パグとブルドッグの違い。 ブルドッグとパグとの違いとは。外見も性格も違う別犬種

パグ ブルドッグ フレンチブルドッグ ボストンテリアの違いについて

パグとブルドッグの違い

Contents• フレンチブルドッグってどんな犬? 犬種としての歴史 「フレンチ」と名前がつく通り、フレンチブルドッグは フランスで作出された愛玩犬の1種です! 元々はブルドッグと同じ祖先をたどり、19世紀末にパリの市場の労働者階級で飼育されていましたが、特徴的な見た目と明るい性格が上流階級の人にも愛され、急速に人気が高まっていたとされています! フレンチブルドッグのスタンダードが確立され、フランスのケネル・クラブに登録されたのは1898年という、日本での人気の高まりが最近であるのに比べ、意外と長い歴史を持つ犬種です。 見た目の特徴 フレンチブルドッグは ずんぐりとしたガニ股・樽型体型が特徴的な、立ち耳のわんちゃんです! 筋肉質なタイプなので、オスであればそのがっしりとした体型をより感じる犬種でもあります。 また、通常の鼻が長い犬種に比べて、顔幅が広く前後に短い 短頭種! 毛は短毛で、カラーバリエーションがとても豊富な犬種です。 また、 勇敢な一面もあり、家族や自分の大切なものを守る気概も持っています! 運動量自体はさほど多くなく、明るい性格が家族の間で笑いをもたらす良い家庭犬となってくれる犬種です! パグってどんな犬? 犬種としての歴史 パグは古い歴史を持ち、 紀元前400年の中国にはすでに存在が確認されていたとされる犬種です! 名前の由来や小型化された経緯など、詳しい歴史が謎に包まれている点も多く、国によって名称を変えて「覇歌(パークー):中国」「モプスホンド:オランダ」などと呼ばれることもあります。 1500年代にはオランダに渡り、 ヨーロッパの王侯貴族にも愛された犬となりました! とりわけオランダでは王室の象徴にもなるほど人気が高まったようです! 見た目の特徴 パグもフレンチブルドッグと同じく 扁平な顔立ちをしています! がっしりとしたスクエアな体型ではありますが、成犬になっても体重は8㎏を超えることはほとんどない 小柄な犬種です。 また、肥満によって首周りに脂肪がつくと、呼吸の通り道がさらに狭くなって呼吸困難やいびきの悪化につながるため、肥満予防の食事管理はしっかり行ってあげましょう! 2.鼻のシワのお手入れは必須 顔にあるシワは溝が深く、そのまま放置してしまうと皮脂汚れがどんどん溜まり、 皮膚炎や臭いの原因になってしまいがちです! 飲水や水遊びの後も、シワの部分まで拭いてあげなければ溝に湿気が留まり続け、皮膚が荒れる原因となってしまいます。 1日に1回は、蒸しタオルや濡らしたコットンなどで優しく汚れを取った後、乾いた布やティッシュでよく水気を拭き取ってあげましょう! 3.顔が扁平な分目に傷がつきやすい フレンチブルドッグもパグも、横から見れば鼻から目までさほど距離がないのがよくわかりますね。 このような扁平な顔を持つ短頭種では、茂みに鼻を突っ込んだりした時に、 目まで異物による刺激を受けて傷を作りがちです! 特にパグの大きな丸い目は傷がつく面積が広いため、愛犬が目を掻いたり、布に顔を擦りつけるような仕草を頻繁に見せないかよく確認してあげてくださいね! 同じ短頭種でも異なる魅力を放つ2犬種との暮らしを楽しもう フレンチブルドッグとパグは、同じ鼻ぺちゃ犬でも 活発さや見た目に大きな違いがあります! 自分たち家族が犬とどんな暮らしをしたいか想像することによって、どちらの犬種がライフスタイルに合うのかもすぐにわかるでしょう! どちらの犬種も 性格が素直で、 飼い主さんの良いパートナーになってくれる犬種であることに変わりはありません。 短頭種の中でも違う魅力の持つ2犬種との暮らしを、ぜひ楽しんでみてくださいね! 以上、 「フレンチブルドッグとパグの違いって?見分け方のコツは?」でした! 本日もお読みいただきありがとうございました! カテゴリー• 261• 353• 299• 354• 135• 342•

次の

ブルドッグの性格や特徴、飼い方を解説!実はかなり温厚な性格?

パグとブルドッグの違い

「 」とは、 の で、元々は18世紀ごろイギリスで流行した「bullbaiting に噛みつく 」という見世物において、 と戦わせることを目的に開発された です。 による では2G に分類されます。 1835年にイギリスで 虐待法が施行されてそれらの見世物が禁止されてからは、 によって攻撃性を抜いた愛玩犬に改良されイギリスを象徴する国犬となります。 成犬で、 30~40cm、 25kg前後のものが一般的で、広い肩幅に大きい頭部、筋肉質でがっしりした体格、たるんだ 、ローズイヤーと呼ばれる巻いた耳、低い鼻と出っ張った下顎など特徴的な外観をしています。 は短毛で、毛色はクリーム、レッド、フォーン、ファローなどの が入ったパイド ぶち模様 のほか、これらの色のブリンドル 混色 や単色もあります。 「 」とは、 原産の 愛玩犬で、19世紀後半ごろフランスに持ち込まれた 「ブルドッグ」を異種交配して選抜し、小型で温和な性格の家庭犬へと された犬種です。 FCI 国際畜犬連盟 による犬種グループでは9G 愛玩犬 に分類されます。 成犬で、体高25~32cm、体重10kg前後のものが一般的で、 「ブルドッグ」と比較して小型であることのほか、バットイヤーと呼ばれる蝙蝠の羽のような丸く立った耳が大きな違いとして挙げられます。 体毛は短毛で、毛色はブラックをベースにしたブリンドル、クリーム、フォーン、レッドなどのパイドや単色もあります。 なお、 「フレンチブルドッグ」と明確に区別するために 「ブルドッグ」を、「イングリッシュブルドッグ」や「ブリティッシュブルドッグ」と呼ぶこともあります。 「ブルドッグ」…イギリス原産の中型愛玩犬 「フレンチブルドッグ」…ブルドッグを品種改良したフランス原産の小型愛玩犬 よく読まれている [ 違いは? 新着の [ 違いは? カテゴリー別 [ 違いは? 134• 131• 100• 441.

次の

フレンチブルドッグとパグのミックス犬☆フレンチパグって!?

パグとブルドッグの違い

ブルドッグの最大の特徴は何といっても「大きな頭」と「顔のシワ」で、またがっしりした骨と筋肉が力強く、外見はたくましさを醸し出しています。 また、ブルドッグの歩き方はとても独特で、歩き方は「 ローリング・ゲート」と言われており、体を振りリズムをとりながら歩きます。 一方、ブルドッグとよく似ていると言われている パグですが、ブルドッグの子犬と勘違いする人もいるぐらい雰囲気は確かに似ています。 しかし、種類は異なり、ブルドッグは 中型犬、パグは 小型犬です。 そこでここでは、ブルドッグの特徴を説明するとともに、 パグとの違いなどを含め詳しく解説します。 ブルドッグの基本データ• 原産国:イギリス• 体 重:約23㎏~26㎏ 理想はオスが約25㎏、メスは約20. 体 高:約31㎝~36㎝ かなり低め• 寿 命:平均9年前後• 被 毛:良質で短く皮膚に密着• 毛 色:単色はブリンドルか様々な色調のレッド、フォーンなど• 運 動:お散歩は1日2回 1回の目安時間20分 ブルドッグの特徴• 大きな頭はブルドッグらしさの特徴で頭囲は体高とほぼ同じ長さ• 顔のしわが多く垂れ下がった上唇が独特• 小さな耳が高い位置にあり皮膚は薄い• スレンダーな腰回り! 上から見ると肩幅が最も広く、腰回りは最も狭い• 護衛力は低く攻撃行動も全くないので「番犬」には不向き また、新しい環境に慣れるまでは、 かまいすぎに注意し優しく見守りましょう。 購入方法 ブルドッグを購入する方法はいくつかありますが、それぞれの メリットを説明します。 良い ペットショップとは? 店内に不快な臭いがしない• 子犬や子猫のケージの中が清潔でキレイ• 専門ブリーダーから購入する メリットとは? 子犬の生まれた場所や飼育環境が確認できる• 親犬も見れるので安心感がアップ• (但し子犬は稀で、多くは成犬です) ブルドッグを新しく家族に迎える際、そのブルドッグは子犬が多いと思われますが、 子犬の 選び方や 価格をご存知でしょうか。 子犬の価格• 子犬の平均価格は約42万円• 価格相場は約20万円~86万円 となっているようですが、ブリーダーやペットショップの購入先によっても価格は違います。 ブリーダーとペットショップの価格相場• ブリーダー:約30万円から50万円と高く、グレードによっては200万円になる• ペットショップ:平均価格は30万円前後で推移 また、ブルドッグの子犬の価格は、血統や毛色だけでなく模様、容姿、健康状態によって異なってきます。 子犬の選び方 選び方のポイントは、 容姿よりも性格が第一です。 容姿に一目惚れすることは、よくあることですが、容姿だけで選ぶことはあまりおすすめできません。 他の子犬たちとじゃれ合い遊ぶ 明るい性格の子、また呼びかけたら反応し寄ってくる 人懐っこい性格の子が理想です。 性格以外の 選び方は、• 両方の眼と耳が離れている方が良い• 鼻とまぶたは濃い色が良い• オーバーサイズになるためあまり頭の大きな子は避けましょう などがあります。 好奇心旺盛で活発に動き回り、気持ちよさそうに眠っている姿が元気の証です! ブルドッグを飼うにあたり、大きな注意点として 二つのポイントを紹介します。 暑さに弱いため室内飼いが最適 ブルドッグは 体温調節が苦手な犬種。 気温の変化に弱いので空調で調節できる室内での飼育が理想です。 特に高温多湿の日本では、飼い主によるしっかりとした体温調節が必須です。 また、ブルドッグのような足の短い犬種にとって大きすぎる 段差は天敵。 室内の高低差でも足腰に負担がかかってしまいますので、十分な注意が必要でしょう。 肥満になりやすいため運動は多めに ブルドッグは 運動嫌いの性格が強い犬種でもあります。 そのため子犬の頃から遊びを取り入れた運動をさせ、「 運動=楽しい」ということを教えておくのが大切です。 成犬になった後も10分~20分の短めの運動を複数回行うことで飽きさせない工夫が必要となります。 運動の際の注意点としては、激しい運動を長時間させないことと過度に興奮させないことです。 鼻の形状から 呼吸困難になりやすいため、呼吸が荒くなってしまうのを避ける必要があります。 ブルドッグは 頭のいい犬種である一方で 頑固な側面もあるので、しつけには メリハリと 根気が大切になっていきます。 褒めるときは褒め、叱るときにはしっかり叱るということを子犬の頃から徹底しましょう。 イメージは「主従関係」です。 飼い主がリーダーであるということを繰り返し認識させる必要があります。 トイレ ブルドッグは室内での飼育に向いていますが、そうするとトイレのしつけは必須事項。 ポイントは排泄のタイミングで トイレに誘導することです。 上手くできた場合には褒めることが必要で、反対に失敗してしまったときは何も言わないようにしましょう。 叱ってしまうと飼い主の見えないところで排泄するようになることもあります。 吠え癖 無駄吠えが少ないと言われるブルドッグ。 そのブルドッグが吠える場合、最も可能性が高いのは「要求吠え」で、おやつや食事などが欲しいために吠えるというものです。 一度でも答えてしまうと、さらに吠えるようになりますので、 吠えない状態がいいことなのだと、根気よく教えていく必要があります。 噛み癖 ブルドッグに限らず、犬という動物は噛む力が非常に強いので、噛みついて人間の骨を折ってしまうこともあります。 そのため、噛み癖を付けないよう子犬の頃からしっかりとしつけをする必要があります。 たとえ甘噛みであったたとしても、噛まれた時には「イタイ!」と大きな声でアピールし、 噛むことはいけないことなのだと、根気よく教えて言ってください。 大切な愛犬の寿命を延ばし、いつまでも健康で一緒にいられるよう切望する飼い主は少なくありません。 そのためにも ブルドッグの寿命と 発病しやすい病気について知っておきましょう。 ブルドッグの寿命について ブルドッグの 平均寿命は、 8歳から10歳とされていますが、すべての中型犬の平均は 13歳から14歳ですので、長寿の犬とは言えないようです。 しかしながら、健康に気遣って毎日の食事や体のメンテナンスをしっかり行っているブルドッグは、10歳を越しても元気に生活していますので、すべてのブルドッグが短命ではありません。 愛犬の寿命の長さは、 飼い主の愛情の深さと日頃の健康チェックが左右するようです。 ブルドッグがかかりやすい病気とは? ブルドッグは、予防接種で防げる伝染病や一般的な病気以外に、ブルドッグだからこそ発病しやすい特異的な病気がある犬種です。 注意したい病気• 暑さに非常に弱いので 熱中症• 顔のしわなど 皮膚病 以上のような病気だけでなく、ブルドッグは 遺伝的な病気もありますので、日頃から健康状態をチェックすることをおすすめします。 ブルドッグは他の犬種と比べると、 病気やケガのリスクが高いようです。 また、どのような犬でも年をとり高齢犬によくみられる 糖尿病や 歩行障害などの病気を発病する可能性があります。 ペットの治療費は思いのほか高額となり、家計に経済的な負担が生じますので、いざという場合を想定し、ペット保険に加入しておくべきです。 ペット保険は、愛犬の健康を守る 切り札であり、病気やケガに対する 備えとなります。 ペット保険によって補償内容が異なっていますので、 ブルドッグのかかりやすい病気やケガをしっかりおさえてペット保険を検討しましょう。 以下の記事ではブルドックが入れる保険について詳しく説明しているので、ぜひご一読ください。 今回の記事では、ブルドッグの性格や特徴についてまとめました。 整理すると、• ブルドッグの性格とルーツ:元闘犬でも性格は穏やか• ブルドッグを家庭に迎える方法:準備しておくといいもの• しつけには根気が必要:人懐こい一方で頑固さもある• メリハリがないと甘えが強くなってしまう:褒めるときは褒め、叱るときは叱る• ブルドッグの身体的特徴:体温調節が苦手で腰に負担がかかりやすい という内容になります。 素晴らしい犬種であるブルドッグと良い関係を育むために、性格や特徴を理解することはとても重要なことです。 特にしつけに関する項目では、生活する上でブルドッグと人間の双方にとって大事な性格上の特徴や身体的特性を整理しています。 飼い犬と飼い主というある種の上下関係があるとはいえ、大切な家族のことを十分に理解していただき、適切な飼育・しつけを行っていってください。 ほけんROOMでは、他にもお役に立つ生活に関係した記事が多数掲載されていますので、是非ご覧ください。

次の