うたこん アナウンサー。 NHK和久田&桑子アナ「朝晩入れ替え」 プラスになるか、マイナスになるか?: J

小郷知子

うたこん アナウンサー

「うたコン」は2016年4月12日から放送開始されたNHKの音楽番組。 「NHK歌謡コンサート」や「MUSIC JAPAN」といった音楽番組を統合・再編して誕生した番組である。 そもそも視聴ターゲットの年齢層が違うふたつの番組が統合されているので、演歌やJ-POPなどをトータルに扱う番組に生まれ変わっている。 多彩なジャンルの音楽が生放送で届けられる、というのがウリのひとつである。 司会はテレビ朝日系「アタック25」の司会でお馴染みの俳優・谷原章介。 女性司会は代々NHKの女子アナが担当しており、2020年4月度より片山千恵子アナの後任として赤木野々花アナが担当している。 この記事では「うたコン」の主な出演者情報をまとめて掲載する。 ジャパン・ミュージックエンターテインメント所属の俳優 1972年7月8日生まれ、神奈川県横浜市出身の48歳 身長183cm、血液型はA型 「メンズノンノ」専属モデルなどモデル活動を経て1995年に映画「花より男子」で俳優デビュー 代表作には「警部補・杉山真太郎」や「ドクター調査班」「半分、青い。 」などが挙げられる 一方でテレビ司会者としても活躍しており、TBS「王様のブランチ」で長らく司会を務めていた 現在はABC朝日放送制作のクイズ番組「パネルクイズ アタック25」やNHK「うたコン」の司会者として定着している NHK「うたコン」の司会者として番組開始当初の2016年4月12日より出演を行っている 「日曜討論」はNHK総合、及びNHKラジオ第1で放送されている政治討論番組である。 1957年10月から開始されていた政治・経済に関する複数の討論・座談会番組を1994年頃に統合、ひとつにまとめたのが現在の「日曜討論」となっている。 番組の司会にはNHKの解説委員と女子アナが計2名で担当。 その他、テーマに沿ったゲストが複数名出演するが、放送内容によっては総理大臣や政界の重鎮も登場することがある。 基本的には国内政治がテーマの際に各政党の大物政治家、外交や経済がテーマの際には学者・ジャーナリストなど専門家がゲストに招かれるケースが多い。 この記事では「日曜討論」に出演するキャスターの情報を中心にまとめている。 「ブラタモリ」は2008年のパイロット版を経て2009年10月から放送開始された紀行番組。 現在は第4シリーズが放送されており、各シリーズの間には一定の間隔が開いている。 多趣味で知られるタモリがブラブラと街を歩きながら街の歴史や人の生活などに触れる、今主流の「街ブラ」の先駆けと言える。 第3シーズンまでは東京近郊が多かった。 しかし第4シーズンからはタモリが長年勤めたフジテレビ「笑っていいとも!」の終了に伴い地方ロケが可能となり大々的に宣伝、4シーズン目の放送が開始されている。 タモリと共に出演するのはNHKの若手女子アナ。 若手が起用されるのは番組プロデューサーからの「不慣れで素人っぽいフレッシュ」という要望からと言われている。 2020年4月度より林田理沙アナに代わって浅野里香アナが新アシスタントに就任した。 この記事では「ブラタモリ」の主要な出演者に関する情報を中心にまとめた。 「GO!GO!チャギントン」は擬人化した列車が登場するCGアニメーション番組。 イギリスで放送されているものが世界各地で放送されており、日本では2009年7月から開始された。 地上波で放送されている「GO! チャギントン」では番組のナビゲーターとしてタレント・つるの剛士とフジテレビの女子アナがオープニングとエンディングに登場する。 放送時間は日曜日早朝の15分間と短いが、特に出演するナビゲーターの女子アナに注目が集まりやすく、新キャスト就任の際には必ずネットニュースとなる。 2019年5月12日より7代目の女性ナビゲーターが新規加入。 番組初のW女子アナがキャスティングされており、これまで以上に注目を集めている。 この記事では「GO!GO!チャギントン」の出演者情報をまとめた。 「マツコ&有吉 かりそめ天国」は2017年3月まで放送された「マツコ&有吉の怒り新党」の終了に伴い同年4月からスタートのテレビ朝日・深夜バラエティ番組。 前番組が「怒り」をテーマにしていたのに対し、「かりそめ天国」ではテーマを限らず「ちょっと聞いてよ」という二人に聞いて欲しい話を視聴者から募集。 「怒り」だけでなく「笑い」「驚き」「感動」など何でもOKで、その話題にマツコ&有吉がトークを展開していく。 大きく見れば「怒り新党」と同じ流れの番組で、取り扱うテーマの幅が広がったことになる。 2019年9月までは深夜放送だったが、同年10月より金曜ゴールデンタイムに進出した。 この記事では「マツコ&有吉 かりそめ天国」に出演するタレント・アナウンサーについての情報をまとめた。 「くりぃむクイズ ミラクル9」はテレビ朝日系列で放送される2チームによる対戦型のクイズ番組。 9対9のチーム対抗戦でクイズの勝敗を競う、お笑いコンビ「くりぃむしちゅー」の冠番組である。 出演者は「有田ナイン」と「ゲストナイン」に分かれる。 上田晋也が司会、有田哲平が「有田チーム」のキャプテン、メインゲストが別チームのキャプテンを務め、それ以外のレギュラー&ゲスト出演者が「有田チーム」か「ゲストチーム」に所属。 番組の進行アシスタントはテレビ朝日の女子アナが担当する。 この記事では「ミラクル9」の司会・アシスタント・レギュラー出演者・ナレーターについての情報まとめている。 「おやすみ日本 眠いいね!」はNHKで月に1回放送されている生放送のバラエティ番組。 日本中の"眠れない声"に耳を傾けて、視聴者が安心して眠れるまで様々なトークや企画でとことん付き合うというコンセプト。 通常の生放送バラエティとは異なり「おやすみ日本 眠いいね!」は終了時間が未定。 視聴者は眠くなってきたら「眠いいね!」ボタンを押し、設定された一定回数のボタンが押されると放送が終了するという仕組みを採用している。 放送内容は出演者のトークから全国からの中継、音楽、「日本眠いい昔ばなし全集」など様々なコンテンツ・企画で構成される。 また、毎回2~3名のゲストが出演しており、概ね俳優かアーティストが登場している。 この記事では「おやすみ日本 眠いいね!」の司会者・アシスタントのNHK女子アナなど主要なレギュラー出演者の情報を中心にまとめている。

次の

NHK和久田&桑子アナ「朝晩入れ替え」 プラスになるか、マイナスになるか?: J

うたこん アナウンサー

2人は共に、紅白総合司会を経験済み 両名は共に、「おはよう日本」「ニュースウォッチ9」というNHKを代表するニュース番組を担当するエースアナウンサー。 さらに、桑子アナは2017年と2018年に、和久田アナは2019年に「NHK紅白歌合戦」で総合司会を務めているなど、相似性のあるキャリアを歩んでいると言えるだろう。 「同格」とも言える2人が担当番組を入れ替わるとあってツイッター上には「桑子さん、和久田さん、どちらも私がNHK見る時間帯の方だから!! とっても嬉し~」といった声があふれるなど、視聴者からの注目度は高い。 時に、ライバル関係にあるのではとも目される2人がお互いの番組へ異動するわけだが、ここで、今回の異動が2人にとって得なのか損なのか、分析してみよう。 まず、「おはよう日本」から「ニュースウォッチ9」に移る和久田アナについて考えてみよう。 和久田アナは、視聴者から「毎朝『おはよう日本』の素敵なアナウンス力で癒されています」といった声が上がることが多く、そのアナウンス力に魅了されている視聴者が多いアナウンサーだ。 このため、番組の異動によって生じる環境の変化にもすぐに対応できると考えられるため、異動がプラスに作用することはあれど、マイナスに作用することはないだろう。 「バラエティー路線に行った方が... 」 一方の桑子アナだが、和久田アナ同様根強い人気を誇っているものの、これまでに、アナウンスの技量について心許ないシーンがあったのも事実。 2018年の平昌オリンピックの開会式の中継では、番組ラストに「開会式」を「閉会式」と言い間違える一幕があったほか、2018年の紅白では、白組が勝利したにもかかわらず、「紅組に優勝旗が渡されます」とアナウンスしてしまうという痛恨のミスを犯してしまったことも大きな話題となった。 このため、番組の異動によって生じる環境の変化への対応力は、和久田アナほどのものは期待できないのではないだろうか。 加え、桑子アナといえば、昨年では「ニュースウォッチ9」で着ていた衣装について、非常に刺激的だとする声が上がるなど、時に、アナウンス力以外のことで話題になってしまうキャラクターでもある。 このため、今回の異動に関しては「和久田アナが夜、桑子アナが朝の異動が発表されたけど、桑子アナはバラエティー路線に行った方が良いと思います」と、必ずしも報道番組ばかりが桑子アナの居場所ではないのではないかと指摘する声も上がっているほどだ。 これらの材料を総合すると、今回の異動は、和久田アナにとってはマイナスに作用することはなさそうに見えるが、桑子アナにとっては、これまでの活躍が必ずしも続くとは限らない状況になることも考えられる。 桑子アナは3月30日の異動初日から、新たな一面を見せられるのだろうか。 (J-CASTニュース編集部 坂下朋永).

次の

共演アナと不倫&カーセックス発覚の人気NHKアナ、飛ばされ一生「地方局回り」か

うたこん アナウンサー

2人は共に、紅白総合司会を経験済み 両名は共に、「おはよう日本」「ニュースウォッチ9」というNHKを代表するニュース番組を担当するエースアナウンサー。 さらに、桑子アナは2017年と2018年に、和久田アナは2019年に「NHK紅白歌合戦」で総合司会を務めているなど、相似性のあるキャリアを歩んでいると言えるだろう。 「同格」とも言える2人が担当番組を入れ替わるとあってツイッター上には「桑子さん、和久田さん、どちらも私がNHK見る時間帯の方だから!! とっても嬉し~」といった声があふれるなど、視聴者からの注目度は高い。 時に、ライバル関係にあるのではとも目される2人がお互いの番組へ異動するわけだが、ここで、今回の異動が2人にとって得なのか損なのか、分析してみよう。 まず、「おはよう日本」から「ニュースウォッチ9」に移る和久田アナについて考えてみよう。 和久田アナは、視聴者から「毎朝『おはよう日本』の素敵なアナウンス力で癒されています」といった声が上がることが多く、そのアナウンス力に魅了されている視聴者が多いアナウンサーだ。 このため、番組の異動によって生じる環境の変化にもすぐに対応できると考えられるため、異動がプラスに作用することはあれど、マイナスに作用することはないだろう。 「バラエティー路線に行った方が... 」 一方の桑子アナだが、和久田アナ同様根強い人気を誇っているものの、これまでに、アナウンスの技量について心許ないシーンがあったのも事実。 2018年の平昌オリンピックの開会式の中継では、番組ラストに「開会式」を「閉会式」と言い間違える一幕があったほか、2018年の紅白では、白組が勝利したにもかかわらず、「紅組に優勝旗が渡されます」とアナウンスしてしまうという痛恨のミスを犯してしまったことも大きな話題となった。 このため、番組の異動によって生じる環境の変化への対応力は、和久田アナほどのものは期待できないのではないだろうか。 加え、桑子アナといえば、昨年では「ニュースウォッチ9」で着ていた衣装について、非常に刺激的だとする声が上がるなど、時に、アナウンス力以外のことで話題になってしまうキャラクターでもある。 このため、今回の異動に関しては「和久田アナが夜、桑子アナが朝の異動が発表されたけど、桑子アナはバラエティー路線に行った方が良いと思います」と、必ずしも報道番組ばかりが桑子アナの居場所ではないのではないかと指摘する声も上がっているほどだ。 これらの材料を総合すると、今回の異動は、和久田アナにとってはマイナスに作用することはなさそうに見えるが、桑子アナにとっては、これまでの活躍が必ずしも続くとは限らない状況になることも考えられる。 桑子アナは3月30日の異動初日から、新たな一面を見せられるのだろうか。 (J-CASTニュース編集部 坂下朋永).

次の