猫 お腹 たるみ。 猫のたるみすぎたお腹って何!?ルーズスキンの原因と対処法を知ろう。

猫のお腹のたるみに隠された秘密|@DIME アットダイム

猫 お腹 たるみ

過去にもお伝えしているかもしれませんが、我が家のお猫様はおデブ様です。 特にキジのオス猫は、獣医師お墨付きのおデブです。 飼主に全責任があるので毎日申し訳なく思っており、只今フード量徹底管理のダイエットに励んでおります。 それでも、もう1匹の猫のご飯を盗み食いしていてなかなか減らないのが現状です。 日中仕事で家にいられないため、細目にフードをあげられないのもネックで、ダイエットの難しさに日々直面しております。 さて、そんなおデブなお猫様、実は太る前からお腹にたるみがありました。 家族で「太ってもいないのに何だこのたるみは!けしからん!可愛らしい!!」 と親バカを発揮しては、ムニムニとお腹のたるみを揉んだりして猫に怒られていました。 (注:猫の嫌がることはしてはいけません。 ) そんな猫のお腹のたるみ、実はちゃんと名前があるんです。 その名も… ルーズスキン 写真の赤丸部分がまさしく「ルーズスキン」です。 実は、他のネコ科動物もルーズスキンを持っています。 動物園に行かれた際にはぜひルーズスキンを探してみましょう。 触った感触が、厚めの皮だけならそれはルーズスキンです。 もし触ったり摘まんだりした時に、中に脂肪があるようでしたらそれは肥満の可能性が高いです。 ダイエットが必要か獣医師に相談してみましょう。 もしダイエットが必要ならば、獣医師の指示に従ってください。 猫は特殊な脂肪の代謝経路を持っています。 絶食などの無理なダイエットをしてしまうと脂肪肝などの危険性を伴いますので、獣医師と相談しながらのダイエットをおすすめします。 また、触った感触がかたく張っていたり異物が感じられる場合は、病気の可能性があります。 速やかに獣医師に診てもらいましょう。 我が家の猫はもはやルーズスキンではなく脂肪と呼ぶにふさわしい体型になってしまいました。 必ずやダイエットを成功させ、可愛らしいルーズスキンを復活させてみようと思います。

次の

猫のおなかのタプタプたるみ。実は名前と役割があるんです!

猫 お腹 たるみ

猫のお腹(下腹部)のたるみ 飼っている猫(5ヶ月・男の子)のお腹(下腹部)がたるんでいます・・・ 全体的に太っているという感じではないです。 5ヶ月にしてはガタイはいいかなと思っていましたが、最近下腹部がたるたるとたるんでいます・・・ 歩いていてもそこだけてろん、と垂れています。 ふにふに、ふわふわしていて触っても特に嫌がったり痛がったりしません。 ご飯は子猫用のカリカリを朝と夜あげています。 が、結構たくさん食べます。 マンションなのでずっとお家の中で昼間はひとりです。 おもちゃで一緒に遊んだり、ひとりでも結構遊んでいます。 寝てばっかりでまったく運動しない、というわけではないと思うのですが・・・ 実家の猫はパンパンで明らかに太ってるので、参考になりません笑 ただ太っているだけでしょうか? ご飯の量を減らすべきでしょうか? また、ただ太っているだけなら改善策はあると思うのですが、 何か病気の場合もあるでしょうか? アドバイスお願い致します。 補足早速のご回答ありがとうございます! ご飯は、割と最近まで「くれ!」と言われたら朝・晩以外にもあげてました・・・ しかし飼い主のせいで肥満になったら猫が可哀想、これはいかんと思い、朝・晩だけにしたら猫も慣れてきたようで、最近はもっともっとと言わなくなり、自分で考えて食べてます。 やはりご飯のあげすぎがいけなかったんでしょうか・・・.

次の

ルーズスキンとは?猫のお腹のたるみについて知っておこう!

猫 お腹 たるみ

比較的年齢が若い猫なのに、なぜかお腹の肉がダラ~ンとタプタプ。 他の部分はしなやかで無駄な脂肪はないのに、なぜお腹だけ? 猫のお腹のタプタプ、肥満や年齢に関係なく、どんな猫にも見られる現象です。 これって不思議だと思いませんか? 猫のお腹のタプタプした部分を専門用語で「ルーズスキン」と呼ぶそうです。 今回は、このルーズスキンについて勉強してみました。 それなら、どうして猫のお腹はこのようなルーズスキンになってしまうのでしょうか。 その理由は実は大切な役目があるからです。 猫同士、喧嘩をして身体を噛まれた場合、お腹にルーズスキンがあれば内臓に致命傷を負いません。 また高くジャンプをするときに体の皮が突っ張らないようにするため、そして一番柔らかいお腹に致命傷を負わないためだと言われています。 説は色々ありますが、これは猫だけでなく、あらゆるネコ科の動物に見られる現象だといいますから、自然界で生きる動物にとっても、ルーズスキンは非常に大事な役目を果たしているのかも知れません。 実はこの特徴は、「アメリカンショートヘア」「エジプシャンマウ」「ベンガル」「ピクシーボブ」などの血を引く猫種に多く見られる特徴なのだとか。 しかしこのルーズスキンは肥満や猫種に関係なくできることも多いそうです。 まずはお腹のたるみを触ってみて「何もない皮だけの状態」であればルーズスキンです。 つまんだ皮にみっちり肉までつまめる状態であれば、「肥満」の可能性が高いと判断するとよいでしょう。 いずれにしても、これは病気のサインではありません。 猫の背中の肉を引っ張ってそのまま皮膚が元通りになれば健康な証拠。 しばらく皮がたるんだままなら何らかの内臓疾患の恐れがあります。 その場合は早急に病院を受診した方が良いでしょう。 いかがですか。 猫のお腹のタプタプ、ルーズスキンは猫が高くジャンプする時に必要な部位、というのがワタクシ的には一番納得できる答えでした。 なんといっても猫の跳躍力は凄いですよね。 自分の体の高さ以上の高さをジャンプできる動物は、なかなかいないのではないでしょうか。 タプタプのお腹をしながら凄いヤツ。 猫って本当に可愛いですよねぇ。

次の