キャベツ 消費。 キャベツの大量消費簡単レシピ17選!1玉即食べきれちゃう人気料理を紹介!

料理家さんに教わったキャベツ大量消費レシピ特集15選

キャベツ 消費

【冷凍方法】キャベツは「生」で冷凍できる! キャベツは生のまま切るだけで冷凍が可能。 凍ったまま炒めものやスープなどの調理に使え、美味しくいただけます。 ただし、生の状態に比べるとやや食感が変わるため、冷凍後は生食ではなく加熱調理がおすすめ。 細切り、ざく切り、くし形切りなど用途に合わせて切っておくと便利です。 【準備するもの】• キャベツ…お好みの量• おすすめは、細切り(約1~1. 5㎝)、ざく切り(約4㎝角)、細めのくし形切り(約3㎝)の3つ。 細切りはスープなどの具材に、ざく切りは炒めものなどに、くし形切りは肉などに合わせてメイン料理に使いやすいです。 千切りにする場合は少し太めにするなど調整しましょう。 2 水気をしっかりと拭く ペーパータオルなどで水気を拭きます。 余分な水分が残っていると冷凍時の劣化につながるため、丁寧に拭き取りましょう。 3 冷凍用密閉保存袋に平らに入れ、空気をぬいて薄くして冷凍 キャベツを冷凍用密閉保存袋に入れ、空気を抜いて薄くして冷凍します。 細切りやざく切りなど小さめにカットした場合はMサイズの袋、くし形切りの場合はLサイズが便利。 冷凍庫で2週間程度保存可能。 【解凍方法】凍ったまま加熱調理を 事前解凍なしで、加熱調理に使います。 袋の上から軽くもむと、キャベツがバラバラになって取り出しやすくなります。 切る手間がなく火も通りやすいのでスピーディに完成します。 材料(2人分)• 味噌…小さじ2• 万能ねぎ(小口切り)…適量 作り方• 油揚げは長さ2㎝の細切りにする(油が気になる場合は油抜きしてから切る)。 鍋にだし汁、油揚げを入れて中火で沸騰させ、冷凍キャベツを入れる。 再度沸騰したら弱火にし、味噌を加えて溶かす(キャベツを入れてからの加熱時間は2~3分)。 火を止めて万能ねぎを散らす。 切らずに調理できるのでラクです。 材料(2人分)• 焼きそば用中華麺(蒸し)…2玉• 豚こま切れ肉…150g• 紅生姜、青のり…各適量 作り方• 豚こま切れ肉は大きければ、食べやすい大きさに切る。 もやし、冷凍キャベツ、麺、水大さじ3(分量外)の順に加えて中火~強火で炒める。 全体に火が通ったら、付属の焼きそばソースを加えて炒め合わせる。 器に盛りつけ、お好みで紅生姜、青のりを添える。 材料(2人分)• 冷凍キャベツ(くし形切り)…5切れ• 豚バラ肉薄切り…150g• 酒…大さじ1• 塩、粗挽き黒こしょう…各少々• 手作りする方法も下記に紹介しています 作り方• 深さがある耐熱容器にキャベツを並べる。 豚バラ肉薄切りをキャベツの隙間に、はさむようにのせていく。 ふんわりとラップをして、600Wの電子レンジで約10分間、肉の色がしっかり変わって火が通るまで加熱する。 最後にごまだれを添える。

次の

余ったキャベツを消費できる!簡単アレンジレシピ人気5選

キャベツ 消費

HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けてください。 たくさん食べるなら加熱するべし! キャベツといえば食物繊維が多いイメージですが、実はほかの野菜に比べて特別多いというわけではありません。 一日の食物繊維をキャベツで補おうとすると、約一玉食べる必要があるんです。 さすがにそんなには食べられませんよね……。 ただ、キャベツの食物繊維は熱に強く、加熱すればカサが減るので、たくさん食べたいときは加熱調理がおすすめ。 ちなみに、加熱方法はどんな方法でもOKで、炒めても蒸しても茹でても食物繊維が壊れることはないんですよ。 そこで、思わずたくさん食べたくなる、さまざまなアレンジをご紹介します! キャベツのおいしい食べ方7選 【1】キャベツのイタリアンマリネ キャベツのマリネは、前菜やお酒のおつまみにもぴったり。 harukanbiyori さんのレシピは、炒めてからマリネ液に漬けるのがポイントです。  半日ぐらいで味がなじみますが、一晩おくとさらにおいしくなるそう。 冷蔵庫に入れて、5日ぐらいは日持ちするとのことなので、常備菜の1つとしていかがでしょうか。 【2】やみつき温キャベツ キャベツの甘味とアンチョビの塩気が相性ばっちりな「キャベツとアンチョビのパスタ」。 火を止めて、黒コショウとオリーブ油をかけて出来上がり。 ミニトマトのほどよい酸味もいい味を出しているそう。 アンチョビの缶詰は100円ショップでも取り扱いがあるので、見つけたらまとめ買いしておくと良さそうです。 キャベツは丸ごと買っちゃおう! キャベツは丸ごと買った方がお得な場合が多いけど、全部使い切れるか不安になってしまうことも。 でも、これだけ使いまわしが効くなら、迷わず一玉買ってもいいかもしれません。 春玉(春キャベツ)、高原キャベツ(夏キャベツ)、寒玉(冬キャベツ)など、季節に合わせて栽培された旬のキャベツを味わうのも楽しみの1つ。 フレッシュな状態をキープする保存袋も売られているので、上手に活用しながら一年中、おいしくいただきたいですね!.

次の

料理家さんに教わったキャベツ大量消費レシピ特集15選

キャベツ 消費

【冷凍方法】キャベツは「生」で冷凍できる! キャベツは生のまま切るだけで冷凍が可能。 凍ったまま炒めものやスープなどの調理に使え、美味しくいただけます。 ただし、生の状態に比べるとやや食感が変わるため、冷凍後は生食ではなく加熱調理がおすすめ。 細切り、ざく切り、くし形切りなど用途に合わせて切っておくと便利です。 【準備するもの】• キャベツ…お好みの量• おすすめは、細切り(約1~1. 5㎝)、ざく切り(約4㎝角)、細めのくし形切り(約3㎝)の3つ。 細切りはスープなどの具材に、ざく切りは炒めものなどに、くし形切りは肉などに合わせてメイン料理に使いやすいです。 千切りにする場合は少し太めにするなど調整しましょう。 2 水気をしっかりと拭く ペーパータオルなどで水気を拭きます。 余分な水分が残っていると冷凍時の劣化につながるため、丁寧に拭き取りましょう。 3 冷凍用密閉保存袋に平らに入れ、空気をぬいて薄くして冷凍 キャベツを冷凍用密閉保存袋に入れ、空気を抜いて薄くして冷凍します。 細切りやざく切りなど小さめにカットした場合はMサイズの袋、くし形切りの場合はLサイズが便利。 冷凍庫で2週間程度保存可能。 【解凍方法】凍ったまま加熱調理を 事前解凍なしで、加熱調理に使います。 袋の上から軽くもむと、キャベツがバラバラになって取り出しやすくなります。 切る手間がなく火も通りやすいのでスピーディに完成します。 材料(2人分)• 味噌…小さじ2• 万能ねぎ(小口切り)…適量 作り方• 油揚げは長さ2㎝の細切りにする(油が気になる場合は油抜きしてから切る)。 鍋にだし汁、油揚げを入れて中火で沸騰させ、冷凍キャベツを入れる。 再度沸騰したら弱火にし、味噌を加えて溶かす(キャベツを入れてからの加熱時間は2~3分)。 火を止めて万能ねぎを散らす。 切らずに調理できるのでラクです。 材料(2人分)• 焼きそば用中華麺(蒸し)…2玉• 豚こま切れ肉…150g• 紅生姜、青のり…各適量 作り方• 豚こま切れ肉は大きければ、食べやすい大きさに切る。 もやし、冷凍キャベツ、麺、水大さじ3(分量外)の順に加えて中火~強火で炒める。 全体に火が通ったら、付属の焼きそばソースを加えて炒め合わせる。 器に盛りつけ、お好みで紅生姜、青のりを添える。 材料(2人分)• 冷凍キャベツ(くし形切り)…5切れ• 豚バラ肉薄切り…150g• 酒…大さじ1• 塩、粗挽き黒こしょう…各少々• 手作りする方法も下記に紹介しています 作り方• 深さがある耐熱容器にキャベツを並べる。 豚バラ肉薄切りをキャベツの隙間に、はさむようにのせていく。 ふんわりとラップをして、600Wの電子レンジで約10分間、肉の色がしっかり変わって火が通るまで加熱する。 最後にごまだれを添える。

次の