競艇 勝ち組。 競艇(ボートレース)の勝ち方やコツを紹介!必勝法はあるのか?

【競艇勝ち組への道Part2】出走表を見て自信があるレースだけ賭けよう!|競艇で勝てない人の特徴まとめ|予想が当たらない時の5つのチェックポイント

競艇 勝ち組

「的中せず、負けが続いている」• 「的中しても、収支が赤字 になってしまう」 など、予想が当たらないのでなんとかしたい競艇初心者もいるでしょう。 このとき当たりやすい単勝や複勝を選びがちですが、それでは稼ぐことは難しいです。 競艇でより高い配当金を得るためには、 三連単が最適です。 そこで 今回の記事では、三連単で勝てる必勝法をご紹介します。 この記事を読むと、三連単でも的中率を上げられ、回収率も高くなるでしょう。 三連単の平均配当や的中率は? まず、7種類それぞれの舟券の平均配当金と的中率について、下の表にまとめました。 舟券は、 的中が簡単なほど低く、的中が難しいほど高くなっていることが分かります。 よって、競艇で勝つには 平均配当金が高い「三連単」を購入することが良いと言えますね。 競艇三連単の高額配当ランキング! 競艇における三連単の高配当ランキングをご紹介します。 歴代の高配当ベスト10を見ると、次のような結果になっています。 そして、 歴代トップ10を見ると次の5つの特徴があることが分かりますね。 すべて一般戦• 6号艇1着の三連単が多い• 1号艇は舟券に絡んでいない• 1コースの1着率が高い競艇場が多い• 第1レース~第6レースが多くなっている つまり高額配当金は、「鉄板レースが荒れたレース展開に変わったときに出る」と考えましょう。 最も高い三連単配当金額は、2011年5月22日の徳山競艇場第2レースで出た 「681,760円」。 このときのレースは、1着4枠の決まり手が「恵まれ」とあまり見られない決まり手でした。 また、6艇中2艇はフライングによる失格。 さらに1艇は転覆したので、ゴールしたのは半分の3艇でした。 その結果、高額配当金が誕生したと言えますね。 注意!配当金には上限がある 高額な配当金が期待できる競艇ですが、配当金には上限が設けられているので注意しましょう。 競艇を運営する国土交通省が 「配当金は2,000万円まで」と設定しています。 配当金は、「モーターボート競走法」という法律で限度額を決めているからですね。 たとえば、過去最高払戻金の「682,760円」の舟券を3,000円分購入する場合、配当金は「20,482,800円」になります。 しかし、2000万円の上限があるので、実際に受け取れる金額は2,000万円。 残りの約48万円は、運営する競艇場側が持っていってしまいます。 つまり、 競艇は2000万以上稼いでも、配当金を全額受け取れません。 買い目点数を絞りづらく「トリガミ」になる可能性が高い• 買い目点数が少な過ぎると的中させることが難しい 以上の理由が挙げられます。 たとえば、三連単をボックス買いすると次のようになります。 2艇ボックス 2通り 3艇ボックス 6通り 4艇ボックス 24通り 5艇ボックス 60通り 6艇ボックス 120通り 4艇ボックスを購入する際、24通りもあるので無駄な組み合わせが多くなります。 また、三連単のおすすめ点数は6〜10点なので、4艇ボックス以上は合わないことが分かりますね。 一方、3艇ボックスは買い目点数を絞れていますが、的中率を下げてしまうことになります。 そのため、自分で着順を予想して買い目を調整できるフォーメーション買いが最もおすすめです。 競艇の三連単と三連複。 勝ち組の戦略はどっち? 舟券には、三連単の他にも「三連複」という種類があります。 三連複とは、1着、2着、3着の艇を順位関係無く当てる買い方。 そして、払戻金重視の穴舟券は、2点購入しましょう。 穴舟券は、荒れたレース展開になりそうなときに買うべき舟券。 買い過ぎると外れる確率も高くなってしまうので、2点までに留めることをおすすめします。 最後に、的中率とオッズのバランスを重要視した舟券を入れるだけで、大損をすることが避けられます。 競艇三連単では買い目点数を絞るべし!蛭子買いだと勝てない! 三連単で買い目点数を絞る理由は、多く買ってしまうとトリガミ(当たってもマイナス収支)になりやすいことに加え、回収率が低くなる傾向にあるため。 例えば、三連単全120通りをすべて購入したとすると次のようになります。 つまり、全買いをしても無駄な買い目点数まで購入することになります。 反対に、買い目点数を絞ると大きく稼ぐことができると言えますね。 蛭子買いとは? 「蛭子買い(えびすがい)」とは、 ある法則に従って三連単ボックスを買う方法。 競艇好きの漫画家、蛭子能収(えびすよしかず)さんが提唱する買い方です。 蛭子買いで購入する際は 蛭子さんのギャンブル生涯収支は、マイナス1億円以上にのぼっているそうです。 競艇のオッズ買いとは?買い目点数を絞るための勝ちパターン 競艇には、「オッズ買い」という買い方が存在します。 オッズ買いとは、 出走表や直前情報などを見ずに、オッズだけを見て舟券を購入する戦略の一つです。 しかし、オッズ買いはおすすめできない買い方です。 なぜなら、 オッズは舟券の売り上げによって変化するため、レース直前まで変わり続けます。 早めに舟券を買ってしまうと、レース開始直前には思っていたオッズと変化する場合もあるので気をつけましょう。 しかし、各会場のレースごとで「舟券が売れた合計金額」を100%とすると、競艇場側の取り分が「25%」となり、舟券を買った人に払い戻される割合は「75%」になります。 この舟券売上合計額の75%の中で 人気順に競艇のオッズを決めているので、計算する際は注意しましょう。 舟券の売れた合計金額 オッズ 1号艇 10,000円 1. 5 2号艇 5,000円 3. 0 3号艇 3,000円 5. 0 4号艇 1,500円 10. 0 5号艇 400円 37. 5 6号艇 100円 150. 0 単勝で計算した上の表を参考にすると、このレースの単勝総売上額は「20,000円」。 25%の「5,000円」が競艇場側の取り分となり、75%の「15,000円」が配当金になりますね。 そして、人気が高いSGやG1レースは注目度も高くなるので、1レースに賭けられる合計金額が大きくなります。 そのため、人気が低い組み合わせで着順が決まるとオッズは高くなり、高配当も期待できるでしょう。 競艇でプロの買い方を知るなら競艇予想サイト!ただ悪質サイトに注意 競艇でより高配当を狙うために、競艇予想サイトを活用することができます。 競艇予想サイトは、 競艇予想のプロや競艇の情報屋が厳選した稼ぎやすい買い目を知れるサイトを指します。 競艇予想サイトを使うメリットは、次の3つが挙げられます。

次の

競艇予想は一点買いでは絶対に勝てない!?競艇で勝ち組になる舟券の買い方!

競艇 勝ち組

ボートレースは6艇で争う• 1周600mを3周する計1,800mの競技• フライングスタート方式を採用している• 舟券は競艇場内外で購入ができる• 払戻金:舟券の売り上げから競艇場の取り分を引いた金額• オッズ:舟券が的中した際に購入した金額の何倍をゲットできるのかを表した倍率• 決まり手は全6種類 そして、競艇予想の際に必要になるのは 舟券です。 舟券とはレースの着順を予想して購入し、的中した時に払戻金を手に入れるための券。 全7種類あります。 単勝 1着になる艇を当てる 複勝 2着までに入る艇を当てる 二連単 1着、2着の組み合わせを着順通りに当てる 二連複 1、2着の艇を当てる 三連単 1着、2着、3着の組み合わせを着順通りに当てる 三連複 1、2、3着の艇を当てる 拡連複 1〜3着までの2艇を当てる レース展開や選手の調子、モーターの良し悪しを考えながら舟券を購入できると、的中率が上がるでしょう。 競艇ブログとは、 競艇に関して役立つ情報を発信しているブログを指します。 具体的なブログ内容は、次の通り。 長年運営されているブログが信頼できる• 良い内容だけではなく辛口コメントも書かれている方が信頼できる• 自力予想や競艇予想サイト活用についても詳しく書いてある 以上の点を押さえたブログを活用するようにしましょう。 また、競艇ブログはインターネットで検索すると数多くヒットするので、選ぶのが難しいと思う人もいるかもしれません。 今回の記事でおすすめする競艇ブログは、「」。 1ヶ月間の読者数が5万人を突破しているので、多くの競艇ファンが利用していることが分かります。 自分が活用しやすいと思う競艇ブログを見つけて、予想の際に利用してくださいね。 競艇本を活用するメリットは、次の5つが挙げられます。 〜勉強に本を使うメリット〜• 比較的安価で勉強ができる:およそ1,500円前後• 専門性がある内容から勉強ができる:予想サイトや競艇ブログなどは内容によっては軽くしか触れていないこともある• 情報に信ぴょう性がある:知識や予想実績がある人などが執筆していることが多い• 自分で調べたこと、勉強中に考えたことを本に直接書き込める:知識を1冊に詰め込むことができる• 競艇場に持っていくことができる:小さいサイズの本だと邪魔にならない 以上のことから、本を活用すると効果的に競艇に関して勉強することが可能と言えますね。 効率良く勉強を行うためにも、3つの選ぶポイントを押さえた本を選ぶと良いでしょう。 〜おすすめ本3冊まとめ〜• 『舟券を獲る最強の教科書』• 『ボートレース24場完全攻略ガイド-全国ボートレース勝ち歩き-』• 『競艇選手心理の読み方 名人・善さんの競艇人生と歴戦の体験から読み解く舟券』 選ぶポイントをしっかり抑え、一度中身を確認してから購入することをおすすめします。 もし、 どの本にしようか迷う場合は競艇予想の上級者がおすすめする本を購入しても良いですね。 フォーメーションとは 1着、2着、3着それぞれに艇を選び、そのすべての組み合わせの舟券を購入する方法。 たとえば、3連単上位2着を1号艇、2号艇、3着の相手を3号艇、4号艇にした場合• インターネット投票• 専用のマークシートを使うと記入の時間を短縮できますし、予想に集中しやすくなるでしょう。 テレボートは、電話やインターネットから舟券を購入できるサービスの総称。 パソコンやスマートフォンから買うことができるので、会社員の方は休日や仕事終わりでも活用できますね。 買い目点数を絞って勝つ方法とは? 競艇で勝つためには、舟券の買い目点数を絞ることを重視します。 買い目点数が多過ぎると、的中してもマイナス収支になる「トリガミ」のリスクが高くなってしまうためです。 三連単の払戻金は、堅いレースで1,000円~2,000円、荒れたレースだと5,000円以上の金額になります。 しかし三連単は全120通りなのですべて購入すると、仮に1枚100円で購入したとしても12,000円。 これでは、的中してもマイナス収支にしかなりません。 そのため 三連単では買い目点数を8点までに絞り、的中率と回収率のバランスを丁度良くしましょう。 買い目点数を絞るために、3つの舟券を組み合わせましょう。 的中率重視の「鉄板舟券」の買い目:5点まで• 回収率を高くしたい「穴舟券」の買い目:2点まで• 的中率とオッズのバランスが良い舟券:1点。 最大3点 まず鉄板舟券を購入し、確実に払戻金がゲットできる道を作ります。 穴を狙いたいときは3点まで絞っても良いでしょう。 次により多く稼ぐために、穴舟券を2点まで購入します。 穴舟券の方が多過ぎると外れたときのリスクが高いので注意が必要です。 最後に大損することを防ぐため、的中率とオッズのバランスが良い舟券でまとめるようにします。 3つの舟券をうまく組み合わせ、合計買い目点数が8点になると的中率と回収率が高くなるでしょう。 予想レベルを、初心者・中級者・上級者に分けた際のおすすめの舟券は次の通りです。 競艇予想を始めたばかりの初心者:単勝• ルールや基礎知識をある程度理解した中級者:二連単• 予想回数が多い上級者:三連単 まずは単勝で予想の仕方を学んだ後、たくさん予想し舟券を購入しましょう。 そして実績を積み上げると三連単でも稼ぐことができるでしょう。 各舟券の「平均払戻金」「的中率」「おすすめの買い目点数」 各舟券の「平均払戻金」「的中率」「おすすめの買い目点数」を表にまとめました。 一方、単勝や複勝は的中率が高いですが、平均払戻金が低くなっています。 しかし、 平均払戻金はレースが大荒れしたときの払戻金によって引き上げられていることも。 たとえ単勝の平均払戻金が500円だからと、5点購入しても良いわけではないので気をつけましょう。 単勝は、初めて舟券を購入する際に買い方やオッズの仕組みを理解するために活用できる舟券です。 単勝の特徴は? 単勝は、舟券の中でも特にオッズが変動しやすく、大勝利には向いていないと言われています。 単勝は売り上げが少ないですし、一人も購入者がいないことも。 よって、オッズが下がり2レースに1回的中するだけではマイナス収支になる可能性もあります。 しかし、 全国の競艇場で1号艇が1着になる確率は平均で4~5割ほどあるため、初心者でも的中させやすい舟券です。 単勝で勝つコツは? 単勝で勝つために、2つのコツをご紹介します。 一通りの舟券を買う:買い目点数を増やし過ぎると、ほとんどの場合がトリガミになる• 1レース毎に買う舟券を変えることはしない:トータルの回収率を上げることを重視 競艇は、1コースが最も勝ちやすい競技です。 ほぼ横一直線でスタートしてコースを周回するので、一番内側の1コースは走行距離が最も少ないためです。 また、1号艇が1コースからスタートする確率は約95%。 1号艇=1コースになる確率が高くなっています。 そのため 単勝を買う際は、「1号艇が1コース」を選択しましょう。 そして、舟券毎におすすめの買い目点数や購入金額、予想する艇などが変わるため、予想方法も違ってきます。 そこで、「単勝が外れたから次は二連単」「もっと稼ぎたいから、予想は難しいけど三連単に挑戦」などとコロコロ舟券を変えるのはリスクが高いです。 勝ち方を知らない競艇初心者は負けやすく、予想の技術が向上しないままになってしまいます。 そのため 競艇初心者の人は、高配当よりもまずは的中率を上げることを目標にすると良いでしょう。 実際の購入方法は? 「二連単」とは、1着、2着の組み合わせを、着順通りに当てる方法です。 仮に、二連単「2-4」を買った場合、2号艇が1着・4号艇が2着となります。 つまり、複勝のように「4号艇が1着・2号艇が2着」と順番が反転すると当たったことにはなりません。 当てることが少々難しいので、予想に少し慣れ始めた中級者向けと言えます。 二連単で勝つコツは? 二連単で勝つために、2つのコツをご紹介します。 となります。 この方法だと買い目点数を3点に絞ることもできているので、オッズの低下を防ぐことにもつながりますね。 各選手の実力差、レース展開、競艇場の特徴などを出走表や直前情報から細かく読み取って予想を立てないと当てづらい三連単。 そのため、予想に慣れていない競艇初心者には難しい買い方と言えます。 実際の購入方法は? 「三連単」とは1着、2着、3着の組み合わせを、着順通りに当てる賭け方です。 つまり、三連複のように「着順が違っても艇は合っていれば当たっている」ことにはならない買い方です。 そのため、競艇予想の上級者に適した舟券と言えるでしょう。 三連単で勝つコツは? 三連単で勝つためのコツを3つご紹介します。 三連単4艇ボックスで24通りの舟券=「1256ボックス」• 三連単3艇ボックスで2つ合わせて12通りの舟券=「235ボックス」、「245ボックス」 以上の計3つを同時に買うことです。 三連単のボックス買いとは、3艇~4艇に絞り込んだ艇が1着~3着のどこにきても的中する買い方。 そのため 蛭子買いでは買い目点数が合計36点になってしまいます。 つまり、三連単が3レースに1レースは的中することになりますね。 的中率が高く穴舟券が狙いやすいですが、トリガミも多くなります。 そして1レースにかかる舟券代も高くついてしまうので、結果マイナスになってしまう可能性があります。 そのため、三連単では買い目点数を絞って購入する方が回収率は高くなるでしょう。 それぞれの特徴は、次の通りです。 水質:海水、淡水、汽水の3つに分類• 干満の差:満潮の時間は水面が不安定になり、インコースが不利になる• 波の高さ:波の高さが5cm以上になるとレースに影響が生じる• 風の強さ:向かい風=アウトコース有利、追い風=インコース有利• 水面の広さ:水面が広いと走りやすい 競艇予想の際は、競艇水面の特徴を把握しながら予想を立てると的中率がさらにアップします。 しかし競艇場の水面は、 天候や競艇場の作りなどで競艇場毎に異なっています。 そのため5つの特徴を競艇場ごとに押さえておくと、予想が立てやすいですね。 そこで全24ヶ所の競艇場の水面の特徴を表にまとめました。 競艇場 水質 干満の差 波の高さ 風の強さ 水面の高さ 桐生 淡水 なし 普通 普通 普通 戸田 淡水 なし とても低い 弱い 狭い 江戸川 汽水 あり とても高い 強い 狭い 平和島 海水 あり 高い 強い 普通 多摩川 淡水 なし 普通 普通 広い 浜名湖 汽水 あり 普通 強い 広い 蒲郡 汽水 なし 低い 普通 普通 常滑 海水 なし 低い 強い 広い 津 汽水 なし 普通 普通 普通 三国 淡水 なし 普通 強い 普通 びわこ 淡水 なし 普通 普通 広い 住之江 淡水 なし 低い 弱い 狭い 尼崎 淡水 なし とても低い 普通 普通 鳴門 海水 あり 普通 普通 狭い 丸亀 海水 あり 普通 普通 狭い 児島 海水 あり 普通 普通 普通 宮島 海水 あり 普通 普通 普通 徳山 海水 あり 高い 普通 広い 下関 海水 あり 高い 普通 広い 若松 海水 あり 高い 強い 狭い 芦屋 淡水 なし 高い 強い 普通 福岡 汽水 あり 高い 強い 広い 唐津 淡水 なし 高い 強い 狭い 大村 海水 あり 普通 強い 普通 上の表から• ここから、全競艇場を静水面と難水面に分けてみましょう。 静水面の競艇場一覧:全10ヶ所 競艇場 予想のしやすさ 払戻金の金額 インの強さ 多摩川 難しい 普通 普通 浜名湖 難しい 普通 弱い 蒲郡 普通 普通 普通 常滑 普通 高い 普通 住之江 簡単 安い 強い 尼崎 簡単 安い 普通 徳山 簡単 普通 強い 下関 普通 普通 強い 若松 普通 安い 強い 唐津 簡単 安い 普通 静水面の競艇場は、インコースが強いのでレースの予想が簡単だと分かります。 そのため舟券の人気が集中しやすく、払戻金が安くなりがちです。 難水面の競艇場一覧:全14ヶ所 競艇場 予想のしやすさ 払戻金の金額 インの強さ 桐生 普通 安い 普通 戸田 難しい 高い 弱い 江戸川 難しい 高い 弱い 平和島 難しい 高い 弱い 津 簡単 安い 強い 三国 普通 普通 普通 びわこ 難しい 普通 弱い 鳴門 難しい 高い 弱い 丸亀 普通 普通 普通 児島 普通 普通 普通 宮島 普通 普通 普通 芦屋 簡単 高い 強い 福岡 普通 普通 弱い 大村 簡単 安い 強い 難水面の競艇場は、インコースが弱い競艇場が多いことが分かります。 そのため、予想が難しく勝ちづらいと言えます。 ですが払戻金が高い競艇場が多いので、穴舟券が出ると高配当が期待できるでしょう。 「出走表」とは、各レースに出走するメンバー一覧表。 レーサーの基礎的な情報から過去成績なども掲載されています。 そのため、出走表をうまく活用することで競艇で勝つことができるわけですね。 出走表には、次の7つが記載されています。 級別 強い選手から順番に、A1級、A2級、B1級、B2級 支部 選手が所属する競艇場 開催地の地域と支部が近い場合はホームレース場と言える 年齢 30歳以下=若手選手、45歳以上=ベテラン選手 体重 最低体重は男子=51. 0kg、女子=47. 0kg フライング数 平均スタートタイミング 数値が小さい選手ほどスタート感が優れ、好スタートを決められると言える 勝率 選手の強さを見るための数値で、レースの着順点によって決められる 2連率・3連率 選手の強さや着順傾向を見ることができる 予想をする上ではとても重要なデータがすべて記載されているので、競艇予想の際は有効活用できるアイテムです。 「現在勝率」を確認する:選手の今のコンディションを知ることができる• 「当地勝率」を確認する:選手の競艇場との相性が確認できる• 「今節成績」で選手の調子を確認する:1コースのときに1着ではない場合、他のコースでも活躍は難しい 特に選手の勝率は、選手の強さを見るための数値なので重要です。 勝率はレースの着順点によって決められ、数値が大きい選手ほど強いと捉えましょう。 勝率の数値から、次のように選手の実力を分けることができます。 勝率8. 00以上 超一流 勝率7. 00~8. 00 一流 勝率6. 00~7. 00 そこそこ強い 勝率5. 00~6. 00 中堅 勝率4. 00~5. 00 少し実力不足 勝率3. 00~4. 00 実力不足 勝率3. 00以下 ほとんど舟券に絡まない 勝率8. 00以上の選手は、2019年後期では7人のみなので舟券に絡めると的中率は上がるでしょう。 「現在勝率」は予想の際に最も重要 勝率の中でも「現在勝率」は、予想の際に最も必要な要素。 現在勝率は直近の節の成績まで数値に反映され、選手の「現在の実力」に一番近い数値を示しています。 また 当地勝率は、レースが開催されている地元の水面に慣れているかが確認できます。 先述した通り、競艇水面は各競艇場によって特徴が異なります。 たとえ実力のある選手でも、苦手な競艇場でのレースの場合だと真の実力を発揮できないことも。 そのため当地勝率を確認し、競艇場の特徴を押さえておくと、より的中率が高くなりますね。 そして、今節成績は当該レースの開催期間中の成績を示しています。 ここから選手と競艇場の相性やモーターの良し悪しが確認できるので、併せて確認しておきましょう。 まとめ:勝つためには競艇について勉強することが大切 今回は、「競艇の勝ち方と必勝法、勝ち組になるためのコツ」をご紹介しました。 〜競艇で勝ち組になるためのコツ〜• 競艇の勝ち方は競艇ブログから学ぶことができる:「予想オヤジの辛口評価ナビ」がおすすめ• 競艇を勉強する最もおすすめの方法は「本」を活用すること• 競艇の三連単をフォーメーションで買う:買い目点数を8点に絞ることが最適• 舟券は自分の予想レベルに合わせて買う種類を変える:「単勝」「二連単」「三連単」の順がおすすめ• 競艇予想で勝ちやすい水面は静水面• 出走表は競艇予想には欠かせない情報がたくさん詰まっている 競艇予想を行う際は、「もしかしたら当たるかも」など曖昧のままに舟券を購入しても勝つことはできません。 勝つためには、勝つ方法を知り実践することが大切です。 そのためにも、 競艇ブログや競艇本を使って競艇の基礎知識・ルールをまずはしっかり身につけましょう。 そして、実際に競艇場の特徴や出走表からレース展開を予測し、買い目点数を絞った舟券を購入してください。 的中率がアップし、高配当になりやすいでしょう。

次の

競艇で90%以上の人間が勝てない7つの理由

競艇 勝ち組

競艇1点勝負100%勝ち組になるための買い方 競艇予想師トミー ダウンロード:31200円 販売開始:2018年8月30日 競艇予想師トミーさんによる、 タイトル通り100%勝ち組になるための投資マニュアル。 トミーさんは、2018年2月から 競艇三連単4点完全投資というメルマガと予想記事をスタート。 配信では3連単の4点勝負3レース配信で、的中で勝ち逃げのスタイル。 トミーさんの競艇スタイルは投資。 万舟など穴配当を狙うのではなく、 勝てるレースをコツコツ狙う。 不的中が続いても焦ることなく勝てるレースが来るのを待つ。 そんなスタイルで長期間、勝ち組競艇師として名を馳せています。 商品はマニュアルで勝つ方法、レースの選択法などが記されています。 とはいえ、その日のプログラムや出走メンバー、 風、天候によってレース展開が左右されるため 買い目に関してはなかなか初心者が簡単に選択できないもの。 そこでマニュアル購入者には、 トミーの買い目が特典としてついてきます。 特典はブログ(PW登録で閲覧可能)で連日配信。 勝負レースがブログで配信され、買い目はマニュアルに従い1点勝負。 的中までの購入スタイルはマニュアル通りの緩い追い上げ。 緩い追い上げです。 2倍3倍と買い目が増えすぎてパンクの可能性が高い追い上げではなく、 利益追求とリスクを考えた追い上げ法。 その方法で配信がスタートし 5万円の資金から始まり投資25日目でプラス62090円まで投資金額が増えてきました。 そんなもんか、、、と思う人もいるでしょうが コツコツ増やす、無理しない形で確実に金額が増える。 そしてその先には徐々に利益金額も増えてきます。 販売サイトで書かれている複利パターンでいうと、 50日目 5万円 75日目 10万円 105日目 20万円 124日目 30万円 150日目 50万円 200日目 100万円 300日目 200万円 365日目 265万円 500日目 400万円 365日ということは1年。 約1年で5万円の資金が265万円に膨れるというのが 競艇1点勝負100%勝ち組になるための買い方です。 本当???と思っている方も多いでしょうし、ほとんどの方が疑うでしょうが、 先ほども書きましたすでにスタートしてる投資法では 5万円の資金から始まり投資25日目でプラス62090円まで投資金額が増えてきました。 上記の流れでは50日目で65万円プラスに到達のはずでしたが なんと25日。 その半分の日付でとっくに5万円以上のプラスを出しています。 もちろん今後勝ったり負けたりで利益が多少減ったりのケースもあるでしょうが、 それにしても順調です。 50日目 5万円 75日目 10万円 105日目 20万円 124日目 30万円 150日目 50万円 200日目 100万円 300日目 200万円 365日目 265万円 500日目 400万円 最初の資金は5万円。 1レース1000円からのスタートで着実に増える競艇法。 ここに公開中です。

次の