ずっと忘れない smap。 SMAP ずっと忘れない 歌詞

SMAP 004

ずっと忘れない smap

一番大好きな曜日は月曜日。 それまでは月曜日って、「あ〜月曜日が来ちゃったな…」という日。 私が中学一年生の春に始まったスマスマ。 お陰でいまでは一番大好きな曜日になりました。 高校・大学・社会人と、生活が大きく変わっても、いつも変わらずそこにいてくれた。 「今日一日がんばったら、夜にはSMAPに会えるんだ」そんな風に、スマスマがあるから週のはじまりを前向きに過ごせた20年余りでした。 私たちの人生に、いつも愛と夢と希望をくれてありがとう。 SMAPに触れると、いつも心が優しくなれた。 今度は私たちがあなたたちに恩返しをしたい。 その為にもSMAPをこれからも変わらず大好きでいます。 あとたったの5,60年ですが、ずっと大好きです。 いつかまた、必ず揃って会いましょう。 スマスマスタッフの皆様、いつも丁寧な番組制作をありがとうございました。 こちらもいつかまた。 幼稚園の先生をしていた時は、子供たちのお遊戯会で、心の鏡やオリジナルスマイルを使ったり、結婚式でもSMAPの曲。 そして、1996年スマスマとともに生まれた我が子も、来月成人式を迎えます。 お腹にいる時から、ライブにいっていた筋金入りのSMAP大好き男子に成長して、受験生でも、ライブに親子でいってました。 グラッシーズ 草の気持ち から名前を取り、草汰にしました。 今は、大学生なので、離れて暮らしていますが、毎週月曜日になるとリアルタイムで、「今日のSライブいいね」とラインで、盛り上がるのが、習慣でした。 いろんなササエをしてくれたSMAP…スマスマ。 ココロのササエでした。 穴があきます。 夜中に今までの再放送とか、やり続けてもらえませんか?かなしくて、寂しくてたまりません。 スタッフのみなさんも、ちょうど今日が成人式ですね。 ビストロという素敵なレストラン、コントという喜劇、SーLIVEという音楽鑑賞。 どれも一流のメンバーとゲストに楽しませてもらいました!月曜日の夜が楽しみで仕方なかった。 20年おめでとう、20年ありがとう。 それ以上に21年目もよろしくと言いたかった。 メンバーが唯一揃って、泣いたり笑ったりする番組。 また5人旅、見れると思ったのに…寂しいです。 今日の放送は番組の歴史を思い出しながら楽しい気持ちで観たいと思います。 スタッフの皆様、長い間ご苦労様でした。 観覧へ何度も行きましたが、みなさんとメンバーの信頼感は現場から伝わってきていました。 この一年は特に大変だったと思います。 ここでは書ききれないくらいの感謝を捧げます。 最高で最強の番組をありがとうございました。 私の生活の一部でした。 本当に本当に寂しい気持ちでいっぱいです。 大好きです。 ずっと永遠に。 SMAPという形がなくなってもずっとずっとファンであり続けます。 ありがとう。 今日は、毎年やっている持病の総検査いつも寝ずに、緊張感で受けるけど今日は、それも頭に無い!!ただ検査待ちして、終わったら、帰るょ。 この病気で手術して、また直ぐに手術となり受け入れ難い現実を受け止めて、きちんと気持ちの整理して前に進む時に、SMAPが支えてくれたのです。 私の心の恩人です。 SMAPを好きになったのはいつからか分かりません。 気付いたら私の中にいて、コンサートで最高の時間を過ごすのが、かけがえのない瞬間になっていました。 スマスマを振り返ることは、私の青春を振り返ることでした。 本当に本当にありがとう。 これからもSMAP5人が大好きです。 こんなに私の人生を華やかに楽しくしてくれる存在はこれきりだと思います。 ただ一つ、どうしても伝えたいことがあります。 SMAPでいた時間を後悔しないで下さい。 自分達が素晴らしいグループであったことを誇って下さい。 この番組はSMAPの勲章です。 長い間、お疲れ様でした。 素晴らしい番組を作ってくれた制作サイドの方々、スタッフの方々にも感謝を込めて、ありがとうございました。 月曜の夜は家族でスマスマを観ていて、スマップファンになり、大人になってからは母と2人で何度もライブに行きました。 スマスマでの好きなコーナーは、ペットのPちゃん。 ドラマの顔とは違うお茶目な木村さんに出会えたことが嬉しかったです。 ビストロスマップでは香取さんのデザート職人の技がいつも楽しみでした。 時は流れて・・数年前に関西から東海地方に嫁ぎました。 テレビで5人のご活躍を応援しながら、私も新しい生活を頑張ろうと元気をもらっていました。 旅行で主人とお台場に行った時には、スマスマブースで写真を撮りました。 今ではその写真が大切なものの1つです。 スマスマが終わってしまうのは残念ですが、沢山の思い出を下さったSMAP&スタッフの皆さまに感謝しています。 ありがとうございました。

次の

ずっと忘れない

ずっと忘れない smap

洋題:Smap Vest 曲目タイトル: [Disc1] 『Smap Vest』/CD アーティスト:SMAP 曲目タイトル: 1. らいおんハート[4:22] 2. Let It Be[4:11] 3. Fly[4:58] 4. 朝日を見に行こうよ[5:06] 5. たいせつ[3:57] 6. 夜空ノムコウ[4:34] 7. Peace! [4:42] 8. セロリ[4:04] 9. ダイナマイト[4:49] 10. SHAKE[4:22] 11. 青いイナズマ[4:38] 12. はだかの王様 〜シブトクつよく〜[3:58] 13. 胸さわぎを頼むよ[5:18] 14. 俺たちに明日はある[4:17] 15. どんないいこと[4:22] 16. しようよ[4:45] [Disc2] 『Smap Vest』/CD アーティスト:SMAP 曲目タイトル: 1. KANSHAして[4:19] 2. たぶんオーライ[4:36] 3. がんばりましょう[3:48] 4. オリジナル スマイル[5:06] 5. Hey Hey おおきに毎度あり[3:37] 6. 君色思い[4:43] 7. 君は君だよ[4:39] 9. はじめての夏[4:52] 10. ずっと忘れない[5:53] 11. 雪が降ってきた[5:05] 12. 笑顔のゲンキ[4:32] 13. 負けるなBaby! 〜 Never give up[3:57] 14. 心の鏡[4:14] 15. 正義の味方はあてにならない[5:15] 16. Can't Stop!! -LOVING-[5:09].

次の

SMAP ずっと忘れない 歌詞

ずっと忘れない smap

SMAPファン有志代表です。 昨年末に実施した「SMAP大応援プロジェクト~新聞メッセージ・どうか届きますように~」では、多くの方からご支援をいただき本当にありがとうございました。 私たちはSMAPが毎週呼びかけてきた震災支援を続けていきたいです。 再び新聞紙面で多くの一般の方に復興支援を呼びかけると共に、被災地に義援金として支援を届けられればと思い、第2弾としてこの企画を立ち上げました。 熊本へ支援を届けたい前回のプロジェクトでは朝日新聞全国版において、8ページにもなるメッセージ広告を打ち出すことができました。 掲載後に多くの反響をいただき、これだけの仲間がいることに私たち自身も勇気づけられました。 今後も5人の活動を応援するために、SMAP大応援プロジェクトは続けていきたいと考えています。 前回はSMAPへメッセージを届けることを主題にしましたが、今回は復興支援を主題にさせていただきます。 前回は、東日本大震災復興支援財団さまからご承諾をいただき、広告紙面において財団さまの寄付金口座を案内させていただきました。 ただ私たちの至らぬ点で熊本地震への支援をご案内できなかったことが心残りとなっていました。 東日本大震災復興支援財団の発起人であるSMAPは、熊本へも様々な形で支援をしていたことは皆さんもよくご存じのことと思います。 そこで今回は、震災から1年がたった熊本へ支援を届けたいと考えています。 送り先は、熊本県が開設している義援金受け入れ口座を予定しています。 新聞広告においては、熊本県への義援金の受付が1年間延長されたこと、熊本県へのふるさと納税などをご案内させていただき、多くの読者の方に支援の呼びかけをできればと考えています。 前回は、新聞広告にお名前(ニックネーム)を掲載させていただくリターンを用意しましたが、今回は復興支援を主題とするため、お名前掲載はございません。 大変申し訳ありませんが、リターンは私たちからのお礼メールお活動報告の共有のみです。 ご支援いただいた金額の一部が被災地への直接の支援につながること、皆様の力で全国紙を使って支援の呼び掛けができることに魅力を感じていただけましたら幸いです。 集まったご支援の額にかかわらず、広告掲載、義援金の送金は実施させていただきます。 広告の内容につきましては、起案者に一任いただけますようお願い致します。 朝日新聞さまには、前回の広告では様々な事情を考慮いただき特別料金でのご提示を受けました。 今回も様々にご相談させてもらっていますが、広告費用は前回と同様になるとは限らない場合がある点をご承知おきください。 大切なのは、関心を持ち、できることを続けること。 ファンみんなの力で、SMAPが毎週呼びかけてきた復興支援を続けていきたいと思っています。 昨年末に続いてのお願いとなってしまいますが、みなさまの力をお貸しください。 どうぞよろしくお願い致します。 その他のアカウントは無関係です。 (震災直後、石垣が崩れた熊本城 *写真提供:熊本県)(修復作業が続く現在の熊本城 *写真提供:熊本県) SMAPファン有志代表です。 昨年末に実施した「SMAP大応援プロジェクト~新聞メッセージ・どうか届きますように~」では、多くの方からご支援をいただき本当にありがとうございました。 私たちはSMAPが毎週呼びかけてきた震災支援を続けていきたいです。 再び新聞紙面で多くの一般の方に復興支援を呼びかけると共に、被災地に義援金として支援を届けられればと思い、第2弾としてこの企画を立ち上げました。 熊本へ支援を届けたい 前回のプロジェクトでは朝日新聞全国版において、8ページにもなるメッセージ広告を打ち出すことができました。 掲載後に多くの反響をいただき、これだけの仲間がいることに私たち自身も勇気づけられました。 今後も5人の活動を応援するために、SMAP大応援プロジェクトは続けていきたいと考えています。 前回はSMAPへメッセージを届けることを主題にしましたが、今回は復興支援を主題にさせていただきます。 前回は、東日本大震災復興支援財団さまからご承諾をいただき、広告紙面において財団さまの寄付金口座を案内させていただきました。 ただ私たちの至らぬ点で熊本地震への支援をご案内できなかったことが心残りとなっていました。 東日本大震災復興支援財団の発起人であるSMAPは、熊本へも様々な形で支援をしていたことは皆さんもよくご存じのことと思います。 そこで今回は、震災から1年がたった熊本へ支援を届けたいと考えています。 送り先は、熊本県が開設している義援金受け入れ口座を予定しています。 新聞広告においては、熊本県への義援金の受付が1年間延長されたこと、熊本県へのふるさと納税などをご案内させていただき、 多くの読者の方に支援の呼びかけをできればと考えています。 前回は、新聞広告にお名前(ニックネーム)を掲載させていただくリターンを用意しましたが、今回は復興支援を主題とするため、お名前掲載はございません。 大変申し訳ありませんが、リターンは私たちからのお礼メールお活動報告の共有のみです。 ご支援いただいた金額の一部が被災地への直接の支援につながること、皆様の力で全国紙を使って支援の呼び掛けができることに魅力を感じていただけましたら幸いです。 集まったご支援の額にかかわらず、広告掲載、義援金の送金は実施させていただきます。 広告の内容につきましては、起案者に一任いただけますようお願い致します。 朝日新聞さまには、前回の広告では様々な事情を考慮いただき特別料金でのご提示を受けました。 今回も様々にご相談させてもらっていますが、広告費用は前回と同様になるとは限らない場合がある点をご承知おきください。 大切なのは、関心を持ち、できることを続けること。 ファンみんなの力で、SMAPが毎週呼びかけてきた復興支援を続けていきたいと思っています。 昨年末に続いてのお願いとなってしまいますが、みなさまの力をお貸しください。 どうぞよろしくお願い致します。 ・SMAP大応援プロジェクトをうたう類似アカウントがいくつか存在しますが、私たちの活動はtwitter()と、こちらのAーportサイトのみになります。 その他のアカウントは無関係です。 (震災直後、石垣が崩れた熊本城 *写真提供:熊本県) (修復作業が続く現在の熊本城 *写真提供:熊本県).

次の