次 世代 エコ ポイント。 次世代住宅ポイントって、補助金・制度と併用できるの?

株式会社ケーズホールディングス

次 世代 エコ ポイント

次世代住宅ポイントについて質問です。 昨年11月に分譲住宅を購入し、次世代住宅ポイントを取得できる条件も満たしていたので、昨年12月上旬に申請書を送りました。 それから約1ヶ月後、次世代住宅ポイント担当者から 電話があり、申請書に不備(記載漏れ等)があり一度書類を返送するので不備を修正して再度送りなおして下さいと指示されました。 返送された書類の中に不備に関する詳細が記載されていたので修正して1月下旬頃(先々月)に再度書類を提出したのですがそれから3月に入っても何も連絡がありませんでした。 心配になり昨日電話で問い合わせると書類が届いていないと言われました。 書留郵便や追跡番号のわかる方法で送らなかったという落ち度はあるのですが、まさか通常通り郵便局で書類を送ってこのような状況になるとも思わず・・ 一応郵便局にも確認しましたが郵便局側でも追跡番号などがないと確かめることができないとのことで・・ 次世代住宅ポイント側に届いていないのであれば、うちの住所に送った書類が戻ってくるはずなので届いていないということはないと思うのですが、なんだか次世代住宅ポイントの担当者の対応も悪く不安が募るばかりです。。 次世代住宅ポイントの申請期限は今月(3月)まででもう時間もないので取得できずに終わる気がしてなりません・・ どなたか同じような状況、もしくは次世代住宅ポイントについてお詳しい方などいらっしゃいましたらアドバイス等頂けますと幸いです。 申請書添付のポイント発行申請書同意事項の通りで、どうにもできないのではないでしょうか。 ・事務局が申請書類を受け取る前に発生した書類の紛失や郵送の遅延等の事故およびその事故に起因して生じる損害等に対して、事務局はその一切の責任を負いません。 最初の申請を郵送申請し、それに不備があり事務局より戻された(ここまでは事実で事務局にも記録あるでしょう) 事務局はすべての申請書式、添付資料をあなたに返却しているはずで、受理していないのであれば最初の申請の中身の記録も事務局ではとっていないでしょう。 そして返却後はあなたが本当に不備を解消して再申請したという事実を誰も確認するすべがありません。 (あなた自身が申請時に控えをとっていないミスもあるでしょう) 改めて必要書類を準備して申請するしかないでしょう。 本当にポイントが必要であれば、再度の準備を進めてはいかがでしょうか?3月31日まで申請できますので。

次の

次世代住宅ポイント制度の仕組みと、申請してから商品を交換するまでの流れや概要

次 世代 エコ ポイント

所有者等が施工者に工事を発注(工事請負契約)をして実施するリフォーム<賃貸含む>• 条件 12019年4月1日~2020年3月31日に工事請負契約・着手したもの• 条件 22018年12月21日~2019年3月31日までに工事請負契約し、 着手が2019年10月1日~2020年3月31日となるもの• 条件 32019年10月1日以降に引渡するもの 対象の工事• 開口部の断熱改修• 外壁、屋根、天井または床の断熱改修• バリアフリー改修• その他の対象(耐震改修、リフォーム瑕疵保険への加入、インスペクションの実施)• 家事負担軽減に資する設備の設置• エコ住宅設備の設置• 若者・子育て世帯による既存住宅の購入に伴う一定規模以上のリフォーム工事 など•

次の

【2019年度版】次世代住宅ポイント制度をうまく活用する方法【随時更新】

次 世代 エコ ポイント

金額は10万円、20万円、30万円の3段階あり、所得が少ない人ほど沢山もらえます。 その諸条件が変更され、消費増税に時期を合わせて復活したのです。 「環境」、「安全・安心」、「健康長寿・高齢者対応」、「子育て支援、働き方改革」に資する住宅の新築・購入・リフォームを行った場合に、ポイント( 1ポイント1円相当)が発行されます。 新築や購入の場合には30~35万ポイント、リフォームの場合には30~60万ポイントが付与されることとなっています。 すまい給付金や次世代住宅ポイントは『一時所得』 50万円まで引くことができるので、計算結果は0になる 「収入金額」は、受給額の合計である40万円です。 「収入金額得るために支出した金額」は、支給申請書の郵送費用とか、申請に必要な書類の取得費用などが考えられますが、計算を簡単にするために0円とします。 50万円を引いたら、1円も残りませんよね。 ですから一時所得は0円、税金はかからないし確定申告の必要もありません。 やったね! 確定申告が必要なパターン すまい給付金の受給額と次世代住宅ポイントの利用額の合計が50万円以下であれば、確定申告が必要であることは確認できました。 それでは、確定申告が必要になるのはどんな場合でしょうか? 以下、2つのパターンをご紹介いたします。

次の