐性持ちが本能と洞察をするのがいいだろうか。 EGO武器が貴重なPALE属性なのでありがたい。 DAY17 アンジェラは当たり前のように内部告発者Bについて知っていた。 教育チームの研究は新職員の能力強化を選択した。 ほんのりと新米職員のステータスが上がった気がする。 DAY18 多面のカオナシのようなアブノーマリティが来た。 生産エネルギーの量から察するにこれはALEPHでは? WAW防具でも作業失敗時のダメージがきつい。 抑圧以外だとわが社の最高ランクの職員でも死んでしまう。 オフィサーが死ぬと動きが活発になっていき、おそらく脱走する。 こっちには現在死体の処理方法がないので素早く終わらすしかない。 今の装備の感じだと鎮圧しきれないだろうし。 DAY19 アンジェラの発言からBは消されてしまったようだ。 ホドがエンケファリンに手を…。 何か「いい人」にこだわっているようだが、すごいカモにされそう。 DAY17 SCP-173の女性バージョンのようなアブノーマリティが来た。 この「壁に向かう女」は作業しているといつか必ずこっちにダメージを与えてくる。 EGO武器はワンランク上でかなり優秀なので、装備を作り終わったらおさらば。 DAY18 顔が半分真っ黒の蒼い姫のようなアブノーマリティが来た。 かなり白ダメージが強くおそらくWAW。 武器、防具ともに優秀だが一品ものである。 特にEGO防具がPALE属性耐性なのが素晴らしい。 かなりレアものの装備である。 しかも情報開示でわかったがこの「絶望の騎士」は良判定を作業で出すと、作業不可のデメリットはあるものの加護を付与してカッチカチにしてくれる。 この日は幸か不幸かステータス不足で普通判定しか出なかった。

次の

ゲームデータをリセットする方法【Lobotomy Corporation】

ロボトミー 装備

このゲームについて 予測不能の怪物たちと、それを管理する管理人 Lobotomy Corporationはモンスターを管理するローグライク(Rogue-Lite)シミュレーションゲームです。 私たちはSCP財団や映画『キャビン』、ドラマ『ウェアハウス13 〜秘密の倉庫 事件ファイル〜』などの作品達からインスピレーションを得て、そこから「これらのモンスターが本当に実在し、それらを管理する会社があったらどんな感じだろう?」という考えを広げていった結果、このゲームを作ることになりました。 プレイヤーはモンスターを収容しているロボトミー社の管理人となり、様々な種類のモンスターを管理していきます。 プレイヤーは職員たちに命令し、その結果を観察していきます。 そして、モンスターが生み出すエネルギーを回収してノルマを達成し、会社を拡張していきながら多種多様のモンスターたちを集めていきます。 会社の中で管理人は管理の緊張感と恐ろしいモンスターに直面しながら、日々耐えていくことでしょう。 「私たちの新たな技術は、人類を救うだろう」 ゲームの舞台であり、これから管理人であるプレイヤーが勤めるロボトミー社は、独自の技術でアブノーマリティというモンスターを収容し、それらから無尽蔵のエネルギーを生み出す新エネルギー企業...というのが表向きのロボトミー社のイメージですが、本当のロボトミー社がどうなのかは、プレイヤーがロボトミー社に入社して確かめてみてください。 ロボトミー社では、一般的な会社と同様複数の部門で構成されています。 プレイヤーが大量のエネルギーを集めれば、様々な部門を使うことができます。 部門がたくさんあるほど、より効率的なアブノーマリティたちの管理が求められます。 また、ロボトミー社では「アンジェラ」や「セフィラ」といったAIが存在し、円滑な業務のために惜しみなく管理人をサポートするでしょう。 あなたが絶え間なく観測し、研究するべき存在たち ロボトミーに存在するモンスターの事を、私たちは「アブノーマリティ」と呼んでいます。 あなたはアブノーマリティから、できるだけ多くのエネルギーを抽出しつつ、職員が死なないように努力しなければなりません。 しかし、どのアブノーマリティにどんな作業をするのが良いのかを知るには、多くの試行錯誤が必要です。 プレイヤーは最初、アブノーマリティに対して何の情報も持っていません。 プレイヤーが最初に知ることができるのは、アブノーマリティの姿と管理番号がほとんどでしょう。 プレイヤーの勘や推測を頼りにアブノーマリティごとにどのような作業が適しているかを予想し、その作業が得意な職員に作業を命令して、作業の経過を見守りましょう。 アブノーマリティを管理することで、そのアブノーマリティの情報を得ることができます。 アブノーマリティにどんな作業をしたかによって、獲得できるエネルギー量の差は大きく違います。 これは決して平和な経営シミュレーション ゲームではありません 前述したようにアブノーマリティは非常に慎重に対応すべき存在です。 彼らの中には拘束されている状態に不満を持つと、収容室から脱出を図る個体もいます。 脱出したアブノーマリティは職員を攻撃したり、他のアブノーマリティの収容室の扉を開けるなど、様々な方法で施設を破壊します。 また、特定のアブノーマリティに侵食されたり、汚染された職員は、他の職員にも非常に深刻な影響を与えます。 アブノーマリティに洗脳されてしまった従業員が正気を失って他の職員を無差別に攻撃するかもしれません。 あるいは精神が汚染された職員が周りの職員の精神まで汚染していき、職員全体がプレイヤーの命令を受け付けなくなるかもしれません。 災いが災いを呼び、最後はすべてが混沌に包まれることでしょう 管理人はあらゆる事態に即座に対応していかなければ、状況はさらに悪化し、会社全体が混乱に陥ります。 管理人としてプレイヤーは事態を収めるために、職員に対し、制圧や避難、処分などの指示を行い会社を守らなければなりません。 「管理人、答えてください。 あなたに願いはありますか?」 ゲームは、作業パートとストーリーパートに分かれています。 アブノーマリティを管理し、エネルギーを生産していく作業パートでノルマを達成するとその日を終え、ストーリーパートに繋がります。 ストーリーパートでは作業パートでも登場するAIの「アンジェラ」を含む「セフィラ」とのストーリーが展開されます。 プレイヤーはAIから下される任務をこなしていきながら、会社に隠された真実に近づいていきます。 プレイヤーは質問を迫られたり、あるいは質問への返事を迫られることでしょう。 この場所でプレイヤーは、会社の秘密や管理人の正体、あるいはそれ以上の真実を知っていくことでしょう。

次の